仮面ライダーオーズ 最終話 感想
 「明日のメダルとパンツと掴む腕」

 良き終末だった……。


 ウヴァさん送別会会場
 絶対にお葬式会場になると思ったのに、最後の最後まで別に砕けることがなくて吹いたw まさかアンクを差し置いて、唯一生き残ったグリードになるとはなあ。
 ネタバレというか、劇場でMOVIE大戦やることが既に告知されてるので、メダルと真木さんが放り込まれた亜空間には何らかの形でアクセスするんだと予想。メダル取りに行かないと変身できないしね。
 というか、フォーゼが取りに行きそうな気はしますね。最後の真木さんブラックホールみたいだったし、繋がってる空間宇宙っぽかったし。
 ついでに予想しとくと、割れちゃったアンクのメダルってブラカワニっつーか、オレンジメダルの力で何とかするんじゃないかな。パラレル設定とはいえ地球上に残ってはいそうだし、あれの特殊能力である再生能力は劇場版で使わずじまいだったし。


 超イイ気になってるウヴァさんである
 スタイリッシュ☆着席に笑った。この人、今までが今までだから我が世の春大到来って感じだよなあ。


 真のタトバコンボ
 10枚目の伏線回収。最初はグリード封印とかに使われるんじゃないかと思ってたんだけど、実際の用途は変身用メダルが無くなった時の切り札でした。
 オーズというライダーは敵の能力に合わせて形態を変えていく性質上、そして玩具を売らなければならない都合上、基本形態であるタトバはあんまりいいところがなかったんだけど、最後の最後でそれを払しょくしてくれた感じがありますね。
 メダルが砕けたのは、セルメダル取り込みで恐竜パワーが増し過ぎちゃったせいかなあ。


ウヴァさん「ちょ、待てよ! おい!」
 なすすべなくメダルを取り込まされてるウヴァさんワロス。というか、拒否れないもんなのかよw そして自分の意志で吐き出せないのかよw


 ウヴァさん暴走態
 なんか一気に生物っぽさが消えたというか、要塞みたいな形状と化してるけど、そこら辺は「メダル=グリードは物に過ぎない」という部分にかけているんですかね。
 そしてようやく、説得力のある「世界の終末」描写。なるほど、こりゃ滅ぶわ。会長も言ってたけど、ただ普通に営みを送ることだって欲望の発露であるわけで、そういった諸々をセルメダルへと還元している感じがありますね。
 そして、そんな状態でもちゃっかりクズヤミーを生み出している辺り、なんか色んな意味で流石だよウヴァさん。こんだけメダル余ってるのに、生み出すのはそれかよ!


 決戦前夜
 キヨちゃんは最終的に白石さんの元へ行ったかー。
 真木さんは会長と対面した時にキヨちゃん越しで話すことをやめてたし、あそこで覚悟決めちゃったんでしょうね。
 そしてアイスをあげる火野さん、アイスを食べるアンク、二人の間を取り持つ妹さんという、基本的な構図の再確認。


 真木さん強すぎワロタ
 先週も触れたけど、ちょっと真木さんの強さには否定的なスタンスを取りたい僕がいる。
 何ていうか、強さに設定的な裏打ちがないんですよね。彼。脚本の都合上、最後に倒すのは強敵でなくてはならないから、というのをバリバリ感じてしまう。多分、オーズという作品で最もご都合主義なのは彼の強さだと思う。
 それだけ終末への渇望が強かったんだと言いたい人も多いと思うけど、彼の出発点って家庭内のゴタゴタなんすよ。そんなんでここまで強いってのはちょっと、ね。


 火野さんの秘策
 セルメダル取り込んだのは際限なく力を求めたからではなく、単純に真木さんを倒すのに必要だったからなのか。この辺り、「自分の出来る範囲で手を伸ばす」という以前に語っていた哲学はいまだ根づいていたんだなー。
 しかしながら、オーズという物語の着地点は「自分の出来る範囲で手を伸ばして、それでも届かないなら皆で伸ばせば良い」というところにあるわけで、この作戦で真木さんを倒せなかったのは何とも象徴的ではありますね。本当に、設定的な裏打ちがないのだけが残念だった。


 鴻上さんの目論見大崩壊
 そして、セルメダル取り込んだ目的がそこにあった以上、鴻上さんの目論見は完全崩壊するのであった。
 この辺は、見込み違いというか見当違いであったわけだよな。火野さんは別に新たな進化とかを目指してたわけではなく、あくまで今ある日常を守りたかったわけだろうし。


 友情のタジャドルコンボ
 象徴的といえば、こちらもあまりにも象徴的な最後の変身。アンク自身の「タカ! クジャク! コンドル!」に泣ける。
 この瞬間、オーズというか火野映司という男には欠けていた全てが備わったわけで、なるほど、こりゃあ負けるわけがない。
 設定的にも、紫メダル=メダルを滅ぼす力を持ったメダル7枚のギガスキャンならなるほど、そりゃ倒せるわという話であるわけで、一連のバトルシークエンスは、オーズという作品が備えたギミック&テーマの全てが備わった、最終回に相応しい代物だったと思います。


 掴む腕
 やはり、先週の「満足だ」という台詞はここにかかってきたか……。
 火野さんにとって、アンクは唯一の「自分を掴んでくれた腕」であり「自分が掴んだ腕」だった。少なくとも、彼の主観ではね。
 そして、それが間違いであると教えてくれたのもアンクだった。


 仮面ライダーオーズ
 さっきは「欠けていた全てが備わった」と書いたけど、それはあくまでアンクが皆を代表して手を伸ばし、火野さんがそれを掴んだだけで、意識的に皆の腕を掴んだわけではない。そういう意味では、最後のタジャドルは仮の意味で全てが備わった状態だったわけですね。
 で、あるならば、火野映司という男が仮面ライダーになったのだとしたら、まさにこの瞬間、皆の腕を掴んだその時がそうなのでしょう。
 力は失ったけど、仮面ライダーとしての魂がその胸に宿ったわけです。


 そして明日へ
 どの人物も元あった日常へ回帰する形になってるわけだけど、心に存在した隙間が埋まった形にもなっている。
 物語というのは基本、欠けたものがあるべき姿へと戻ろうとする過程を描くものなわけで、それを踏まえると、ああ、オーズという作品は終わったんだなあ。終わっちまったんだなあと思わされます。
 アンクの右腕がイメージとして火野さんにくっ付いて行くわけだけど、MOVIE大戦を経て、それが現実のものとなってくれたらいいな。物語の終わりとしてはこれで良いし、真木さん言うところの美しい終末だと思うけど、そんなもんを踏み越えて見せるのが仮面ライダーだし、本当の意味でライダーとなった火野さんに相応しいと思うのですよ。
 というか、震災で一話減ってなかったら最終回を丸々後日談にして、そこまでやっちゃったんじゃないかなあ。

 ともあれ、一年間本当にありがとうございました! 全エピソードを総括しての感想は、また後日に書こうと思います。


 今週のゴーカイ
 ハカセの中の人は本当に演技上手いなあ、と思わせられるエピソード。極端なキャラを担当させられるのには、それなりの理由があるってことですね。しかしながら、僕はハカセ×アイム派なのだよ。

 そして次回予告……お前、生きていたのか……。いや、パラレルみたいなもんではあるし、そもそもTV本編でも刺されたってだけで死んだと明言されたわけではないのですが……。
 それでもあの後、病室で目が覚めて「お前、刺されてたなら無理するなよなー」とか皆に言われたのだとしたら、単なるギャグだよなw 20年越しにオチをつけやがったw

[PR]
by ejison2005 | 2011-08-30 22:09 | アニメ