週刊少年ジャンプ 12年 27号 感想
 【速報】ひろゆきが名指しでアフィブログを転載禁止に。やらおん、はちま等死亡確認

f0029827_543155.jpg


 ブリーチ

 戦闘じゃ活躍できないからってことで、体はってエヴァンゲリオンごっこの戦法を務めた吉良さんですが、死んだかなあ。再生させられそうだなあ。卯ノ花隊長がいる限り、副隊長以上は致命傷を負っても何のかんの理由つけて復活させられそう。

 でもまあ、今回は何せ最終章ですからね。死んでることに対して、前向きに期待していきたい。どうせなら、景気良くパーッと殺って絶望感を演出してくれるといいナ!


 トリコ

 フォークシールドの時にも抱いた疑問ですが、師範のスプーンは本当にどうなってるんでしょうね。別に、ある程度以上のレベルに達した食技使いは何かこうオーラ的なものを物質化させられるってことでもいいんだけど、そうならそうで、何かしら作中で説明が欲しいものです。

 それはさて置き、トリコが体得した感謝に関してはこれから先、どうするんでしょうね。

「トリコさん! 新しい料理作ったんで、食べてみてください!」
「…………………………」
「あ……あの、美味しくなかったですか?」
「ああ……いや……別に……美味しく思ってないわけじゃないんだがな……」

 ↑下手すっと、こんな感じになりそう。

 ここは先人に習うということで、ドモン・カッシュが会得した明鏡止水の如く、スーパーサイヤ人的にオンオフ切り替え方式でいくのがいいんじゃないでしょうか。つっても、アレは最終的に普通に叫んだりしてた気がするけど。


 ワンピース

 いや、圧縮して怪物に変えたのさって、何かこうイザナミだ! 並の理不尽さを感じること言ってるんだけど、マジに何をどうやってこんなもん作りだしたんだぜ??

 最後の展開に関しては、ローさん可哀想というのはさて置き、スモーカーさんがどうするかですね。四皇をどうこうするってことに関しちゃ利害が一致することですし、体も戻さなきゃいけないから、彼らも同盟に一時参加するのでしょうか。というか、ルフィが勝手に参加させそう。ローさんは犠牲になるのだ……。


 銀魂

 いや、唯一昔出入りしてた親戚の犬好きの娘の両親は、子犬の薬代負担してあげましょうよ……。

 あと、どうやってかエサに薬を混ぜてたのなら、子犬はボロボロになるどころか、元気を取り戻していかないとおかしいわけで、その辺りの詰めの甘さが残念なエピソードだったと思います。

 イイ話路線はバッサリ諦め、先週やってたバカ話のままオチをつけて終わらせた方がよかったんじゃないでしょうか。


 こがねいろ(三話特別連載)

 グロ描いたり、ほんわか青春モノ描いたり、横田先生は極端から極端へと突っ走るなあw

 感想ですが、相変わらず登場人物が好感を持てる連中で、彼らの青春ライフがとても楽しそうなもので、丁寧に青春ラブコメやってるなーとは思うんですけど、今のところ「それだけ」で終わってしまっているという感じです。何ともキャッチーさに欠けている。

 こうしてみると、競技ダンス部へようこそにおける競技ダンス成分は、意外とかなり大きいものがあったんだなーと思えますね。競技ダンスという、読者にとって馴染みの無い競技を前面に押し出すことで、まずは関心を掴み、更にその競技ダンスの内容と完全にマッチングした主人公らの青春ラブコメを読ませることで、深い満足感を与えている。

 来週以降、競技ダンスに代わる何かが打ち出されることを期待したいところですが、どうなるのかなあ。


 ハイキュー

 先生の講評はとってもポエミーな代物ですが、そのことに作中でもちゃんとツッコミを入れてくれてるので、スッと胸に入ってきてくれましたね。にしても、オーバーではありますがw まあ、子供の可能性を信じる教師という図に茶々など入れられようものか。

 しっかし、強豪との練習試合を終えて、次は何かグレてそうな雰囲気の凄腕上級生ディフェンダーが帰ってくるって、何だかとってもスラムでダンクな臭いを感じてしまうんだけど、さすがに不良達との喧嘩をしたりはしないよねw

 真面目な感想を描くと、らっきょうの彼と影山君との会話がとてもとても良かったですね。影山君とらっきょう君、双方の精神的成長が感じられるとても良いシーンだ。

 あと、及川さんは、なんやかんやで影山君を可愛がってくれてるって感じするな~。で、先週のブロードとやらでその対象が日向君にも広がったって感じ。同じ学校だったら、ラーメンとかおごってくれそうな先輩。いい人であり、いいキャラだ。


 バルジ

. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::  旅に出ちゃったよ……
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄

 うん、王子である意味ガッツリと無くなっちゃったね。これ、王家の伝説に記されている勇者様とかでも良かったね。

 それだけならまだしも、王具の使い手をんな手薄な警備で世紀末な場所に送り出すなよとか、たった60キロしか離れていない村が国境近くに位置してるって、どんだけ小さい国なの? とか、国内がこんな状況じゃ税収も得られないんじゃねえの? とか、略奪されてる割には皆さん血色良いですねとか、今までみたく槍投げろよとか、子供と老人しかいないんじゃ村滅ぶんじゃね? とか、どう見ても致命傷なのに何故かピンピンしてます本当にありがとうございましたとか、ツッコミ所も枚挙に暇が無いという凄まじいエピソードだったと思います。

 あかん、こりゃ駄目だ。


 斉木楠雄

 『邪魔はするな!!』というコマの理不尽さが素晴らしかったです。邪魔してないよwww

 しかし、両親の例を見るに斉木君がそうやって自分の感情を素直に出すのは信頼してる相手だけなんで、それだけ彼らのことを大事に思ってるってことですね。幼女を前にしたラストの表情でも、それがよく表れている。

 テクニック的なところでは、撒いていった伏線をどんどん回収していき、最終的にオチとして昇華させてるあたりが良かったです。麻生先生はこの漫画を通じて、テクニカルな方向へスキルを伸ばしてきたわけだけど、その成果が結集されたエピソードだったと思う。


 べるぜバブ

 男鹿がちゃんと進行に寄与しているというのが、なかなか新鮮に感じられて面白く読めたんだけど、そのせいか、何か別のキャラになってしまっているような気もする。ベル坊が原因とはいえ、こんなキャラだっただろうか。

 しかしまあ、そもそもこの漫画自体、男鹿が巻き込まれ主人公をすることによってスタートしているわけで、そういう意味ではブレてない、のかなあ。


 こち亀

 今週のこれは何やら、理屈的にも不可能ではないし、実際に作ると受ける可能性が微レ存の良い架空商品エピソードだったと思います。

 お爺さん達のフィーバー具合も、面白いだけでなく、得体の知れない説得力を感じさせるのが良い。実際、国技館へ相撲観戦に行ったりすると、あの年代が持つ謎のパワーは実感できるもんな。


 いぬまるだし(最終回)

 終わってしまったか……。

 この漫画、最初期のもろクレしんバクリだった時代はどうにもならん漫画という印象だったのですが、その期間に確立させたキャラクター達を有効活用し、出オチ設定に頼らぬ話作りをし始めた辺りから、安心して楽しめる漫画として成長していったと思います。

 ともあれ、連載、お疲れさまでした。

 ……それにしても気になるのは、大石先生がこの先どうするのか、だ。ほら、メゾンド・ド・ペンギンが終わった時はコンビニバイトしてたって話だし……。


 スーパーヒーロータイム

 フォーゼ #38

 レオといい、アクエリアスといい、幹部怪人達の迂闊な行動でどんどん理事長の外堀が埋まってる気がしてならんぜよw

 その理事長が評したアクエリアスの良いお仕事というのは、まあ、候補生として合格したことを指してるんでしょうね。学園の統率者として、対外的にも大きな意味合いを持つ候補生をダークネビュラになんぞ送るわけにはいかないというのもあると思いますが、弦ちゃんに対する態度といい、純粋に教育者としての面が残ってるという線も捨てきれない。

 その場合、ダブルの琉兵衛さんみたく、最終的には救いも得られそうなわけで、純粋な悪の帝王コースでもこちらでも、どっちでも美味しく出来そうな感じだよな。

 アクエリアスとの戦いに関しては、フォーゼのテーマである「友情」という面が大きくクローズアップされた、アクション的にはさほどのものがなくとも、ドラマ的には大きく栄えるエピソードだったと思います。

 難点を挙げるならば、ヤラセしてた件について、ちゃんとあの試験が終わった後に説明しなかったことかな。弦ちゃんにあっさり話してた以上、別にひた隠しにしとく必要のある情報でもなかったわけだし。

 それにしても、レオ強いなレオ。見た目も格好いいし、流石は我が星座であると言わざるを得ない(フラグ)。


 ゴーバスターズ #15

 恒例の追加戦士回。

 しばらくは、陣先輩の謎を追う形でドラマを回していくんですかね。ゼロノス的な憎めないライバル描写もあるし、邪悪な目的で行動してるわけじゃないのは間違いないんだろうけど、ちょっと現時点では予測がつかんよなあ。

 それにしても、今週の敵はちょっと効率悪すぎませんかね。仮に、エネトロンがガソリンとほぼ同値で取引されてるとした場合、パッと見で二十~三十万円分くらいしか盗めてない気がするんだけど。あんた、お金持ってるのは裏切り者回で分かってるんだから、そのくらい買えよw

 他には、戦闘にニックを同行させることで、Jが今までのバディロイドと違い、戦闘を念頭に置いた設計がなされていることを分かりやすく描写したりしてるのが芸コマでした。

 あとは、主婦コスプレでゴマンタレブしたエンターさんが、華麗にスルーされてるのがw 残念ながらしかし当然の結果、主婦は忙しいのである。


 スマイルプリキュア #18

 緑の子が緑なのにレッドっぽい活躍してるーッ!

 そんなわけで、なおちゃんとやよいちゃんが主役のエピソード。主役であるみゆきちゃんだけでなく、サブキャラクター同士が互いに影響し合って成長していくってのはいいよな。物語的な意味での位置づけはあれど、きちんと全員ヒロインしている。

 で、やっぱり白眉なのは最後で転ばせたことですね。単に感動を買っているだけではなく、こうすることで、「努力する過程こそが本当に大事なんだ」という、このエピソードにおけるテーマを強化&集約させる働きをこなしている。同時に、あそこから惜しいところまでいける、なおちゃんの凄さ描写にもなっているという。


 聖闘士星矢Ω #10

. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::: 
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄

[PR]
by ejison2005 | 2012-06-05 05:54 | ジャンプ感想