大帝国 感想
 プレイ記に関しては、こちらを参照。

大帝国 プレイ記
         10 11 最終回

 さて、最初にこのゲームをひと言でまとめてしまうと、「面白いんだけど色々と残念な部分が散見している作品」というところでしょうか。
 もっと分かりやすいように画像を使うと、

f0029827_4582449.jpg

 ↑このひとコマで全てを説明できるゲーム。

 ただし、この作品の場合「~さえ何とかなればなあ」という部分は過去の作品で実際、何とかされており、戦国ランスなどは完成形といえる出来を誇っていたのが問題。要するに、過去作品で解決していた問題が再び未解決状態に戻されてしまっているわけで、これでは良い印象を与えるのは難しいだろうと思います。ぶっちゃけてしまうと、この作品も面白いけど、過去の大シリーズはもっと面白かった。

 では、そうなった主たる原因だと思われるシステム面から語っていきましょう。


 (悪い意味で)歪みねえシステム

 今回、シリーズで初めて投入された艦隊編成というシステムの効用を突きつめてしまえば、「キャラの特性を変更できるようになった」という一点に集約できるでしょう。
 過去のシリーズにおいて、各キャラクターは最初から決まった攻撃距離やステータスを持っており、それによって能力的な差別化を図っていました。個人間の戦闘から大規模な戦争を描くようになった戦国ランスにおいては多少毛色を変えましたが、それでも各武将の兵種を変えることなどは出来ませんでしたので、根幹的には同じだったといって差し支えないでしょう。
 もちろん、各キャラの能力はレベルアップやアイテムなどを使用することで大幅に向上させることが可能であり、それがお気に入りキャラを鍛え上げるディスガイア的中毒性を生み出していたのです。

 しかし、大帝国においては、このゲーム性を決定する基幹的な部分を大幅に変更しました。キャラクターの指揮する艦艇という、能力値そのものといってよい要素を(一部の例外を除き)自由に変更できるようになったのです。
 これによって何が起きたかというと……最適化を図って艦隊編成した場合、ほとんどのキャラが似たような艦隊構成になってしまいがち、という問題を生み出してしまったのですね。
 もちろん、各キャラにスキルや指揮値という変更不可能な項目を設けたり、バリアや妨害など、カウンター的な能力を持った艦を敵側に配置することで、一辺倒な編成にならないよう配慮してあるのは分かります。

 しかしながら、その程度の配慮では足らなかった。至っていなかった。

 例えば、みんな大好きポケットモンスターにおいては、絶対的な正解といえるパーティーは存在しません。
 もちろん、日本晴れパーティーやら砂嵐パーティーやらの常套戦術は存在しますが、それでも絶対無敵というわけではないのです。
 それは、複雑に組み合わさった相性のおかげであったり、無数に存在する技の組み合わせのおかげであったり、努力値の割り振りやもちものによる個性化のおかげであったり、究極的には運さえ良ければ勝てるという乱数要素のおかげであったりするわけですが、総括してしまえば「ゆらぎ」をいかにして多く生み出すかということに心血を注いだ結果だということが分かるでしょう。

 そう、大帝国には「ゆらぎ」が圧倒的に不足しているのです。

 HP(艦艇の数)を減らしても一切目減りすることのない攻撃力。
 撃てば百発百中という命中回避の乱数性放棄。
 侵攻段階によって多少の強化はあるものの、本質的には全く変化がない敵艦隊の構成。

 これだけ「ゆらぎ」が発生し得ない作りになっていれば、意図的に縛りプレイをしていない限りは最適化した編成を行ってしまいます。
 お互い、無数の組み合わせがある中でのジャンケン的バトルというのが面白さの根底にあるポケモンバトル的システムで、相手の手札だけフルオープンにしてしまっているも同然であり、そりゃ編成の自由さを楽しむ余地はなくなるわという話なのです。

 このシステムでAI相手の戦闘を前提とするなら、それこそcivのように参戦勢力や立地が毎度変化し、プレイヤーもAIも一から戦力を組み立てていくようなゲーム作りを行う必要があるわけで、それを無理矢理大シリーズの枠組みに当てはめてしまった結果、中途半端なキメラと化してしまったんじゃないか? というのが僕の結論ですね。


 続いては、シナリオについて。


 ゲーム面とシナリオ面の同期が取れてない

 さて、プレイ記本編でも何度か触れましたが、シナリオ面最大の問題は、ゲーム面との同期が取れてないことでしょう。
 それは死人が生き返ったりクローンが誕生したりといった甘すぎるフラグ管理に顕著ですが、でも今は、そんな事はどうでもいいんだ。 重要なことじゃない。

 最大の問題は、プレイヤーの目的と主人公の目的が一致していないことでしょう。

 大シリーズの御多分に洩れることなく、ゲーム面における本作の目的は地域(というか宇宙)制覇を成し遂げることなわけなんですが、主人公は別に、そんなことしなくても一切不都合がない人物なんですよね。
 ぶっちゃけ、作中でほんの少しだけ語られた通り、ガメリカ相手にある程度の戦果を挙げて講和を結んでしまえば目的は達成されてしまうわけで、何も必死こいて全宇宙を駆け回る動機なんぞどこにも存在しないわけです。実際にはソビエトとかも攻めてきちゃうわけですが、殲滅する必要はどこにもないでしょう。
 にも関わらず、ゲーム面では宇宙制覇を強要されるこのアンマッチ具合……作中で和平に関するイベントがほとんど存在しないのは、この点から目を背けようとしてるからじゃないかと邪推してしまいそうです。

 この問題はヒロイン達の攻略に関しても表れており、主人公は娘を残して一人逝ってしまった(と思っている)妻に心の操を立てている状態なわけで、ヒロイン達とくっつく余地はどこにも存在しないのです。元々女好きな性格だったというわけで、ヒロイン達をこます気は満々なわけですが、絶対に(本当の意味で)結ばれないと分かっているヒロイン達との恋愛劇なんぞ見せられたところで、茶番以上の意味合いは持てません。
 何せ、プレイヤーがすごく好きになったヒロインであっても、主人公は(ちょっと語弊があるけど)そこまで好きではないわけですから。こんなに俺と東郷さんとで、意識の差があるとは思わなかった……!

 やりたいこととやるべきことが一致しなきゃ銀河美少年だって本領を発揮できないわけで、この同期の取れてなさっぷりは、やはり残念だというしかないでしょう。


 まとめ

 さて、ここまで何だかボコボコに書いてしまいましたが、最初に述べた通り、基本的には面白いゲームです。それは、過去のシリーズ作品から大幅にシステムを変更してまで目指した方向性が、決して間違いではなかったことを示しています。
 が、極めて中途半端な形でしかそれを達成できていないことが問題なわけで、やはり、もっと突き詰めてから発売して欲しかったというのが本音になってしまうでしょう。

 パッチで修正がきくレベルの問題ではないと思いますので、次回作も同様のシステムを採用するのなら、もっと敵側の編成にランダム性を大きくし、きちんとゲームの目的と一致した行動が取れる主人公を用意して欲しいですね。

[PR]
by ejison2005 | 2011-06-22 05:06 | ゲーム | Comments(8)
Commented by ELN at 2011-06-22 11:50 x
そういえば、エジソンさんのエンディングだと真希ちゃんの結婚相手は分からないのかな?
となるとそれがわかるのは帝様ルートだけなのかなぁ。

エジソンさんが挙げた以外でのおいらの不満点は、ターンをまたいで戦闘を継続できないので、じっくりと敵戦力を削る戦いができないことっすかね。

>自由編成
艦隊編成特性など制限ががあるとはいえ自分の気に入ったキャラを活躍させやすくなったともいい意味に考えることもできるっすけどね。

>シナリオ
概ねエジソンさんに同意っす。
まだ、帝様ルートだと世界を日本にしてしまおうという、考えのもと侵攻することになるんすけどね。

さあ次はランス・クエストを公式通販(ランス版モンスターメーカーカードゲーム付き)で購入っすね!
Commented by とうや at 2011-06-22 21:53 x
>>何も必死こいて全宇宙を駆け回る動機なんぞどこにも存在しない
駄目じゃねーか
いっそ宇宙統一の野望に燃える皇帝にでもすれば良かったのに
それなら奥さんたくさんいても何の違和感もないし。
Commented by たぬき at 2011-06-23 02:33 x
総括お疲れ様です。個人的には強制イベントの配分ペースもまずってる気がします。
自分が初回プレイした時は出荷時のVerだったんで緊急修理も無く、それでいて開幕からの怒涛の他国イベント&ガメリカ奇襲作戦など、大抵はこっちが置いてきぼり食らいますね。
あと前の大番長ぐらいから傾向が出てきてますけどHシーンは別に主人公を無理に絡める必要ないんですよね。ランスはヤルことが彼の主目的なんで違和感無いですけど。
今回のキャロルとかあんだけわっしいと絡んでてHCGは東郷さんととかナニこれ。
Commented by ejison2005 at 2011-06-25 01:19
>>ELNさん
真希ちゃんエンドを見たら、秋山が好きっぽいリアクションしてました。ようし秋山、断髪の準備だ!
システムボイスに真希ちゃん採用したら、なんか脳がとろけそうw

>ターンをまたいで戦闘を継続できないので、じっくりと敵戦力を削る戦いができないことっすかね。
そういった戦術性の薄さも、「ゆらぎ」のなさに拍車をかけてますね。

>艦隊編成特性など制限ががあるとはいえ自分の気に入ったキャラを活躍させやすくなったともいい意味に考えることもできるっすけどね。
僕としては、苦労してキャラクリとかつけて、やっと活躍できるっていうのも愛情込められて好きかなあ。

>さあ次はランス・クエストを公式通販(ランス版モンスターメーカーカードゲーム付き)で購入っすね!
ちょっと「見」に回りたい今日この頃。
Commented by ejison2005 at 2011-06-25 01:20
>>とうやさん
うん、本当にそのくらいでちょうど良かったと思う。
過去の主人公と被ってしまうけど、覇王ってのはそういうもんだし。
Commented by ejison2005 at 2011-06-25 01:22
>>たぬきさん
大番長のHも、主人公が何故か出張ってる感じでしたからね。そこまでして主人公との和姦にせんでも……と思います。
Commented by お初 at 2011-06-26 21:25 x
クリア&総括乙!

自分も凌辱シーンはともかく、東郷以外の男性キャラにもHイベントあっても良かったとは思いました。

周回プレイ前提のイベント数とかボリュームは詰め込まれてんだけどねw
Commented by ejison2005 at 2011-06-28 04:44
>>お初さん
ボリュームを上手く消化させてくれない側面はありましたね。