週刊少年ジャンプ 12年 13号 感想
 ちなみに私はサニー派です。


 パジャマな彼女(新連載)

 どがしかでんの人の新連載作品……といっても、どがしかでんがどんな漫画だったのか、まったく思い出せない俺がいる。かろうじて、主人公とヒロインがいたことは覚えているのだが……。

 そんなわけで、過去の連載による色眼鏡とは無縁の……というか、ある意味でハリー・オード中尉も真っ青の色眼鏡状態で挑んだわけですが、幼馴染みの子が可愛いですね。非常に可愛いです。とてもとても可愛いです。この子さえいれば、アイドルの先輩いらなくねって感じ。

 と、いうよりもですね。作劇で考えると、ぶっちゃけ本当に今回の話では先輩出す必要あるのかなーという疑問がわきます。幼馴染みが幽霊になっちゃった! というのが作品としてのスタートラインなのに、先輩を登場させたことで微妙に視点が散漫になってしまっている。先輩とのあーだこーだが原因で幼馴染みの子と仲違いをしているわけですが、喧嘩の原因なんて他に作ればいいしなあ。
 多分、今後は幽霊になっちゃった幼馴染み(なので恋愛成就不可能)と先輩(可能)との三角関係で盛り上げる腹積もりなのでしょうけど、初回は話の根幹に関わる幼馴染みの子に注力して、先輩は「アイドルの先輩がいるんだよ~」くらいでサラッと流してもよかったんじゃないでしょうか。

 つけ加えると、先輩との出会いイベントがいまいちなんですよね。何でそんなんでフラグ立ってるの? アイドルキャラは主人公に匿われた後、発情しなきゃいけない決まりでもあんの? という感じ。
 しかし、こうして真面目に考えるとアイドルとのフラグ立てっていうのも難儀なものですね。文句いっといてなんですが、これといって代案も思いつかないや。桂木桂馬先生は偉大だ。
 いっそのこと、アイドルの先輩も昔馴染みということにして、「付き合い長いからちょっとしたことで転ぶよ!」と、関係性の構築をキング・クリムゾンしちまってもよいかもしれない。お似合いだったつれ合いが死んだってのなら、距離が急接近する理由付けにもできるし。あの日見た花の名前を僕達はまだ知らなくなりそうだけど。

 あとは、主人公のキャラクター性でしょうか。いや、彼はこれといって悪い行いとかしてないわけですが、あれだけ分かりやすくフラグが立ってる幼馴染みに対して鈍感だという一点だけで、死ねと言いたくなってくる。
 しかも、初回で幼馴染みの子は死んじゃう(恋愛成立不可能となる)から、成立済みは行き過ぎでも、ある程度意識しておくくらいは何の問題も無いしね。幽霊ラブコメは、好きだけど結ばれない系のジレンマにこそ活路を見い出すべきだと思うし。

 と、まあ、なんのかんの文句もつけてみましたが、幼馴染みの子が可愛いので来週も楽しみです。あとは主人公がクズ化しないことを祈る。


 トリコ

 え……これを恵方巻の具材にするの……え……?

 いやーないわーこれはないわー。トリコに関しちゃどちらかというと信者寄りの僕ですが、これはない。あり得ないと断言できる。酢飯に果物て。
 これ、覆面寿司職人さんがなんのかんのと注文つけてるのは、単にトリコに握ってやりたくないだけなんじゃないかなあ。僕は料理漫画とかによく出てくるやたら食い方にうるさい寿司職人キャラはどうかと思ってるけど、これは許すよ。こんなセンスの客は全力で拒否るべきだと思う。寿司に対する冒涜だ。

 そして今回、最も被害をこうむったのは、強烈な臭いを放つ食材を抱えた半裸の男二人と列車に乗り合わせる羽目になった何の縁もない乗客達と、鉄道会社だと思う。その他諸々も含めて考えると、今回の件に関しちゃ美食會以上の迷惑を世間にかけてるんじゃなかろうか、この二人。


 ブリーチ

 アズギアロさんとのやり取りがとても面白くて幸せな気持ちになれました。やっぱり、久保先生はこういったコメディが非常に上手いよな。来週、なんかフルブリング的なものを繰り出したアズギアロさんが、ゴミみたいに叩きのめされた後のシーンから始まってることを切に願います。「今更そんな能力出したから何だってんだ?」みたいな。


 ハイキュー

 主人公コンビをどうやって仲良くさせるんだろうと思っていたのですが、それそのものをひとつの試練として課すのね。ついでに、主人公コンビが初回時よりどの程度上達しているかと、部長のキャラ立てもこなしている感じ。複数の要素を組み合わせて、シームレスにお話を進行させてくれる構成……イエスだね!


 べるぜバブ

 話の趣旨を二転三転させた後、強引にスタート地点へ取って返して何となく終わらせる話作りが見事だったと思います。べるぜはギャグ漫画としてなら、まだ戦っていけると思わせられた。


 銀魂

 最初、沖田さん急に見廻組の制服着てどうしたの? と思ったんだけど、途中の銀さん達も塗られてないコマを見て、ようやくああ間に合わなかったのかと理解することができました。なんかの作戦で衣装チェンジでもしたのかと思っちゃった。

 本編は、そよちゃんがギャグやってるところは面白かったんだけど、その後、警備隊の皆さんを相手に格好つけるシーンはやっぱり寒かったなあ。空知先生のこういうセンスはどうも受け付けない。そういう以前の問題として、何も知らないだろう警備隊の皆さん相手に格好つけたってしょうがないだろうという説もあるし。前将軍本人がいたなら、時代劇的お約束として様になってたんじゃないかと思いますが(それでももう少しあっさり目がいいけど)。

 ここはやはり、将ちゃんに来てもらうしか! なんかこっそり立ち聞きしてフラグ成立してたし!


 ハンター

 えーがーあーれーてーるー!

 しかし、カイトはどんな風に成長するのかと思いきや、また予想外な方向性できましたね。なんかアメコミに出てきそうな女の子キャラだ。食われてないのにどうやって転生したのかという問題は、ジンの言ってた能力で魂を憑依させたとかそんな感じっぽいね。2ちゃんで見てようやく得心がいった。

 カイトの謎カウンセリングコーナーは、宙ぶらりんのまま蟻編を終えてしまったコアラさんに関する事後処理と、ゴンが謝る時のために緊迫感を高め、ついでにカイトが元の人格を取り戻してるっていう描写でしょうか。それにしても、どういう経緯でコアラさんここへ訪れたんだろう。

 そして、実の妹が生まれ変わったと信じて育てた赤ん坊があれよあれよという間に育って熟練ハンターの風格を漂わせ、当の妹はザリガニとイチャイチャしているコルトの立場は一体……。


 スーパーヒーロータイム

 フォーゼ #23

 むっきーといい蟹といい、橘さんは本当、弟子に恵まれんなw
 しかしながら、弟子とは師の背中を見て育つ者だということを考えると、さもありなんという感じはする。「あ、君のスイッチ私が落としたやつなんだよ(^^/)」とか言われて、何をどう尊敬すればという話だしw

 しかも、マグネットステイツの砲撃にすら耐え得る防御力の持ち主ということで、明らかに直接戦闘力では上だしなあw これはもう、橘さんギャレンバックル持ってくるしか。

 正義の味方を標榜するキグナスが、宗教組織みたいなのを運営していたというオチに関しては、まあ、スイッチャーが本当に善人だとお話成立しないし、オリオンの彼を麻薬中毒者みたくしといて、今さら善いことに使えるもないだろうという感じですね(ペルセウスみたく更生するならともかく)。極めて妥当な落とし所。

 流星は明らかに来週、右腕に怪我を負っててそこから友子に正体バレする流れへ入ってますね。ここら辺の絡みは、前に感想で書いてた「流星とライダー部の誰かが絡むエピソードなんかも欲しい感じですね」というのが達成されていて、とても満足度高いです。


 #24

 ありゃ、てっきり怪我でも負うのかと思いきや、ふっつーに流星が行動していてびっくり。すごく痛かったけど痛かっただけだぜ! ということでしょうか。リベンジマッチでも、特に問題なく戦えてたしなあ。
 しかし、怪我は無くとも痛かったことは恨みに思うのか、流星さん自分の目的と役割を忘れて完全に仕留めちゃってますねw ここしばらくは大体そんな感じだけど、それでいいのか反ゾディアーツ同盟。キャンサーみたいな例ばっかりじゃないだろうしなあ。
 やはり、ここら辺は「敵であり味方でもある」という役割を描くのが難しいからかなーという感じを受けます。今のところ、メテオは味方側に大きく傾いていて、無駄なライダーバトルとかをやって嫌われ者になるよりは、賢い選択だと思える。しかし、当初に掲げたスタンスを考えると、そればっかりというのもそれはそれで困る。収束させるには、アリエスを登場させるのが手っ取り早いけど、今はキャンサーが表に立ってるしなあ。

 そして今回のお話といえば二重人格トリックですが、一発限りのネタにちゃんとテーマ性を持たせて昇華したのは良かったと思います。その後の無理矢理ラストワンはまあ、アクションシーン成立のために仕方ないか。というか、とにかく押しさえすればOKなのなw

 ホロスコープス側は、キャンサーが仕留めてくれと言わんばかりに前線で行動しまくり、橘さんもなんか打って出る気満々になってますけど、これ、下手したらまとめて片付けられたりするんじゃないでしょうか。残り話数と未登場&未誕生の幹部数からも考えるに。
 橘さんはもはやフォーゼに勝ってる姿がまったく想像できず、キャンサーも対戦しすぎで攻略法を見い出されつつあるからね。


 ゴーカイジャー #50(最終回)

 いやー、面白かった。感無量だった。
 ドラマとしてやるべきことは前回までで全部終わってるから、基本、戦ってばかりのお話なんだけど、そんな中でも、敵陣営中央部の旗艦を乗っ取ってそこから全弾発射→敵壊滅という作戦を使って見せる辺り、ある程度の整合性を持った帝国軍壊滅を描こう、という気概が感じられます……ちょっと旗艦の火力強すぎるけどw
 一応、ノコノコと皇帝陛下が最前線へやって来るのも、前回でロボが大破してる→航空戦力無しという安心してやって来られるだけの理由が作られてるからだしね。

 そして、注目すべきは最後の最後、皇帝にトドメを刺す一撃の引き金を引いたのが、他ならぬ鎧であるということでしょうか。
 それはもちろん、彼の海賊としての夢がザンギャック打倒だったから、というのもあると思いますが、第1話からまさかの再登場を果たしたあのやたらスーパー戦隊に詳しい保母さん(だよね?w)率いる幼子達にマーベラス達が言い放った言葉を考えると、なかなかに意味深な描写であったと思います。

 そして、バトルでの見所は何といっても、34スーパー戦隊チェンジアタックだよな。おまけに、(おそらくスーツが残ってた連中分の)強化フォームアタックまでやってくれたし、それぞれのチェンジにも忍者繋がりとか色々あって、〆に相応しいバトルになってたと思う……やりすぎて、途中から皇帝さんがスパロボのボスキャラみたいなタコ殴り状態になってたけどw

 ともかく、この一年、記念作品に相応しい面白さを維持し続けてくれた名作だったと思います。そりゃ、ゴーバスターズも思わずお辞儀して見送るわ。
 ……そういえば、次のゴーバスターズは先輩戦隊達との関わりどうなるんだろう? まさか、ここまでやっといてゴーバスターズ以降の戦隊をハブるわけにもいかんし。
 ターボレンジャーよろしく、俺らが頑張ります宣言でもするのでしょうかw


 ゴーバスターズ #01

 リアル系スーパー戦隊……! そのためか、スーパー戦隊というかブルースワットみたいな雰囲気が漂っています。

 とりあえず、初回を視聴しての感想としてはグッジョブ! というしかないです。冒頭のミッションといい、司令部でのやり取りといい、敵基地(?)のCG描写といい、(これは前例あるけど)巨大怪人と等身大怪人が別口であることといい、特撮作品で頑張ってリアルっぽくプロっぽい雰囲気を作り出していると思う。リアルである必要もプロである必要も無いけど、っぽいと感じさせてくれることはとっても大事だ。

 ただ、リアルさを打ち出すのはいいけど、CB-01にはちゃんと名前が欲しかったなあ。単純に覚えづらい。今書いてるのも、ぐぐって調べたし。ゴーバスターエースというのが名前と考えていいのでしょうか。

 そんな名前覚えづらい上に玩具で悲しいまでにプロポーションが再現されてない(毎年だけど)CB-01さんのロボアクションは、非常に格好良かったです。コクピット内の描写が前面から映して「うわー!」「いけー!」とかだけではなく、操縦桿でもあるニックと会話したり、レッドバスター側から見てのモニター画面を映したり、細かく計器を操作したりと、すごく「ロボットを操縦してる」感じが出てるのが特に良い。
 いってみれば、今までは「巨大ロボが戦ってる」だったのが、「レッドバスターがCB-01を操って戦ってる」に進化したというか。
 ロボットはパイロットと一体になってこそ! なんてことは分かりきっていたつもりだったけど、こうして改めてそれをやってみせられると、どれだけ重要なことだったのかが浮き彫りになりますね。ロボットアニメでも積極的に取り入れて欲しい演出だ。作画もちょっと楽できるし。
 そのうち合体するかもしれないけど、つーか絶対するだろうけど、とりあえずCB-01を一人乗りにしているのも、これなら納得。この演出をやるなら、広めの空間でメンバー全員が操作する集合コクピット方式よりも、狭い空間で一人だけ操縦する方式の方が絶対やりやすいですからね。空間的余裕があるよりも、機械などをみっちり詰めて狭苦しくした方がロボットのコクピット「っぽい」し、誰が何やってんだかよく分からない複数操縦方式よりも、一人で全部まかなってた方が操縦してる「っぽい」のです。っぽいは大事。超大事。

 ただ、ロボット戦の割りを受けて、等身大怪人との戦いがキング・クリムゾンされちゃったのはちょっと残念だったかな。ゴーカイジャーVSギャバンで披露した個々人の特殊能力も、一切見せなかったし。来週は早速三人揃ってアクションするみたいだから、その辺を期待したいです。

 そして最後に、このご時世でエネルギー問題を思いっきり話の根幹部へ配置したのを評価したい。きっとやりたいクリエイターは一杯いるだろうけど、でもやるわけにはいかない中を、子供向け作品の代表シリーズである戦隊でよくぞやった!
 だが気を付けろ! 引き合いに出したブルースワットの例に漏れず、大体そういう作品はロクな目に遭わんぞ! 媚びつつ攻めるのだ!


 スマイルプリキュア #03

 みゆきの台詞で申し訳程度の絵本要素はあったものの、相変わらず作品モチーフが目立ってませんが、その分、キャラ立ちやキャラ描写の面に関しては、本当に隙の無い作品だと思います。

 今週、プリキュア入りを果たしたやよいちゃんなんかまさしくその代表例だよね。ひたすらあざといことを、あざとくやり通してバッチリあざとくキャラ萌えさせてくれてる。
 あざといっつーか、言い方を変えればテンプレートなわけですが、スーパー戦隊が長きに渡って培ってきた配色性格配分は、それだけ有効なキャラクター作成手段なんだよってことだと思います。

 ひょっとしたら、スマイルプリキュアの個性ってのは、テンプレートの限りを尽くして作り上げた完成度の高い王道作品であること、とかそんな感じの結論に落ち着くのかも分からんね。


 #04

 今回は前回までの勧誘話と違い、何かに挑戦するわけでもなく、挫折するでもなくプリキュアに覚醒しましたね。いうなれば、ナチュラルボーンヒーローというところか。やっぱり、マーチとビューティは他三名を導いたり見守ったりするポジショニングでいくのかな。同学級なのは話を作りやすくするための都合ということで。

 今回は話のパターンだけではなく、戦闘時のパターンも変えていて、具体的にいうとハッピーシャワーがちゃんと役立ってたのが良かったw
 まだ使ってないパターンでいくと、来週は「くそ……○○の力さえあれば何とかなるのに誰も持ち合わせていない!」「いるぜ! ここに一人な!」「ヒュー!」というパターンとかでしょうか。

 そして俺のサニーちゃんは、メンバー増えてきて仕事もどんどん増えてきたな。素晴らしいツッコミ役だ素晴らしい。戦闘要員がそこに活路を見い出しちゃっていいのかというのは置いといて。

[PR]
by ejison2005 | 2012-02-28 01:36 | ジャンプ感想