魔法少女まどか☆マギカ 感想
 漫画やアニメの感想書いていて、この作品の感想書かないなんて嘘だと思ったので書いてみる。でも、考察やら何やら検索すれば書いてるサイトなんていくらでもあるからなあ。何を書こうか、書きながら考えてるんでとりとめもない記事になると思うんで、あらかじめ警告。普段はこれでも、ちゃんと考えてから書いてるんだよ。


 で、やっぱり僕がこのアニメを見終わった上で、一番最初に思ったのは「1クールのオリジナルアニメであることを最大限に活かした作品」であるということかな。1クールの範囲で扱いきれるだけの登場人物、1クールの範囲で扱いきれるだけの事件、1クールの範囲で酷い目に遭えるだけ遭いまくるさやかちゃん。


                              xヾ‐ヽ:、__,..-‐‐:、、  カパッ
                                  く '´:::虚淵:::::::ヽ
              \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
                 ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \ 12話 / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄
                     \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\ ( ・∀・ )// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
                      \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ (⊃†⊂)\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
                        \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ | | | \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  (_)_)   ̄ ̄ ̄ ̄
                                 /0:::::::::::_, ,_::',:::::::::ヽ
                                 {o::::::::(  ゜∀゜)::::::::|
                                 ':,::::::::::::::::::::::::::::::::::/                                 
                                  ヽ、__;;;;:::::::::/
                                                               ( ::⌒⌒.ヽ/     
                                                            \ (r:::::ヾWゾ:ヽ⌒ヾ/  
   10話                                                         ( !:::::::,r─ 、::::::) )     
   |/゚U゚|  (・д・;)  ∩・∀・)          ∩      ∩  !? |                    ( ´ Y { 0O0.}:::ノ   :: :.). ∩       ミ●~*
  / y⊂ )  / ⊃⊃ ヽ2話 ⊃ノ        ( ; ゚ ∀ ゚) (;゚∀゚)つ           (::;゜∀。;:) ☆─(´⌒ヽ:ヾIIIIツノ⌒`):::: .)ー`) ( ゚∀゚)  ミ●~*
 (ノ〉 ⌒i.  (1話(     ヽ  )つ~ し3話J |  4話  .|  |5話つ.|            し7話l::|  (⌒::   ::8話   ::⌒)⊂9話|  |11話つ   
彡 (_ノ^U   (/(/'     (/      |   |  |       |  |   |▽ ⊂6話⊃。Д。)⊃ |::::::::::lJ  / (   ゝ  ヾ丶  :: ソ  | .|   |  ミ●~*


 このAAってあるじゃないですか(ズレズレなのでコピペして見てね)。半ば冗談で作られたものだと思うんだけど、各エピソードがどういうお話であったのか、パッと見で分かるようになってるよね。実によく出来てる。
 そして、このAAで分かる通り、この作品は1クール12話でひとつの事件を解決させながら、各エピソードに必ず見所を用意している。これが素晴らしかったと思う。言うなれば、キャンペーンシナリオでありながら、ボトルショーとしても成立させているというか。
 多分、この作品って1話でも少なければ語り切れない部分が出てきたと思うし、逆に1話でも多ければ余分に感じていたと思うんですよ。いやまあ、水着回とか温泉回とかだったら、どんな余分さでもかかってこいとは個人的に思うけど。そういう問題じゃないよね。
 これがすなわち、「1クールのオリジナルアニメであることを最大限に活かした作品」ということの証左で、横にも縦にも広げようがほとんどない「商品」にはなってしまったけど、完璧に終わることのできた「物語」になれたと思う。
 原作が存在したなら、まず綺麗に終わることはできないし、オリジナルアニメだからといっても、綺麗に終わることが出来るとは限らない。何が綺羅星だ馬鹿馬鹿しい事態になることも、十分にありうる。綺麗に物語を終わらせるというのは、それほどに難しいことなんだと思う。それをやり遂げたっていうのが、僕がこのアニメに対して、最も好感を抱いている部分だ。


 唯一、不満を感じないでもないのが、まどかの決断に関する部分で、出した結論そのものには何の不満もない(どころか実にこの子らしいと思う)んだけど、その結論に至るための「きっかけ」はあっても良かったんじゃないかな~と思ったり。
 最初から、あのようなことになると分かってて願ったのだとしたらちょっとクレバーすぎるし、分かってないのに願ったのだとしたら、ほむらちゃんマジほむほむである。何と言うか、コナン少年が証拠品集めもロクにしてない段階から真相に到達しちゃったような唐突さを覚えてしまったんですよね。
 ただ、そうであるからこそ、クライマックスでの驚きと感動に結びついている部分もあると思うので、やっぱりあれで良かったんだろうな、とも思うのでありました。


 ちなみに、キャラクターの中で一番好きだったのは、杏子ちゃん。ライバルポジションと見せかけて、何気にいい子だったというのが……というか、登場人物の中で一番安定してたというのが、その理由。
 しかし、一番インパクトあったのは、やっぱり何と言ってもキュゥべえだよな。

 そういや、苗字と名前が上下逆でも成立するとか、命名の由来については色々と言われてたけど、結局、意味があったのは鹿目まどか(円の要)だけで、他は迷彩だったのでしょうか。


 とりとめのない記事なんで、とりとめもなく終わる。

[PR]
by ejison2005 | 2011-04-30 01:45 | アニメ