仮面ライダーW RETURNS 仮面ライダーアクセル 感想

仮面ライダーW(ダブル) RETURNS 仮面ライダーアクセル【DVD】

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)


 かなり綺麗な形に終わったダブルのスピンオフということで、蛇足な形になるんじゃないかと思いきや、徹底的に照井のキャラを洗い出した素晴らしい外伝作品に仕上がっていました。


 絶望がスタートだった男 ゴールだった男
 正直な話、犯人に関しては後半になるくらいまでは「単なる強めのガイアメモリを所持した悪人だろう」くらいに思っていたんだけど、回想シーンから一転、照井の対となる存在としてキャラクターを確立したのには舌を巻きましたね。これは上手い! と思った。更に、伊坂先生をなんやかんやいって殺してしまってはいることへの決着をつける役割も果たしている。
 伊坂先生は、キャラクター的にも後のお話的にも生存されていては困るし、退場していただくしかない人物だったのですが、それでも(結果的に)引導を渡してしまった事実に関しては、「良かったのだろうか?」と心の片隅では思っていました。実際、あのシーンでの照井はかなりやるせない雰囲気だったし。
 「悪を狩る処刑人」としてそこら辺を絡めつつ、自らと似たような境遇を持つ敵と相対することで、照井というキャラクターを改めて浮き彫りにする。彼を主役にした番外編として、文句のつけどころがないストーリーであったことよ。


 今回の殺陣シーン
 TVシリーズではやりたくてもやれないことを、思う存分にやらかしてるなあという印象。具体的に言うと、生身での殺陣ですね。販促もやらなきゃならないし、そもそもお子様が見たいのはライダーの戦いなのだから、TVで前面に押し出すことは絶対に出来ない。
 正直、僕としては特撮作品なのだから、とっとと変身してアクセルの活躍を見せてくれよと思わんでもないのですが、それでもやりたかった気持は分かるし、ちゃんと変身できなかった理由(すられた)をストーリーに絡めてくれているので、そこは評価したいです。序盤にアクセルの戦闘シーンを挿入して、ある程度は不満を払しょくしようとしてくれているし。
 アクセルの三種フォームに加え、ダブルの基本三種フォームにもきちんと見せ場を与えてくれていることには大感謝。というか、ダブルはあの後ずっと戦い続けていたのだろうかw
 最後のマキシマムは、出来ればエンジンではなく、アクセルメモリで行ってキック技を見せて欲しかったなあ……足痛めてたから無理か。


 ライダー新婚生活
 おい新妻働けwww
 そういや、TVシリーズでは所長と照井が普段どんな生活してるかは描かれてなかったんだけど、このお宅は結婚したから買ったのでしょうか。給料いいな公務員!


 刃さん大活躍の巻
 でも最終的には死にかけるという罠。
 見ていた時は、「何でスリは問答無用で殺しといて、刃さんはそうじゃなかったんだろう?」と思っていたんだけど、コマンダー・ドーパントさんの性格を考えれば当然のことではありました。


 今回のゲスト:白銀親子
 喫茶店経営してるしw
 スカルで幼少時の翔太郎と共にゲスト出演したTレックスさんといい、こういうところでちょくちょくと過去のゲストを出演させてくれるのは嬉しいな。ダブルという作品の性質上、風都の住民達の描写は非常に大切だし。


 ユニコーン「劇場版から特別出演してきたぜ!」
 ※ユニコーン「……と思っていたら、あっさり破壊されたんだぜ!」
 今日の照井さんは余裕が無いので、いちいち変身を待ってあげたりはしないのであった。劇場版では大活躍だったのになあ。


 仮面ライダーアクセル アクセルブースター
 アクセルブースターがトライアルの上位互換だった場合、今は亡きシュラウドさんが涙目になってしまうんだけど、例によって単機能特化型ということで、それは防がれていますね。アクセルは基本フォームからしてパワー&装甲重視型だし、本当に素直じゃないメモリだな。どうイジッてもバランスが悪いw
 見ての通りというか、空を飛んでの立体攻撃が売りの形態なんだけど、それを活かすべく、生身状態で踏み踏みされることにより足を負傷していた、という理由付けがなされているのが芸コマポイント。ついでに、この時点で1番組終了するくらいの経験値を積んでるヒーローが敗北する要因としても機能している(負傷が無ければ通常フォームで倒し切れてたと思う)。
 しっかし、無理矢理浮かせてる感が半端じゃねえなw もっとこう、ビューンと飛んでくのかと思ってた。とっさの判断で初変身だったし、慣れれば高速飛行も出来るのかもね。


 所長は所長
 結局、照井がなんで所長呼びを固辞し続けたのかはよく分からなかったなあ。「会ったことはないけど、まだ君のお父さんに胸を張れる男にはなれていない」とか、そういう感じの理由があるのだと思っていたけど、語られないまま終わってしまった。
 でも、照井らしいとは思うんだぜ。


 NGシーン集
 ジョーカーは投げ捨てるもの(キリッ)。
 ビンタされすぎワロスw


 エターナル予告
 かつての映画感想で書いた通り、大道さんは非常にキャラの立っているお人なんだけど、それを活かした作品に仕上がっていそうで今からwktk
 主にリアクション芸要因だったNEVERの皆さんも、生身アクションで大活躍してくれそうですしね。
 メモリとロストドライバー入手が終盤っぽいから、こちらも生身アクションが大充実なんでしょうなあ。

[PR]
by ejison2005 | 2011-05-06 19:16 | アニメ | Comments(0)