第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇 プレイ記 1

第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇

バンダイナムコゲームス


 飽きるか面倒になったら何の音沙汰もなくやめるプレイ記。

 ひゃっはー! 新鮮なスパロボだー!

 前置きとして、攻略wikiのFAQ、隠し条件に関する情報、誕生日精神コマンドは読んであります。修理と補給に関しては、過度のレベリングには使用しないよ。難易度大幅に下げちゃうからね。

 一応、予定としてはスーパー系ルートを通り、パワーアップ機体とやらもスーパー系にするつもり。誕生日は悩んだものの、結局、デフォルトでやることにしました。
 あと、当然ながら破界篇のクリアデータは引き継ぎます。

 チーム名は「モヒカンZコ」。


 プロローグ(1) 『ブラックリベリオン』
 プロローグ(2) 『ガンダム殲滅指令』
 プロローグ(3) 『世界最後の日』

 正直、このプロローグ3部作はあんまり褒めるとこないなあ。破界篇の時にも書いたけど、あまりに無理筋だし。特に00とか00とか00が。何でやねんとw

 むしろ、原作的にもそこが山場のひとつなんだし、きっちりと破界篇の時点で本筋に組み込んで欲しかったよね。何とかして。これでは原作再現というより、ゲーム部分と齟齬が出そうな部分を本筋から隔絶させただけだし。


 第1話 『ファイティング・ガール』

 エスターちゃん可愛いよエスターちゃん。

 そして、世界規模で貧乏話が広がっているクロウェ……。

 何というか、破界篇だと出番が少なかったからか、それ程までに感じなかったエスターちゃんの残念さ加減が、準主人公化することによって凄まじいことになっていますねw あのカルロスがたじたじになっているのだから、大したもんではある。というか、彼に対する最大の罰ゲームだよなw

 そして、当面の間はクロウが出てこないようだから、エスターちゃんの獲物は死神さんが担当することになるんでしょうなあ。流石は、チーム貧乏くじの筆頭やでえ。

 攻略ですが、まあ、初回なんでそんなに語ることもないですね。エスターちゃんが底力を持ってるから、何気に本家ブラスタよりタフネスでは上だし。
 運ゲー気味なSRポイントに関しては、集中と森の地形効果で何とかクリア。今回、資金ボーナスがあるんだね。これは嬉しい。

 そういえば、ブラスタEsは呆れるほど長い戦闘アニメじゃなくなってたのが嬉しい。そうそう、このくらいでいいんだよこのくらいで。ACPイオタも、ファイズと違ってテンポ悪いところを改善されてるから、普通に格好良い乱舞系攻撃になってますね。

 インターミッションでは、まずブラスタEsをフル改造。みんなやると思うが、俺だって当然そうする。ボーナスは、前衛切り込み型で運用していきたいので移動力+1。
 というか、某動画でも言ってたけど、ぶっちゃけ、移動力+1か射程+1くらいしか選択しないよね……ボーナス……。他は地形改善目的の場合くらいか?

 強化パーツは、破界の紋章をブラスタEsに、バリア・フィールドをサンドロックに、DMユニットをデスサイズにそれぞれ装備。
 破界の紋章、攻撃力アップってのが凄いよね。神強化パーツとして、大事に使っていきたい。

 パイロット養成はなし。しばらくは、連続行動やSP回復用に温存していきます。


 第2話 『逃亡者』

 ここにキマシタワーを建てよう(真剣)。

 カレンとはこういう風に絡むのかー。うむ、いいぞ実に良い心が洗われるようだ。

 しかし、モヒカンZコの面々についてクロウは好き放題言ってたみたいだけど、これ、絶対再登場時酷い目に遭わされるフラグだよな……w

 MAP攻略ですが、サンドロック&デスサイズは何気に防御面が優秀な上、改造はしてないけど強力な強化パーツを付けてるので問題なく初期配置を全滅。

 増援後は、エスターちゃんに経験値と撃墜数を稼がせたいので援軍の紅蓮&無頼共々、戦いを観戦させてました。

 で、SRポイント条件のジェノサイドロンだけ援護攻撃をくっつけて撃墜。

 インターミッションは、プロペラントタンクを紅蓮に装備。以上。

 ブラスタEsをフル改造したことだし、しばらくはエスターちゃん中心で節約しながら戦っていきます。


 第3話 『太陽の使者 鉄人28号』

 待望初参戦の鉄人さんキター!

 つっても、僕が見たことあるのはFXだけなんだけどね。あれはいつになったら参戦してくれるのだろうか。

 基本的には犯罪者と戦っていくボトルショー形式のアニメだったようだから、おそらく、シナリオ的にはあまり強力に推されはしないんでしょうね。しかし、別にいるだけでも鉄人のスパロボ参戦には価値があるんじゃないかと僕は思う。

 マップ攻略ですが、修理装置もあることだし、今回はSRポイントの条件が早解きなので遠慮なく鉄人を突撃。底力が5レベルしかないのは不安だけど、まあ、破格の修理装置搭載機でそこまで贅沢をいってはいかんということでしょう。

 ここで嬉しかったのは、正太郎が加速を習得したことでしょうか。エスターちゃん共々修理装置付き切り込み役として活躍させていきたい。

 SRポイントも難なくゲット。やっぱり、この段階でフル改造機体がいると撃墜系の条件は簡単に達成できますね。エスターちゃん援護出来るし。

 ユニット改造では、鉄人のENと照準値を5段階ずつ改造。

 強化パーツは、プロペラントタンクとバリア・フィールドを鉄人に、リペアキットをアルトバルキリーに装備した。

 パイロット養成では、正太郎に修理スキルを付けようか迷ったけど、やはりまずは連続行動を目指すことにする。


 第4話 『竹尾ゼネラルカンパニー奮戦記』

 当然、日本ルートを選択。

 で、このルートだと台所事情の厳しい奴らばっかり集まってくるのなw

 更に、子供が多いからかちびっ子秘密作戦みたいなシナリオになってましたね。全力で子供を守ろうとする竹尾ゼネラルカンパニーの皆さんは、今作でもちゃんと大人役をやっていて好感度高いです。

 マップ攻略ですが、今回はSRポイントの取得条件がなかなか面白かったですね。こういう切り口もあるのかーと思わせられた。

 ここで厄介なのは、やはりP武器を持たず射程も短くついでに命中率が低い上に集中も必中も使えないシャトルの存在なのですが、そこら辺は援護攻撃を活用することで何とかカバー。他の面々は特に問題なく2機撃墜を達成し、SRポイントゲット。

 ザンボット、トライダー、キングゲイナーはちゃんと前作で追加された武装を持ってるっつーか、キングゲイナーに関しては何か更なる追加武装まで持っているのが嬉しい。やっぱり、前作の減速運転ぶりはフラストレーションを感じるところあったしね。早く本気モードが見たいものだ。

 そして、再生篇でもやっぱり嬉しい社長スキル。社長は今回も優先して撃墜数を稼がせていきたい。

 強化パーツは、DMユニットをキングゲイナーに装備した。今作でも働いてもらいまっせ。

 改造は、ザンボットとトライダーのEN&照準値を5段階改造。キングゲイナーのENと運動性を5段階改造した。


 第5話 『広報2課の憂鬱』

 そういや、佐伯さん破界篇だとはぶにされてたんだったw

 ラスボスは倒しちゃったけど、まだまだやってない美味しいイベントは多いし、今作のダイ・ガードはそこら辺ちゃんとやってくれそうですね。ついに地雷さんも武装に追加されたしw

 マップ攻略ですが、赤木さんはやる気満々だけどHP回復能力を持つヘテロダインに初期気力のダイ・ガードで挑むのは無謀なので、大人しく待ち戦法を行うことにする。

 で、敵と味方の増援が登場してからは、SRポイント取得にサテライトキャノンが必要なので、気力上昇のためガロードに優先して撃墜させていく。つっても、援護攻撃を絡ませて撃墜数の方はエスターちゃんに稼がせとくけど。ガロードはガンダムルート行くからね。あまり稼がせたくない。この際、ビームソードの使い過ぎでサテライトキャノンが撃てなくなってしまい、少し焦る。気力が150で良かった。補給で回復できるよ。

 で、今回MAPサテライトキャノンは範囲がかなり広くなりましたね。制限があるとはいえ、普通に実用的なMAP兵器として運用できる。

 ヘテロダインは、応援付きのゲイナーで撃墜してレベル上げに貢献させました。エスターちゃんは修理もあってレベルが20になってたから、ここは譲った。

 ユニット改造は、ダイ・ガードに温存していた資金をぶっこむ。その結果、武装は最大改造され、装甲と照準値が5段階改造された。

 強化パーツは、ダイ・ガードにバリア・フィールドとリペアキットを。加速を使う機会が多いだろう鉄人には、おやつを装備させた。

 破界篇では便利屋に徹してもらったので、今回ダイ・ガードはアタッカーを目指してみることにする。だから赤木さんの補給スキルは後回し。
 代わりに、柿小路さんが補給スキルを、サラが修理スキルを習得した。自軍初のスキル習得者である。前ステージで覚えさせるのを忘れてただけなのは秘密だ!


 第6話 『登場!ドイツの鬼伯爵!』

 せっさん、天使になる。

 いやはや、基本的にはマジンガー屈指の鬱シナリオに向けたネタ振り回なんだけど、美味しいタイミングで登場したエクシアRが全部持ってっちゃったような気がする。戦闘アニメも格好良いし、何だかすごく待遇良いぞ。

 と、思わせといて連続行動忘却してるんだね。どういうことだってばよ……。

 MAP攻略ですが、SRポイント取得条件が久しぶりの早解き要求なので、加速を使える面々が全力で敵陣営に突っ込み、反撃殲滅戦法を取る。特にマジンガーは、装甲が高くENを自己回復し射程に穴が無く加速まで使えるので、こういう場面だと滅法役に立つね。

 出てきた増援に関しては、社長とエスターちゃんに優先的に分配させながら殲滅していく。ダイ・ガードは苦手な空中戦になるが、さすがにここまで強化してあると特に問題なく戦っていけるな。でもまあ、早いとこフライトユニット欲しい。

 ユニット改造は、ドナウとの一騎打ちに向けてマジンガーへ全額投資。特に、武器を重点的に改造して与ダメージの増加を図る。
 ついでに、リペアキットとプロペラントタンクもマジンガーに装備した。

 そしてパイロット養成……ついに、ついにエスターちゃんが連続行動を習得する。援護攻撃と修理装置も持っていることだし、これでぐっと戦いやすくなった。


 第7話 『対決!悲しみの青きドナウ!』

 そんなわけで、ドナウ編っつーか、ローレライ編完結。
 ドナウのデザインはないわーと漫画を読んだ当時思ったもんだけど、よくよく考えて見れば、この造形だからこそ悲劇性を強調できるのかもしれない。

 MAP攻略ですが、SRポイントの取得条件もあって、ドナウが削ってくれた敵にこすっからくトドメを刺すという正義の味方とは思えない戦法で敵を殲滅していく。モヒカンZコの真骨頂ともいえる。

 削られていない敵に対しては、エスターちゃんが連続行動を駆使してポジショニングし、そこから援護攻撃を絡めて撃墜していった。う~ん、やっぱ便利だ連続行動。

 ドナウ加入の隠し条件は多分満たしたと思うし、爆発せずにどっか離脱して行ったからきっと大丈夫だと思う。きっと。

 ユニット改造は、鉄人の装甲と、ゴッドマーズのENと照準値をそれぞれ5段階改造。

 入手した脊髄反射コネクタは、マジンガーに装備した。


 今後のモヒカンZコ

 撃墜数の現時点TOP3は、エスターちゃん(43)、社長(22)、正太郎(18)で、おおむねは計画通りといったところ。
 特に社長は、早期のABを目指したいのでエスターちゃんに継ぐ優先順位で稼がせていきたい。
 何より、天翔十字鳳の使い手だからね。

 あと、参戦タイムテーブルを見てみたらギアス勢が基本、くっついてくる感じになってるので、余裕があったらifルートを目指してみたい。破界篇ではあまり使わなかったしね。条件まだよく分からんけども。

[PR]
by ejison2005 | 2012-04-20 00:04 | ゲーム