仮面ライダーオーズ 第38話 感想
 「事情と別れと涙のバース」

 まあ、伊達さんより酷いっつっても、伊達さんだって登場初期はバースバスターを大乱射しちゃったりしてたんだけどな!
 ひょっとしてあれで「やっべー! この銃思ってたより反動強すぎ!」とか思って、後藤さん訓練の流れに入ったのだろうか。
 そこまでして鍛え上げた銃の腕前も、銃使いライダーの宿命か豆鉄砲化が著しい今日この頃では、発揮される機会が少なそうなのは悲しいところ。
 豆鉄砲化って何とか防げないんですかね……ゴーカイを見ている限りだと、主に戦闘員相手に銃を活躍させてるので、ライダー側でも戦闘員を復活させれば立場復権につながるのでしょうか。
 というか、バースには強化フォームないんでしょうか。ひょっとして。


 伊達さん一時離脱
 残り話数も少なくなってきたし、結構すぐに帰って来そうな気はするけどナー!
 さすがメイン回というべきか、伊達さんの扱いは完璧といっていいものでしたね。何の不満もない。自分の欲望(お金)と同じくらい大切に扱うべきものはちゃんと把握していて尊重するけど、それはそれとして欲望は叶えるちゃっかりさ加減が素晴らしいw
 真木さんのグリード化阻止は新規の案件だとして、後藤さんの育成に関しては登場初期から会長に頼まれてたのかな。思い返せば、会長は伊達さんを後藤さんの発奮材料としていたところがあるし。
 まあ、あえて難点をあげるとするならば、不意打ちで最大攻撃を浴びせたのだからそこはきっちり殺しとけよ、という点ですが、死なれると話が重すぎるし、そもそもグリード三人組のポンコツ化は今に始まったことでもないし。
 それに、死んじゃうと後藤さんの欲望が復讐になってしまうので、このエピソードの締めとしてそれはどーよという話にもなる。


 伊達さんの欲望
 伊達さんの欲望は、ストレートに「自分の手術代」というのはもちろんのこと、「そうやって生き残った上で学校作り」というのが正解でしょうか。真木さん相手にも生きた証が残れば云々と言ってますし。(作れるとして)一億円で学校作っちゃえば、伊達さんの生死はともかく結果的には同じことなんだけど、そこをあえて自分の手でやり遂げたい、と。
 要するに、自分の手で自分の意志を残し続けたい。そういう行動動機だからこそ、後藤さんのこともあそこまで気にかけていたんじゃないかな。
 そこら辺の複雑さが、鴻上さんをして「面白い」と言わせしめた所以なんですかね。


後藤さん「伊達明だ。俺が伊達明だ……!」
 一方、後藤さんの欲望が辿り着いた終着点は、「伊達明になる」ことだったのかな。
 順番としては、中二病を患って正義の味方を志し、火野さんとの出会いなどで価値観がちょっと揺らぎ、そこで伊達さんと出会って行動を共にしたことで「理想の正義の味方」像が段々と伊達明そのものに置き換わっていったんじゃないかと。
 鴻上さんが後藤さんに求めてたのは、理想を誰かに代行してもらうのではなく、あくまで自分自身の手で行う人間になって欲しいとか、そういうところでしょうか。


「おらメダル出せよメダルー!」
 そういえば、ガメルさんの射撃攻撃は何を出してるんだろう? 重力波か何かかな。
 三対一のステゴロで躍動感のある殺陣を作り出すのは難しいというべきか、常に誰かが観戦状態になってるのがちょっと寂しいですね。そして、カツアゲっぽさに拍車をかけてるw


 カンドロイド大活躍
 何でこのくらいで逃げおおせられたのかって?
 カンドロイド達も出番と活躍を増やしたいと常に願っているのです。そして、欲望の強さこそが本作における強さなのです。
 というか、どうやって爆発させたのかは知らないけど、この方法ならセルメダルあんまり使わずにカンドロイド大量召喚できるよな。鴻上さんに怒られそうですが。


真木さん「はいはい、しまっちゃおうねー」
 しかし何故か、今週ラストでメダルが吹っ飛んでくるという不具合がある。実はウヴァさん爆散時に誰かが回収し隠し持っていたか、真木さんがこっそり持ってきていたのでしょうか。
 これ、バッタはともかくとして、ウナギをしまわれたらメズール姐さん的には面白くないと思うんですけどね。はむかってもボコられるし大人しくしているメズール姐さんと、はむかわれたくないので渡さない真木さん達サイドで心理戦でもやってるのかな。


 ショウタロウ育成計画
 吹っ飛ばされるガメルさんカワイソス。
 ショウタロウの育成に関しては、面倒くさい旧アンクを扱いやすいアンクへ置き換えようとしている可能性と、器として育てようとしてる可能性と、その両方がありそうですね


「君の欲望はいつもここに留まっている……ここで感じたまえ!」
 鴻上さんがまともなこと言ってる……だと……。
 こういうところでは中の人の年季というべきか、動きでもって「魅せて」くれているというか、視線を惹きつけてくれてる感じがしますね。


 マニュアル大好き後藤さん
 そういえば、前回冒頭でマニュアルむっちゃ見てましたよねw
 ああいう細かいところで伏線入れてくるのって、嫌いじゃないわ!


 サゴーゾVS三馬鹿
 サゴーゾさんはどちらかというと一対一が基本のコンボだからか、あっさり変身解除。コンボで負けたのって、ショウタロウに対するタジャドルを除けば今回で2度目でしょうか。あっという間に豆鉄砲となったバースバスターに比べて、こっちは随分と長いこと頑張ってるなあ。集めるの大変だし、使ったら使ったでリスクあるしな切り札なので、このまま終盤まで威厳を保って欲しい。


 祝! カッターウィング初単独披露!
カッター「風……なんだろう吹いてきてる確実に、着実に、俺のほうに……」


 ハッピーバースデイ
 ※但しバース・デイになった意味はあまりありません。
 両手がふさがってメダル投入を出来なくなる構造上、バース・デイになるとコイン投入アクションなしでセルバーストが撃てるんですかね。
 飛行しながら建物ごとグリードをボコッていくのは楽しかったんですけど、以前にも書いた通り、やっぱりバース・デイの機能をフルに駆使した殺陣をやるのは大変だなー。そもそも、スーツが重すぎて動くことすらままならないそうだし。


 次回予告
 ライダーマラソン、はっじまっるよー♪


 今週のゴーカイ
 どんだけ凄い銀色の男かと思っていたら、本当に凄い(暑苦しい)銀色の男だったでござる……。
 豪快チェンジする関係上、既存5人組はシンプルなギミックでまとめているのに対して、シルバーはギミック山盛りって感じですね。必殺技も派手派手だし。ゴーカイセルラーはあれ、豪快チェンジできるのかな? どちらにせよ、お父さん達の財布がゴーカイなことになるのは確定的に明らか。
 そして既存メンバーのデザインが船長を模しているのに対して、シルバーは船員を模しているのだと放送を見てようやく気付いた俺がいる。

 予告でアバレキラーさん(生きてることになったんでしょうか?)が出てたし、来週は2号ロボ登場兼、アバレ回なのかな。ついでに恐竜繋がりでタイムファイヤーと、恐竜戦隊なのに恐竜じゃない人も。

・公式が病気シリーズ
 綺麗なゴーカイジャーをやる時の中の人達がノリノリ過ぎワロタ。
 シルバーの活躍を見守る時のガチ観戦モードなマーベラスといい、自由な戦隊だなあ。

[PR]
by ejison2005 | 2011-06-14 03:57 | アニメ