2010年 秋アニメ感想
 諸君に言っておかなければならないことがあることに気づいた……。

 あけおめ! ことよろ!


 刀語

 今まで全く書いてなかったけど、完結したのでせっかくだから。
 この作品に関しては、物語の落とし所がバシッと決まっており(そもそも完了形云々は原作一巻の時点で地の文がバラしてるし)、それが故に、大変綺麗に終わることのできた作品だったと思います。刀の所有者達もそれぞれに個性豊かでこちらを楽しませてくれ、彼らとの戦いも全て何らかの工夫を凝らして勝利をもぎ取るというバトルシークエンスになっており、バトル物としても面白いものになっている。何でめだかボックスはあんなことになっちまってるんだろう?

 アニメ化する上で不安だったのは、あの原作絵を忠実に再現した作画で大丈夫なのか? という点だったのですけど、実際に動いてみると特に違和感を感じることも無く、アニメ化前以上に親しみを持つことができました。これは純粋に制作スタッフさん達の力でしょうね。

 一年通して楽しむことができた作品だったと思います。


 STAR DRIVER 輝きのタクト

 放送当初にも心配していた通りというか何というか、いまだにタクト君の心情も出生も何もかも明確には示されておらず、それは他の登場人物に関してもほぼ異口同音なわけで、どうにもこうにも感情移入する相手がおらずに困っちゃう。
 この状態だと、ワコを救う云々も「実は表向きの理由を欲しがっていたタクトが丁度いいからそう喧伝してるだけで、本当は他に目的がある」という具合にひっくり返すことが可能なわけで、とっとと情報開示していった方がいいと思うんだけどな。この調子だと、説明台詞で全てを解決することになりそうだし。

 視聴者に明かされていない情報を元に戦いへ挑む彼らの姿を見ていると、何だかうみねこのなく頃にがダブッて見えてくるんだ。


 俺の妹がこんなに可愛いわけがない

 割と原作通り、可もなく不可もなくって書きたかったけど、原作三巻にあたる部分の大幅改変がやっぱり気にはなったかな。改変して面白ければそれもOKだけど、結果として見せられたのは、仕事熱心というより社会人として取引相手にそのクソえらそーな態度はどうなの? という脚本家との心暖まるコントですし。

 あとやっぱり、兄貴のお説教で全ての事象を解決していくという話の流れは、アニメとして見るのはちときついなーと思ったり。というか、個人的には小説媒体でもそれはどうなのかと思う。言葉で納得させるのもいいけど、行動でもってそれを示し、読者と説得対象に「この行動はどういう意味があるんだー!」と思わせ、「そうか! お前の気持ち、言葉ではなく心で理解したぜ!」と、納得させるに至る方が好き。より高度なことやってると思うし。
 あれだね。僕は言葉で納得させるだけってのが、安易に感じられてしまっているのかもしれない。

 とはいえ、キャッチーな要素を諸々含み、それをある程度昇華して見せてくれている作品だったと思う。ジャージ割烹着の黒猫ちゃんマジ天使。


 荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ

 事前の予想通り、一期の良いところも悪いところもバッチリ受け継いだ作品だったと思う。
 しかしこれ、金星への旅立ちで終わらせると思ったんだけど、また随分と中途半端なところで終わらせたなあ。まさか三期はないだろうし。何でなんだぜ。


 おとめ妖怪 ざくろ

 こじんまりとまとまった良作、という言葉が非常にしっくりくる作品。ここでこじんまり、と書いたのは、作品全体から受けた印象というのもそうですし、「人間と妖怪との隔絶」という世界観全体での問題として提示したことを、「人間が半妖を酷使している隠れ里」という、主人公的には大問題でも物語世界的には非常に小さな小さな問題を解決することで、何となく終わった気にさせる辺りもそう。主人公達が、「こういった問題を抱えている世界で頑張っている大勢の中の一人」と化してしまっているせいで、ダイナミックさに欠けているのですな。

 とはいえ、別につまらない作品というわけでもなく、全体的にニヤニヤ……ニヤニヤニヤニヤすることができて、夫婦プレイっぷりは存分に堪能することが出来ました。ある意味、これがこの作品の全てではある。
 欲を言うなら、双子と薄蛍がざくろの従属物みたいな扱いになってしまっているのをどうにかして欲しかったとは思う。この子達、式神らしきものを飛ばしたり、サイコメトリーしたりで情報収集するのがお仕事なのに、中盤以降はそういったことをする機会が全然なかったんだよな。それが、オプションパーツ扱いを更に加速させてしまっていたと思う。


 侵略!イカ娘

 はあ……イカちゃん可愛いよイカちゃん。
 前に書いたことを改めて書くけど、話がないんじゃなくて、イカちゃんを可愛くみせるために様々な工夫を凝らした「話」がちゃんとあるんじゃなイカ?

 ただ、最終回だけはちょっと微妙に感じられてしまいました。タコ娘さん(仮名)と出会うエピソードと触手が使えなくなるエピソードは別にくっつけなくても良かったと思う。テンション低いシーンが続いてしまったし。


 ヨスガノソラ

                  
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ 

 ↑MX組の俺。

 うん、面白かったよ。エロゲーのシナリオってセックスという到達点があるからこそって部分もあると思うし、実際、セックスなしで作るよりは全然話が締まっていたと思う。思うがしかし、これはどうなんだろうか??


 薄桜鬼 碧血録

                  
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ 

 ↑最終回後の俺。

 話が駆け足過ぎワロタ。
 とっちかっつーと、鬼とのファンタジーバトルより実際の新撰組が辿った歴史を描く方に注力したかったんだと思うけど、それをテレビアニメ2クールでやるのはいかにも無謀だったってことなんだろうなあ。真面目にやったら、大河ドラマ並の尺が必要になるというか、実際、大河ドラマになってるわけだし。

 ところで、あの拳銃使ってる人って、結局坂本竜馬さんとは何の関係も無かったのかな。幕末で拳銃って言えば竜馬縁としか思えなかったんだけど。
 土方ルートでは残念な扱いだったお兄ちゃん(笑)といい、これだけ駆け足でやってきても消化されてない部分は山ほどありそうですね。

 うーむ。これはいつか原作をプレイしてみたい。どのルート選んでも必ず千鶴ちゃんは攻略されるしね!
 全ルート千鶴ちゃんとか、ある意味最強だよな。


 もっと To LOVEる

 原作連載当時の感想をご参照くださいとしか言いようがねえなw

 当時を思い出しながらまったり幸せに浸れるアニメであったことよ。


 神のみぞ知るセカイ

 おお、原作だとおぼこいイメージの強いエルシーがこんなに可愛いとは!

 作画も良いし、あんまり原作クラッシュしている部分はないしで、これは幸せなアニメ化だったんじゃないでしょうか。先の物語を知っていることもあって、ものすげー熱中して見たりはしないけど、コンスタントに楽しめる作品であったと思う。二期にも期待。


 ポケットモンスター ベストウィッシュ

 サトシさんェ……。
 単発エピソードはそれなりにヘラヘラ楽しめるだけに、ライバル戦でのサトシさんの醜態には文句を言わざるを得ない。
 ある程度のリセットには、こういう記事も書いたし納得はするけど、ライバルに一矢報いることすらなく完敗というのは物語作法に全く適っておらず、理解することができない。
 これだと、シューティーはサトシさんを気にする理由がないし、視聴者も主人公が負けるだけ負けてたらフラストレーション溜まるんだぜ。


 海月姫

 録画しといたのを見てみたんだけど、面白かったんでびっくりした。最終話のキングクリムゾンっぷりにもびっくりしたけど。ファッションショーを山場に据えておいて、そこをカッ飛ばすとは夢にも思わなかったぜ。

 ところで、あんまり関係ないけど、オタクを題材に据えてしまうと、どうしても「オタクを認めない人を説得する」パターンか、「オタクがリア充方向にシフトチェンジする」パターンになってしまうよね。前者が俺妹とか乃木坂で、後者が電車男とかこの作品かな。
 何か新しい切り口はないものか……。

 最後にひとつだけ書いておくと、ヒロインはお兄さんだったでみんな異存はないな?


 アマガミSS

 う~ん、やっぱり見所は橘さんの変態プレイくらいだったかなあ。
 恋愛物としてはあまり見るべきところを見い出せなかったです。


 伝説の勇者の伝説

 最後までベタなものをベタに描くことの良さを楽しめたアニメ。どうせ話はまとまらないだろうと思ってたし、その点に注力して楽しんでた。
 フロワードさんの可愛さは異常。


 それでも町は廻っている

 ファーストインプレッションで書いた通りにヘラヘラ楽しんでたんだけど、SFネタはちょっとキツかったなー。あんまり笑うところも無いし。キャラ萌えではなくギャグとして楽しんでたので、それが減少してた話はあまり楽しめなかった。

 いつか原作も読んでみたいな。


 FORTUNE ARTERIAL 赤い約束

 姉妹のお話辺りで視聴脱落。尋常ではないつまらなさだった。

 そりゃあさ、女の子がキャッキャウフフしてれば楽しめるとは書いたけど、キャッキャウフフするのにだって、通常はその作品独自の色ってやつが表れると思うんだ。だって、他の作品とは舞台も設定も登場人物も異なるんだぜ?
 この作品は、乱発されるベタイベントの数々に、そういった特色を一切見出せなかったのが本当にキツかったんだ。吸血鬼どうこう言ってたのは、結局何だったんだろう。


 えむえむっ!

 第一話以降、主人公の変態性を是正するというお題目はどんどんどうでも良くなっていき、そうなるに従って、主人公を更生させることが使命である小さい先輩の存在もどんどんどうでも良くなっていくのであった。
 無論、この作品の存在そのものもど~~~~~でもよくなっていくのであった。

 自分の個性を認識しましょう。


 探偵オペラ ミルキィホームズ

゙"  "''"  "゙"  ゙"/::ヽ_________ヾ"
 ゙" ゙"  "  ゙"'' ゙" |ヽ/::                 ヾ''"
゙"  ゙'"  "゙"   ゙" .|:: |:::ジャン=ピエール・ポルナレフ | ゙ "
  ゙" ゙  ゙"  ゙"''  |:: l:  (1965-2010)  |
 ゙"  ゙"   "゙" ゙"|: :|:    ありのまま    |  ''゙"
゙"  ゙"  ゙""'"Wv,_|:: l:   過労にて死す    |、wW"゙"
゙" ゙"''"  ".wWWlヽ::'ヽ|:::::_::__________:.|::\W/ ゙"゙''"
"'' ゙"''"゙"  V/Wヽ`――――――――――――――lV/W  "'
゙""'  ゙"''"  "゙"WW''――――――――――――wwww'

 カブトボーグとの連続視聴によってSAN値現象は2倍だ!

[PR]
by ejison2005 | 2011-01-08 07:25 | アニメ