2012年 春アニメ 感想
 書くよー。

 アキバレンジャーに関しては、反省会が終わった後に個別で記事を書く予定です。


 メダロット

 また配信停止なんですか!? やだー!

 ひとつひとつのエピソードがボトルショーで構成されている関係上、シリアスな回もあればお笑い特化の回もあり、全体を通してこういうノリ! というわけではなく、バラエティ豊かなエピソードを楽しめるアニメであると思います。

 突出して面白いと思ったのは、サケカース様が就職(笑)するお話と、ロクショウがすげえシリアスに主役を張る回かな。
 サケカース様はあそこで研究員の子と結ばれてれば色々と幸せだっただろうけど、そういうifに思いを馳せさせといて、キャラ自身は元の立ち位置にしれっと戻っとくのが、こういったエピソードの醍醐味だよな。
 ロクショウのエピソードは、バラエティ豊かな中でも基本的に良い子も楽しめる明るいアニメというのは一貫していた中で、何の脈絡もなくアストラウス銀河を舞台にしたかのようなドシリアスっぷりを全面に推し出したのが何とも印象深かったです。


 ふしぎの海のナディア

 うん、見る前はてっきり明るく少年少女が活躍する冒険活劇だと思っていただけに、敵組織の割と容赦ない悪辣非道っぷりと、それに対するロクな対抗手段も無いことからの閉塞感溢れる状況にすげえびっくりしました。主人公が無力なルパンって感じ。

 そんな中でも、救いを与えてくれたのがグランディス一味でしたね。この人達は対抗出来るだけの能力を有しているし、性格的にも出来た人達だしで、陰鬱な展開で一服の清涼剤として機能していたと思う。

 それは、ノーチラス号と合流してからも同じで、彼女達と触れあうことによってネモ船長やエレクトラさんの人間味も掘り下げられ、謎の勢力だった彼らが、随分と親しみやすい存在になったと思うんだ。本当、このアニメはグランディス一味が全てだと思う。

 逆に、ジャンとナディアは、それぞれキャラクターとしてのスペックが低すぎたり、謎の菜食主義説教をかましてきたりと、いまひとつ好きになりきれないのがまた。
 前者の是非は今後の成長にでも期待するとして、ナディアの菜食主義説教展開は本当、何を考えて入れたのだろうか……。

 あと、ネモ船長から漂う限りなきマダオ臭は、さすが碇ゲンドウを生み出した会社のキャラだと思わせられた。


 カードファイト!! ヴァンガード アジアサーキット編

 キョウさん話の圧倒的なボーグ臭に全ボーガーが歓喜した。何だあれ。シャブでもキメながら制作してたんじゃねえだろうなwww

 一方、本筋の方はというと、ちょっとこれは焼き直し臭がして微妙かなあ、と思う。PSYクオリアの力とそれに対する否定はもうやっちゃったのだから、今更それをやられても。しかも、何の脈絡も無い記憶喪失でアイチきゅん負けちゃってるし。一人だけ記憶無くしてないのかと思いきや、一番大事なところを忘れてたのかよ!

 ミサキさんの負けっぱなし展開に関しては、単独のアニメ作品として見るといい加減に克服させてやれよしつこいよと思ってしまうけど、リアルタイムでカードゲームをリリースしてるコマーシャル作品の不遇クラン代表を話に盛り込んでる、という前提に立ちかえると、色々と面白いなーとは思います。

 ただ、それはメタな楽しみ方だし、やっぱりそろそろ何とかしてあげて欲しいな。

 一方、カムイさんは本当にぶれがないっす! KHBっす!


 Get Ride! アムドライバー

 色々とシリアスな葛藤やそれを克服する話が描かれて、いよいよこの作品も終盤に向かってるのだなあと、実感させられます。

 ちなみに、個人的に好きなのはジョイさんが失敗する話と、タフトさんが幼女と仲良くする話で、こういった脇役主体のボトルショーを気楽にポンッとねじ込めるのが一年アニメの良いところだと思う。特にジョイさんは、これまでピュアアムドライバー最強戦力として君臨していただけに、なかなかインパクトがあった。

 難点を挙げるとするならば、敵キャラにバリエーションが少ないことですかね。設定上、ディグラーズさんやクズ達の他にもドライバーは所属してるはずだし、モブ敵がトパスばかりというのも残念。

 この辺、スーパーヒーロータイムを思い浮かべてくれると分かりやすいんだけど、敵キャラが色んな方向に特化してバリエーション豊かな方が、様々な装備の使い方や戦術を試すことが出来て、アクション面が充実するんですよね。

 特に、アムドライバーは特撮ヒーロー同様、装備換装が大きな売りであるわけだから、地中に潜る敵とか超高速移動する敵とか、もっと色々と出して様々な戦い方を見せて欲しかったかな。

 いずれにせよ、ニルギースはきっと動かないだろうけど。


 アクセル・ワールド

 ファースト・インプレッションで書いた通り、やはり主人公の人間的なアレっぷりとビジュアルが大きく足を引っ張ってるなー。

 特に、シアンパイル戦と狙撃回避でちょこっと反射神経を見せた以外、主人公の「ゲーマーとしての素質」を一切見せないのは、何かのギャグでやってるんですかね?
 一応、彼のアイデンティティはそこにこそ存在するわけで、そこをしっかり描写しないのは、ドカベンこと山田太郎がバットを振らないくらい駄目な話なんじゃないかと思えてならんのですが……。

 といっても、山田は野球してなくても格好良くて素敵な男であるわけで、やっぱり、一番の問題は主人公の人間性にあるのでしょうなあ。

 あとは、全体に漂うこんなげーむにまじになっちゃってどうするの感が、ちょっと。基本的に、主人公達がそれを肯定する立場にある以上、このゲームは受け手に対しても素晴らしいものと思えるようでなくてはいかんのですが、やれることといえばモブモンスターor他プレイヤーとの対戦くらいみたいですし、未来世界のオンラインゲームのくせして、現代日本のネトゲにも劣るレベルに思えてしょうがないという。
 唯一、取り得といえるのは加速してのカンニングやスポーツでの不正、その他各種犯罪行為となりますが、それらは犯罪であるが故に、むしろ主人公達が肯定してはいかん要素ですしおすし。

 何というか、サマーウォーズにおけるOZの設定は本当に良く出来てたんだなあ、と思わせられました。


 Fate/Zero 2ndシーズン

 満足だ……ただただ満足だ……。

 あえて感想を述べるとすれば、そう、「我らの願望は成就した」って感じですかね。

 もちろん、TV放送するアニメである関係上、色々とカットされた要素(特にバーサーカー)も存在するわけで、そこはちょっと不満に感じたかな。切継の過去編をオリジナルで膨らますくらいなら、そこをもっと丁寧に描いて欲しかった。ましてや、前期時点でロ凛番外編とかもやっちゃってるわけだし。

 しかしながら、どちらであるかと問われれば、そりゃもう抑えるべき点を抑えた割合の方が圧倒的に高いわけで、ファンとしちゃあ冥利に尽きるってもんなわけですよ。ええ。

 そして、Fate未プレイでこの作品を見た方には、全年齢版も出てることだし是非プレイしてみて欲しいといいたいところだけど、それだと序盤のセイバードヤ顔に絶対噴き出すな、と思ったのであった。彼女の時間軸だと、Zeroのほぼ直後なはずだもんねw

 それを踏まえると、豆腐メンタルだの最優()だのと言われてネタ扱いされ気味な彼女ですが、意外とメンタル面では最強なんじゃないかと思えてしまいますなあ。一応、流れ的にもZeroの経験を踏まえて(あらぬ方向に)吹っ切れてるわけだし。


 咲-Saki- 千里山編 episode of side-A

 この外伝を見ていて思わされるのは、咲という作品が単に萌え萌えハァハァするだけの漫画ではなく、思いのほか麻雀との結びつきが強い作品であるのだということでしょうか。いやまあ、八~九割が闘牌シーンで構成されてる作品に対し、何をかいわんやではありますが、ガガガガガ。

 そんなわけで、1クール12(15)話という尺の中で、こなさなければならぬ大局数が半端じゃないことになってるのが、本作の弱点だよなあと思わせられるのです。
 実際問題、阿智賀女子が経過した試合は、

 部室での特訓 県予選 対外試合 全国大会一回戦 二回戦 対外試合 準決勝

 と、これらを全てワンエピソードで消化したとしても全七話という超ボリュームですからね。しかもこれ、個人競技ではなく五人で挑む団体戦なんだぜ? そりゃ、王者()となったり主人公(空気)となったりもするわ。レジェンドの圧倒的無策っぷりだけは、どうにかならんかったのかと思わんでもないけど。

 そんなわけで、「咲さん達と決勝卓を囲む面子のキャラ立て」というのが作品コンセプトの根幹にあるであろう本作。エピソードの選捨選択というのが、作劇面における最大の見所だったんじゃねーかなーと思います。

 結果として、本作が選んだのは全国大会一回戦までをエースである玄ちゃんのキャラ立て(闘牌立て?)で押し通し、その玄ちゃんが初めて二回戦で敗北、他の皆が頑張ってそれを立て直し、更に自分達を鍛えて決勝に臨む、という感じで作劇する道でしたね。
 言うなれば、個々の闘牌を細かく描写するのではなく、「エース玄ちゃんを中心とした阿智賀女子」というひとつのキャラクターとして、闘牌を描写したという形。苦し紛れ感もありますが、日常パートで個々のキャラ立てはおこなっていたのも相まって、上手いこと捌いたといえるんじゃないでしょうか。

 で、その後の準決勝では本編のラスボスである照お姉ちゃんのキャラ立て(闘牌立て)に注力し、外伝キャラにラスボスとタイマンでいい勝負をされては困る関係上、よってたかって何とか抑え込んだという形に持ち込むため、怜ちゃんやすばらさんのキャラ立て中心でエピソードが構成されたという感じでしょう。

 やはり、こうしてみると、本作は企画コンセプトに作劇がガッチガチの制約を受けているわけなのですが、そんな縛りの中で、対戦相手のキャラを立てーの、ラスボスの強さを描写しーの、阿智賀女子の成長劇もやりーの、と、本当に上手く捌き切ったと思います。

 オッパイさんとの再開も果たした以上、あとの三話はレジェンドへの救済劇や、更なるラスボスチームのキャラ立てが中心となるのかな? 期待していきたいです。つーか、いつやるんだろう?


 這いよれ!ニャル子さん

 最後の前後編まではすごく気楽に楽しく見ることが出来たんだけど、最後でちょっとズッコケちゃったかなあと思います。

 本当、こういったコメディ作品でのシリアス〆って誰得なんでしょうね。そりゃ、ドラえもんが帰る話みたく本当にすげえ長く続いてる作品なら、ちょっとしたアクセントとして楽しむことも出来るだろうけど、こういったワンクール作品の場合、前後編だから実に全体の十五パーセント以上も費やしてしまうことになる。そこまでくると、アクセントと呼ぶには量が多すぎますよ。

 しかも、流れ的に主人公が恩知らずみたくなってましたしね。助けてもらったわけだし、そもそも離れとけよという話ですし。

 本当、それまでが清く正しい美少女パロディギャグアニメだっただけに、そこだけが残念です。


 エウレカセブンBO

 ツッコミどころだらけで、語ることすら苦痛に感じられるレベルの作品。

 唯一、褒められるのは毎週一回くらいは戦ってくれることでしょうか。それにしたって、やたらデカイ相手に対して機関砲撃ったりするだけで終わっちゃうことが多いから、ケレン味とか動きの妙とか全然楽しめないのだけども。


 シャイニング・ハーツ ~幸せのパン~

 話が進むと共にどんどんパンがどうでも良くなっていき、それに伴って本作唯一のアイデンティティも失われていったわけですが、力尽きつつある主人公の懐から食べかけのパンを奪ってもきゅもきゅ食らうヒロインを見て笑わずにはいられなかった。

 こう、ファンタジー世界でパン屋を営む青年の話にした方がオリジナリティがあると思うし、料理漫画のテンプレートなんざ腐るほど存在するわけだから、少なくともワンクール展開するくらいならレパートリに困ることもないと思うんだけど、そもそも原作がそういうゲームなんだろうから仕方ないね。

 それにしても、ラスボスのデザインはもうちょっと頑張れなかったのかなあ。あのでかいトカゲさん、怖いというよりなんかちょっと可愛かったぞ。

 でも、(王子は戦えと思ったけど)登場するキャラクターは全て善性に満ち溢れていますし、ストレスなく楽しめる作品であったのは良かったと思います。


 モーレツ宇宙海賊

 うむ、架空世界における架空のお仕事である宇宙海賊という職業を最後まで魅力的に描き、かつ、茉莉香ちゃんの精神的成長(成り行きでなった海賊を自分の立ち位置だと断言)や、その主人公に影響されての脇役キャラ成長劇などを見事に描き切った良作であったと思います。

 驚きなのは、婚約破棄エピソード以降がアニメオリジナルらしいってことですね。ここまで違和感なく、キャラクターや世界観を尊重&有効活用したエピソード群がそうだとは、にわかには信じ難い。

 特に良かったのは、やっぱりグランもといヨットレースのエピソードですね。婚約破棄エピソードでキャラ立てしたヨット部を、見事に活用しきったと思う。何よりアイちゃんかわゆすぐる。天使か!

 そしてそして、何と驚きの劇場版ですよ! 最初は全然注目されてなかったところから劇場版への立身出世って、見事にタイバニコースを歩みきったなあ。

 まあ、とにかく、茉莉香ちゃん可愛い。


 アクエリオンEVOL

 2クール目以降のズッコケっぷりがとにかく残念な作品。

 色々と要因はありますが、まず目につくのは根幹設定の無理矢理さでしょう。

 そう、明かされるまではどんな理由があるのだと思っていましたが、この設定だと地球に積極的攻撃を仕掛ける理由が何一つ存在しないんですよね。いやいや、素直に事情を説明して協力を仰げよといいたい。それが出来ない理由なんざ、何一つ存在しないのだから。イゼルカント様もビックリですよ。

 ホモが裏でなんやかんやとやってたという事かも知れませんが、それをやるには全住民を洗脳するくらいのことしなきゃいかんだろうしなあ。よほどのアホ揃いでもない限り。
 そして、仮にホモの暗躍だったとしても、指令がとっとと腹を決めてアッーすればそれで解決だったという。挙げ句の果てには、最終的にあの機械惑星がどうなったのか、一切語らない放り投げっぷりですし。

 更に、主人公の成長劇を描くのに大失敗した。
 最終回で謎の即席カップルを作ってた犬の人ですけど、こいつの仕事はそんな敗残処理なんぞではなく、主人公が乗り越えるべき壁として華々しく散るか、もしくは和解してひとつに融合するなり共闘するなりすることですからね。お前、何で業務放棄してそんなとこにいんの? と突っ込まざるをえません。

 結果、主人公はただただ状況に流されながらヒロインの名前を叫んでた人になってしまい、父を超えることもできず(何か死にそうなところへ出くわしただけ)、宿命のライバルと決着を付けることもなく、その能力に相応しいふわふわした立ち位置にいるだけとなってしまった。

 最後に、これはロボットアニメなんで、もっとロボットで戦えと言いたい。ロボットアニメである以上、それが存在理由の全てなのだから。
 2クール目以降は、ほとんど戦闘らしい戦闘がなかったからなあ。

 謎の犬設定などによって前作も色々と台無しにしてますが、もう疲れたからいいや。

[PR]
by ejison2005 | 2012-07-05 00:22 | アニメ