仮面ライダーオーズ 第36話 感想
 「壊れた夢と身体とグリード復活」

 暴れん坊将軍とのコラボかあ……。
 40周年記念での謎に満ちたゲスト出演もそうでしたが、東映の偉い人達はそろそろ、い~い加減に下らない話題作りよりも良い脚本を用意することの方が遥かに重大であることを認識して欲しいぜ。もちろん、両方揃ってるのにこしたことはないけどさ。
 なんかこう、今出てるネタの方向性からしてあの人とかあの人が脚本担当する気がして悪寒が止まらないのですわ。
 それに、作った話題にしたって、将軍様がオーズと共闘するって? だからなんなの? と思えてならんのですよ。なんというか、とにかく有名ならOK的な考えの無さというか、品性の無さを感じてしまう。


 愛々・ウヴァさん
 ちょwww死んだwwwww
 いやー、もうウヴァさん愛されすぎでしょうw どんだけ美味しい役回りを持っていくんだと。
 これ、ネタ的な意味で面白いだけではなく、ストーリー的にも筋が通ってるのがまたすげえよなあ。オーズという番組の中に存在する、ありとあらゆる引力がウヴァさんの背中を押したてている。
 せっかく(カザリさんのお情けで)手に入れたコアメダルを抜き取る小者っぷりも素晴らしいですが、一番ひでえのは爆散した後、誰もウヴァさんのコアメダルを取りに行かない点だと思うんだ。もうそれだけで、彼らの中でウヴァさんがどういう立ち位置なのかが知れてこようというものです。
 流石に放っておきっぱなしということはないと思うので、しぶとく意識だけは残してるウヴァさんが何かしてオーズ側に渡ったりするのかもしれませんが、そうなった場合、クワガタヘッドを使用するとイマジンみたくウヴァさんが語りかけてくるのでしょうか。
「映司、チーターなんぞ邪道だ。ライダーたるもの、ここはバッタの脚力でいけ!」
「映司、世にライダー数あれど、カマキリの力を使えるのはお前だけだ! 美味しいとは思わねえか?」
「知ってるか映司? 子供達の中で、一番人気の昆虫はクワガタなんだぜ?」
 ……うわ、うぜえw


 火野さん「私には夢がある」
 うっかりするとひたすらウヴァさんを愛でて終わってしまいそうな今週のオーズですが、一番重要だったのはもちろんそんなこと(笑)ではなく、誰もが夢を失っていると思っていた火野さんに、誰よりも強い夢っつーか欲望が潜んでいたということでしょう。やっぱ「救済」という欲なのかな。
 アンクの説明によれば、先代のオーズが暴走した原因は「誰よりも強い欲望を抱いていた」という点にあるわけで、そう考えると暴走まで既にリーチの状態になっている。そして、それにも関わらずプトティラで暴走せず、それどころか使いこなすことまで可能になったのには、何か意味があるのだと思いたい。
 これ、「欲望の狭間にメダルが住みついた」という鴻上さんの解釈は大間違いで、「やがて強大な欲望をもってオーズの力を行使するかもしれない勝ち馬にメダルが乗っかった」というのが真相なんじゃないでしょうか。それが今回のユニコーンさんの能力で確信に変わり、ひとまず力を譲渡することにしたと。
 そうすれば、真木製ヤミーに激しい敵対心を抱く紫メダルがあのタイミングで強制変身しなかったのも得心がいくし。


「ここまでにしてやる!」
 ※オーズはその気になればまだサゴゾれます。
 というか、何でこの人は毎度毎度相性が悪いはずのバースにボコられてるんだろうかw


 CLAWsさんチィーッス
 なんか今週は、思い出したようにツールを使用していましたね。何で先週までしばらく封印してたんだろう。


 家を追い出された人
 何という雨にうたれる不良の構図。
 アンクが一人で彷徨うシーンは、そんなこの上ない絶好条件下でもメダル奪取に失敗するという、かしゃくなきウヴァさんイジメのためだけではなく、刑事さんにしろアンクにしろ、分離したところでとりあえず生命の心配はない(=いつでも切り離し可能になった)ということを強調しつつ、でもやっぱりウヴァさんイジリをする意味合いが強かったのではないかと。
 寝込んでる刑事さんをどうにかしてくれそうな腕のいいお医者さん(伊達さん)へのつても既にあるわけで、これは番組的には大きな前進だよなー。もはや、アンクとの関係は「そうせざるを得ない」ではなく、「そうするかどうかを意思決定可能」な段階へと進んでいる。
 しかし、刑事さんは何で回復したんですかね? アンクも意外そうだったから、少なくとも治す気ゼロ(or治せない)だったのは間違いないんだけど。


 仮面ライダーオーズ シャジャーター
 頭部から順にシャチ、クジャク、チーターで変身する亜種コンボ。戦う交通安全な感じのカラーリング。
 シャチヘッドは、サーモグラフィをしてたのかな? タカヘッド程ではないけど、状況によっては策敵探知に使えると。
 そしてクジャクさんとチーターさんは、安定の仕事っぷり。


 妹さん壊れる
 こえーよw


「随分とあっけないな」
 ※「ところでこれ誰のヤミーだ?」
 ※「ところでこれ誰のヤミーかしら?」
 ※「お菓子食べたい~」


 情報の差が戦力の決定的な差
 まあ、なんやかんやいっても、ウヴァさんが一番致命的だったのはこれだよなー。紫メダルに関しても、プトティラに関しても全く知識が無かった。カザリさんは紫メダルを知ってたので、最初から警戒して戦いに挑んでたし。
 現状、一番挑んじゃいけない相手に真っ向勝負した結果がこれだよ!
 そして、プトティラが発動するや否や、真っ先に逃げ出す伊達さんが面白いw


 新生グリード組
 絶対領域! 絶対領域!


 今週のゴーカイ
 予告で見たのは、バスコさんの変身体ではなくアカレッドだったかー。ということは、ゴーカイシルバーのあの画像はマジネタかよ震えてきやがった……。
 バスコさんが6人目なんですかねー。その割に、ラッパラッターの商品化はなさそうなんだよなあ。見た目明らかに玩具的ではないし。他に6人目がいて、バスコさんは中ボスなのか、もしくは真の目的があって、仲間入りと同時にラッパ吹かなくなるのか。
 回想シーンの、スパゲッティ食ってるのをながめるアカレッドの図がシュールだw

・歴代追加戦士登場
 こうしてみると、追加戦士のデザインは大きく3種類に分かれますねー。
 既存戦士+アーマー = ドラゴンレンジャー・キバレンジャーなど
 既存戦士のマイナーチェンジ = ガオシルバー・デカブレイクなど
 完全に別物 = ニンジャマン・ゴセイナイトなど
 そんな中、メガシルバーとタイムファイヤーのシンプルさは異彩を放ってるよなあ。この二人は、スーツの経緯が経緯だし。
 個人的には、既存戦士のマイナーチェンジが好みですかね。でも、ニンジャマンは好きだよ。

[PR]
by ejison2005 | 2011-05-31 04:15 | アニメ