駄目な作品っていうのは……
 狙ったところにボールを投げられない作品

 最初から明後日の方向に向けてボールを投げている作品


 このどちらかに大別されるんだろうなと思う。
 前者は、マーケティングそのものにミスはないのだけど、出来上った品は全然それにそぐわないものとなってしまったパターン。
 後者は、そもそもマーケティングそのものをミスッているパターンだと思う。

 前者は、こりゃもう擁護のしようがない。完全に力不足なのか、他の要因があるのかは分からんが、次回作での改善を期待するしかないだろう。例えばの話、意外性を狙って作った作品が意外でも何でもない代物だったなら、それはそれはもう、恥ずかしい話なのだ。

 後者の場合も、同じく擁護のしようがない。ボール球しか投げられないピッチャーなんぞお呼びではないだろう。


 以上が、僕から見ての駄目な作品の定義ですが、インターネット界隈における批判される作品の特徴として、以下のようなものも挙げられる。

 Aさんから見れば暴投に過ぎない作品だが、Bさんから見ればストライクど真ん中の作品

 というものだ。

 なんということはない。その作品は、最初からBさんみたいなタイプの人間をターゲットにして作られているというだけの話である。むしろ、きちんとそういった類の作品を求める顧客層(Bさん)にとって、満足できる作品を作り上げているのだから、称賛されこそすれ、批判されるいわれは本来ならばない。

 だが、インターネット界隈においては、その作品が本来ターゲットとしている層からはかけ離れている顧客層(Aさん)が、大上段から「駄作だ!」「クソ作品だ!」と言い放つことが多い気がする。というか多い。めっちゃ多い。まあ、僕もやりかねないというか、きっとやったことあるはずなんで、自戒なんですけどね。なはは。

 特に萌えやエロを前面に押し出した作品においては、そういったことが多い気がする。
 以前、To LOVEる布教 擁護編というデスノコラを制作したのには、そういった背景がある。
 萌えやらエロやらといったものは、社会的にも低劣なものであるという認識が強いからか、とにかく叩きは熱心だ。皆さん、PTAか何かなのですかといった風情である。いや、PTAだって別にんなもん取り締まるのが仕事なわけじゃねえんだけども。
 しかし、DVDやらいまだ僕に縁のないBDやらの売り上げを見る限り、萌え系、エロ系、あるいはそのハイブリット系作品を好む層は、そうでない作品の購買層よりも遥かに大きいマーケットを形成しているようであるし、そりゃ制作会社も漫画家もラノベ作家もそっち系の作品を作るよという話である。
 霞食って生きていけるわけでもねえし、そもそもクリエイターであるからには、お客さんの求めるようなものを作りたいという気概もあるだろう(※)。あ、サイコーとシュージンは別ですよ。あいつら、読者のことを票田としか思ってないし。


 ちょっと話がズレてしまったけど、作品を批判したいのならば、「それは自分の好みと外れているだけではないのか?」と、まず己に問いかけたい。その上で、「狙ったところにボールを投げられない作品」もしくは「最初から明後日の方向に向けてボールを投げている作品」であると判断したのならば、では何故、そうであると思えるのか、どこをどうすれば狙った方向へ球が曲がるのかを、考えて批判したいものである。


 ※無論、「そんなの俺には関係ねえ! 自分の道を突き進むぜ!」というクリエイターの方を非難するつもりはないよ。それもひとつのあり方だと思う。


 ※ところで、「最初から明後日の方向に向けてボールを投げている作品」というのは、実際にはほとんど存在しないと思う。それはあなたの視点では暴投に見えても、他の誰かにとっては直球なのである。


 ※ジャンプの新連載・読み切り作品で非常に多いのが「狙ったところにボールを投げられない作品」ですね。というか、上でも書いたけどもうひとつのパターンは、現実にはほぼありえないし。
 以前、最近のジャンプ作品は作品モチーフをないがしろにしすぎではないだろうか?という記事を書いたけど、これも「その作品モチーフを好むであろう層に訴えかける作品が作れてない」と言い換えることは可能だと思う。

[PR]
by ejison2005 | 2010-11-18 22:50 | このブログでの作品評価基準