2010年 秋アニメ ファーストインプレッション
 ポケモンやりたいのでパパッと。


 俺の妹がこんなに可愛いわけがない

 原作既読。ネタバレは書かないようにする。しかし、ネタバレなしだとあんま書くことないのであった。
 原作込みの感想になりますが、実のところ兄萌えなのであろう妹との確執、世間に受け入れられがたい趣味を持った人間が現実とどう折り合いをつけながら続けていくか、という二つのテーマを上手いこと悪魔合体させた作品だなーと思います。
 それに加えて、魅力的なサブキャラ達による単発ギャグ話も散りばめられているんだから、そりゃヒットしますとも。素直に脱帽です。


 Panty&Stocking with Garterbelt

f0029827_2463872.jpg

f0029827_2464713.jpg


 もっと To LOVEる

 今更僕が何を書くってんだw
 しかも、一期は途中で見るのやめちゃったからなあ。比較も出来ない。
 一回辺り原作三話分つぎ込んでることもあり、非常にテンポ良く、太陽光さんが有頂天過ぎて全く確認できませんがおそらくはエロも潤沢の、今度こそ幸せなアニメ化であると思います。


 それでも町は廻っている

 原作未読。
 ギャグものの感想って難しいんだけど、とりあえず面白かったです。テンポ良く、小気味良いお笑いを提供してくれている。そして、先生がいいキャラしてる。
 制作会社が同じこともあってか、視聴スタンス的には荒川と同じタイプの作品ですね。ただ、向こうは既にネタを知っていて、こっちはそれが無い状態なんで、ヘラヘラ笑ってる度合いではこちらが上という感じ。


 バクマン。

 毎週のジャンプ感想をご参照ください。
 サイコー達はこうして見返しても打算的なことしか言ってないわけだけど、それだけに徹してる分、まだしも可愛気があったと思う。というか、この頃は普通に面白かった。
 中途半端にどこから持ってきたのかも不明な理想論などを語ったりする今の彼らを、ガモウ先生はどうしたいのだろうか。


 STAR DRIVER 輝きのタクト

 以前のジャンプ感想で軽くネタにしちゃったけど、あらためて。

 全くもって、あらゆる視聴者置いてけぼりの第一話でありますが、とにかく凄まじい勢いと得体の知れないパワーは感じた。
 しかし、今後もそのパワーを継続させていけるのかと言われれば、この第一話を見る限り、首をひねらざるを得ないのです。

 そんな不安を感じてしまうのも、作中に存在する「謎」の扱い方に対して疑念を抱いているからであって、ありていにいって、何でほぼ全ての主要人物が了解している基礎情報の数々を、しかし、それを俯瞰する視聴者に対してだけは謎としておくの? というお話。ファルシのルシがコクーンでパージとか言われても、予備知識の無い人間は「は?」と言うしかないのであります。
 それを防ぐために存在するのが、いわゆるガウリイ的な役回りのキャラで、世界観固有の知識を持ってない彼ら彼女らはそれを持つ存在と問答することで、視聴者に分かりやすく基礎情報を教えてくれるのです。当初は主人公がそういった役回りなのかと思えたのですが、ロボに乗り込む辺りで彼もちゃっかり基礎知識は持ってることが判明しちゃったからなあ。いよいよもって、誰に視点を合わせて視聴すればいいのか分からなくなってしまった。

 しかも、ポンズは以前、これまた同じくオリジナルロボットアニメであるエウレカセブンにおいて、全く同じ失敗を犯しているんですよね。物語全体の目標を提示せず、世界観と設定に関しては全然説明せず、登場人物の行動原理が分からないので、根本的には彼らが何故そこにいるのかも分からないという。そこがまた不安を煽り立てる。
 ロボットやら謎の閉鎖空間やらといった秘密の専門知識的なところは大目に見るとしても、例えば、主人公が泳ぎ始めた場所とこの島とはどのくらい距離があるのかとか(それによって主人公の考え無し度が大幅に変動する)、この世界は、我々が生活している現代日本と地続きの世界観であるのか、良く似た全くの別世界なのか、はたまた近未来のお話なのかとか、そういった情報すら提示されていないのは、どうなのだろうか。


 ↑ここまでが第1話時点での感想なんだけど、これ第2話でも直るどころか加速した感じですね。
 何でまたこの人達は、自分達が把握している情報を、しかし、視聴者に対してだけは巧妙に隠匿して話を進めるのだろうか。

 エヴァンゲリオンなんか謎を振りまいて進めるロボアニメの代表格だけど、あれはちゃんとシンジ君の知りうる情報と視聴者の知りうる情報がシンクロしていたからこそ、謎が謎として成立していたのです。シンジ君と同じ目線になって、これはどういうことなんだろうと楽しめるからね。
 でも、この作品は前述の通りそこで大きく我々を突き放しているわけで、これは謎なのではなく、単に意味不明なだけなのですよ。

 まあ、とりあえずあれだ。綺羅星☆


 侵略!イカ娘

 原作既読。僕もイカ娘ちゃんのイカスミスパゲティ食べたいでゲソ~。

 話が何も無い、イカ娘ちゃんが可愛いだけとはよく目にしますが、そのイカ娘ちゃんが可愛いのは、ちゃんと彼女が地上の物事に触れ、どのように学習したか、リアクションしたかを描いているからこそなわけで、お話って何なんだろうねと最近とみに思う管理人25歳秋の出来事である。


 えむえむっ!

 ここまでメインになっているのは、女装男と男性恐怖症の娘であり、メインヒロインであるところのチビッ子は何か仕事したんですか状態となっているわけですが、前述した二人のエピソードに関しては、変態的性癖にどう向き合うか、自分の中にいる「世間様」をいかにして黙らせるかというメインテーマをしっかりと描いており、普通に面白い作品であると思います。
 チビッ子も早くメイン回くるといいナ!


 FORTUNE ARTERIAL 赤い約束

 キャベツとは、アブラナ科アブラナ属の多年草であり、野菜として広く利用され、栽培上は一年生植物として扱われている植物なわけですが、別にこの適当にwikiから拾ってきた知識と、僕がこの作品に対し心のどこかで密かに期待していたこととは何の関係も無いです。

 感想としては、まあ、終盤シリアス病にならなければいいなあという程度。
 僕はこの手の作品は、良作画で可愛い女の子達が幸せそうにキャッキャウフフしてればそれで満足な人間なので、その大前提である「幸せそうにキャッキャウフフ」の部分がオミットされなければ、それなりに楽しく鑑賞できると思います。


 おとめ妖怪 ざくろ

 なんかホスト部を彷彿とさせるアニメですね。具体的にいうと、殿とか殿とか殿とか。
 あちらも相当上手く男キャラを活用していた作品でしたが、こちらも同じく、男性陣を有効活用しているアニメであるということでしょうか。
 金髪軍人さんがどのような悩みを抱えていて、それが(ヒロイン達との)新たな出会いによって解決されていくのか、というドラマをしっかり丹念に描いていると思います。
 やっぱ、主人公の悩み、解決、成長を描くのは王道であり基本だよなあと思わせてくれる。そんな非常に堅実で誠実な作品であると思う。


 荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ

 別に制作会社とかが変わったわけでも何でもない分割2クールであるわけで、一期の長所も短所もバッチリ受け継いでいる作品だと思います。


 神のみぞ知るセカイ

 原作既読。
 どっちかというと原作の話になるわけですが、単発ヒロインをギャルゲ的に攻略するという作品コンセプトこそ目新しく、単発的には非常に面白いものの、連載を続けていくと同じパターンの繰り返しになるという問題にこの作品は直面しているのですね。だから、全話通じて解決を図るような、物語の縦糸を通すべく、原作はああいう展開になっているわけです。

 しかし、作品としての基本コンセプトとして重要なのはやはり単発ヒロイン攻略にあるわけで、決められた話数という枠の中できっちりと終わらせられるアニメの方式は、この作品にはピッタリだったと思う。本来、そんな長々と続けるようなタイプの作品じゃないのだから。

 そんなわけで、作品として美味しいところ(連続単発ヒロイン攻略)だけを抽出できる今回のアニメ化は、かなり満足度高いものになるんじゃないでしょうか。


 ヨスガノソラ

 原作未プレイ。
 エロ部分で思わず何もかも忘れそうになっちまいますが、おそらく、この作品におけるマストなテーマは他に身寄りもない双子同士での恋愛であるわけで、そこをきっちり描かれているのが嬉しい。
 普通、ヒロインのルート絞ったギャルゲー原作アニメのサブヒロインなんぞ、山のにぎわいを見せるためにいる枯れ木みたいなもんなのですが、この作品に関しては、主人公のハーレム結成という環境変化に対し、ソラがどういった行動に出るかという作品として重大な部分に貢献しているため、いるだけヒロイン化してないのも嬉しい。

 ソラとの恋愛がインモラルならば、彼女らによるハーレムは通常のモラルにあたるわけで、むしろ、対比関係を描くためにも、必要不可欠な要素であるといって良いでしょう。

 こんなところでしょうか? ミスタさん


 薄桜鬼 碧血録

 分割二クールで、一期からバッチリ続いてる状態なので、あんまり書くことないなあ。とりあえずヒロインはすごく可愛い。
 こっから新撰組は滅びロード一直線なわけですが、鬼の設定を単なるザオラル効果で終わらせず、それによって歴史の陰で生き残った彼らが何を思うのか、それをしっかり描いて欲しいものです。

 それにしても、一期から通してあんまり活躍してない近藤さんが、バカキャラみたいな扱いになってるのは悲しい。彼は犠牲になったのだ……自分がバカキャラになることで副長を際立たせる、我が国に延々と続く副長萌え風潮の犠牲にな……。原作では個別ルートとかあるんだろうか。

 というか、実は僕って幕末とか新撰組関連のことはあんまり知識ないんだけど、実際のところ、近藤さんってどうだったんだろうね。

[PR]
by ejison2005 | 2010-10-16 02:56 | アニメ