2011年 春アニメ 感想
 毎度毎度、ファーストインプレッションは書いてるのに感想を書いてない作品があるって?

 市民、その情報はあなたのセキュリティ・クリアランスでは公開されていません。


 日常

 なのの制服姿かわゆい。あと前から思ってたが生足エロイはあはあ。
 まったく! こんなロボット作ったはかせは天才だな! まったく!

 本編ですが、基本的にはテンポよくギャグエピソードを連発してくれてる(この手法で作られたギャグ漫画原作アニメは面白いことが多いよね)のですが、途中で変な日常風景映像を流すのはちょっとな~と思います。でも、最新話ではなくなってたね。おかげでダレが大幅に減じた。

 うん、ファーストインプレッションで書いた時と感想は変わらない。僕的にはどのエピソードもツボに入ってます。


 TIGER&BUNNY

 テレビ中継されるヒーローだから訓練時代のイザコザがあり
 テレビ中継されるヒーローだから普通に司法関係のトラブルが生じ
 テレビ中継されるヒーローだから街の重役からのお願い(子守り)には逆らえず
 テレビ中継されるヒーローだから犯罪者とのセルゲームもシームレスに行われる

 という具合に、本作最大の特徴でありオリジナリティである部分を常に下地へ置いた作劇なのが好印象。まさにこのアニメでしか見れないストーリーであり、オンリーワンなのであります。
 一方で、ヒーロー達を善良な能力者の代表、ウロボロスを悪質な能力者の代表としたX-MEN的な要素も見えてきましたが、こちらはあんまり拾わなそうかな。
 タイバニの場合、原典となった作品群よりも密接に無能力者たる一般ピープルと結びついているため、やろうと思えばいくらでも掘り下げられるとは思うんですけどね。それよりは、バニーと虎徹の関係性へ重点を置きそう。どこぞのアトリーム星人みたいに守る価値がどうのとは言いださないと思う。
 この作品のヒーロー達には、あんまりそういうことで悩んで欲しくないっていうのもありますしね。そういう当たり前の倫理観で悩む段階はとっくに卒業してる人達だろうし。

 とにかく、古くから脈々と受け継がれてきた遺伝子を正統進化させた素晴らしい作品であると思います。最終回まで安心して楽しめると思う。
 ちなみに、ヒーローの中ではワイルドタイガーが一番好きです。主人公派。


 DOG DAYS

 予想通りというか、悪い時の都築脚本で全力全壊したなあ。
 というか、主人公がいなくても別に問題なく事件が解決しそうだったり、登場人物が明らかに多すぎだったり、最大のシークエンスである戦闘の緊迫感を徹底的に削ぎ落す設定を山盛りにしたりと、「作劇においてやっちゃいけないこと」をこれでもかというくらいに行いまくっているのがまず、すげえ。ここでは3つしか挙げなかったけど、本気で問題点を列挙していったら多分この記事、本作への悪口だけで不毛に費える。

 では何が良かったかと問われれば、女の子が可愛かった。また、緊張感ゼロであったが故に、ストレスなく見ることができた(褒めてるけど褒めてないよ)。
 ちょっとロリ目な美少女達が良質な作画で動き回っていてストレスフリーならば、そこそこ満足してしまう。それが冒険の書管理人なんだな……。
 できれば、可愛さというのが「見た目の可愛さ」だけでなく、「エピソードを伴った可愛さ」であれば良かったんだけどね。


 戦国乙女~桃色パラドックス~

 ヒデヨシちゃんが最後まで可愛かったです。はあ、癒されるわ~。

 ちなみにこちらの作品がストレスフリーでかつ、「見た目の可愛さ」に加えて「エピソードを伴った可愛さ」を持たせた例ですね。

 あと、こちらのサイトで言及されていて、なるほどなーと思ったんだけど、精神面で既に完成されている主人公の扱いが非常に上手かった。ヒデヨシちゃんが介入し、ノブナガ達を成長させたからこそ、「ああこの世界はこれから良くなっていくんだろうな」と思えるラストになったわけだし。
 精神的には完成されてても、徹底的に無力だから、主人公無双みたいなことにはなってないしね。揺るぎなく最強だけど精神的に未熟なノブナガとは、実に良い対比だった。


 STEINS;GATE

 前々回辺りからようやく本筋開始。誰がどう見ても明らかにアニメ向きではないお話を、それでもほぼ忠実にアニメ化せねばならない時がある。商売ですなー。

 ちなみに、ここからしばらく続く流れが、原作で一番面白いと(僕が)感じた部分です。

 うっかりネタバレしちまいそうだから、この辺で。


 逆境無頼カイジ 破戒録篇

 なんか凄まじい勢いで沼編も消化していってますね。おかげで、沼編最大のウィークポイントである展開のダルさがほとんどない……つっても、本番はここからですが。
 当然、削っている部分もあるわけですが、話に違和感を覚えるような削り方ではないし、いい仕事してくれてます。

 ところで、ダルイダルイっつっても、それは原作をリアルタイムで追っていた当時抱いた感想で、改めて単行本で読むとそこまで気にならなかったりしました。もしかしたら、ワンピとかもそうなのかしらん。
 ましてや、大量の原作ストックを急激に吐き出すアニメ媒体でなら、ほとんど気になることはないかもね。それにしても、消化スピードが半端じゃないと思うけど。まさか、17歩までやるのか……!


 まりあ†ほりっく あらいぶ

 うむ、ファーストインプレッションで思った通り、「主要メンバーが出揃って安定感が漂う時期」が最初から最後まで続いた。
 新キャラの類もほとんどなしということで、ここまでテコ入れを徹底的に拒絶した作品というのも珍しいんじゃないでしょうか。それ故、マンネリ的に感じられる部分も多かった(何せほとんど宮前さんの変態ネタだけでもたせている)のですが、その一点で記憶に留まりそうなアニメでした。


 Aチャンネル

 ゆる~い作品のようだけど、学年の違いからくる別れへの切なさを物語の縦糸にして、一貫した流れを持たせていたのが好印象。トオルちゃんはかつて一度それを体験しているわけだけど、るんちゃんだけでなく、ナギともユー子とも仲良くなった現在で行われる別れは、かつて訪れた以上のものだったんだね。まあ、家近いんだけどな!

 あとはまあ、キャラクターへの演技のさせ方が素晴らしかったよなあ。一挙一動がきゃわわ。
 ただ、キャラソンは興味のない僕みたいな人間には少々きつかったです。


 よんでますよ、アザゼルさん。

 ニコニコで視聴するのが楽しい作品だった。
 基本的に2話でひとつのエピソードを構成する形になっているので、実質的には通常のアニメ作品と変わらないわけですが、前半部に相当するエピソードの先行きがどれもこれも気になるものばかりで、逆に引きを強くする結果になっていたと思う。

 しかし、アザゼルさん実質的な主役なのに、物語面ではほとんど活躍しねえなw


 アスタロッテのおもちゃ!

 それなんてエロゲ? とツッコミを入れたくなる血迷いまくった設定でありながら、まさかのハートフルストーリー。日本始まりすぎてて笑えるレベル。

 まあ、ハートフルになったのは、主人公が女王様の存在を不自然なくらいに無視してるからっていうのも大きいんですけどね。娘の養育に関しても、ロッテとの交際に関しても、何なら女王様とよりを戻すのかどうかについても、一切話が持ち上がって来なかったし。

 全てを丸く収めるには、士官学校卒業の人をロッテに見合うくらいの男に鍛え上げて、主人公自身は女王様とくっつくくらいしかない気もするけど、なんか主人公が普通にロッテのハーレム入りしても何となく八方丸く収まりそうなのがこの作品の恐ろしいところだよな、と思った。

 それにしても、やはり1話が悔やまれるよなあ。主人公が最後まで登場しないから、物語全体の方向性提示というファーストエピソード最大の仕事が果たされてないし。


 「C(シー)」

 世界設定は面白いんだけど、それをエンタメに落とし込めなかった作品という印象。

 第一に、主人公とヒロインがあまり良くなかった。最後まで他人(それも三國を妨害することで最も得する国の諜報員)から頂いた主張に突き動かされる主人公と、メイン回のひとつもないヒロインとでは、いかにも牽引役として弱い。他者からヒントを貰うくらいならいいけど、答えは自分で出そうな。

 第二に、バトル設定がまずかった。これがエンタメに落とし込めてない最大の要因ですね。
 技の強さごとに消費金額が違うというのはいいんだけど、同じ金額でもアセット毎に発動できる能力が全く異なるため、結局、普通の能力者バトルと変わらないんですよね。
 結果、資産消費に躊躇したり、どの技をセレクトするかに迷ったりでテンポを損なう上、主人公はともかく、敵側はどの金額でどんな技を使用できるか全く把握できてない視聴者には、蚊帳の外感が漂うという。
 そういった設定は一切なくし、アセット毎の特殊能力は使い放題。殴られた時のダメージ量で吸い取られる金額が変わる、というくらいにしといた方が、面白いバトルにできたんじゃないでしょうか。
 そもそも、細々としたリソース管理などは、ゲーム分野でこそいきる設定ですし。

 第三に、未来とミダスマネーの関係性が感覚的に理解し難い。利根川さんの名言はあるけど、あれは寿命を薄めて金を得るか、一息で命を失うリスクを背負って金を得るかという話だから、意味合いは全然違うし。

 最後に、謎の神様オチはないw 夢オチみたいなもんです。
 主人公というか、制作側は金融街を潰したいのか? 肯定したいのか? 潰したいけど潰せない消極的肯定をしたかったのか? まったく伝わって来なかったぜい。金融街って、事実上のラスボスみたいな存在なのに。

 そもそも、金融街を運営することで、あの神様()にどんなイイことがあるのかすら分からないのであった。


 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

 メインテーマに関する部分については、本当に最後まで文句の無い出来でした。

 ただ、テーマがテーマなだけに、真面目にそれだけを追っちゃうとあっという間に完結or似たようなエピソードの使いまわしになってしまうためか、この作品には様々なテクスチャ(女装とか女装とかゆきあつとか)が貼られているわけですが、そこを好きになれるかどうかだよなあ。

 僕にはかなりきつかった。ゆきあつというか、めんま以外の女性キャラの恋愛脳ぶりがちょっと。
 恋愛脳っつっても色々とありますが、これは嫌悪感を抱いてしまう性質のものです。


 電波女と青春男

 主人公ェ……。
 端から見て明らかに未熟な主人公が、ちょっと俯瞰気味の視点から偉そうな一人語りをなされると、大変微妙な気分になるんだな、というのがよく分かったアニメでした。ヒロイン勢は可愛いのになあ。特に女々さん。そりゃくんかくんかしたくもなるわ。

 今になって思うと、阿良々木さんは(前日譚で自分の物語を終わらせていることもあって)最初から完成された主人公だったんだなあ。ヒロイン達に対しても、否定からではなく肯定から入っていくし。

 青春男さんは、エリオに対して顕著だったけど、あらゆる物事に対して否定から入っていく印象がある。


 GOSICK

 主人公もヒロインも別に何もしなかったけど、問題は根本的な解決を果たしたんですよ! 猿渡さん!
 これには傭兵王カシュー陛下も苦笑いしたという……。

 トリックの微妙さも、ヒロイン以外の固体が無能過ぎて全然凄そうに思えない灰色狼の設定も、それに比べたら瑣末な問題だよなあ。

 ヴィクトリカちゃんは可愛かったです。


 CARDFIGHT!! ヴァンガード

 基本的には大会やってるだけなんだけど、その中で櫂君が嫁を激励したり、クソガキさんが本筋と全然関わりの無い因縁を清算しようとして盛大に失敗したり、ギャラティンさんがブレない沈黙ぶりを発揮したりと、飽きがこないように色々工夫してんなーという印象。

 特にアイチきゅんの弱さと成長は、他の販促アニメじゃ見られないオリジナリティとして、好感度高いです。ネタまみれな本作の中で、ここだけはネタにまみれてない気がしなくもないような気が微妙にする。

 そうやって下地を作った上で、次のシリーズからは通常のトンデモカードバトルもやってくれるんですかね。一粒で二度美味しいじゃないですか! やったー!

[PR]
by ejison2005 | 2011-07-08 04:54 | アニメ