2012年 夏アニメ ファーストインプレッション
 他にも見た作品はあるけど、今回は継続して視聴する気のある作品だけで。


 トータル・イクリプス

 この作品、原作を遊んだことあるはずなんですが、いかんせんかなり昔の話なんで、どうも記憶に齟齬があるな~。
 具体的には、僕の記憶だと物語の舞台は九州だし、ロボットの名前は士魂号だし、キャラの名前や外見ものきなみ違っているんだ。
 今後も、その辺の記憶との違いを探していきたい。そんなアニメ。

 とまあ、そんな感じで、某ゲームからのパ……リスペクトを多大に感じる作品ですね。逆にどこが違うのかと問われたら、思わず首を捻ってしまうくらいのレベル。固有名詞を変えただけなんじゃなかろうか。

 とはいえ、そんなこと言ったら宇宙人が地球を攻めてきて、それをどっかの研究所が作ったロボットが防衛する作品なんぞいくらでもあるわけで、こっから何かしらのオリジナリティを出してくれることを期待したい。何も出てこなかったらどうしよう。

 とりあえず、キャラクターをバンバン死なせていくぜ! という心意気は買いたいので、ポッと出の見た目も性格も区別がつかんような連中を速攻で殺したりせず、ちゃんとキャラを立たせてから殺すことと、もう少し頭を使った戦い方をさせ、真面目なシーンなのにギャグっぽい死に様になってるのを改善して頑張って頂きたい。ここから突然、主要キャラが一切犠牲にならないとかは単なる初回詐欺なのでNG。


 人類は衰退しました

 特殊な世界観で発生した特殊な事件を、しかし、この世界の何がどう特殊で、どのような固有の事情があるのかをサッパリ描かないまま話を展開してしまったのが痛いです。
 いやまあ、一応、言葉でもって多少の説明はなされましたが、実際問題、現在の人類が持つ版図はどの程度で、妖精さんの版図はどのくらいなのかとか、妖精さんがもっと細かい奇跡を色々と起こして、彼らがどのような事柄をどの程度まで行えるのかとか、エピソードでもって描写して欲しかった。

 しかしながら、そんなことはどうでも良くなるくらい、ヒロインが魅力的ですね。ショートでも可愛い。ロングでも可愛い。そして、清純派な見た目に反してしっかり毒を持っている。うっひょー! たまりませんなあ!

 合間のギャグや〆のオチもこのヒロインに相応しく、なかなかにシニカルでポイズンな代物ですし、そこら辺に面白さが見い出せた以上、楽しく視聴していけると思う。


 ゆるゆり♪♪

 アッカリーン!

 いやあ、相変わらず、あかりちゃんを見ているだけで幸せになれる作品です。日常系のお手本みたいな出来だと思う。まあ、初回のAパートは夢オチだと分かりきってるものをちょっとダラダラと描きすぎて、冗長に感じましたが、しかし、調子にのってるあかりちゃんというのもまた可愛い。

 それにしても、今度のOPは前にも増してスカート丈を強調しすぎじゃありませんかね。いやらしい実にいやらしい。確認するためにも、もう一度視聴しなければ……。

 ところで、以前の感想だと「てんどんネタを使い回す方式のコメディ」と評したんですが、二期二話までの範囲だと実はてんどんネタってあんまり存在しませんね。正確には、存在するけどあまり強力に推されてはいない。
 逆に、日常コメディ分を大幅に増量されてる感じが、今のところの違いだと思う。結構、色んな方式で話を展開する作品なのだな。


 うぽって!!

 今期の作品じゃないけど、特殊な放送形式で視聴出来てなかったので。最初からテレビじゃいかんかったのでしょうか。

 キャラクターがとても可愛らしく、主人公(?)の先生もいい感じに気の抜けた三枚目で、明確な恋愛対象が存在する作品にも関わらず、ストレスフリーで見ることの出来るコメディ作品、といった印象。

 ただひとつだけ、ものすご~く視聴を阻害するのが、世界観が……というかヒロイン達がどういう存在なのか、サッパリ分からない点。
 せめて、自称銃の特殊なおつむをした子供達なのか、それともソウルイーター方式で武器に変身でもするのかくらいは、初回で描いて欲しかったなあ~。

 というか、この説明にもなっていない説明のまま、最終回まで突っ走りそうな悪寒がします。そこは主人公(?)の先生にとっても、視聴者にとってもスタンスの根幹に関わる部分なのだから、曖昧にしていい部分ではないよ~。


 この中に1人、妹がいる!

 ハーレムラブコメかと思っていたら、サイコホラーだったでござるの巻。

 いや、別に妹さんはシリアルキラーでも何でもないし、あくまで好意から行っている(と思われる)わけだけど、これはこえーよw

 主人公はいまいち本腰入れて調べる気はなさそうだけど、そのうち、キラを全力で捕まえようとした竜崎みたく、ありあまる財力を駆使して妹探しを全力で行うんですかね。それとも、まだ財産や人員は自由にならないのかな。好きに使えちゃうと、一瞬で特定できそうだし。

 ホラー要素を除外して見た場合、主人公が嫌みのない性格なので、ストレスフリーにハーレム状態を受け入れられるのが強みだと思います。但しドルフィンは除く。
 まあ、ストレスフリーなのは彼の人間性というより、ホラー要素の介在による「全然うらやましく思えない感」が大きいような気もしますがw


 じょしらく

 すごい! 途中で表記される文章を一文字たりとも裏切らぬ、女の子達の可愛さを堪能し、適度に他愛も無い会話を楽しむアニメだ! 癒されるわ~。

 そんなこんなで、久米田先生こういうのも作れるんだ。多芸だな~と思いきや、ラストの抗い切れぬ久米田節で爆笑。そうだよな。あんたはそういう漫画家だった。

 本人達が言ってる通り、何やら無駄にぐりぐりと、それも枚数自慢的な嫌味ったらしさを感じさせぬ可愛らしい動きもふんだんに盛り込まれており、鉄板で楽しめかつ癒される作品だと思います。

 唯一けちをつけるなら、落語の固有文化とか固有名詞とおぼしきネタが随所に説明無しで存在するため、僕みたいなノー知識の人間だと咀嚼に時間のかかる場面があることくらいでしょうか。


 DOG DAYS´

 ちょっとロリ目な美少女達が良質な作画で動き回っていてストレスフリーな作品のまま終わって欲しいんだけど、きっとそうはならないんだろうな、と予想しました。

 シリアスやらないで欲しいな~。


 ソードアート・オンライン

 アクセルワールドと同じ作者の作品であり、扱っている題材も似たようなものでありながら、しかし、こちらは問題点を改善し、非常に面白い作品に仕上がっています。

 まず、作中で扱っているゲームが魅力的。
 作中世界でもレアリティの高い品であることを強調し、かつ、既存のゲームに比べると、実際にゲームキャラの動作を体感できる喜びがあることもしっかり強調されている。この辺、同タイプのゲームが主流の世界であるからか、アクセルワールドでは殆ど言及されていない部分だよね。

 更に、オンラインゲームの大きな楽しみである他プレイヤーとの交流も、モブ同士が語り合うシーンや、主人公と気さくな兄ちゃんとの交流によって、しっかり描かれている。
 ここら辺は、現実のオンラインゲームでも楽しみである部分なだけに、経験者であるならばうんうんと頷けたんじゃないでしょうか。特に、教えを請われてレクチャーし、それに感謝されたことに対して満更でもなさそうな主人公の様子とか。共感を持てるよね。

 キャラクター面でも、主人公が普通に気の良い奴として描写され、かつ、βテスト経験者としての利点を活かして速攻でクレバーな行動に出てるのが嬉しいです。特に、後者は大きい。これによって、少なくともこのゲーム世界においては、主人公が頼れる存在であることが強調されていますし、こんだけ人口の多いゲームでイニシアチブを取って活躍する理由付けにもなっています。

 そして最後に、一ヶ月で千人単位のプレイヤーが死亡したことを告げ、危機感の煽りも完璧ですよ。なるほど、こりゃあ確かに何とかせねばならない事態であるし、何とか出来そうなところを見せてくれた主人公への期待も高まろうというものです。

 そんなわけで、先への期待を大いに膨らませてくれた一話であったと思います。今期の中では、一番の出来だったかもしれない。


 境界線上のホライゾンⅡ

 アイエエエエ! ニンジャ!? ニンジャナンデ!?

 いや本当に何で主役面してんだよwwwww

 これがスタッフによる周到な忍者イジメだったらいよいよもって爆笑ものですが、さすがにそれはないだろうし、今回のシリーズは彼がキーパーソンとなるのだろうか……初回でやってたのは裸で落ちてきた男をお姫様抱っこしての疾走とかだけど……。

 前シリーズからシームレスに続いた二期目ですが、相変わらず固有名詞が多いのに加え、何故かアフレコを聞きとりづらい印象があるのはマイナス点かな。特に、二人組のお爺ちゃんが何言ってるのかリピートしてもまったく聞き取れなかったので、2ちゃんで補完する羽目になった。

 あとは、相変わらず巫女の子が可愛かった。おっぱいに顔を埋めたい。


 織田信奈の野望

 前にも何かで書いた通り、僕は秀吉派なのでそれを主体にした戦国モノというだけで面白さ倍増ってなもんですよ。

 付け加えるなら、主人公が戦国時代に関する詳しい知識を所持しており、また、積極的に歴史改変へ関わっていく気を持っているのが嬉しいです。やっぱり、タイムスリップものであるならば歴史改変してなんぼだものね。

 難点を述べるならば、主人公がタイムスリップした経緯・タイムスリップしたことによる動揺なんかを綺麗にカットしているため、いまいち共感しづらいところでしょうか。変質者的な意味合いでエロ助なのもそれを助長していると思う。

 ああ、あと女の子達は大変可愛らしいです。俺も長屋に住んでねねちゃんと許嫁になりたい。


 だから僕は、Hができない

 ヒロインのキャラクター性、世界観共にザ・テンプレートと呼ぶべき代物で構成されている作品ですが、主人公のキャラクター性によって面白さを確立させている感じ。主人公の中の人は、こういった役がよくハマリますなあ。普段は声優をそんなに意識しない僕だけど、この作品に関しちゃ面白さの向上に間違いなくひと役買ってると思う。

 そんなわけで、主人公が求道精神さえ感じさせる変態性を発揮していたコメディパートは面白く見れたのですが、バトルがやはり難点ですね。すっげえどっかで見た感じだし、駆け引きがあるわけでもないし。

 まだタイトルにかかるところまで話が進んでいないわけですし、こっから主人公メインでとにかく彼を推してくれるような展開になってくれたらいいナ!

[PR]
by ejison2005 | 2012-07-14 03:22 | アニメ | Comments(23)
Commented by タラコフスキー at 2012-07-14 04:58 x
・ ゆるゆり
どうでもいいけど、ミラクルんの敵がまどかとzeroランサーだった件(しかもやられボイスがゲイボゥだったという)

・じょしらく
久米田先生のギャグ漫画は毎度どんでん返しをしてくるけど、これはどうなんだろう。

・SAO
この作品の息抜きとしてAWが書かれたためか、AWより何年も前に書かれたこっちのが完成度が高いという。
そしてアニメ見た勢いで原作を購入してしまった者として言うと、ここから更に右肩上がりで面白くなるので、より楽しんで見られるでしょう。
ところで主人公であるキリトさんチートでイケメンでもてまくる完璧超人で見てると泣けてくる・・・。
Commented by METHIE at 2012-07-14 06:07 x
>じょしらく
流石に単行本の巻末では詳しく落語ネタを扱っております。

>ホライゾン
お、ニンジャスレイヤーを知っているのはありがたいです、
あの作品は結構楽しく読んでいますので。
ホライゾンはいずれ買おうと思っていますがいかんせんかさばるのがキツイという。
Commented by デブヲ at 2012-07-14 07:44 x
>ゆるゆり
予算が降りたのか作画がグレードアップしてましたね。そのせいか前に比べて生足にやたら目が行く気が…
>人退
主人公もそうだけど妖精さんの可愛さもGJ。今期の中でも鉄板で楽しめると思う。
>じょしらく
後藤(弱)さんのキャラの挙動は久米田作品らしいと思った。
>SAO
AWで辛かったのは先の気にならなさだったんだけど緊迫感溢れ状況であるが故に先が気になる作りでしたね。あとは、キャラクター性かな…
>ホラ
何故2クールでやらなかったorz
つーか前期でも思ったけど登場人物に名前テロップ入れるなりして視聴者に最低限の配慮はしとけよ…このスタッフにはうんざりさせられます。
あと今回(というか2巻)は忍者だけでなくネシンバラやナルゼにもスポットが当てられてます。というかこの作品自体群像劇だし。
>信奈
もしかしてこれ、主人公がネタバレして事件を解決する方式なのか?何かしらの工夫が欲しいところです。


Commented by デブヲ at 2012-07-14 07:54 x
どうでもいいことですが追記
>トータルイクリプス
>真面目なシーンなのにギャグっぽい死に様になってる
この文見て水島努が監督してるのかと思ったがそんなことはなかったぜ。
Commented by ツキソメ at 2012-07-14 15:07 x
あら、エジソンさんと視聴する番組がかぶらなくなってきてる。
氷菓、夏雪ランデブー…前期だと、つり球、アポロンをスルーは勿体無いかと。
Commented by ポルカ at 2012-07-14 19:59 x
>トータル・イクリプス
荒木飛呂彦先生風に言えば「グッとくる」作品でした。

しかし気になるのは、ユーラシア大陸ほぼ全域とついでに西日本がBETAに占領されてしまったら、
難民の数がぱない事になってるのではないでしょうか?
(私が住んでた所は避難が間に合わなかったようですがw)

某進撃する巨人の漫画では「人口の2割」というとんでもない数の口減らしを行う事でどうにか凌いでましたが、
本作品だとオーストラリア大陸が後10個あっても足りないんじゃないかな?

もしかして「生者が死者を数えるのを止めたのは~」の真意は
人類が世界規模でそういう事しているのを暗喩しているのではないでしょうか…!
Commented by 風龍 at 2012-07-14 21:17 x
>SAO
ガチ初見でしたけど非常にわかりやすくて好感触。スキルについてはまだよく理解しきれてはないですけど、まあその辺も今後に期待といったところですかね。
今期はこれとニコ動のテッカマンブレードが毎週の楽しみになりそうです。
Commented by ejison2005 at 2012-07-15 02:04
>>タラコスフキーさん
>ゆるゆり
気付かなかったけどグリリバwww

>じょしらく
少なくともアニメ範囲じゃ大丈夫じゃないかな!

>この作品の息抜きとしてAWが書かれたためか、AWより何年も前に書かれたこっちのが完成度が高いという。
おおう、AWの方が後なのかよ……後であれなのか……。
Commented by ejison2005 at 2012-07-15 02:06
>>METHIE=サン
すいません……忍殺語をかじっただけだったりします……。にわかです……。
ツイート形式だと読みづらくて……。

ホライゾンは確かにためらいますねw
Commented by ejison2005 at 2012-07-15 02:09
>>デブヲさん
>ゆるゆり
うへへ……JCの生足……うへへ……。

>緊迫感溢れ状況であるが故に先が気になる作りでしたね。
これ大事ですよね。こんなくそげーにまじになる理由があるのは大事。超大事。

>つーか前期でも思ったけど登場人物に名前テロップ入れるなりして視聴者に最低限の配慮はしとけよ…このスタッフにはうんざりさせられます。
想像したけど、人数が人数だけに画面内がえらいことになるんじゃないかな。きっと。
出したキャラをちゃんと消化していく姿勢なのはいいですね。

>この文見て水島努が監督してるのかと思ったがそんなことはなかったぜ。
まあ、ちょっとそれっぽいとは思ってたw
Commented by ejison2005 at 2012-07-15 02:10
>>ツキソメさん
継続して視聴のくだりで察して頂ければ幸いです。
Commented by ejison2005 at 2012-07-15 02:12
>>ポルカさん
>荒木飛呂彦先生風に言えば「グッとくる」作品でした。
ああ……(パイスーが)グッときてたな!

世界観描写に関しては、ガンパレだと食事の貧しさとかを通じて描写してたけど、この作品だとどうするんでしょうね。大事な部分だと思うけども。

さすがに、口減らしするくらいなら兵士にするんじゃないかなw
Commented by ejison2005 at 2012-07-15 02:14
>>風龍さん
テッカマンブレード見たいけど、子供の頃とはいえ見たことあるし、毎週5話はちと重い……。
金払ってバンダイチャンネルで見てるボトムズが今、クメン編まできてるんでそっちの続きを見るのに時間も使いたいし。時間さえ無限にあればなあ。
Commented by 通りすがりーの at 2012-07-15 03:26 x
>トータルイクリプス
原作ゲームはプレイしてないけどホビー誌等で話の顛末や予備知識はある程度知っているので的外れかもしれないけど一応知ってる範囲で説明

確かにガンパレをモチーフにしてると思われる部分は多いですが、ガンパレは根幹設定に精霊やら神話やらファンタジー要素が多く、こっちは戦術やら戦略、ロボット開発といった軍事、科学面での濃い設定で固められているので差別化は出来てると思います

死亡描写もポッと出のキャラが唐突に死ぬんじゃなくて、一緒に過ごしてきた仲間達が「ここは絶対死守してみせる」「ここは任せて先に行け」みたいな感じで戦死していくので適当ではない用です

と、これはシナリオ本編のPCゲーム「オルタネイティブ」の話でアニメ「トータルイクリプス」は外伝の話でBETAとの戦争より各国のパイロットと試作機が集まって訓練したりロボット開発の技術交換をしたりするのがメインの内容のようです。・・・いや、先に本編アニメ化しろよと
Commented by ももひき肉 at 2012-07-15 04:11 x
>トータル・イクリプス
トータル・イクリプスはガンダムでいうところのMSVみたいな外伝もので、次世代機の開発にたずさわるパイロットたちの話です
キャラのほとんどがテストパイロットに選ばれるエースどもということもあり、一話二話のモブのように馬鹿みたいな亡くなり方は(多分)しませんし、もっと頭を使った戦い方をしてくれる(はず)です
ただ、比較的戦場から遠い後方にいるので、話がある程度進まないとそもそも戦場に出ないんですよね……アニメではどこまでやるんだろう
Commented by ツキソメ at 2012-07-16 02:27 x
あー、やっぱり観た上で、なんですね。
すみません。自分の好きな作品の感想が全然ないのが寂しくて…。
>じょしらく
なんか思ったより平凡な…シャフト演出に慣れすぎたせいでしょうか。
原作だともっと良い感じに久米田臭が出てるんですが。まあ、女の子の可愛さを楽しむアニメ(自称)だから問題ないのかな。
Commented by ポルカ at 2012-07-17 22:46 x
>エジソンさん
>さすがに、口減らしするくらいなら兵士にするんじゃないかなw
戦術歩行戦闘機は「棺桶」には高価すぎますから、やはりガンダム00のように
自動小銃一丁で特攻させられたんでしょうかねやっぱり。
Commented by ejison2005 at 2012-07-18 02:51
>>通りすがりーのさん
そういや、ガンパレはそういった設定が大量にありましたね。他作品と世界観をシェアしているのもあって。

て、これ本編じゃねえのかよw
Commented by ejison2005 at 2012-07-18 02:51
>>ももひき肉さん
3話から急に別のアニメみたいなノリになってましたねw
こんなんでこの先生きのこれるのだろうか。
Commented by ejison2005 at 2012-07-18 02:52
>>ツキソメさん
その他にも、木曜は時間軸的に被ってる番組が多いというのもありますね。牙狼クラスなら情熱をもって生視聴でやっちゃるぜ! とも思えるんだけど。

>じょしらく
2話で早くも自称化してた気がス
Commented by ejison2005 at 2012-07-18 02:53
>>ポルカさん
こう、ゲームの地球防衛軍みたいな感じでひとつw
Commented by METHIE at 2012-07-20 20:48 x
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC-%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%9E%E7%82%8E%E4%B8%8A1-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%89/dp/4047283312/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1342783394&sr=8-3
ニンジャスレイヤーは遂に単行本化です、アンドロイド携帯で読んでいました。
Commented by ejison2005 at 2012-07-21 03:24
>>METHIEさん
アイエエエエ!?
これは読まねばなるまいなあ。