PSYRENなんで打ち切られてしまったん?
 じゃあ、10年52号のジャンプ感想でも宣言していたことですし、サイレンのまとめ感想でも書こうかと思います。
 ちなみに、あらかじめスタンスを述べておくと、僕はこの連載終了を打ち切りだと考えている。円満終了と言うには、終盤がちょっと駆け足に過ぎますからね。アッサリ倒されちゃったラスボスなどが顕著な例。


 初期のサバイバルホラー要素について

 終わってっから言うのもアレなんですが、超能力バトルものに路線変更をしている以上、受けは悪かったと見るべきでしょう。当時書いた自分の感想を見てみても、あまり好意的な印象は抱いていない。
 原因はいくつかあるのですが、細かいところだと、登場人物の反応&死に様が同じようなのばっかりでバラエティに欠けている(サバイバルは危機に直面した人物の心情こそが大事なのに)、比較的序盤で雨宮がタブーを一匹退治してしまっているため、何とかなりそうな雰囲気が漂ってしまっている。サイレンやタブーのデザインなど、恐怖感を煽るためのエッセンスが有名な他作品の象徴的要素をパげふんげふん。

 当時書いていたそれらの文言に今、付け加えるのだとすれば、そもそも、サバイバルホラーというジャンルそのものが漫画に向いていないのではないか? というのがあります。
 私見ですが、サバイバルホラーを題材に使われるのが多いのは、映画やゲームといった媒体です。
 映画ならば、恐怖演出のタイミングをコントロールすることが可能です。なんてったって、映像媒体ですからね。しかし、漫画は読者自身で読み進めるものですので、そうそう上手くはいきません。少なくとも、ビックリ箱的に「クリーチャーが突然姿を現す!」という演出は難しいでしょう。
 ゲームの場合、そもそも、状況を打開するのはプレイヤー自身です。ボケッとしていてもキャラクターは何もしてくれません。自分自身で勇気を奮い起し、コントローラーを操作するところまで含めて恐怖演出として成り立っているので、こりゃもうサバイバルホラーとの相性はバッチリです。そりゃ、このジャンルで有名作品が次々と輩出もされるわな。一方、漫画はゲームブック形式でもない限り、キャラクターが勝手に解決するものです。
 これらの問題を解決する妙案も思いつかないし、やっぱり、僕にはサバイバルホラーと漫画って親和性悪く感じられるかな。サバイバルだけならばまだしも。


 主人公について

 読んでいて最後まで掴み切れなかったのが、主人公のキャラクターですね。

 未来に強制召喚されちゃうから頑張る → ワイズを倒さないと世界が滅んじゃうから頑張る → ワイズをそうさせた元凶が判明したので倒す

 という具合に、むしろブレなさすら感じさせるくらいの勢いで状況に流されまくっちゃってる。だから、自意識が希薄に感じられてしまったのかなって思います。主人公なのに。

 もっと言ってしまうのなら、心理の転換がないんですよね。同じく、強制的に非日常の世界へ足を踏み入らされてしまう落ちもの系作品の定型を見ると、

 ヒロインと出会う → ヒロインといさかい → ヒロインと和解 → 協力して事件を解決

 という具合になってるわけですが、ここで大事なのが「ヒロインと和解」というステップで、ここで主人公が普通に考えりゃ喧嘩別れして当然のヒロインという異分子を受け入れることによって、「『ヒロインのいない世界』という選択肢を自ら破棄する主人公の意志と選択」を表現し「『ヒロインと協力して事件を解決する』という目的」が物語に誕生するのです。ついでに、受け入れてなかったものを受け入れるようになった主人公の精神的成長も描写できる。

 サイレンの場合、もう最初からそう行動するしかないくらいに主人公の選択肢が限定されてしまっているため、あえて何らかの「逃げ道」を用意し、それを主人公自らが葛藤の末、破棄するくらいにしても良かったのかもしれません。

 もしくは、07号と雨宮を一人のキャラクターとして悪魔合体させ、メインヒロインとするとか。それこそ、落ちもの系作品になってしまいますがw


 テクスチャ関連

 ともあれ、テレホンカードに始りテレホンカードに終わる物語全体の構成はかなりスッキリしていたと思います。
 ならば、それを色付けするテクスチャの方はどうだったのかといえば、サイレンという作品はここでも……というか、主にこの点で猛烈に損していたのではないかと思わずにはいられません。
 何というかこう……全体的にダサレっていうか、格好つけようとして全く格好つけられてないんだよね。最初っから素直にダサイならそれはそれで味かもしれないけど、変に格好つけようとしちゃってるため、大変に恥ずかしい状態となってしまっている。
 ドラゴンとか、ワイズとか、星将とか、元老院(笑)などのネーミングセンスなんか、特に顕著で、名前負けしているというか、そもそも世界観にそぐわっていない。
 言うまでもなく、サイレンの世界は現代日本(及びその地続きの荒廃した未来)であるわけで、自軍に星の使徒なんて名付けちゃってキャッキャと喜んでたクリード様みたく、完全な異世界の住人というわけではないのです。
 そんな世界観であんなネーミングにしちゃうもんだから、ワイズが厨二病末期患者の集まりみたいな感じになってしまっていたんでしょうなあ。彼ら、何を考えてか源次名まで名乗っちゃってるし。

 他にも、何故か未来へ舞台を移した途端、失敗したFFみたいになっちゃう服飾センスとか、クリーチャーデザインとか、うん、ダサイというか、読んでて赤面しちゃうような諸々が見事に集結していたと思う。

 厨二も突き抜けてしまえば格好良いという方もいるでしょうが、僕としては、突き抜けた厨二ってそれにそぐわった世界観なども一緒に提供してくれているもんだと思うのですよ。


 ぶっちゃけ絵が(ry

f0029827_561832.jpg


 まとめ

 そんなわけで、いくつかまとめて書きました。
 やっぱり、一番大きいのはテクスチャで、次点くらいが主人公のキャラクター造形でしょうか。ハッとするくらいテクスチャが抜きんでているか個性的ならば、それだけで価値が生じますし、主人公がもっと自意識をしっかり持っていたならば、それ故に仲間と衝突するなどしてドラマが発生し、各キャラクターもより作り込めたんじゃないかと思う。

 ともあれ、連載お疲れさまでした。

[PR]
by ejison2005 | 2010-12-09 03:55 | 漫画