週刊少年ジャンプ 11年 30号 感想
 何だかよく分からないけど、辞める予定だった人が辞めなくなったので普通に更新。辞める辞める詐欺とか勘弁してくれい。


 スターズ(新連載)

 仮面ライダーに先駆けて、ジャンプでもまさかの宇宙飛行士漫画。編集部から持ちかけたのか、はたまた作者さん達が持ちかけたのかは分かりませんが、後者なのだとしたら時勢ネタを積極的に扱おうとする姿勢がまず好印象です。平成ライダー好きとして。どうせモチーフに選ぶんなら、やっぱり流行りネタだよね! と思う。
 作画のミヨカワ先生は、アイシの村田先生のところでアシスタントとかしてた人なのかな? 絵柄がちょっと似てるし。

 本編ですが、冒頭で思いっきりファンタジーな世界設定を披露しつつ、国際宇宙飛行士学会による現実にも存在するらしい取り決めを持ちだし、嘘を説得力で塗り固めているのが素晴らしい。グーグル先生に聞いてもこんなことこんなことくらいしか出てこないマイナー学会ですが、とにかくすごい説得力だ。
 舞台を近未来に設定し、かつ、メッセージが届いてから14年の時間を置いてるのもいい感じで、確かに今よりちょっぴり科学が進んだ年代の人類が、それだけの時間をかけて総力を結集すればやれるんじゃないかという気になります。宇宙戦艦ヤマトとか、よくそんな急ピッチで旧大和艦を宇宙戦艦に改造できたよなあという話だったし。

 宇宙のステルヴィアくらい科学が進んだ時代ならともかく、この設定で15歳まで下限年齢が下げられているのは無理がないかとか、こんなメッセージが届いた日にゃ、人類一致協力どころか宇宙開発競争が再来しないかとか、火星まで来れるんならもうちょっと根性出して地球まで来てくれよとか、メッセージあれっきりかよとか、色々とツッコミ所は残っていますが、ここまで頑張って説得力を出しているのなら、個人的には目をつむりたいかな(無論、無い方がいいのはいうまでもない)。最後のふたつに関しては、伏線のような気もするし。

 お話的には、「宇宙人からのメッセージがきた近未来」という架空世界で興味を引きつつ、ハンター試験を開始しているのが見所にあたるのかな。ハンターのすごいところは、試験が終わるまでのほぼ一年間一切純粋な意味でのバトルを描いていないにも関わらず、あれだけの求心力を持った話を描いている点にあるわけですが、果たしてこの漫画はどうなるのか。
 僕としては、プラネタリウムのフェイクに関してはフィフィーさんの茶目っ気で済ませず、既に試験が始まっているくらいの方が緊迫感があって良かったかな。ハンターでいうところの、連絡船に該当するエピソードであって欲しかった。ついでに主人公達だけでなく、他にも結構な人数が気づいたことにしといてくれると、一筋縄ではいかない感じが出て良かったとも。
 何せ、実際に宇宙へ出てからならともかく、試験の間は設定上死に至るような危機はほとんど発生しないでしょうからね。ある種の死である落第の可能性を常にちらつかせて、緊張感を保つ必要はあると思う。特に主人公達だけが気づけたというのは問題で、これによって他の参加者達より主人公達が図抜けているという印象をこちらに与えてしまい、早くも何とかなりそうな空気を漂わせてしまっているのです。
 主人公である以上、ある程度そういった雰囲気をまとってしまうのは致し方ないことなのですが、それをどれだけ迷彩出来るか、というのは腕の見せ所だと思う。ハンター試験をやろうというのならば、なおのこと。

 もうひとつ気になるのは、いわゆるキャラの弱さってやつでしょうか。
 どうにもこうにもこの三人組、フックがないというか求心力がないというか、パワーに欠けている気がしてならんのです。ヒロインに至っては、早くも濃厚なサクラ臭(「ヒロインだから」という理由でついてくる、別にいなくても問題ない程度の能力を持った人の意)を放っていますし。
 特に、ファーストエピソードで主人公が全く精神的に成長する余地を感じさせてくれないのが気になりますかね。既に完成されているって言えば聞こえはいいのですが、それは未熟な人間が成長していくことで得られる読み手の共感やら感動やらを、最初からスポイルするってことに他ならないですし。
 無論、世の中にはぬ~べ~や銀さんのように、最初から完成されているタイプの主人公もいるわけですが、彼らの場合は生徒やらエピソード毎のゲストやらを代わりに成長させて、カタルシスを生み出しているわけです。別にスポイルしているわけではない。
 この漫画の場合、そういった代替要員として候補にあがるのはヒロインと宙地少年なわけですが、ヒロインは前述の通りいるだけ臭が強いし、宙地少年が抱えている問題は非常にミニマムな家庭事情だからなあ。厳しそう。

 とはいえ、最近の新連載に比べれば取材・考証ともしっかり行っているのが伝わってくるし、設定に惹かれるものを感じられるので期待したいです。


 ワンピース

 前回に引き続く流れで敵幹部(それもあんまり魅力を感じない)の紹介的内容なため、あんまり語ることはないのですが、一時的にとはいえ王子達が一人倒していたのと、一般市民にボコられる結果となったゼオさんはちょっと面白かったです。ゼオさんはこのまま一般人に踏まれ続けて退場してくれると、なお嬉しい。敵幹部の皆さんを見て最初に思った事は、「わ~、長引きそう!」だったし。

 しかし、頑張ってパワーアップしても原因が「傷のいたみを誤魔化すためにクスリをやりすぎた」である辺り、ホーディーさんは報われねえなあ。威厳というより、ネタキャラ臭を感じてしまう。


 トリコ

 モヤシミミズにビックリアップルと、ここしばらく積極的に読者の食欲を奪う食材が続いていたトリコですが、今回はそれなりに美味しそうな食材が登場してくれて、まずはほっとひと安心。巨万の一坪という、レアリティを感じさせる設定が功を奏しましたね。

 それを巡る、トリコの世界観ならいかにもありそうな(逆に他の漫画ではまず成立しない)いざこざを描きつつ、最後はちょっとイイ話で締めた、なかなか満足度の高いショートエピソードだったと思います。


 バクマン。

 今週のバクマンがカラーでない以上、当たり前のことではあるのですが、カラーである意味がほとんどないトリックでかなりガッカリ。あれだけカラーで勝負をかけるといきまいといて、そりゃないよママンという感じ。

 しかし、設定からしてつまんなそうだとは思っていたけど、こうして堂々と内容を晒されてみると、PCPって本当につまんねえんだなと思う事しきりですね。それを作中の登場人物達がこぞって褒めたたえる姿は、なかなかに寒々しかったです。


 ナルト

 冒頭で、自身が練った策の巧妙さにほくそ笑みながら格好つけてるマダラさんの図がとてもとても面白かったです。実際のところ、それとはほとんど無関係な青少年の主張によってこちらへ向かっているという事実に関しては、知らないままでいさせてあげて欲しい。
 あんまりにも可哀想すぎるよ……!


 こち亀

 変身させたとして、声の吹き替えに関してはどうするんだと思いましたが、タイアップ自体は現実でもよく行われていることなので、それなりに興味を持って読めました。最近はそうでもないけど、以前は平成ライダーでもわざわざロゴが見える持ち方でオロナミンCを飲んだりしてたよね。

 あ、全然関係ないけど、マツケンとオーズが共闘する映画の公開日は8月6日です(宣伝)。脚本は誰担当なのか、それが問題だ。


 花咲一休

 んー、これはちょっと、とんちとは認めたくないぜ。
 弓にしても矢にしても、画面に映ってる部分がちょっと小さすぎて伏線とは言い難いですからね。特に矢は、矢じりの部分がちょこっと入ってるだけで、これだけだとどんな物体なのかよく分かりませんし。

 しかし、この化け物さんは主人公から名を奪おうとせず、普通に殺そうとしちゃってるんだけど、これは問答に応じようとする願印の性質には含まれないのかなあ。どちらにしても、彼のキャラクター性は大きく崩壊させちゃってる気はしますが。


 マジコ

 あまりにもあんまりなテンプレっぷりから、「これはもしや! 強敵と見せかけて速攻でゴミみたく蹴散らすギャグをやるのか! そうなのか!」と期待してしまいましたが、別にそんなこともなく普通に戦って普通に一人倒しました。何故ここまで期待も予想も裏切ろうとしないのか、逆に不可解なレベルです。

 とりあえず、三人一度に襲いかかれば勝てたのにね。意外と騎士道精神に厚い凶悪犯罪者達だ。


 スケットダンス

 「完璧なプロポーション」「妖艶な体」「魅惑のボディ」に(笑)をつけたコラを作ろうかと思いましたが、面倒なのでやめました。


 ぬらりひょん

 な……なんだ……ここはロアナプラか、はたまた学園都市だったのか……。

 つーくらい、いきなり治安が超悪化してて戸惑いが浮かびまくりんぐ。あの妖怪に洗脳能力でもあったのかもしれないけど、清継君は襲いかかってきてないしなあ。日本で所持するには、散弾銃を10年以上所持していた実績が必要なライフル銃の使い手がポンと二人も出てくるし。

 ちなみに、銃の免許自体は結構簡単に取得できるとものの本で読んだことがありますが、わざわざそんなことするような人間が二名も混ざっていたのか、あの集まり……。


 グリム(最終回)

 イソッペとの交流を通じてグリムが成長していたことを実感できるクライマックスでしたし、ギャグも結構笑えたし、最後までちょっと幸せになれる漫画だったと思います。

[PR]
by ejison2005 | 2011-07-04 06:36 | ジャンプ感想