逆転検事2 感想

逆転検事2(通常版)

カプコン


 クリアしたよ! たよ!
 第2次Zは例によって隠し条件発覚まで遊ばないから、4月のゲーム予定は大帝国かな。今度はどれだけハマりこむことになるのだろうか……。

 あ、もちろんネタバレするんで注意してね。


 逆転検事ってどんなゲーム?

 クールな検事、御剣怜侍ことみっちゃんが、迫りくるボケキャラ達につっこんでつっこんでつっこみまくり、ついでに事件の真実を暴いたりするんだ!
 頑張れみっちゃん! 負けるなみっちゃん! ちなみに、今回もツッコミ役の追加はないぞ!





 第一話 逆転の標的

 わざわざみっちゃんを指名してきた検事局長が黒幕かと思いきや、別にそんなことはなかったエピソード。この検事局長はバンサイさんとは関わりのない(というと語弊がありそうだが)人のはずだから、普通に頼られただけだね。
 アウチさんと推理合戦したかったなー。

 全体的には、可もなく不可もなく。内藤さんの反証にボイスがついていてビックリしたのは僕だけじゃないはずだ。再登場してラスボス化するフラグかと思った。まあ、ラスボスにものすごく近しい人だったんだから、あながち外れではないけど。

 ハヤミさんに関しては、師匠であるナツミさんがキャラとして完成しすぎているので、それをまんま引き継ぐキャラというのは存在価値があるんだろうかとちょっと思う。ウザイ面まで引き継いでるので、ややわずらわしさも覚えたし。このウザイ面も含めてナツミさんのキャラなんだけど、それが倍に増えるとやはり思うところはあるんだ。
 検事2単体だと、ハヤミさんが活躍するシーンは全てナツミさんでも賄えるんで、やはりこれは世代をまたがせた続編へ向けての伏線なのかなあ。


 第二話 獄中の逆転

 ……なげえw
 いや、一話の時点でも従来に比べてかなり長かったんだけど、これは本当に長かった。みっちゃんが述懐している通り、真犯人に振り回されていて真相にいまいち辿り着けなかったのも大きいかもしれない。

 それだけに、真犯人が分かった時の驚きはひとしお。ほとんど最後まで、この人の事は脅されてただけの第三者だと思っていたよ。
 しかも、後々になってそれどころじゃない極悪人であることが明かされるというw

 気にかかったのは、ヤマノさんがそれなりの期間、囚人をやっているにも関わらず反省ゼロであることかな。
 まあ、殺人事件起こすような悪党である以上、そう簡単に改心したりはしないってことか。別にナルホド君は、真犯人に反省を促すような行動は取ってない(改心フラグが立たない)わけだし。


 第三話 受け継がれし逆転

 ある意味、今作の肝みたいなシナリオ。初登場自体は早かったのに、喋る機会のなかったお父さんはお茶目さんだったのねん。

 2ちゃんの検事スレッドでもコピペになってたけど、僕もチョコ宝箱で詰まりかけた口。蓋が動いてることに関して、「鑑識が動かしたので~」とかフォローが欲しかったかもしれない。

 風見さんに関しては、あんまり面白みのない悪党だったなあとしか。飴を作るアニメーションは面白かったけど。デイジーさんが面白キャラだったから、割と食われている面もあったよね。それでいて、消去法であっさり真犯人だと感づかれてしまう可哀想な人でもある。途中までツカサさんも怪しんじゃったけど。

 今作のテーマ的に非常に重要なエピソードで、みっちゃんとお父さんの絆を描きつつ、メイちゃんのパパンも登場。風見さんの息子に対する仕打ちでラストへの伏線を張っている。
 しかし、この時点でプレイヤーに気付かせるわけにはいかないからとはいえ、内藤さん達の子供時代は本当に似てねえなあw


 第四話 忘却の逆転

 ミクモちゃんがとにかく可愛いエピソード。前作では微妙に出番が少なかったけど、今回は最初から助手やってるしこれもあるしで、見事にヒロインやってるよな。でも発狂時の顔は怖いよ。
 でもやっぱり、ミクモちゃんはいつものミニスカ姿が一番だね(ハァハァ)。

 そしてミカガミさんにごめんなさいするエピソードでもあるんだ。これがな。
 改心するにしてもラスト付近だと思っていたので、ここで正義の人になるのは本当に意外だった。というか、三話もなんだけど、検事2は意図的に従来シリーズで終盤にやってたことを前倒しにしているよね。それがラスボスの個性を確立する役にも立っているし、非常に上手い王道外しだと思う。

 バンサイさんに関しては、カツラ云々言った時点で「あ、被ってんな~」と気づいてしまったので、途中がちょっとだるかったり。過程をすっ飛ばして核心へ到達してしまうのは、逆転シリーズじゃよくあること。
 検事2のラスボスはあの人だったけど、真の意味でのラスボスはこの人だったなあ。まさに諸悪の根源。でも、土木作業とかやってたことが判明しちゃう人でもある。
 完璧なる経歴を作るためには、地味な作業もいとわない根性と忍耐が必要ってことだね!


 第五話 大いなる逆転

 イチヤナギさんにもごめんなさいするエピソード。う~ん、実に見事な成長型キャラクターだ。彼も、世代をまたいだ続編で成長した姿をみせてくれたりするんだろうか。その前に検事3(あるなら)で出番がありそうだけど。

 で、このシナリオといえばやっぱり黒幕だよな~。正体に気付いた時は、戦慄が走ったものよ。ちなみに、僕の黒幕推理は、

 シモン(電話口での台詞が子供っぽかったから)
 ↓
 ハヤミ(盗聴中に飛び出してきたし)
 ↓
 内藤(死んでるよw)
 ↓
 草太(ここで戦慄)

 という順。今になってみると、何でおれは死人を疑ってるんだろうかw これがボイスの力か。

 正直な話、検事2は従来に比べてボリュームが大きいこともあり、ここまでだるく感じる面も多かったんだけど、黒幕の正体に気付いたところで全てが吹き飛びましたね。まさに全てが収束していったという感じ。

 草太に関しては、悪人ではあるんだけど、状況的に他の手段がないという経歴が良かったなあ。リョウケンさんとの絡みも良い。彼は、草太が本来持っていた善性の象徴みたいなキャラだったよね。命助けられてるし。
 もし、リョウケンさんというキャラが存在せずにそのまま草太を捕まえてたら、死ぬほど後味が悪かったと思うんだけど、それも檻の中に入ってもリョウケンさんが一緒ということで僅かな救いが感じられるようになってるし、彼は非常に重要なキャラだったんだと思う。初登場時、「なんだ旧作キャラじゃねえのかよ」とか思っちゃってごめんな。


 総括

 五話のところでも書いたけど、だるい面も多かった……w
 いや、これは一気にプレイしようとしなけりゃ解決する問題ではあるんだけどね。推理物だし、ガーッと最後まで遊びたくなっちゃうよな。でもまあ、だるさというかしつこさでは前作ラストの方が上か。あれは尋常じゃないかったるさだった。
 推理物っていうのは、ボリュームが多ければいいってもんじゃないんですなあ。

 あと、これは裁判4辺りから続いてる問題でもあるんだけど、そろそろ単発エピソードが恋しいな~と思ったり。確かに、今作のラスト付近は見事だったんだけど、そこに伏線を張らなきゃいけない関係上、どうしても個々の事件では解決しきっていない印象を覚えてしまうし(実際、解決しきってはいないんだから当然ではある)。
 もう少しこう、ボトルショー的な一話完結でスッキリ遺恨を残さない話も遊びたいです。

 システム面では、ぬすみちゃんもといぬすみさんが前作に比べて活躍の場を増やしてましたね。持ち主自身の出番が増えたというのもあるだろうし、シナリオも過去の状況を再現しなければならないような事件を意識していたのが大きいと思う。
 その代わりというか、ロジックチェスは微妙だったなあ。単なる時間制限付きADVだし、面白そうな選択肢を選んでみても十把一絡げの反応しかないし。「みぬく」もそうだけど、サイコロックがシステムとして完成しすぎているから、どうしても劣化版の印象を受けてしまうよね。この辺、シナリオを工夫して勾玉のコピー品か何かをはみちゃんに用意してもらうしかないような気もする。

 検事1に比べると、続編を意識していると感じられる面が多く感じられたのも検事2の特徴かな。まあ、面というか、新キャラの皆さんのことなんだけど。ハヤミさんとかイチヤナギさんとか、果てはシモン君とか、バリッバリに再登場フラグが立ってるし。あるとして検事3はみっちゃん主人公だろうけど、裁判5辺りでミクモちゃん含む彼ら彼女らは成長して再登場するのかな。かな。
 ああ、あと、検事1に比べるとみっちゃんがあまりポンコツ化してなかったのも違いではあるかw


 最後に……シモン君の胸が微妙に膨らんでる気がして、実は彼ではなく彼女であり、大統領の実子であることを隠すために性別を偽装していたんじゃないかと勘違いしていた馬鹿は俺だけじゃないと信じたいです。

        _.. -‐ ' "     ヽ ̄ノ^7__  )   |王|  ┴ ソ  十/  | |   | |  (
    `ー ''"--―――-r⌒``~`゙゙`''ヘ/  ヽ ニ|ニ|ニ  二 王  /レ、  レ |  | | (
     `ー--――ー--->  ~-、_, ',   ) ノ ヽ   口 我  Vン   ノ  ・・ (
      `ー-- .._ へ/   くてi` 〈    `V⌒V⌒WV⌒Y⌒VV⌒W⌒Y⌒`
       `ー-_   | ^i        , ノ                    _.. ‐ァ=r‐''⌒゙二ニ二つ
          ヽr''ヘ、_     ,.-=ァ/                _. -‐ '"´  l l    r} } }l
          /   !、   {__//    __      . -‐ ' "´        l ヽ  、 ヽ_ノノ
          ノ       、   ̄ /-‐ ' "´/`゙ ーァ' "´  ‐'"´         ヽ、`ーテヽJ
     _.. -‐''フ|フヽr-‐ ''''フ. ̄「´      /   /                __.. -'-'"
  . ‐ '7    く/|〉-rへ. /   l     l   /            . -‐ '"´

[PR]
by ejison2005 | 2011-04-02 04:30 | ゲーム | Comments(6)
Commented by ニテンドー at 2011-04-03 14:06 x
お、ついに2クリアしましたか。おめでとうございます
ラスボスはてっきりイチヤナギくんだと思ってました。
馬鹿を演じて正体を隠すという・・・ まぁ実際は実際に馬鹿だったんだけど。
しかし草太も草太で、なんか臭いなぁと思ってたら
ラスボスだったのには驚きました、
黒幕だとわかって、2話でやっていた猿芸が
なんかすごく自虐的な芸だったようにも思えたっていう。

あとあんまり関係ないんだけど、髪を下ろしたミクモちゃんにドキッとしたあと
アホの子っぷりに笑ったww
Commented by ejison2005 at 2011-04-04 06:12
>>ニテンドーさん
というか、本作は黒幕候補が多すぎるwww


ミクモちゃん可愛いよミクモちゃんハァハァ
Commented by 赤髪の探偵 at 2011-04-05 07:31 x
逆転検事2クリアおめでとうございます。

イチヤナギ検事は最初ライバルキャラかと思ったら、ものすごいアホの子だったでござる。その分5話での活躍が映えましたけど。

今回のラストで御剣が法の矛盾に挑むみたいなことを言ってますし、各地で3はナルホドくんを助けるための話では、なんて話も出てますね。4は確かに納得いかないところもありましたが、トリックとかは面白かっただけに黒歴史になるのはちょっと残念です。
Commented by 多鎖 at 2011-04-05 19:47 x
法のムジュンと戦った結果を裁判員制度にするなら、検事3は4ルートとifルート作れば良いんじゃない…?っていうか真宵ちゃん成分をだな(ry
アホの子一柳のコンセプトとか師匠なみっちゃんとか4でつっこまれた部分を反省しまくってる部分が多いんだよね、今回。一柳が5に出てくるならまるで進歩の無いオドロキ君やガリュー弟を絞るキャラになるのだろうか…。それはそれでよさげだ。








包帯美雲可愛い。久々にドストライクど真ん中だったw
首かしげるモーションに心は盗まれっぱなしですわ!
…ついでに残念なお知らせがあります。
ttp://l.pic.to/169mqi
Commented by ejison2005 at 2011-04-07 23:49
>>赤髪の探偵さん
時間軸的にも、3出すならナルホド君の話とぶつかりそうなんですよね。
1,2で執拗にナルホド君関連は避けてたし、3で思いっきり共演するのはありそう。

4はトリックというより、キャラの扱いが色々問題だったからなあ……。
Commented by ejison2005 at 2011-04-07 23:51
>>多鎖さん
推理
「管理人は短パンであることを知っていた」+「むしろ興奮する」=

イチヤナギさんは、成長した姿を見せるなら見違えるくらいまともでクールな検事になってそうですねw