非公認戦隊アキバレンジャー 感想
 いやー、面白かった!

 個々のキャラも立ち過ぎるくらいに立ち、中盤以降はどんでん返しに次ぐどんでん返しで常に先の読めぬ展開! そして最後は広げたまま大雪山おろしした風呂敷を破綻なく綺麗に着地させる見事な打ち……げふんげふん……エンド! 素晴らしいッ!

 特撮としても深夜放送である点やそもそもの成り立ちから生ずるフリーダムさを見事に活かし、売らねばならぬアイテムなんぞ大して存在しないからこのご時世に超ステゴロな殺陣! 声どころかド本人が出演しちゃう豪華声優陣! トランスフォームによって公認様とはひと味違うデザインラインのマシンイタッシャーなど、色々な意味で俺ら得な要素満載だったのが嬉しいところ。

 いやあ、本当に誰なんでしょうねえ。


 どうしよう……面白い面白くない以前の話として、主人公がキモすぎて画面を正視できない……。せめて、アニメなら二次元効果でもう少し何とかなってたと思うのですが、実写でこれはキモすぎる。人間のメカニズムとして、精神に病を負った人間からは目を逸らしたくなっちまうもんだし。

 一応、題材が題材なのでところどころに戦隊ネタを入れてきてますが、どれも豆知識的とか戦隊のお約束的なものを言わせてるだけに過ぎず、それ言いたいだけだったらホームページでも開設して思う存分そこに書き綴ればいいんじゃね? としか思えないのもつらいところ。
 なんでそんな状態になってるかといえば、主人公が「こんなの戦隊じゃありえねー」とわめいてるだけで、ヒーローやれない状態に葛藤も苦悩もしてないってのが、とりあえず大きいと思います。テーマ的に似たようなところのあるダイ・ガードなんかは、そこをきっちり描くことで独自性を確保してたわけだし。

 というか、あれだね。ざっくばらんにいっちまえば、「戦隊のお約束を逆手に取っちまう俺スゲー」臭がうざすぎる。そして前述の通り、逆手に取ったからといって別に何か上手くやれてるわけでも、ない。

 そんなわけで、本来なら一話切り余裕なんですけど、何故か次回予告でデカレッド本人が出てきてるので、一応次回までは見ますかね。わざわざ、レジェンド本人を呼び出してまだ戦隊を茶化すだけだったら、このクズ作品が、と言い捨てて二度と見ないけど。



 ……とか言ってたお馬鹿さんは。

f0029827_2127545.jpg


 去年のヒットアニメを彷彿とさせる作品構造

 さて、番組が続編へ向けてスタートしているだろう今、僕が思うのは本作ってまどかと似たような作品構造を持ってるな、ということ。
 どこら辺が似てるのかといえば、「何がしかの新情報によって主人公の見えてる世界をひっくり返していく」という作風ですね。

 まどかは夢と希望に満ちているように思えた魔法少女の世界が実は血だまりスケッチでかつ、その裏にはまだ真意が隠されているという、主人公(と視聴者)の価値観世界観を揺るがしまくることで話を転がす作品でした。

 そして、アキバレンジャーも同じように超合金とかプリントパンツとか売れそうに思えたヒーローの世界が実は妄想の産物でかつ、その裏とかそのまた裏とかには八手三郎が隠れているという、主人公(と視聴者)の価値観世界観を揺るがしまくることで話を転がす作品です。

 両者とも、とにかく新情報によるサプライズや進行させてきたお話のどんでん返しによる刺激でヒット、きっとヒット、絶対にヒット、明日はヒットしている作品なわけで、これを即座に取り入れた八手三郎様は流石のご慧眼! 神がかったマーケティング能力であるというしかないですね! (媚)


 ……が、いかんせん序盤に難有り

 とはいえ難点があるのも事実で、ぶっちゃけてしまうとアキバレンジャーは掴みがものすごく弱いというか、まずかったと思うんですよ。

 土下座しといてなんですが僕が初見で書いた感想は正直な気持ちで、最初の1・2話は視聴するのが本当につらかった。デカレッドが格好良くアクションしてくれなければ、おそらく脱落していたことでしょう。

 それが3話のグリリバと4話のチーフで繋ぎ止められ、5話のまさにアキバレンジャーの設定でしか出来ない上京話でほろりとさせられる。6話は色んな意味で見るしかなく、そのラストでストーリーの裏に隠された仕掛けが発動し始め完全にはま……遅い! 遅いよ! 八手さん!

 そう、遅いのです。なんぼなんでも仕掛けの発動が遅すぎる。

 アキバレンジャーの場合、仕掛けが動き出してからが本番であり見せたいところであるわけで、それを見せるのに全エピソードのうち50%ちかくも消費するというのでは本末転倒であるといわざるをえない。

 例として出し続けますが、まどかの場合は仕掛けがマミり出す3話まで、伏線を張りながらも通常の魔法少女フォーマットに則った話が展開されていたため、普通に楽しく視聴できたというのが大きなポイントだったと思います。どれだけ自信のあるトラップを用意したとしても、まずそれが存在する場所まで来てもらわねば話にならないですからね。

 対してアキバレンジャーの場合、予想通り主人公達は戦隊になれたわけではなく、そんな作中世界的にも無意味な活動している状態で半分も尺を使ってしまった。これが痛い。
 登場人物達にとって無価値な活動――しかも従事してるのが29歳の痛い特オタ――を見守り続ける義理なんぞこちらにはないわけで、それが本作最大の失点であったと僕には思えます。
 これがせめて、会話劇してるだけでも癒しを提供してくれる価値ある存在、二次元美少女によって演じられているものであったならもっとモチベーションが湧いてくるんですけどね。赤木さんじゃなあ……。

 もちろん、これが「八手三郎によるテコ入れ」という本作最大の仕掛けを強調するための展開であり「騙し」であるというのは承知してるんですけどね。上手く騙しすぎて本当に離れかねなくさせちゃってどうすんの、という。
 同じ「騙し」でも、まどかの場合は「お! 面白い魔法少女ものじゃないか!」と思わせ釣り上げるものだったわけで、それに習うのならば妄想世界の戦いによって無辜の民が救われるなり、報酬が支払われるなり、とにかく主人公らの活動を無意味なものと感じさせない何かがあった方が良かったでしょう。


 まとめ

 確かに新しかった……確かに上手くまとまっていた……確かに面白かった……。

 が、とにかく前半部分で視聴者を突き放しにかかってしまったのが痛かったです。いくら痛さは強さとうそぶいたところで、この失点は拭いきれない。

 自主的に寄って来てもらうのではなく、積極的に釣り上げるような構成が出来ていれば全体で見て、もっと完成度は上がったと思えるのでそこだけが残念な作品でした。

 しかしながら、新しいことをやってやろうという気概はびんびんに感じられる作品となったのもまた事実。ここで火を絶やさずに是非、二の矢三の矢と放っていって頂きたいですね。

[PR]
by ejison2005 | 2012-07-27 21:34 | アニメ | Comments(5)
Commented by はっさく at 2012-07-27 23:15 x
僕はアキバレンジャー結構好きだったんで、ここで一話が酷評されてて、珍しくエジソンさんと意見が合わないなと思って寂しかったんですが、最終的に良い評価をしてもらえてうれしいです。ただ、エジソンさんの言う通り、この作品はストーリー的には序盤の掴みが弱いのは事実だと思います。実際僕も中盤からちょっと飽きてあまり見てなかったです(ドクターZ登場回からまた見始めました)。ただ、赤木は単にキモいオタクではなく、熱い心を持った良い奴であるという描写は序盤から描かれていたので、個人的に赤木に嫌悪感を持つことはありませんでした。
Commented by ちょう at 2012-07-27 23:32 x
・・・え?
面白かったの?予告だか公式サイトだかを一見して、痛!って即切ったのですが
んーまぁ50%も耐えるのはしんどいなー
ガンダムエイジは3期の最初ぐらいまでは耐えたのですが
凄い損している気がする
Commented by はっさく at 2012-07-27 23:36 x
>売らねばならぬアイテムなんぞ大して存在しないから
アキバレの場合、スポンサーの玩具販促という宿命から解き放たれたことによって、逆にモエモエズキューンやらマシンイタッシャーやら公認様とはまた違った魅力的なガジェットを登場させることに成功していますね(個人的にDXモエモエズキューンはマジでほしい)。

・余談ですが、僕は昔からヒーローより怪人が好きで、怪人のデザインを見るのが大好きなのですが、アキバレは怪人デザインがさとうけいいちさんということで、ハリケンの宇宙忍者やアバレのエヴォリアンのデザインが大好きだった僕にとってはステマ乙の係長たちのデザインはたまりませんでしたw
Commented by ejison2005 at 2012-07-31 01:33
>>はっさくさん
赤木さんは二話以降、かなりアレさが消臭されたし僕も大好きですよー。二次元美少女と比較して駄目だししてるのは、ほら、なんといってもおじさんだから画面映え的な……w

>逆にモエモエズキューンやらマシンイタッシャーやら公認様とはまた違った魅力的なガジェットを登場させることに成功していますね
対象が大人だから純粋な高額商品で展開することも出来そうですし、意外と新しい販路を切り開いていけそうな気もしますね。

>ステマ乙の係長たちのデザインはたまりませんでしたw
コミカルだったり格好良かったりと、幅広くいろんな奴が出せたのも特徴ですねえ。
僕は特訓したアルパカが好きでしたw
Commented by ejison2005 at 2012-07-31 01:34
>>ちょうさん
やー面白かったけど、一話から見ていくのはつらいよ本当。
好きだけど人にはすすめられない作品。