仮面ライダーオーズ 第12話 感想
 「ウナギと世界と重力コンボ」

ヤミー「水嶋ヒロ! 貴様の文才と輝きをよこせ!」
『Change Beetle!』
ヤミー「え」


 続・今回の宿主:筑波さん
 なんかもう、色々と駄目な人でした。そもそも旅に出たことが無いとか、ウボァー。
 但し、そういった卑屈さを他人に見せることは無いし(今回はヤミーの影響)、最終的には、ちゃんと己を省みて反省することで、火野の友人として、必要以上に尊厳は貶めていない印象かな。ここら辺、米村さんは本当に外さなくなったなあ。
 そして、パンツ片手に旅立った彼のブログ更新第一弾は、「警察官に職質されたでござる」なのでしょう(エー)。


 後藤さんマジ名護さん
 そしてまあ、今週第二に語るべき点は彼でしょう。
 アバンでは僻み系ネタキャラコースかと少々不安になりましたが、何やかんやいって最終的には、落ち着くべきところへ落ち着いて良きかな良きかな。
 テクニック的な話をしておくと、彼が自分の中で「あれ、俺って痛くね?」と自問自答して解決するのではなく、主人公である火野の言葉に感銘を受けて改心しているというのが重要なポイントだったりします。
 それによって、友情を育むフラグが立っていますし、勝手に自己解決するより、キャラクター間のドラマが増えて何かと美味しい展開になっている。
 どこぞの幻想殺しさんではありませんが、他者からお説教されることに意義があるのです。そして火野は、お説教するのではなく、自身の行動で示している。ここ、テストには出ないけど大事だよ!
 ていうか、これ、繋ぎのゲスト脚本でやってるとは思えないほど丁寧な仕事だよな。米村さんに何があったのだろうか。ディケイド辺りから別ランクの脚本家になってる気がする。


 普通に逃げられてるウヴァさん
 ※余裕かましてた結果がこれだよ! 欲望を増してメダル生産する機会まで潰してるよ!


 バッタメダル頑張る
 ここらで基本フォームの販促もしようと思ったのかそうでないのかは定かではありませんが、今週はいまだかつてないくらいにタトバコンボが優遇されてますね。
 まあ、グリーンコンボに属するバッタレッグが虫系飛行怪人にある程度対処できるのは、当たり前っちゃ当たり前なのかもしれない。


 火野以外の人間はオーズになれません
 地味~に大切な設定、なのかな。
 火野の設定的に、自分より積極的に戦おうとする適任者がいたら、普通にベルトを譲りかねないし。
 同時に、アンクがあれだけ火野に拘ってた理由も遡って説明されてた感じ。
 そして、ベルトは譲渡しようとしつつも、戦おうとすること自体はやめないのが、ヒーローの資質なのでしょう。


「ガメル、流石だな」(キリッ
 ※自分は危うく失敗するところでした。


「もっとも、メダルは俺が独り占めさせてもらうが……」(フッ
 ※バレバレです。


 今週の鴻上さんタイム
 新しい後藤君云々のところまでは普通に称賛してるのかと思ったけど、クリームかけたところを見るとやっぱ怒ってたのね。
 鴻上さんは天然で不興を買う描写は多かったけど、ハッキリ自分の意志で喧嘩売ったのは、今回が初めてかもしれない。まあ、そりゃライダーに誤射して反省の色が無かったら怒るよなw
 総括すると、「気概は買うけど手段は選んでね」というところでしょうか。


 今週も真木さんは煽り役
 先週は合理的な行動でないと書いたけど、今週で得心言った。
 これ、後藤さんの反応が面白いからからかってるだけだなw


 一方、筑波さんは大フィーバーしていた
 この世界、旅がものすごーくはやってるんだなあ。景気いいぜ。
 いや、実際の社会情勢が暗いから、本当にうらやましい。俺も旅とかしたい。馬のゴン太の背に揺られて日本横断とかしたい。


「それには、ガメルからコアメダルを奪わないとな……」(ニヤリ
 ※後から分かる通り、特に作戦はありませんでした。


「映司……(中略)かなりタマッてるぞ」
 先週、この時点でのメダル狩りはアンクに利点が無いということを書きましたが、宿主の状態を見せてゴーサインを出させるというのは、それに対するアンサーだったと思います。
 要するに、火野の手が届かないところで欲望を溜め込ませればいいわけですね。
 ただ、それだと前後篇の前編で戦闘許可する理由付けにならないからなあ……。
 多分、レッドコンボを発動する辺りがアンクとの真和解話になるだろうから、それまでこのモヤモヤは続くかも分からんね。


「俺が、有名になりたいって思ったせいで……」(何で靴握ってるんやろ?)
 ※ボケるチャンスだったので。


「大事なのは……何をしたかだと思うし」
 オーズは、こういう風にここぞという場面で、火野のヒロイック性を強調するのは絶対に忘れないな。
 自身の名が埋もれようとも平和のために己を投げだすその姿勢は、まさしく仮面ライダーのそれであったと思います。


(世界を守っている気に……なっていただけ)
 ※本当にね。

 しかし、こうやってゲストの宿主さんとレギュラーキャラの心情を重ねるのは本当に上手いな。後藤さん単体でも問題なく進行するイベントだというのに。
 アゲハヤミー編は、ヤミー事件の裏で進行するお話こそが本筋だったわけですが、このイベントによって、表と裏の流れが完全に合流し、シナジー効果を発揮しているんじゃないでしょうか。


 世界を守るために放ったバズーカ → スカッ
 ※渡し忘れてたカンドロイドで誤魔化しました。

 このカンドロイド、先週も書いた通り、一個は後藤さん用にくれたんだと思うけどなあ。バズーカ当てるのにも必要なんじゃないだろうかw


 ウナギカン
 結構、強力に敵をバインドするということで、何気に使い勝手が良いカンドロイドですね。戦闘用の先輩としてはトラカンが存在するけど、あちらは制約が大きいので、その分、こっちのが活用できる機会は多いかもしれない。
 今後も存在を忘れることなく、使用してくれるといいな。アンクとかに持たせとけば、とりあえず離脱する隙を稼ぐのとかにも使えそうだし。


 カザリさんは真木さんと仲良くなってました
 ああ、ただでさえ死亡フラグ立ってたのに!
 どうやって知り合ったのかは知らんが、真木さんの手で改造カザリにされて、最終的には二人仲良く爆殺されそうな気がする。


「後藤さん、大丈夫ですか」(普通にウヴァさんをあしらう)
 ※しっかりしろwwwww幹部怪人wwwww


 スーパー(ライダーが)フルボッコ(され)タイム
 三対一とか、平成ライダーでは珍しいくらい数で押されてる状況やでえ! しかも、内二体は実力的にもこちらを上回ってるという。
 メダジャリバーのメダル一個装填も何らかの強化効果があったのだろうけど、分が悪かったのか、何がどう強くなってるのかは描写なし。できれば、敵がダメージ食らうとか、強化されてるのが理解できる描写を入れて欲しかった。


 必殺! コアメダル掴み取りアタックの巻!
 カザリさんの時にもやってたアレですけど、やっぱり固有能力か何かっぽいね。設定的にも、グリードキラーであることが固まったし。
 となると、決め手がほぼ近接攻撃に偏っているであろうグリード側は、常に掴み取りされる恐怖と戦わなければならないわけで、割とアンフェアな勝負であるかもしれない。でもま、対抗するため生み出されたんだから、それも当然か。
 お話的にも、困ったらフィンガーすればいいんで楽ではあるw できれば工夫を凝らして逆転して欲しいけど。


 仮面ライダーオーズ サゴーゾコンボ
 頭部から順にサイゴリラゾウで構成するコンボフォーム。分かりやすパワー装甲タイプ。
 固有能力が重力操作ということで、やっぱりコンボフォームは、今回も多対一を想定された能力なのねん。
 今回は肉弾戦を披露しなかったけど、持ち主のガメルさんがああいう人なので、きっとパワー&装甲に優れた重戦士タイプのはず。
 そういえば、リメイクされたタクティクスオウガでは、ナイトとバーサーカー使いやすくなったんだろうか。ニンジャタクティクスすればいいという意見もあるけど、あれやるとものすごく貧弱になるんだよな。


 スキャニングチャージ サゴーゾインパクト
 重力で敵を引き寄せるてから全力攻撃を見舞うということで、何となくタイガのファイナルベントを彷彿とさせる必殺技でしたね。
 何気にコンクリートも修復されているので、派手なくせに環境に優しいエコな技といえる。


 次回予告
 ああ、アンクさんがキレた!


 今週のハトプリ
 先週の予告で、てっきり淫獣軍団がプリキュアやる話なのかと思いきや、人形劇だったでござる。
 お互い大事に想ってるのは別として、この先生は言うこと聞かせるor導く技術の習得は必要だよな。

[PR]
by ejison2005 | 2010-11-29 05:37 | アニメ | Comments(6)
Commented by 名も無き人 at 2010-11-30 07:36 x
>>筑波さん
旅にすら出てなかったのに旅ブログを作れるのはある意味才能だよw
ところで、旅に出てなかったのなら彼は映司とどこで出会ったのだろうか

>>後藤さん
2号ライダーになるまであんな状態だとホントにしょうもない人になっちゃうからまあ仕方ないにしても、これだと映司と確執がないまま2号ライダーとして活躍しちゃいそうで、ちょっと勿体無く思ったり…
(もしかしたら2号ライダーになった途端また増長して鳥頭状態になるなんてこともありえますがw)

>>靴
某探偵事務所の社長みたいに武器として使うのかと一瞬思ったぜw

>>真木さん
いろいろ理解不能な点が目立つ彼ですが、今回ガキっぽいところがあるのだけはわかりましたw

>>サゴーゾ
玩具情報だと、どうやらロケットパンチ完備らしいですね。遠距離にも対応できるとか単細胞のガメルのメダルなのにチートすぎるw

>>ハトプリ
どっちにしろメインだと思った妖精たちが全然活躍しなかったでござる
Commented by ニテンドー at 2010-11-30 17:08 x
>ウナギ
ネットであちこち言われてましたが、やはり本編でも火野くんに蛇と思われたウナギさん。
しかし、蛇ダメだけどウナギならおkって、気持ちはわかるが
ついさっきまで蛇だと思ってた缶メカに触れる適応力すごいな。

関係ないけどさりげなく「信じます!」とか言ってた部分にちらっと、本当にチラッと「お?」
って言う感じが湧きましたが私は腐ってなどいません(キリッ
>メダジャリバー
いや、メダジャリバーはセルメダル3つないとフルパワー出せない(と思う)から、
これは「全部つめないとこのようにただの重い鉄くずで役立たずです」って言う事なんでは?
またはメダルが足りなかったか3つ入れる時間的余裕がなくて1つしか入れられなかったか。

>ハトプリ
多分自信がなかったせいで指導に力がこもってなかったんじゃないかと勝手に脳内保管したけど、
まぁそうだよな・・・
Commented by サテライトの屑篭 at 2010-11-30 23:52 x
>コアメダル掴み取りアタック
カザリ戦のように、接近戦ならオーズもメダルを取られるリスクがあるならもう少し緊張感もあるんでしょうけどね
いくらなんでも敵の巻き添えでアンクがメダルを吐き出すのはもう勘弁して欲しいところです
Commented by ejison2005 at 2010-12-03 19:42
>>名も無き人さん
多分、バンコクで出会ったんじゃないかな。
そういう意味では、多少程度の海外生活経験はあるんだね。

>後藤さん
いやー、小林先生がメインですし、普通に仲良くするんじゃないかな。
グリード撃退という目的は一致してるのだから、無意味にギスギスしても仕方ないしね。

>サゴーゾ
ロケットwwwwwパンチwwwww
Commented by ejison2005 at 2010-12-03 19:43
>>ニテンドーさん
蛇は怖いけど、ウナギは食糧なんでしょう。流石の火野も、まだまだキャプチャーにおいて、スネークさんの領域には遠かったか。

>メダジャリバー
メダルが足りないは普通にありそうですね。やっぱり、今何枚あるかの情報開示は欲しい。
Commented by ejison2005 at 2010-12-03 19:44
>>サテライトの屑篭さん
今週は結構ダメージ受けてたから、パージくらいしてもおかしくはなかったんですけどね。
部位ダメージ制があまり活かされてない気がする。