借りぐらしのアリエッティ 感想

借りぐらしのアリエッティ [DVD]

スタジオジブリ


 ジブリが面白い作品を作れるわけないじゃないですか。ファンタジーやメルヘンじゃあないんですから。


 冗談はさて置き、最初の20分くらいはすごく面白かったんですけどねー。小人が人間の家で冒険するワクワク感を、アニメーションで上手く表現していたと思う。粘着テープでの壁登りなど、小人ならではのギミックも光ってたし。ゴキブリやネズミが普通に襲ってくるんだったら、小人なんぞひとたまりもなかろうとは思ったけど。


 ただ、物語を通して一切「逆転」が行われていないのがいかにもまずかった。逆転というか、カタルシスと言い換えてもよいのですが。
 例として、同じように小サイズのオモチャ達が活躍する「トイ・ストーリー」においては、自分が一番持ち主に好かれていると思っていた傲慢な主人公がそれを突き崩され、やがて反省し、考え方を改めるに至る物語が展開されます。そうすることによって、主人公の成長を表現しているのですね。
 また、最新作にして完結編である「3」における主人公の決断(新しめの作品なのでネタバレはしない)を見て涙した人も多いことでしょう。あれは主人公が、最初っからあんな主張をしていたら絶対に作り出せない感動です。


 この映画の場合だと、最終的な結論として提出されたのは「異種族との共栄など人間の傲慢な考えに過ぎない」とか、そういった主張だと思われるのですが、別にヒロインも病気の少年も、「一緒に暮らしていきたい」などとは一切主張していないのが大問題。いや、正確にいうと病気の少年はドールハウスをプレゼントしたり仲良くしようとはしていたのですが、「人間と関わった小人は引っ越さなければならない」というルールを伝えられるや否やメタルギア家政婦が始まってしまうという……。
 あ、あの……こういうお話は、ルールを伝えられた後、それに対してどうリアクションするか……この場合、少年のお婆ちゃんやヒロインの両親に共存したいと主張するところからが真のスタートだと思うんですけど……。
 結果、メタルギアパートを除いてしまえば、

   / ̄\
  |  ^o^ | < 私達は人間に見つかったら
   \_/    引っ越し しなければなりません
   _| |_
  |     |
         / ̄\
        |     | < そうですか仕方ありませんね
         \_/     君は僕の心臓だ
         _| |_
        |     |

 これだけで、ストーリーがほぼ説明できてしまうという意味不明な状態になってしまっているのです。


 僕は別に、お別れエンドへ至ることには何の不満も抱いていませんが、「お別れします」「そうですかさようなら」というストーリーの、どこへ面白さを感じればいいのかはサッパリ分かりませんでした。



 しっかし、今回の感想はつまるところ、あの家政婦さんへの不満に帰するのかもしれませんね。出会ったばかりの相手に「おたくの種族滅びるよ? マジで」なんて言っちゃう少年も大概でしたが、雇用主の家へ勝手にネズミ駆除業者を呼んだり、雇用主の孫を監禁したりしちゃうリアル犯罪者の前では霞む。
 本作における最大のシークエンスは、彼女とのメタルギアごっこであるわけですが、別にこの人、「異種族との共栄など人間の傲慢な考えに過ぎない」というメインテーマには何の関係もない、単なるエンカウントモンスターだしなあ。

 いや、もしかしたら、こんな異常者を人間代表として設定し、「人間はこんなに愚かなので小人と一緒に暮らすことはできません」と主張してるのかな。んな無茶なw

[PR]
by ejison2005 | 2011-06-25 01:01 | アニメ