2011年 夏アニメ ファーストインプレッション
 書いてくよー。


 神のみぞ知るセカイⅡ

 はい、そうです。すいません。書き忘れてました(苦笑)。というわけで、これだけ春アニメの感想ね。

 つっても、基本的には一期同様、幸せなアニメ化だったと思います。ごくたまに、やたら間延びして感じられるシーンがあったりするけど、そこまで目を立てる程の問題には思えなかった。

 ただ、三期があるのかどうかはかなり微妙かなあと思います。いや、微妙というより、僕個人としてはこっから先の、正確に述べると女神云々が絡んでくる辺りからはあんまり好きじゃないのよね。本作最大の売りである要素(ギャルゲ手法を用いてのリアル女攻略)が、かなり削減されてしまうから。
 今の原作に対する興味は、面白さがどうというより「いかにして延命を図るか」という技術的あるいは商業的側面に対するものがかなり大きいです。元より、長くやればマンネリ必定な基本コンセプトをいかに殺さず、長期化して見せるか。


 快盗天使ツインエンジェル~キュンキュン☆ときめきパラダイス!!~

 安心と信頼のパチスロアニメ。リオといい戦国乙女といい、最初から変に力入れることは放棄してるのが全面的に見て取れるんですけど、それが故に安心して見ていられる。

 更にこの作品は前二作に比べ、予算が下りたのか何なのかは不明だけど、とにかく作画がグレードアップしていること、土台たる「変身魔法少女モノ」というジャンルの方法論が既に確立されていることから、一段と安定感が増していると思う。

f0029827_60931.jpg

 例えるならそう、ハンバーグ定食の如き、定番中の定番なお味。でもね、僕はそういうのが好きなの。

 まあ、それでも多少の変化球は込められてるんだけどね。この作品、主人公達がいかにして力を得たのかという点はガン無視して進行していたし。
 それでもスムーズに視聴することができるのは、「主人公達が今何をやるべきなのか」という点が明確に提示されていたからでしょう。そうすることによって、主人公達の活躍を序盤から盛り込みつつも視聴者が置いてけぼりにならないよう誘導灯を設置することに成功しているわけで、別に何も考えてない作品ではないよ。


 ゆるゆり

 ツインエンジェルが定食料理だとしたら、こちらはデザートといったところでしょうか。百合といいつつその実友情というのが売りっぽいけども、しかし、僕の観点からしてみればそれこそがまさに求めている「百合」であるのだよ。閑話休題しそうなので以下レスひ不要です。

 はい、要するにいつものアレです。女の子同士がキャッキャ仲良くやっていてストレスフリーならば満足なのです。自分でいうのもなんだけど、度し難いね。


 神様ドォルズ

 僕と契約して隻になってよ!

 今期は視聴者を全力で置いてけぼりにする作品がかなり多く、この作品も大分そんな感じはあるのですが、主人公が過去に隻の力でなんかろくでもない事件を起こしちゃったこと、中二病のライバルが主人公をイケイケだった頃に戻したいこと、要するに作品全体というか主人公の目的は過去の過ちを繰り返さないようにしつつライバルを止めるというものであること、妹キャラが可愛いことが、端々から伝わってくるようになっていたので、置いてけぼりにされずに済みました。

 続く第2話で、神様がどういう存在なのかも説明されたしね。あとはもう、力を捨てた主人公にそれを取り戻す決意を固めさせることで成長を表現し、ライバルをぶっ倒すという未来が見て取れるから、意外と安心して視聴できそうです。

 問題は、どのタイミングで主人公を発奮させるかだよなあ。戦闘力なし、精神的にも未熟、でも事件の中心にはいるという現状の立ち位置はかなりフラストレーションを生み出しやすいものなので、とっとと再契約するくらいでちょうどいいんじゃないかと個人的には思うわけですが。


 うさぎドロップ

 なんか原作では成長しちゃうらしいんだけど、そっかー成長しちゃうのかー。いや、それはそれで楽しみ方があるのですが、僕としては成長しなくても全然オッケーなのよ?

 似たようなコンセプトである高杉さん家のおべんとうが最初からヒロインと恋愛にも発展しうる、という描かれ方をしているのに対し、こちらは「俺が立派に育てたらあ!」だからね。その部分というか決意を大事にして欲しいとは思う。


 THE IDOLM@STER

 あ、アイマスってアイドル達が本業そっちのけで卓ゲを遊ぶ作品じゃなかったのか……(当たり前です)。

 まあ、ぶっちゃけこんなPVモドキな第1話から何をどう判断すればという話なんですが、題材とキャラの多さを考えれば理解も納得もできるファーストエピソードだったんじゃないかと。

 問題は、「キャラとして」顔出ししちゃったPだよなあ。しかも、いかにもな気弱系優柔不断型主人公という。彼次第で、作品の評価は大きく上下すると思う。


 まよチキ!

 ヒロインはどう見ても執事服姿の方が可愛いんだけど、きっと女装したら「見違えた……」とか主人公が言い出すんでしょうなあ。

 女の子達は可愛いんだけど、暴力的な上に自分勝手であり、更にそこへ気弱系優柔不断型主人公を上乗せすることで、ストレス度は倍率ドン! な作品だと思う。せめてヒロインがキレる理由に正当性があればよかったのですが、普通にこれこの子の不注意だしなあ。


 猫神やおよろず

 これもまたストレスフリーで愛でることのできる作品なのですが、惜しむらくはファーストエピソードをキャラの関係性が固まっているところから始めてしまっているところ。

 萌える萌えないっていうのは、関係性の構築過程に依存するところが大きいと思われるわけで、既に皆さん仲良しなところからスタートしちゃうと、大幅にそれが減じてしまうのです。
 多分、原作はそっから始まってると思うんだけど、普通に主人公が古美術店へ転がり込むところからでよかったのではないでしょうか。


 異国迷路のクロワーゼ

 ジ・アニメーションとついてるからなのか、はたまた別の理由によるものなのか、ARIAと同系統の作品ですね。我々の暮らす現代日本からは大きく異なる環境へ跳び込んだヒロインが、現地の人々とハートでウォーミングな生活を送るという。
 相違点は、ヒロインが一方的に現地の文化を受け入れるだけでなく、現地の人々もヒロイン側の文化を受け入れていくということでしょうか。ウンディーネ見習いだった灯里ちゃんの成長に焦点を置いていたARIAに対して、こちらは導く側である鉄職人さん達も成長していくわけですね。

 そうやって文化の違いを軸にしたドラマを生み出しつつ、登場人物達が皆イイ人なため鬱屈としたものを生じずに済ませているという。

 物語ってのはキャラ同士の対立構造で紡いでいくものなんだけど、それはストレス発生要因となるため、萌え系作品とは相性が悪いんですよね。それを防ぐための答えのひとつは、対立する双方に自分の意志ではどうにもならない理由(この場合だと文化)を用意するってことなのかな、と思った。


 神様のメモ帳

 う~ん、友誼を深めるべき探偵団達がことごとくイヤな奴らなんですけど。少なくとも、いきなり謂れもなく人を馬鹿にしてくるような奴らを好きになれる人はそうそういないと思う。まして、彼らが馬鹿にしたのは受け手と視点を共有する主人公であるわけで、これは間接的に受け手を馬鹿にしたにも等しいわけですし。
 印象が悪いところから関係をスタートさせ、仲良くなっていく作品など星の数ほどありますが、何も考えず地の底まで貶める作品はそうそうないと思うのですよ。

 あと、ヒロインが主人公を助手に起用した理由もよく分かりませんでした。主人公は頑張って行動したかもしれないけど、あんだけ炊き付けらりゃ、聞き込みくらいやったらあ! となる人材は数多くいそうだしなあ。主人公とヒロインを結ぶ、オンリーワンな関係性のスタートとしてはかなり弱いと思う。

 というか、これ、オリジナルエピソードらしいんですよね。原作の一巻に色々仕掛けがあるからだそうですけど、それを差し引いてもやはり素直に原作通りやった方がよかったのではないでしょうか。

 全然褒めてないんで気に入ったところを書くと、ネットの世界は広大だとかうそぶきつつ、実際の捜査は真面目にドサ回りして行っていることですかね。そうそう、ネットは広大だけど広大じゃないからね。パソコンをカタカタやっただけで、何故かあらゆる情報を仕入れたりとか、駄目な作品じゃありがちなところです。
 同時に、ヒロインの大事な大事な属性も失われたような気もしますが、僕はラーメン屋でバイトしてる子の方が好みだからいいや。


 バカとテストと召喚獣にっ!

 この作品にいうべきことはただひとつ! 今度こそ原作準拠でやってくれということだけだ!
 そう、珍しく原作既読なんですよ。この作品。前期のエピソードシャッフルっぷりと、それに伴う勿体無いネタ消費の数々には悲しみを覚えたので、今度こそちゃんとやって欲しい。


 輪るピングドラム

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ 

 ヒロインが一回死亡する辺りまでは、かなり丁寧というか手堅く手堅く進行させているんだけど、そっから先のぶっ飛びっぷりにもう何とコメントすればいいのやら。

 ただ、結局のところ何をすればヒロインは助かるのか? ピングドラムって何? などの重要な要素については一切触れていないため、本当にただぶっ飛んでいるだけでガイドビーコンのひとつもないのは気になるところ。

 アニメだからね。すごい映像だと思うし、思わず何度か見返したけど、できればエピソードを伴ったすごい映像であって欲しい。次回辺りにでも手早く基本情報を提示してくれれば、遡ってあのシーンにも意味合いが生じるわけで、そういった観点でも早期の情報開示を求めたい。


 ロウきゅーぶ!

 ヒロインのやる気満々っぷりや、それに触発されて精神的成長を果たす主人公などは監督型スポーツ作品として、とても面白かったんですけど、その状態を作り上げるための設定……要するに、先生同士でいがみ合った結果、廃部に追い込まれたり練習日が増えたりするっていうのがちょっと気になるかな。

 部活動って、しかも小学校のそれって、根本的にはレクリエーションだからね。学校側がそれ奪ってどーすんだ、という話。これによって、姉御肌であるべきお姉ちゃんキャラの威厳が地に落ちた印象もあるし(大体こいつのせいだから)。


 セイクリッドセブン
 BLOOD C

 ランダムエンカウントモンスターを倒したんですか!? やったー!

 で、この二作は一体、誰が何をやる物語なのでしょうか。


 いつか天魔の黒ウサギ

 上二作にもいえることですが、登場人物が自分達だけ理解している情報のもとに行動なされても、こちらは理解も共感もできないのです。


 NO.6

f0029827_4355077.jpg


[PR]
by ejison2005 | 2011-07-14 04:39 | アニメ