仮面ライダーオーズ 第13話 感想
 「シャム猫とストレスと天才外科医」

火野「何だっていい! アンクをイジるチャンスだ!」


「欲望の渦って言ったらどうする?」(キリッ

中二病取扱説明書

塞神 雹夜 / コトブキヤ



「あのアンクが、何も言わないなんて……」(ヒソヒソ
「下手なことしてここに住めなくなるのが嫌なんだよ」(ヒソヒソ
 とりのかんぶかいじんアンクは、ものすごいちょうりょくで、とおくはなれたばしょのものおとも、みのがさないぞ!


 今週はアンク回
 さて、言うまでもなく今回のポイントは、ゲストキャラクターである女医さんとアンクの心情をシンクロさせていることでしょう。
 両者に共通して、冷や飯食わせられている現状へ不満を抱いているんだけど、しかし、本人が気付いていないだけで、周囲にとってはそう扱うだけの理由があるんだと。
 この辺りは、ゲストキャラと後藤さんの心情を重ね合わせた先週のエピソードに通じるものがありますね。
 後藤さんといい、アンクといい、1クール目が終了したことを踏まえて、土台固めに走っている印象がある。今までは各キャラクターが個別に行動するエピソードが多かったけど、これからは協力して何かに取り組むことが多くなるかもしれませんね。
 その代表と言えるのが、グリード陣営の動きでしょう。


 グリードの進化
 カザリさんが取った行動はあれですね。ヤミーの育成が素直に進めばそれで良し、駄目なら駄目で、最低限の利益が出るように、保険をかけるようにしたと。
 こうなってしまえば、鴻上さんのスタンスがグリード殲滅に傾かない限りにおいて、適当にヤミーを生み出しさえすれば放っておいても食いつなぐことは可能なわけで、カザリさんの狡猾(笑)設定を上手く活かした展開であるといえるでしょう。こうやって実績を積み重ねて、(笑)が取れるといいなあ。その頃には、爆死してそうな気がしてならんけども。
 ウヴァさんは……このままじゃいかんとは分かってるんだけど、どうすればいいかも分からんからメズール姐さんに泣きついたなw のび太君かよ。


 後藤さんのすごい秘密特訓
 ストップウォッチ握ったシュラウドが出てくるんじゃないかと思ったw
 しかし、いくら謹慎処分受けてたとはいえ、後藤さん本当に暇なんだなあw 佐川やる時以外は、世界を守るためのパトロールと秘密特訓くらいしかすることないんじゃないだろうか。初期の矢島金太郎のが、まだ仕事していた気がするぜ。そりゃ、鴻上さんだって何か仕事させようと思うよ。
 ここだけ見てると、中二病発症してまっとうな仕事したくないよーとごねる後藤さんを、鴻上さん達が何とか社会復帰させようとしてるみたいだw


 アバンに出てきた男性医達
 んー、ここはちょっとどうなんだろうか。
 後のシーンを見る限り、この女医さんは心構えか何かに問題を抱えていて手術からハブられているのだから、彼女の腕前へ嫉妬しているかのように見せる描写は不要だったと思う。
 どちらかというと重要なのは女医さんのドラマではなく、彼女と対比させたアンクのドラマなのだから、ここはもうちょっと厳格に、院長の指示なんでとつっぱねるだけでよかったんじゃないかな。


 今週からしばらく特殊オープニング
 アクセルと共闘する2号ライダー(推定)がちょこっと映ってましたね。
 去年のムービー大戦ラストが、「ライダーはダブルだけじゃない」(キリッ)と言い捨てる照井のカットで終わりだったから、それに比べりゃ随分と早く2号が出てくることになる。
 そういや、あの時点で照井はベルト持ってなかったんだよなw


 行方知れずのコアメダル
 ぜってー鴻上さんが何枚か持ってるw
 その方がドラマチックだもんな。アンク自身が戦闘能力を持つと一気にドラマが進行しちゃうし、2クール終盤まではタカ2枚のまま動きなしかも分からんね。
 レッドコンボが中盤フォーム、最強フォームがプラスパーツでの五色コンボ(ないし全コアメダルコンボ)だと思うんだけど、その頃には、アンクの立場ってどうなってるんだろうか。
 来週は、その辺りの解答がある程度示唆されるのかな。


 スーパー手術タイム
 ゴッドハンドってレベルじゃねー!
 今週ラストで刑事さんの容体が(主に妹さんのせいで)悪化したし、これは女医さんが治療することで、刑事さんの体もある程度良くなるフラグなのかな。
 と、いうのもね。最近、必要じゃない場面でもアンクが腕だけで飛んでくることが多かったんですけど、そうしないと彼のキャラクター性が維持できないって問題があることに気付いたんですよね。腕だけってのが、重要なアイデンティティだから。
 だから、お話作る側としては、アンクが自律行動していてもある程度問題ないような理由付けをしたがるんじゃないでしょうか。


「僕も興味あるからね……」
 ※銃ライダーが弱体化しないかどうか。


 仮面ライダーオーズ ガタトラバ
 頭部から順にクワガタトラバッタで構成するフォーム。タカが超感覚で、ライオンが太陽拳。サイがおそらく重力操作だから、青系頭部メダルにもよるけど、直接とっちめる系の攻撃が行える頭部メダルはクワガタだけなのかな。
 クズヤミーさんが倒せなかったのは、何か仕掛けがあるのか、はたまたトラクローだったからなのか。
 彼ら、ちょっと亜種コンボを販促したい時には便利な存在ですね。


 患者の群れ襲来
 見ろ! 人がゾンビのようだ!
 まあ、分かりやすさ重視のシーンですね。現実でこんな風になるわきゃないんだけど、それをそのままやっても分かりづらいし。パッと視覚で情報を処理できるようにするってのは大事なことだ。


 今週の鴻上さん
 鴻上さんっつーか、ライドベンダー隊に生き残りがいたのにビックリだ。
 で、ケーキ食ってる彼を見ると影山さんを思い出すのは何故だろうか。


 アンクVS後藤さん
 ※ギャグシーンですが、刑事さんが放置されることによって物語が進展する重要な場面です。


 VSシャムヤミー
 最近はいきなりメダジャリバーを取りだしたりせず、とりあえずトラクローとかで応戦するから、殺陣好き的には結構満足だ。剣振り回すのに比べりゃ、体の運動量は遥かに多いしね。
 サゴーゾというか、サイヘッドで動きを封じるか、チーターレッグで同じ土俵に上がればいいだけって気もするけど、まあ、販促だな。
 ガタキリバさんはもう長いこと出てないけど、あれは合成の手間がかかるから、今後もあまり出番は無い気がする。
 そして、コメントで聞いてはいたけど、本当にロケットパンチ撃つのなw


 次回予告
 家出したアンクが犬と喧嘩してる件。


 今週のハトプリ
 まだ見てないんで、書けたら来週に書くかな。

[PR]
by ejison2005 | 2010-12-06 04:30 | アニメ