週刊少年ジャンプ 11年 43号 感想
 秋葉原に買い物へ出かけたついでに、ちょっとゲーセンへ行ってみたらなんと生プーンコを発見。ありがたや~。月曜昼間だからか、そんなに人はいなかったけど、入れ替わり立ち替わり、常に数人が観戦用のでかいモニターに見入っていた。
 んで、一時間くらい張り付いて観戦してたんだけど、本当にセスでガン攻めするんだな~。すごいな~、かっこいいな~、憧れちゃうタル~。
 ちなみにその間、プーンコ氏はごくたまにラウンドを落とすことこそあったものの、一度たりとて負けることなく、連勝し続けてました。表情なんかは張り詰めてる様子もなく、至ってリラックスした状態で、あれだけギャラリーに囲まれて集中力を維持し続けてるのもすごいと思う。
 しかし、気持ちにゆとりを持つあまり、あぐらかいて座っちゃうのはどうなんだろうかw EXあぐら座りぶっぱw


 黒子

 なんかゾーンが、テニスにおける無我的な使われ方をされ始めてる気がする。考えてみれば、先週段階でも当たり前のように観戦してる人達が「ゾーンに入ってるな!」と認識していたしなあ。
 そのうち、ゾーンを右手に集中させたりとか、頭部に集中させたりとかしちゃうんだろうか。

 それはさておき、仮に二人のゾーンによる戦闘力増強効率が同一だとした場合、元から地力に差のある火神側が圧倒的に不利っつーか、勝てる要素がないんですけど、そこら辺にどうロジックを上乗せしてくるかが、今回のリベンジ戦において重要な要素なんじゃないかと思います。
 そこでしっかり、読者の予想を裏切りかつ、読者を納得させることができれば、この試合は黒子のバスケにおいて、ベストバウトと呼べるものになるんじゃないでしょうか。やっぱり、黒子が何かするのが王道かなー。この漫画の基本テーマは、「一人でやるより協力し合った方が大きな力を発揮できる」というものであることだし。


 ナルト

 頭だけ出しながら高説垂れたり解説したりする先代水影様が、果てしなく間抜けな絵面だったというのもありますし、そもそも、超強い分身体を作れる代わりに本体が超弱くなる術を使った状態で本体ががっちりホールドされておきながら、そのことがさしたるハンデになってないのが微妙だなー。
 我亜羅の術で効果的に封印できないのならば、我亜羅が分身体を相手にしてる間、本体の方にかけた術は解いておき、他の面々がボコッたり封印したりしとけばよかったんじゃないでしょうか。


 ブリーチ

 時を操る(らしい)おじさんといい、今回の子供といい、敵側が本来もっと有効な戦い方ができる能力をアホな使い方していて、それでいて特に引っ繰り返ることもなくあっさり勝っちゃってるもんで、語ることがないなー。

 ところで、今回のエピソードを見た後だと、どうしても幽白におけるゲーマー戦を思い出してしまうんだけど、あれを今読んだら絶対、「精神攻撃は基本!」とか思っちゃうんだろうなあ。カブトボーグの罪は大きい。

 そして、そもそも敵側が間抜けすぎるとはいえ、ホビー展開における「絶対的強者への対抗手段」として王道なのが精神攻撃だとした場合、日番谷隊長は意外と真っ当なホビーバトルを行っているのかもしれない、と思いなおした。


 スケットダンス

 ストッキングの上からパンツをはいていためだかボックスに続き、スケットダンスもストッキングの上から水着……か。

 なんだろう。上手いことは何も言えないけど、とにかくジャンプ編集部には凄まじい業を背負った男が在籍しているのかもしれません。


 トリコ

 グルメ美容院てw ぜってー髪の毛入るっしょこれw
 しかし、しまぶー的にはこんなわけの分からん店を出してでも、トリコ達の発毛に関してはしっかり描写していく心積もりなのでしょうか。振り返ってみれば、トリコはちょこちょこ髪型変えてるしなー。
 別にしっかり描写したからどうこうって代物でもないと思うので、これは多分、何の合理性もない本当にただの「こだわり」なんでしょうね。ハヤテのごとくで、時間の経過だけはしっかり管理してるのといっしょだと思う。

 本編ですが、これは素晴らしい「有能な味方組織」の描写だったと思います。普通、敵の企みをマスターシーンで述べたのなら、それがある程度形になるまでは成功していくもんな。場合によっては、主人公達が介入しても完全達成されて、そこを起点に物語の山場を迎えたりするし。
 そこで定石を外し、事件初期の段階から最大戦力である会長自ら出陣させることで、これまで支援組織としての役割しか持たなかったIGOが、一気に「戦力」としての地位を確立したんじゃないでしょうか。
 まあ、ぶっちゃけてしまえば、蟻編におけるハンター協会の動きを参考にしてると思うんだけどね。別にパクリってわけでもないし、良い手法の取り入れはどんどん行っていくべきだと思う。

 んで、クロマドさんやその他数名の幹部&エキストラモンスターズで会長をどうこうできるとは思えないんですけど、伝令も走らせてたし、トリコがカジノ行ってる間に会長とボスが一騎打ちして、まんまと美食會が撤退しおおせる展開になるんですかね。で、そこからトリコに何らかの指令が下ると。

・いざ、グルメカジノへ
 サンサングラミー捕獲では何やかんやでトリコと小松が活躍しましたが、舞台がカジノとなると、これ、本気でトリコ達の出る幕が無くなっちゃうんじゃないでしょうか。神社へ行った時に強運を持ってると言われてたので、ナチュラルに勝っちゃうのかもしれないけど、それやっちゃうと今度はココがいらない子になっちゃうしなあ。
 どうすんだろう。

・新たなゴリ押し商品現る

トリコ 美食獣判定器 グルメスティックセンサー

バンダイ


 アニメの話になるんだけど、謎ロケットパンチに継ぐ新たな販促商品が現れましたね。
 ただ、これは食材にぶっ刺すことでスカウター的な使い方ができる――例えばトリコとゼブラがケルベロス食ってた時はこれを使えばより客観的にカロリーが提示できる――わけで、なかなか良いアイテムなんじゃないかと思います。
 玩具としても、食材毎に種類の違うモンスターが出現するということで、リアルにバーコードバトラーで遊んでた人間としてはなかなか心ときめくものがありますしね。超不衛生そうだけど。
 できれば、バーコードバトラーと同じく対戦機能がついてると良かったなあ。


 リボーン

 ガンマさんの安定したロリコン紳士っぷりがすごく面白かったです。別にギャグでやってるわけじゃないんだろうけど、傍から見て変態以外の何者でもないよな。
 しかし、ユニちゃんは未来の世界でこの容姿だったんだから、現代では幼女もいいとこだと思うんだけど、誰もその点にツッコミ入れないなー。僕の設定見落としかと思ってwikiも見てみたけど、特に記載されてはいなかった。


 超能力者斉木楠雄のΨ難(不定期読み切り)

 いいからもう普通に連載しろよ。

 しかし、近年では色んな漫画でそういう属性のキャラが登場するようになってきたし、天下の週刊少年ジャンプでも銀魂とかで中二病とかたまに言ってるしで、中二系っていうのは立派に一ジャンルとして昇華されたと思います。
 例えば、ギャグ漫画に中二系キャラを登場させると、彼らがただ普通に中二的行動を取るだけでギャグになりますからね。
 漫画の表現手法は使い尽くされたっていうけど、それでも時代の流れと共に生み出されていくものはあるもんだ。


 バクマン。

 ジャンプの読者層を想定して集めたモニター達がジャンプを読んでいない……だと……。ま、まあ、そこは七峰君の選考が甘かったのだとしましょう。小杉さんの予想にすぎないし。OK、そこはいい。過去にモニターが高得点を出した作品が、普通にジャンプ内でもアンケを取れてたことは忘却することとする。
 しかし、それにも増して凄まじいのは、東さんがこれといった理屈付けもなく、ふっつーにアンケ三位を取ったことだよな。しかも彼の代原、わずか19ページの読み切りって設定なんだぜ? 一体、何があったというんだ??
 あえて東さんがアンケ取れた理由を考えるとするなら、「服部さんが担当になったから」くらいしかないからなあ。プラスナチュラルも服部さんが担当だった時は好調だったわけだし、もう服部さんが全部やればいいんじゃないだろうか。作画エイジ&原作服部なら世界を取れるよ、きっと。

 ところで、
「この七峰くんの会社から貰ったネームより原稿は遥かに良くなってる」
「……またそんな褒め方を、原稿の方が悪いんじゃ話になりませんよ」
「そういう意味じゃありません(以下省略)」
 という部分の会話の意味が分からないのは僕だけでしょうか。言いたいことは分かるんだけど、国語的に色々間違ってる気がする。


 ハンター

 いや、これは確かに手抜きではあるけど、だがしかし、これ以上に素晴らしい王とコムギちゃんの結末描写なんか全く思いつかない以上、手抜きでもなんでもないと思う。これは冨樫先生が至るべくして至った、最高の演出だよ。

 事後処理に関してですが、元より泥を全て被るつもりで挑んだとはいえ、本当にシャレにならない被害が(結果的にとはいえ)出ちゃったなーと思います。まあ、これはしょうがねーよなー。あの爆発で生き残り、王宮に戻って来ちゃうとか予想できんだろうjk
 多分、管轄責任とかを全部ハンター協会が背負わされてるのは、そこら辺のけじめつけもあるんでしょうね。もちろん、会長にあんな行動を取らせたのはお偉いさん達なんだけど、27巻の回想シーンで巧妙に薔薇使用許可の言質を避けてるし。
 報われねえなあ。

f0029827_23515957.jpg

f0029827_2352667.jpg

 銀と金で↑こんなシーンがあったけど、これは旨味があるからやってることだしね。もちろん、ハンター協会側も色々と恩恵を受けてきたからやってるんだろうけど、読者視点じゃ知りようがねーし。読者の視点が置かれた勢力は、ハンター側、キメラアント側、双方とも報われない結末となってしまった。本当に救いはカイト転生だけだ。

・十二支んの皆さん(と思われる人々)
 わー、雑魚っぽいw
 さすが元祖というべきか、とんでもない陰獣臭だ。来週冒頭で彼らが全員殺害されてるシーンから始まったとしても、違和感抱かないレベル。
 そもそも、会長が連れてかなかった時点で実戦能力はさほど高くなさそうだしなあ。もしかしたら、他にも重要な仕事があったのかもしれんけども。


 スーパーヒーロータイム

 フォーゼ #5
 げげえ! もしかしてもしかしなくても、スコーピオンの正体アンガールズなの??
 今のところ、フェイクの可能性を考えると五分五分って感じですが、アンガールズが変身してるとなると、一気にネタキャラ枠と化すなあ。でもなあ、この学校って理事長からして謎の敵首領ポジっぽいもんなあ……と思っていたら、あの女先生の名前をアナグラムすると「さそりなのだ」になるそうな。ふう、ひと安心だぜ! (そうか?)
 とりあえず、敵組織の名称は暫定「職員室」でしょうか。

 新スイッチのスピーカーとガンダムハンマーは早速、噛ませ的な使い方になったけど、スイッチが多すぎる以上、今後もこういうのは増えるんだろうな。1話につき2回戦闘が入るフォーマットだから、何らかの形で活躍はさせるだろうけど。

 そして、これだけは言いたい。ユニコーンギャロップ!


 ゴーカイジャー #32
 先週、冗談であんなこと書いたんだけど、本当にオーレンリスペクトなバズーカだったのかよw
 ハカセが名前の割に発明とかしてなかったっていうのは、「只でさえ殺人的な販促スケジュールなのにそうそう新アイテム出せねーよ!」という自虐ネタだったのでしょうか。

 あと、シリンダー元に戻しちゃったらバズーカ使えない気がするんだけど、そこはオーレンジャーの大いなる力で通常武器から変化させたりとかするのかなあ。

 最後に、内容とはあんま関係ないけど、改めて見るとマスクマンのスーツって超カッコイイな!

[PR]
by ejison2005 | 2011-10-03 23:59 | ジャンプ感想 | Comments(18)
Commented by レト at 2011-10-04 11:05 x
>バクマン
敗因の後付が酷過ぎますね。
特に小杉、負けた途端に欠点を語り出すなよ・・

>ハンタ
良くも悪くも「冨樫先生だからこそ出来た」演出でしょうね。
新人が安易に真似しようものなら火傷だけじゃ済まされない手法でしょう。
「夕凪の街 桜の国」や「風が吹くとき」など他の原爆症を扱った名作でも同様の演出は用いられていましたし、薔薇の恐怖と二人の絆が伝わってきました。
もちろん、冨樫先生のネームセンスあってこその「漫画演出」でしょう。
最後の十二支んはどういう役割なのか気になりますね(子と亥は未登場?)。
キメラアント編で力≠正義のテーマも示されたので、次章では政治闘争が描かれるかもしれません(幽白の魔界編ではテコ入れのトーナメントのせいで中途半端に終わっちゃいましたし)。
Commented by tule-ta at 2011-10-04 12:53 x
>バクマン
本当に小杉さんは無能だなあ
少年誌らしさに欠けているという欠点に気付いてたなら描く前に教えればいいのに
これじゃあ、漫画は担当と二人三脚で描くのが正しいとか言われても説得力がないです

>トリコ
一龍がボスと戦って死ぬと思ったけど、今回の事件で大竹と一龍が出会ってパートナーになるという可能性もありそうですね
Commented by すがり at 2011-10-04 13:20 x
「十二支んみんな」は「十二支のみんな」でしょ多分
すげーわかりにくいけど
Commented by レト at 2011-10-04 14:13 x
"十二支ん"と書いてありましたよ。
Commented by 風龍 at 2011-10-04 20:31 x
格ゲーで「あぐら座りぶっぱ」と聞くと
どこぞの世紀末病人を思い出す今日この頃。

>フォーゼの馬ゾディアック

多分多くの人が抱いた感想でしょうが
「あんた出る番組間違えてるー!ここには乾巧も草加もいないって!」
Commented by うなぎ at 2011-10-04 20:53 x
>トリコ
グルメ美容師はサニーだったらなんとなく納得出来た気がします。

> 超能力者斉木楠雄のΨ難(不定期読み切り)
クオリティが上がるなら個人的には不定期で構いません。
>中二病
超能力者斉木楠雄のΨ難のことではありませんが。
良い意味でブリーチがプラスになるとすれば悪い意味だと
完全にマイナスになってしまうんですよね。
エジソンさんのサイレンに関する記事でそうでしたが。
岩代先生にはそこを自覚して頑張ってほしい。(それか作画つけるか)

>ハンター
なんやかんや言われている気がしますが
個人的にはかなり良かったです。
冨樫先生の独自のセンスもあるでしょうけど
やっぱり連載経験の豊富さもあるんでしょうけど。
他の作家さん達も経験を積めばもっと良くなると
期待したいです。

>フォーゼ
>噛ませ的な使い方
敵の噛ませではなく新スイッチの、という点が辛い。
Commented by とうや at 2011-10-04 23:09 x
>>鰤
やはり死神勢の圧勝展開か…

>>トリコ
美容院でまで食うなよw
あれだね携帯ゲームが出た時はどこでもやりすぎって言われたけど
トリコの世界はどこでも食うんだね

>>ハンタ
勝手気ままっぽいハンターの連中が95%も出るのだろうか……?
中にはヒソカとかシャルナークみたいな犯罪者もいるし
Commented by METHIE at 2011-10-05 09:08 x
カジノで能力を使いつつも対決していたのはマルドゥック・スクランブルかなぁ、
アニメでそこら辺はきちんと再現していた。

ご都合主義全開+適当に考えているだろな仮面ライダーV3の26の秘密に比べるとフォーゼのスイッチは苦労しそうだなぁ。
ニコニコ動画でベルトの解読も既に判明しているし。
Commented by METHIE at 2011-10-05 16:54 x
今季は特撮でいえば小林靖子センセイがローテに入っているGAROがおすすめ、
とりあえず魔戒騎士がほらーという悪いやつを倒す話と認識すればOk
Commented by ポルカ at 2011-10-05 17:34 x
>ハンタ
コムギとメルエムの二人は、
酒飲みながら下らない余興に耽るお偉いさん達よりも
ずっと幸せだったと、そう信じたいですね…。
Commented by ejison2005 at 2011-10-06 05:45
>>レトさん
デスノのラスト手前でもありましたけど、「死」の表現方法としては研究する余地がありそうですね>暗転演出

>次章では政治闘争が描かれるかもしれません
冷静に考えて、ヒソカとかビノールトさんwとか素直にやってくるとは思えないので、何らかの「餌」を用意すると思うんですよ。あとはその餌の内容次第だと思う。
Commented by ejison2005 at 2011-10-06 05:47
>>tule-taさん
ま、まあ、今回は七峰君もかたくなになってたし、一概に小杉さんだけが悪いとは言えない気もします。もちろん、キャラにそんなアホな行動ばっかり取らせてるガモウ先生は悪いと思うけど。

>一龍がボスと戦って死ぬと思ったけど、今回の事件で大竹と一龍が出会ってパートナーになるという可能性もありそうですね
やー、それはないと思うなあ。それをやるには、ちょっと大竹さんを小者にしすぎたよ。よっぽど上手くフォローしないとキツイ。
Commented by ejison2005 at 2011-10-06 05:48
>>すがりさん
誤植なのかどうなのか、それが問題だ。
インド人を右に。
Commented by ejison2005 at 2011-10-06 05:48
>>風龍さん
>どこぞの世紀末病人を思い出す今日この頃。
トキ! お前は座って……いや、中腰で立ってろ!

>「あんた出る番組間違えてるー!ここには乾巧も草加もいないって!」
今後も馬怪人が出るたびに言われ続けるんでしょうなあw
Commented by ejison2005 at 2011-10-06 05:50
>>うなぎさん
>岩代先生にはそこを自覚して頑張ってほしい。(それか作画つけるか)
岩本先生の中二はなんというか、ひたすらダサかったですからねえ。キャラのファッションとか次第で、緩和は果たされるのでしょうか。

>敵の噛ませではなく新スイッチの、という点が辛い。
ハンマーとスピーカーは犠牲になったのだ……。
Commented by ejison2005 at 2011-10-06 05:53
>>とうやさん
>あれだね携帯ゲームが出た時はどこでもやりすぎって言われたけど
そんなどこでも食いまくるゲームなんだw
しかしまあ、リーガル島でも「ちょっとの絶食が命取りになりうる」と明言されてますからね。それがアイデンティティーでもあることだし、基本的には食いまくってればいいと思う。

>中にはヒソカとかシャルナークみたいな犯罪者もいるし
ビノールトさんとかポックルとかの動向をきちんと協会側が把握してるかも気になります。下手したらこれ、(自分の意志や死亡などで)連絡つかない奴だけでも5パーセント越えるんじゃねーかなー。
Commented by ejison2005 at 2011-10-06 05:57
>>METHIEさん
>マルドゥック・スクランブル
おお、いつだかに映画化されるって情報は仕入れてたけど、すっかり忘れてました、今やってるのですね。
三部作という事でちょっとお財布にやさしくないし、DVDレンタルが始まったらチェックしてみます。PS3買いたくて色々ガマン。

>GARO
これ、一期やってた時は静岡在住だったので結局見れてないんですよね。いつか見よー見よーと思ってたのに。
いい機会だから、とりあえずすぐ見れる二期からチェックしてみようと思います。

Commented by ejison2005 at 2011-10-06 05:57
>>ポルカさん
いいシーンでしたよねえ。蟻編の締めに相応しかったと思う。