仮面ライダーオーズ 第17話 感想
 「剣道少女とおでんと分離ヤミー」

 ウヴァさん最後かもしれない輝きの時……!
 序盤から頑張っているというのに、頑張れば頑張るほど死亡フラグのように思えてしまうんだよな。
 出番が多い文、ブレイドの上級アンデットより不幸な存在かもしれない。


 バース第三の装着者:伊達明
 第一と第二に関しては劇場版参照。これ以上、あのクソ映画に関して触れたくはない。
 というわけで、晴れてファーストバースとしてお目見えした伊達さんですが、ひと癖あるだろう、あるだろうと思わせつつ、今のところは普通にフレンドリーな兄ちゃんでした。なんかビックリするくらいイイ人そう。
 というか、誤射してない時点で確実に後藤さんよりとっつきやすくはあるんだよなw 多分、一億円集めてる理由も、聞いたら答えてくれるだろうし。
 この辺りは、さすが小林先生というか、人間の善性で話を回していく術を心得ています。これだから、安心して見ていられる。

 それにしてもこの男。久しぶりの故国で、冬の名物料理たるおでんを食べながら、白米を片手に持っている節も無く、それでいて酒の一滴も入っていないようなのはどういうことなのか? これが今エピソードにおける、最大の謎といえるでしょう。
 かめんらいだーおーずはよいこのみんながみるとくさつばんぐみです。


「やっぱり気付いた」
 圧倒されているようで圧倒されていなく、目ざとくないようで目ざとい、そんな我らがヒーロー火野さんの本領発揮。
 気づく機会は平等に視聴者にも与えられてただけに、なんかずるいけどスゲーといわざるをえない。いやまあ、あんな文字なくても鴻上さん以外に考えられんけどな!


「そのうち、なんて行かない人が言うことよ~」
 何気ない日常コントの中で現状の火野さんを的確に言い表したこの台詞……!
 それだけでなく、妹さんのプレゼントイベントでアンクとの和解フラグその1を着実に積み上げているんだよな。
 無駄なようで全く有意義な、恐るべき日常シーンだっぜ。
 こうやって、物語の贅肉的部分が本筋に影響を与えていくのは本当嬉しい。


「ったくあのバースってやつ……全く情報が出ない」
 ※グーグル先生といえど万能ではありません。
 アンクさんェ……ネットは広大だけど、そんなに広大じゃないんだぜ。
 それとも、君はバースの装着者がフェイスブックにでも登録していると思ってたのかい?


 アンクはヤミーを出せません
 そういや、全く気付かなかったけど、アンクがヤミーを出せたら物語は破綻してしまうんだよな。
 この辺、サラッと流しているけど、物語の根底設定を支える重要なシーンではあります。そして、今まで触れられなくてもあんまり気にしなかったのは、アンクの全ての行動が「ヤミーを生み出せない」という一点にもとづいていたため、簡単にその辺を察せられたことにあるんだろうな。
 これは、脳内保管とは明確に異なる。脚本家の描写能力によるものである。


 今週の宿主さん

     _人人人人人人人人人人人人人人人_
     >     わりとどうでもいい      <
      ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^^Y^ ̄

               ヘ(^o^)ヘ 
                  |∧   
                 /

 今回は、バースとの共闘、バースの新能力、新型ヤミーなどに尺を割いている関係で、宿主さんの事情は比較的どうでもいい感じになってはいます。
 多分、来週サラッと流されると思う。彼女よりは、伊達さんの事情のが大切だ。


 やけに事情通な屋台のおやじ
 貴様、なぜグリードのことまで知っている……! というべきか、週刊誌の記者さんが優秀だと褒めるべきか……!
 というか、情報統制してねえのは、鴻上さんらしいというべきか何というか……。


 割と勇敢な武道館の人々
 武道館の名前にはツッこまないでおくとして ミ□
 こういった描写からも、皆さん普通にイイ人のようですし、やはり来週は宿主さんよりも伊達さんにスポットが当たるようですね。


 パワーアップしたよ! やったねヤミーちゃん!
 クウガにおいて、ズがメに代わったあれを思い出した。
 あちらは五代さんの成長を描写するためでしたが、こちらはバースの販促期間に論理的な理由付けを行っている印象が強いですね。
 主人公を不自然に弱くするのではなく、こうやって頑張って理屈をつけてくれるのは嬉しい。


 後藤さん悩む
 でもあなた。変身したらしたで、合コンに置き去りにされた人みたく所在なく以下略。


 メダルホルダー
 どちらかというと、所有メダルを分かりやすくする物語的な要請によって出現した感のあるアイテム。
 物が物なので常に身につけるから、このプレゼントイベントの印象も強くなるのが一石二鳥というべきか。


 仮面ライダーオーズ タカゴリバ
 頭部から順にタカゴリラバッタで構成するフォーム。別に劇場版限定ではなかった。
 ラトラゾなんかに比べると、明確に上体部のパワーと防御力を増すことができるのが長所かな。ラトラゾは足だけ鈍重になっちゃって、重要な胴部は脆くなるからあんまり意味なかったけど。
 でも、最初はともかくカブト&クワガタヤミーに分離してからはパワーと防御力を発揮することもなく、一方的にボコられちゃってるんだよなあ。これは相手がパワーアップしたと考えるべきなのかどうか。


 伊達バース二回目の戦闘
 全体的な殺陣の特徴として、無手戦闘では普通に苦戦しちゃってるんですよね。
 これは玩具販促の関係ももちろんありますが、伊達さんがバースの能力を存分に発揮できておらず、結果として武装に頼る結果となっている描写でもあるんだと思う。銃撃も外しまくってるしね。
 多分、後藤さんがやってたらそのまま幕ノ内コースだったんじゃないかな。


 炸裂! タトバキックの巻!
 でもセルバーストとの合体攻撃なため、何がどうなったのかはいまひとつ不明瞭なのであった……。
 タトバさんェ……。


 今週のハトプリ
 なんという「ここは任せて先に行け!」展開w
 で、博士はやっぱりお父さんだったのねん。平凡な科学者が何をどうすればああなるというのか。
 しかしこれ、プリキュア側はサソリーナの件を知らないため、ガチで葬り去ったと思ってるんだよなw

[PR]
by ejison2005 | 2011-01-10 05:22 | アニメ