仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX 感想
 見てきたよー。感想は普通にネタバレするんで、注意してくださいね。

 とりあえず、見に行くのが不安な人に対しては、安心して見れる良作とだけ言っておきます。ネタくせえ仮面ライダーなでしこも、ビックリするくらい真っ当な女性ライダーだった。
 というか、ふっつーにテレビ本編と地続きのお話なんで、今後テレビでもロケットステイツ出てくるかもしれない。そして、出てきたら映画見てない人置いてけぼりw





 仮面ライダーオーズ

 こちらは前座を飾るに相応しい、ロケットスタートなパートでしたね。のっけから戦闘、戦闘、また戦闘。そもそも、ドラマパートやろうにも登場人物全員自分の物語を完結させちゃってるのだから、この選択は正解だったと思います。

 そんな訳でドラマ部分はかなり強引というか、かっ飛ばしてるんだけど、かっ飛ばしてるなりに、自分の番組終えてこれから先輩としてやっていかなければならないオーズが、未来の新米ライダーを教え導くというテーマを盛り込んでるのがグッド。明日のパンツに込められた真の意味を明かし、テレビ本編終盤における火野さん暴走の流れも組み込んで、後日談として求められてるラインもきっちり飛び越えてるし。
 あと、地味に嬉しいのが、白石さんもオーズチームの一員として、戦いには加わらないながらも皆を見守っている点ですね。彼女が加わることで、テレビ本編を終えてオーズ勢はひとつにまとまったんだなあ、というのがすごく伝わってきました。

 アンクの顛末に関しては、あれから大して間が開いてないのに復活してるとお手軽すぎだし、ちゃんと未来への希望を残してるしで、十分満足できるものでした。口をつぐんでる時はまた崩壊オチかと思ったけど、うかつなこと言ってタイムパラドックスが起きたら困るからでしょうねw

 殺陣の面では、変身後もさることながら、生身でのアクションが素晴らしく見ごたえありましたね。特に、クスクシエで店内の物品を盛大にぶっ壊しながら戦うシーンは良かった。白石さんがオーズのこと知らなかったし、片付けが面倒くさいし(笑)で、テレビだとやれなかったシーンだ。

 あとはやっぱり、仮面ライダーアクアが活躍する終盤の水上バトルかな。乗ってんのただの水上ボートだし、基本的にはCGのエネルギー弾をかわしてるだけなんだけど、話の流れと相まって十分、見所として機能していたと思う。
 というか、ゲストライダーゆえにろくなギミックを持たされてない仮面ライダーアクアが、それゆえに昭和リスペクトな「中の人の体術で必殺技を出す」ライダーになってたのが嬉しいです。ジョーカーもそうだけど、やっぱライダーってのはこうだよな。弱々しい面持ちにデザインされてるのに、すげえ格好良く見えた。

 それにしても……未来に叩き込まれたメダルの影響によって生まれた人格……か。
 人格が存在してかつ、クラッシュしてないのってグリーンメダルだけだから、ひょっとしてポセイドンの母体となったのはウヴァさ(ry
 というか真木さんはどこへ……消滅したんだろうなあ。


 仮面ライダーフォーゼ

 一方、こちらはどちらかというとドラマ部分に力を入れてた印象の中盤パート。
 とはいっても、学園祭におけるアクションなど、殺陣も決して手を抜いてるわけではありませんが。惚れた相手をぶん回して戦う弦ちゃんに吹いたw

 なでしこの結末は……弦ちゃんの元ネタがストロンガーな時点で、まあ、むべなるかな。
 といっても、最終的には生物として更なるステップへと進化したということで、悲しいだけの終わり方じゃなくて良かった。
 これでいつでも外宇宙からの危機とか呼びこめるよ! やったね! 弦ちゃん!

 あと、細かい上にどうでもいい部分ですが、ライダー部の被り物が良く見たらスリッパとか使って作られてて、すごく「学園祭で手作りした感」があって良いですね。


 MEGA MAX

 自力の変身だと飛べないのを上手く誤魔化して留守番してた系の仮面ライダーがいた件。

 とまあ、冗談はさて置き、変身前の面子が揃って会話してるシーンはすげえ良かったなあ。慌ただしくやってきて適当に戦い去ってくだけの客演だと、決して生み出せない面白さだ。スパロボも、シナリオがあるからこそ面白いわけですしね。
 NGワード:四人並んでるシーンにおける翔太郎の身ちょ(ry

 あと、翔太郎の中の人、しばらく見てない間に随分と発音&滑舌が上手くなってませんでしたか? 生身での演技シーンなのに、一人だけ吹き替えみたいな雰囲気になっててビックリした。元からいい声してるとは思ってたけど。

 そんなわけで、平成第二世代リーダー格としての雰囲気をまとっていくWも良かったですが、それ以上に感心したのが七人ライダーですね。
 僕は以前、こういう記事を書いたことがあるんですが、劇場版ディケイド以降における昭和ライダーの使われ方には、不満を持つ部分が多かったんですよ。すごい損な役回りというか、リスペクトを感じないというか、普通に戦ってやられたり洗脳されたりでしたからね。

 しかし……今回はその辺、きっちり対策を練ってきましたね。そう、罠にかければいいのです!
 罠なんだから仕方がない。負けてしまってもやむをえない。だって、敵が卑怯な手を使って罠を張っていたのだから。要は、実力で負ける描写を入れなきゃいいのです。それに、まあ、昭和ライダーってなんかこの手の罠にかかりやすいイメージあるし……w

 というわけで、客演する先達の使い方が上手かったMEGA MAXパートですが、何よりの見所はやはり、戦闘シーンでしょう。

 持ちうるコンボとスイッチを全て出し切り、大量の敵を蹴散らしたオーズ&フォーゼ。

 次々とフォームチェンジしながら四人がかりの再生怪人を圧倒して見せたW。

 アクアと七人ライダーによる連続必殺技シーン。

 どれも素晴らしい見せ場でしたが、特に圧倒されたのがクライマックスにおける空間戦闘で、ライダーにこんなCGの使い方があったのかと唸らされることしきり。
 この手のCGバトルは、先にウルトラマンが劇場版で取り入れていたわけですが、特撮においてCGのポテンシャルを最も引き出せるシチュエーションは、空間戦闘なのかもしれませんね。
 そんなわけで、クライマックスの戦闘は、スーツアクターさんによるステゴロこそが至高と思っている僕でも見事というしかないものでした。これは新しい可能性を感じる。


 まとめ

 2011年のトリを飾るに相応しい映画だったと思います。脚本と殺陣の良さに加えて、CGによる新しいライダーバトルの可能性も垣間見せてくれた。もちろん、キャストの熱演も忘れてはいけない。

 次の映画は、いよいよスーパー戦隊との共演になるわけですが、この流れを壊さず、しっかりとしたものに仕上げて欲しいというかマジでやるの??

[PR]
by ejison2005 | 2011-12-16 05:27 | アニメ