ハートキャッチプリキュア 総括的感想
【最終話視聴後】

f0029827_327492.jpg


  |l、{   j} /,,ィ//|.     /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::
  i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ     !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!           ,ィ/イ,r'" .i!li,il i、ミ',:;;;
  |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |.       i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!   ,. -‐==- 、, /!li/'/   l'' l', ',ヾ,ヽ;
  fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人.      ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j: ,,__-=ニ三三ニヾヽl!/,_ ,_i 、,,.ィ'=-、_ヾヾ
 ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ      ト、::! u         j |::/lj::: ‐ニ三=,==‐ ''' `‐゛j,ェツ''''ー=5r‐ォ、, ヽ
  ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉.       ヾ、  丶 -    u リイ:|リ .,,__/      . ,' ン′    ̄
   ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ.      リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i    /           i l,
  /:::丶'T'' /u' __ /:::::::/`     rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!    ノ ..::.:... ,_  i    !  `´'      J
                                      iェァメ`'7rェ、,ー'    i }エ=、
  |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ              ノ "'    ̄     ! '';;;;;;;
  }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::              iヽ,_ン     J   l
  |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::              !し=、 ヽ         i         ,.
 / ',|::|:::|   /   `゛       |!:::::::::::::              ! "'' `'′      ヽ、,,__,,..,_ィ,..r,',",
    .l::!::::ト、  '、 _         ||:::::::::::::              l        _, ,   | ` ー、≡=,ン _,,,
  r'"´||',::::',                 |:::::/l::               ヽ、 _,,,,,ィニ三"'"  ,,.'
../   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ  
,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l  
|   |!  ヽ;  ヽ       /.:    i!  /


 やりやがった!


 もう、そのひと言しかない。ラストバトルに入ってから、口プロレスばっかりとか言っててすいませんでした!
 もうね、後にも先にもくらえ! この愛!」とか言っちゃう変身ヒロインはこの子達くらいのもんでしょう。ハートキャッチプリキュアは愛ではない……もっと恐ろしい何かだ……。

 せっかくだから、1年間通しての感想的な駄文をば。


 原点回帰の前半戦

 やはり、ハトプリが始まった当初、一番意識したのはこの「原点回帰」という部分でしょう。
 言うまでもなく、初代プリキュアは二人でひとつの変身ヒロインであることを意識した風都を守る探偵アクションバディものであったわけですが、3シリーズ目(というか4作目)のプリキュア5辺りから、その形式は崩されてきていました。
 生憎、過去シリーズに関してはあまり詳しくないので突っ込んだことは書きませんが、正反対の性格をした二人が、ひとつ使命のもと結託していくストーリーとして、非常に完成度の高いものになっていたと思います。
 また、前半の路線はスポットを当てる登場人物が少なくて済むという効果も生み出しており、徹底的に彼女らのキャラクター性を深める方向で作劇がなされていたのも印象深いですね。
 そんな中でも、中盤・後半への布石はきっちり打たれている辺り、作品そのものの計画性の高さも透けて見える。


 近年の路線(戦隊制)に戻った中盤戦

 さて、中盤戦です。一年シリーズの中盤といえば、ヒーロー(ヒロイン)登場時の刺激が薄まったことなどによる中だるみが懸念されるものであり、対処法としては強化フォーム、新戦士の加入などが存在することは仮面ライダーやスーパー戦隊が身を持って教えてくれている事実ですが、この作品が取った道は後者でした(前者も後に採用されますが)。
 そんなわけで、サンシャインの登場と相成るわけですが、印象深いのは、彼女が比較的序盤のエピソードから準レギュラーとして多めの出番を与えられていたことでしょう。
 これはつまり、第3のヒロイン登場を番組開始当初から極めて計画的に進めていたということなわけで、ここでもその計画性の高さには感服させられるばかりです。特に、彼女がコブラージャさんを蹴り飛ばしたあの話は、一介のゲストキャラクターとしての役割を果たしつつも、サンシャイン変身への布石を打っていた傑作回だったのだと、今になっては思います。


 新機軸の後半戦

 ここまでベタ褒めしといてなんですが、実は前半・中盤エピソードは、「過去のシリーズでやったこと」を極めて上手に焼き直したもの、という見方も存在します。いや、それをやれるのは本当に凄いことなんだけども。
 では、ハトプリならではの要素は? と聞かれれば、それはやはり、「以前からプリキュアが登場しては代替わりしてきた」世界観にこそ存在するわけです。まあ、他の奴らも伝説の~とか言われてた以上、代替わりではあるのですが、明確に過去プリキュアだった人が登場して主人公達を導くという意味ではハトプリが初でしょう。
 前半・中盤と伏線を撒きに蒔き、見事にその実を結実させたのが、ムーンライトの復活&参戦ですね。
 ミルキィローズなんかも強い方ではありましたが、いまだかつて、ここまで既存メンバーとの実力差を明確に描写された追加戦士は存在しませんでした。その辺は、唯一の高校生プリキュアたる面目躍如といったところでしょうか。
 自然、戦闘時のかけ合いや単発エピソードも先輩たる彼女が教え導くという色合いが強くなり、プリキュア数あれど、ハートキャッチでしか見られない面白さというものを打ち出してくれていたと思います。
 良かったなあ、ゆりさん。これ、序盤に参戦してたらカミナの兄貴コースだったよ。


 全体を通して見れば……

 さて、ここまで見てみると、ハトプリは前半で初代の路線を、中盤で近年シリーズの路線を、そして終盤では独自の路線を綺麗に歩んでいるのが見て取れるでしょう。
 まさに、これまでのシリーズ全てを包括しつつ、新たな一歩を踏み出すようなストーリー構成になっているわけで、これは本作が、極めて念密な計算の上に成り立っている作品であったことを示しているように思えます。

 よくできた建築物の見取り図のような、非常に美しい物語構成であったと思います。一年間、本当にありがとうございました!


 ところで

 蛇足になりますけど、本作でキャッチーな要素だったもののひとつとして、主人公に内向的な性格のヒロインをあてがったことが挙げられますね。
 ぶっちゃけ、ここ10数年アニメ漫画ラノベでやってきたことを取り入れているわけですけど、碇君が碇ちゃんに変わると、ここまで受け手の感想も変わるんだなあと思うことしきり。
 男性キャラが弱みを見せても本当にそれは単なる弱点ですけど、女性キャラがそれをやれば途端に萌え要素と化すもんな。や、もちろん、つぼみの場合は、ウザくなる手前でちゃんと発奮してくれているので、そう単純には言いきれませんが。

 最後にオマケ。



[PR]
by ejison2005 | 2011-02-05 03:33 | アニメ