仮面ライダーオーズ 第23話 感想
 「キレイと卵と眠る欲望」

 子供向け番組の感想なんだから、TPOってものを僕はわきまえるべきだと思うんだ。
 だけど……だけど……これだけは……これだけはどうしても書きたい……!
 僕は良い感想書きではないし、良い大人ですらないのだろう……だが、どう思われても、これだけは……!

 ラストシーンにおける火野さんと伊達さんの反応の差って、童(ZAPZAPZAPZAPZAP!)と非童(この情報はあなたのセキュリティクリアランスを超えています)の(ejison2005-2-Rは愚かな反逆者でしたが次のクローンはきっと上手くやってくれることでしょう)。

 市民、幸福は義務です。


 カザリさんの中へ新たにメダルをシューッ! 超! エキサイティンッ!

゚i ・。i*i゜・。oi ・。i
。*。|o___・|゚o|
・+o。゚/_ノ丶_\゚*・
゚i・。/(≡) (≡)\゚+
。|゚//// (_人_) //∧゚
*|   |┬|  |
・i。\_ `ーU _/。
゚*/ \| ノ  \・o
゚i||    ̄ ̄ ⌒丶
o||  /     |
・i ソ丶_人  /人 |
゚。/  /  ̄ ̄ / | |
/      / | |
 |\∧MMM∧/|
<カ ザ リ 状 態!>
 |/VWWWV\|

 ※お客様、店内でそのような行為は困ります。


 漫画喫茶で堂々とビデオチャットしちゃうカザリさん
 ※お客様、他のお客様のご迷惑になりますので、どうかご遠慮ください。


 今週のシリアス真木さんは割と長持ちしました
 約30秒である。
 伊達さんは何か、不治の病でも抱えていて、その治療なり研究なりに1億円が必要なんだろうか。なんか、ゾルダっぽい話になってきたな。もう何も怖くない!
 今まで、伊達さんが死亡するのだとしたら真木さんの裏切りが関わってくるのだろうと思ってたけど、体がボトボトフラグが立ったことにより、それは薄れてきたんじゃないでしょうか。同時に、死臭はいよいよ濃厚になってきた。
 んで、伊達さんの本職って宿主さんが貼ってた写真なども統合して考えると、研究者だったのねん。意外っつーか、流石にこれは片鱗も見せてないんで、言ったもん勝ち的なものを感じずにはいられませんが。
 頭は超良くて、身体能力もバースバスター使いこなせるくらい高いって、どこの本郷猛だよって設定ではありますね。本郷っていうか、以前にコメントで頂いていた通り、ライダーマン(結城丈二)リスペクトなのかもしれませんが。


 柔らかくなった後藤さん
 ぽんこつ化も同時進行している気がスルケドナー!
 ここら辺のくだりは、今週来週が伊達さんメイン回で、後藤さんに尺を回す余裕がないから、その補てん的意味合いなのかなーと思ったり。伊達さんが死ぬにしても生き残るにしても、バースの代替わりは行われるだろうから、改めて、後藤さんがその域に達していると強調する役割もあるのかな。


 今週の宿主さん
 ここでまとめて。彼女を見ていて、何故か海月姫を思い出したのは俺だけだろうか?
 そんなわけで、美への欲望というか、シンデレラストーリー的なものへの憧れを多分に感じさせる彼女ですが、存外に理性的な人でちょっとビックリ。多分、今まで出てきた宿主さんの中で、最も抑制の効いている人だと思う。
 似たような例として、11・12話で登場した筑波さんが思い浮かぶんだけど、やはり、主要人物の友人として登場するゲストさんは、ある程度威厳を維持する方向で作劇されているということでしょう。彼ら彼女らがアッパラパーな人物だと、主要人物までその煽りを受けて格を下げられてしまうからね。
 同時に今回の場合は、それだけまともな人物でも強制的に欲望を解放させることで、カザリさんのパワーアップぶりが描写されていると思う。


 今週はゴリラカン回
 「やれる! 俺はやれるって!」とアピールするゴリラ可愛い。一般人に堂々とご開帳しちゃっていいアイテムなのかは置いといてw
 戦闘用ではないくせして、こいつら妙に出番多いよな。


 しかしおでんに落ちる!
 ゴリラは具材になったのだ……古くから続く伝統料理……その具材にな……。


 カザリさんVSウヴァさん
 もうあんたとはやってられまへんわ! って感じ。
 カザリさんは初登場時からぶっぱ厨の傾向があったけど、メズール姐さんの能力を取りこんだこともあって、その傾向に拍車がかかってきていますね。ウヴァさんのしょっぱい電撃じゃしのぐのも大変だろうし、頑張って近づいたところで、接近戦でもパワーアップされてるっぽいという。
 ヤミーのパワーアップを通して描写されたことはありましたが、今週は同格であるウヴァさんとの戦いを通じて、通常のグリードと器になりつつあるグリードとの違いをストレートに見せてくれていると思います。


 仮面ライダーオーズ タカゴリタ
 頭部から順にタカゴリラタコで構成するフォーム。タコさん初披露。
 ブルーコンボお目見えへの布石として使用するだけではなく、以前、カザリさんのぶっぱ攻撃に翻弄された経験値を活かす構成になっているのも心憎いですね。ゴリラの防御力で耐えつつ、タコの吸着力で踏ん張るという。
 タコレッグは壁にひっついたりも出来そうだし、戦闘より移動や救助の面で活躍する機会が多そうだ。
 しかし、いい感じだったのも最初だけで、後はパワーアップしたカザリさんに翻弄され続け、切り札のロケットパンチもあっさり弾かれるという。
 パワーアップ前なら、結構いい勝負できる亜種コンボだったと思うんだけどね。


 タジャドルVSカザリ
 変身する時の頭ガーンが面白いw ドリル破壊での「やっべ!」といい、真面目なシーンでも笑いを忘れないのはオーズの味だね。
 しかし、ぶっぱ攻撃対決で普通に押し切っちゃうとか、やっぱタジャドルさんは格が違うな……。ギガスキャンならそのままテレッテーしちゃってたんじゃないだろうか。


 VSエイヤミー
 既に通常孵化した時と変わらないくらいの量が出つつ、変身時にオーズの周囲を回転するメダルにぶつかっただけで破壊されるくらいもろい。そして、出てくるセルメダルの枚数は多いという、なんとも伊達さん歓喜なヤミー。さすが、稼ぎ頭であるメズール姐さんのヤミーはひと味違うぜ!
 この出現枚数の多さは、次回で1億円分のノルマ達成しちゃうフラグなのかな。まあ、予告を見る限りでは、更に怪人体やデカブツ体への進化を残してそうだけど。
 ガタキリバも、ライオンヘッドもクワガタヘッドも手持ちにないから、メズール姐さんのヤミーと相性悪くなって翻弄されるのは面白いですね。
 増殖はもちろんメズール姐さんの特性として、取り憑くのがカザリさん、自身の欲望(内包セルメダル増加)を達成するためにそそのかすのが、ちょっと苦しいけどガメルさんの特性を引き継いでいるのかな。


 プリティウーマン
 ここら辺の演出は一歩間違うと死ぬ程お寒くなるんだけど、今週はギリギリ踏みとどまっていたと思います。何がどう作用して、とは説明しづらい感覚なんだけどね。耐えられない人には、十分すぎるくらいお寒いだろうし。


 今週のゴーカイ
 何というPC①……w
 それくらい、ゲストの少年が好感の持てる存在でした。戦隊によっては、そのままレッドやっちゃいそうなくらい気持ちが良い少年だよな。
 他には、ちょっとした仕草や言動でずんどこキャラ立てしていってるのが、見ていて爽快だったり。特にジョーが頭を撫でてやるシーンはぐっときた。
 そしてそして、一番の見どころは「こんな星に守るべき価値はあるのか……?」というマーベラスの問いかけに対する、少年の出した答えでしょう。そのひと言にゴーカイジャーの抱えるテーマのひとつは集約されていると思うし、そのひと言のおかげで、この話は早くもベストエピソードのひとつに挙げられるのではないか、というくらいの完成度を誇っている。

 殺陣の面では、共通武器をやり取りして行う新機軸の戦闘シーンや、遠距離でデカ、近づかれたらすかさずハリケン、トドメは全員レッドという、レンジャーキーの機能を活かした連続変身がやはり素晴らしいですね。今までにないアクションなだけに、スーツアクターの皆さんも心なしか楽しそうだ。

 で、来週は緑が主役でマジレン回か……全国の野菜売り場が熱くなるな(※客演はマジレッドです)。

 マーベラスの恩人がアカレッドである点については、くっ……! 落ち着け! こんな安っぽい釣りに乗るな! うおおおおおっ!

[PR]
by ejison2005 | 2011-02-21 06:14 | アニメ