スパロボL プレイ記録 10
 飽きるか面倒になったら何の音沙汰もなくやめるプレイ記。

 主人公・主人公機の名前はデフォルト。味方組織は「集英組」。


 第34話

・イザークとディアッカを直ちに乗せ換え。無論、デュエルとバスターである。折角の機会だから使いたい。ディアッカはヒット&アウェイ持ってるから、フリーダムの牽引役にできるし。射撃武器の威力も底上げできる。
・イザークの方は、シンちゃんと組ませて格闘攻撃のブーステッド要員。
・ああ、アスランね。エヴァ2号機と組んだけど、出撃する機会あんのかな?
・ビッグゴールド様……あなたが分からんって言っちゃうと、我々もわけ分からんのだけどw ほんと、なんでイクサーは渚と組んだらパワーアップするんだぜ?
・おいおい、ここまで空気だったビッグゴールドさんが急にスパロボLの根幹設定に関わってきやがったで。
・から揚げレモン厨の一鷹△
・でもまあ、僕もレモン派だ。
・おにぎりで何をどうしたら絆創膏だらけになるというのだろうか……。
・ネオスゴールド「ふふふ……復活した我が力を見せてくれる……」
・でもあなた、相変わらずMAP兵器とか持ってませんよね?
・バスター&フリーダムのコンビは、フリーダムが地面に降りてしまう(陸B)なのが問題だが、所詮、敵射程距離外からの牽引役で、近寄ったら交代するので問題はない。
・デュエル&デスティニーは、圧倒的な近接戦闘力で猛威を振るう。
・ジャスティス&2号機は、出撃してないのでいない。
・クビキリ&アブソリュートハリケーンで装甲も射程もズタボロにした後、射程外からネオスゴールドさんをなぶり殺しにする集英組の姿がそこにあったという……。
・ちなみに、イクサーズは危ないので何もしてない。
・デュランダルさんまだ生きてたんかいwwwwww
・パワーアップしても相変わらずMAP兵器なしの男らしいネオスゴールドさんである。
・申し訳程度に鉄壁を使ってくるが、それがどうしたというのだろうか。
・ついでに出てきた増援の皆さん……しかし、こちらは先程のレベルアップでシンジきゅんが覚醒を習得していたのである。無論、レジェンドとはPUを組んでいる。

恐怖の殺戮ショー

          開     幕     だ
        n:       ___      n:
        ||    / __ \    .|| 
        ||    | |(゚)  (゚)| |    ||
       f「| |^ト    ヽ  ̄ ̄ ̄ /   「| |^|`|
       |: ::  ! }      ̄□ ̄     | !  : ::}
       ヽ  ,イ  / ̄ ̄ハ ̄ ̄\  ヽ  ,イ

・ネオスゴールド「たかが鉄壁使ったくらいでどうにかなると思うなんて……こんなに私と制作スタッフで意識の差があるとは思わなかった……!」
・しかも、イベントで剥がされてしまうのである。
・剥がれてしまえば、熱血トリプルドライブで3万超のダメージを与えられ、ビクンビクンしているところへイクセリオボマーされて試合終了である。
・何故かオズマがイクサー3の保護者役になってるのが印象深かった。やはりこの男……!
・一方、イクサー2は渚と触手プレイして遊んでいた。
・アトロスはちゃんと生き返ったよ!
・イクサー1とアトロスの顔合わせは、原作だと実現してないらしいね。
・旧ジーグを全五段階改造。レジェンドも一歩手前まで改造。イクサー1が四段階強化された状態なのは助かる。
・SPアップと集中力をシンジきゅんにいくつか養成。援護攻撃&ガードを甲児に。援護攻撃はルストトルネード用ね。使っとくと便利だけど、貴重なマジンカイザーの手番を潰したくないし。


 第35話

・ミサトさんw援護じゃねーっすよwww
・圧倒的有利な状況の中、わざわざ一騎打ちしてくれるイクサー2さんマジ淑女。
・久々に擬態獣と戯れたりしつつ前進。
・第一陣を壊滅させた次ターンで増援が出てくるが……うん……君らまとめてレジェンドのMAP兵器範囲に入ってるんだ。すまない。



・攻撃を食らってガメオベラかと思いきや、チート使いだすイクサー1である。集中使ってちまちま削ってたのが馬鹿みたいだ。
・その後、何度でも起き上がり、チートを使用するイクサー1。まるでゾンビだ。
・イクサー2へは手出しできないし、周りは暇なのでエンドレス敵増援で資金稼ぎする。資金と経験値美味しいです。
・ビッグゴールド&ムーンWILL「「クク……残りステージもあと僅かなのでまとめて出てきてやったぞォ!」」
・なんか気を使わせちゃってすいませんね。
・上と下に分かれているので、こちらも2隊(装甲ダウン用のツバキヒメとマジンカイザーは別々の部隊)に分かれて進軍させる。その際、MAP兵器持ちは忘れずに前面へ配置し、ノコノコ前に出てきた雑魚をまとめて血祭りにあげる。
・ビッグゴールド&ムーンWILL「「クク……だがこちらにもMAP兵器はある……!」」
・いつからだ……? いつから脱力やナーブクラックでMAP兵器を封じられないと勘違いしていた……?
・ビッグゴールド&ムーンWILL「「なん……だと……」」
・ネオスゴールドさんズは面倒くさいので放置。
・まずはオリジナルダンクーガを始末する。お前っ! ダンクーガとは似ても似つかないんだよっ! 武器も触手とかだしっ!
・そしてダンクーガに最強武器追加。まさかの漢らしいゲンコツ再現である。合体バンクまでやってるし。
・ところで、これ見るまでドラゴンズハイヴが同行してるのを忘れてたのは俺だけだろうか?
・そういえば、原作最終回での「思い出すだけで別に克服はしない」過去回想は再現されなかった。まあ、この状況で生まれた境遇とか思い出しても、だから何なの? という話ではあるし。
・別働隊がビッグゴールドさんもフルボッコにする。
・こちらの攻撃力がインフレしすぎて、やることのないユニットが多数出てきてしまったため、放置プレイしていたネオスゴールドさんズもついでに潰しとく。余ったエネルギーを用いてのトドメ演出鑑賞タイムともいう。
・話の流れで、イクサーは人造人間なのであったことを思い出す。ビッグゴールドを取り込むのって、キカイダーの良心回路オマージュか何かなのかな。まあ、あっち(の原作漫画)は救いようも無い展開だけど。
・読んだことない人にはオススメしたい。面白いし。もう何も怖くないよ!
・そして、しぶとく復活するネオスゴールドさん。小懲りないなあ。
・イクサー2が仲間になりたそうにこちらを見ている!
・悠「フッ…どうやら奴も俺と同じ結論に至ったらしいな」
・悠兄さんェ……あんたとは過程が違いすぎるってばよ……。
・イクサーズファイナルアタックは、イクサー3の挙動がすごく可愛らしいなあ。スタッフの愛っつーか、紳士っぷりを感じる。
・折角、アトロスを生き残らせたのだから、彼女も交えてやって欲しかったとは思うところ。
・次回はラインバレル完結シナリオかあ。実質、スパロボLの最終シナリオみたいなもんじゃね?
・そういえば、ラインバレルがモードCになれないんだけど、何でだろう? 次のシナリオで追加されるのかな?
・インターミッションで資金を見て戦慄する。あんまり意識して精神コマンド使ってないけど約63万円……おお……デカルチャー……。
・いつも思うのだが、スパロボの貨幣単位って何なのだろうか?
・使い道に関しては、次回まで保留としておく。ちょっと夢が膨らみ過ぎて絞り切れない。ぐふふ。


 今後の方針

 資金を見ながらニタニタしている……w スパロボで一番楽しいのは、こうやってリソースを割り振ってる時だよな。

 35話の無限増援に関してだが、ここで肝要なのは、増援出現条件が初見でも分かるような簡単さで、別に増援殲滅プレイをしてもしなくてもよいことだと思う。やらなくてもよいことだからこそ、情熱を持って取り組むことができた。
 直近の作品であるNEOでは、こういった作業を中盤以降ほぼ毎ステージ強制的にやらされていたのが難点だったからね。あれはツラかった。やっぱり、プレイヤーにプレイスタイルの選択肢があるってのは大事だよな。

[PR]
by ejison2005 | 2011-02-27 07:16 | ゲーム | Comments(4)
Commented by 名も無き人 at 2011-02-28 04:35 x
某スパロボZ攻略動画を見ていた俺にとってマップ兵器=ネゴシエーション
それにしても、第2次スパロボZで元祖ダンクーガがいる中でオリジナルダンクーガ(笑)なんて扱いになりはしないだろうか
Commented by ejison2005 at 2011-02-28 06:26
>>名も無き人さん
あの動画は僕も大好きでした。ヒャアッ! もう我慢できねえ! 交渉だ!
オリジナルの扱いは、それを参考に両ダンクーガが建造されたことになるのかな? 戦隊の1号ロボ2号ロボみたいな感じで。
Commented by くろいの at 2011-03-04 14:33 x
初期の通りにゴーショーグンノヴァだったらオリジナルゴーショーグンとか出てきたんでしょうかね?
その場合FSの位置の人はブンドルさんで
Commented by ejison2005 at 2011-03-06 06:06
>>くろいのさん
何そのブンドルさん。すごく楽しそう。
ゴーショーグンノヴァが現地に到着した時は、例のクラシック流すのかw