「魔王型」か「黒幕型」か
 いや、ボスキャラに関する話なんですけどね。

 大きく分けて、この二つに大別されるんじゃないかなーと。ちょっと思ったり思わなかったり。


 魔王型の特徴

 とにかく登場時点から、「あ、こいつが今作(今シリーズ)のラスボスだな」というのが分かるようなオーラを発しているのがこのタイプ。具体的な例を挙げると、それこそ大魔王バーン様やドラゴンボールの各シリーズボスなんかが該当するでしょう。
 「強い・悪い・超強い」ということで、いくらでも話を大きくできるのがこのタイプの特徴でしょう。
 大抵の場合作品の初期やシリーズ冒頭などで顔見せしつつ、配下の四天王なんかを主人公にぶつけてくれるため、話の進行具合を読者が体感できるのが最大の長所でしょうか。敵幹部の減り具合がそのまんまお話の進行具合になるからね。
 短所としては、何せ最初から魔王宮の玉座とかに鎮座ましましていらっしゃるため、このタイプのラスボスを使って意外な展開や大どんでん返しを演出することがほとんど不可能であるということでしょう。出来てせいぜい、第二第三の変身などによるパワーバランスひっくり返しくらいのもの。
 このタイプのボスを起用した場合、最初から最後まで王道ド直球とでも呼ぶべき話の展開にすることが要求されます。


 黒幕型の特徴

「それも私だ」
 要するにアレですね。はい。ボスっぽくなかった立ち位置から、ある日突然ラスボスへ昇格するタイプのキャラ。ブリーチの愛染さんやFateの神父が該当。
 長所は意外な話の転がし方をできる点で、何せ、ボスっぽくなかった人が実は全てを操っていたなんてことが明かされるわけですから、その瞬間のカタルシスたるやかなりのものがあります。
 しかしながら、短所も当然存在し、まず第一に「話がせせこましくなりがち」というのがあります。だって、わざわざ謀略巡らしちゃってるわけですから。人格形成的にも論理的整合性的にも、普通に力押しで事を為せるなら最初からそうしているわけで、わざわざ黒幕になってる時点で、絶対的強者としてのカリスマが激減してしまうのはやむなしでしょう。まあ、謀略巡らした理由が「力を得るため」だったりするので一概にはいえませんが。それでもナチュラルに強い人より魅力は落ちるよな。
 また、主人公の身近な人間が黒幕だった場合、話の焦点が「なんで裏切ったし!」みたいな方向へいってしまいがちなのもスケールが小さく感じられがちな理由でしょう。
 第二に、話の進行具合が分かりづらいというのもあります。何せ、お話の最終目標が姿を隠匿しているわけですからね。だから、多くの黒幕さんが疑似的にラスボスを用意してその側近を演じたりしているのでしょう。


 まとめ

 というわけで、まあ、どっちが優れているというわけでもなく、作品の性質によってチョイスが変わってくるんだろうなーと思います。
 魔王型が向いてるのは王道的な作品という事で、冒険活劇系の話が相応しいだろうし、黒幕型は伝奇バトルなど、意外な話の転換を必要とされる作品が向いているでしょう。

 ちょっと思っただけのことをつらづら述べただけなんで、穴はいっぱいあるだろうけど、気にせず記事を終える。

[PR]
by ejison2005 | 2011-08-25 02:46 | 漫画