週間少年ジャンプ 17号 感想
当ブログはあまりこの番組に触れていませんが、交響詩篇エウレカセブン がいよいよ最終回です。
いやあ、面白かったけど、つまらない番組だったなあ。
いえね、物語は面白いんですよ。
目に付く粗は、ラスト付近で唐突に出てきた「クダンの限界」とか、今週で唐突に性格の変わったアネモネ(というか、1人言多すぎです。いいエピソードだったけど)くらいのもんですし、とても丁寧に作られたお話でした。
悪かった所は、2クール目以降の爽快感の欠如ですね。
なんというか、鬱鬱鬱鬱鬱っていう感じで、ズーっと鬱展開が続いてるんですよね。
鬱展開だけならまだしも、最悪な事に、それに呼応するかのようにドンドン戦闘シーンが無くなっていくという……………。
ニルヴァーシュスペック2など、主人公機の改良型のくせに、ほんの2、3回しか戦ってませんから。
毎週戦闘を入れろとまではいいませんが(できればそうして欲しいけど)、もうちょっと何とかして欲しかったですね。

それでは、今週もジャンプ感想と参りましょう。
富樫先生も許斐先生がいないと、紙面が寂しいなあ。
………今日のジャンプ感想を全部書き終わって、一旦見直す段階で気がついたのですが、そういや星野先生も休んでました。
僕のディーグレ信者率は、限りなく低いです。
ともすれば、存在を忘れるくらいに。


ワンピース
・脱臼するらしいキャノン砲
その割には、後のシーン(キャノン使用後)でも、普通に腕を使ってますけど?
ああ、体内のコーラの力で治(ry

・普通に1撃入れてるチョッパー
先週からずっと疑問に思ってたのですが、この子は何をやっているのでしょうか?
フランキーを助けるか、ナミを手助けに向かうかした方がいいと思うんですけど。
それか、サンジを治療してあげようよ。
そりゃ、この漫画的には軽症だけど、ただでさえ医者としての出番が全然無いんだから。

・冷蔵庫の中身をひたすら食ってたらしい歌舞伎の人
別に中身が減ろうが減らなかろうが、冷蔵庫の強度は変わらないハズだから、この人はその気になれば破壊可能だった冷蔵庫を何故か壊さず、今までノンビリと食事をとっていたという事でしょうか?
そんなんでいいのか、政府直属の特殊部隊。
そげキングの手錠の件といい、今回の件といい、皆もっと真面目に戦いましょうよ。
一応これ、殺し合いのハズなんですから。


ナルト
・表紙のイルカ先生
この人って、この漫画でも屈指の微妙な立ち位置のキャラですよね。
確かに、ナルトにとっては恩師ですけど、出番それだけっていうか………。
いっそ、第1話でナルトを庇って死んでた方が漫画キャラ的には幸せだったのかもしれません。
どうでいいけど、今回で300回目なのに影薄いですね。
ワンピの400回記念の時は、あれだけ盛り上げていたのに。

・ノンビリマッタリ大蛇丸様ご一行
緊張感Neeeeee!!
アナタ方、ピクニックじゃないんですから。
ナルトを退けて疲れているのは分かりますが、仮にも世界最強クラスの忍者(サイ以外)なんですから、そこは根性で走り続けましょうよ。
まあ、今回の話の中でアジトについてますし、案外アジトの近くの水場だから、もう大丈夫だろうと油断してたのかも知れませんが。

・サイの絵本
ああ、順に殺し合わせていって、最後に残ったサイとサイ兄が殺し合い、生き残ったサイが採用になったのね。
何だか、あずみを思い出しました。
あの漫画にも言えますけど、せっかく時間と予算をかけて育成した人材を、自分達の手で2分の1にしちゃってどうするんだろう?
これ、忍者がやると凄く格好いいけど、会社員に例えると、
経験をつませた社員同士を何かの企画で競争させ、成果で負けたほうがクビ
という感じですから、どれだけ無益な事か分かるかと思います。
人材は有限なんですから、大切に運用しましょう。

・サスケ再登場
そういや、サスケを助けるのが当面の目的だった。
漫画の構成には、横糸(1話か、数話で完結するエピソード)と縦糸(物語全体を通して完結させるエピソード)とがありますが、この漫画の場合、
1、ナルトが火影を目指す
2、打倒・大蛇丸
3、打倒・暁
と即座に思いついただけでも、こんだけ縦糸があるんですよね。
1は最終回間際にやればいいってもんじゃなく、常にナルトの成長を描き続けて表現する必要がありますし、2と3はある程度の複合はありますが、基本的には別エピソードです。
岸本先生は、終わらせる見込みを立てた上で風呂敷を広げているのかなあ?
とりあえず、当分この漫画の連載が終わる事は無さそうですね。


ブリーチ
・なんか普通に腕を飛ばしているナイフ使いの人
事前に、
「超速再生か!!」
とモノローグを入れてますし、たぶん再生するんじゃないかな、という見込みはあったんでしょうが、腕を飛ばすのは思い切り良すぎな気がします。
人間の腕って、着脱自在とかじゃないですよ。ショック死とか、普通に起こりえますよ。
あと、一護の側は卍解+虚化進行中なんですから、アナタ方もあんまり油断してないで、人数を増やすか斬魂刀を解放するかくらいはしましょうよ、何度も言ってますけど。

・ラブリーポエマー白一護
ワイルドな言動に似合わず、内面はとっても詩人な白一護。
普段は、斬月のオジサンとかに聞かせていたのでしょうか?
本能で戦ってる割には、口数が多いですね。

・一護の奥で何が!?
何かひと皮むけたっぽい描写にして誤魔化してますが、これといって彼が成長した描写は無かった気がします。
とりあえず、斬月を取られたくないっぽいのは分かりましたが。


銀魂
実は女の子でしたというオチかと予想しましたが、冒頭で男の子と名言されている事に気づき、感想を一部書き直すことになりました。
みんな、台詞はちゃんと読もう!!
大きなお世話だって?ごもっとも……………。

・「今日はあのゴリラ(近藤)じゃなくて~」
客商売なのに、常連客をゴリラ扱い。
なかなか、ロックなお姉様方です。
まあ、近藤さんはそういうの気にしなさそうですし、意外と確信犯なのかも知れません。

・腰の低い恐喝
これ、ドラマとかだと感動的ですが、実際にやられると迷惑極まりないないでしょうなあ。
部下とかに慕われているっていうのはポイント高いですが、最終的に結婚するのは、本人達ですから。
やっぱ、好きな人を繋ぎ止めるには、魅力的な異性であり続けるしかないって事でしょうね。
うん、真理だ。

・第3王女バブルス様
元ネタは、ドラゴンボールで界王様と一緒に生活していたゴリラのバブルス君。
最近、この手のパロディネタが多くなってきてませんか?
亜門先生は、緩やかに、だけど確実にジャンプに新風を呼び込んでいるようです。

・黙って赤飯たいてやれ
女の人から見て、そういうのってどうなんだろう?
現代じゃもう、軽い嫌がらせの気が。

・どうでもいいけど
今回、近藤さんがゴリラの見合いをひたすら嫌がってますが、逆に王女の側から見たら近藤さんはどう思われるんだろう?
案外、王女の方もこの縁談を嫌がってたりするんじゃないですかね。


リボーン
掲載順位も上の方で安定してきてますし、バトル路線変更は受け入れられつつあるという事のようです。
僕も最近の展開を楽しんでるクチなので、普通に嬉しいですね。
もしかしたら、タカヤの路線変更がトンデモすぎて、僕達ジャンプ読者の感覚が麻痺してきているだけなのかも知れませんが。
後はまあ、修行編は今回でサクッと終わりっぽいのが良かったです。
今後はこの実力で固定のまま、インフレせずに進んでいって欲しいですね。


ボーボボ
3人ともヤムチャと、トースターぶち落としに笑いました。
今回、全体的にクオリティが高かったなあ。


デスノート
何だか、とても残念です。
これでライトが負けたとしても、ニアが凄いというより、ライトが弱体化したとしか思えないんですよ。少なくとも、僕はそういう印象を受けました。
ライトが言ってる通り、ニアはLに遙かに劣っているとも思いますし。
いや、それでも勝ったっていいんです。頭脳戦ってそういうモンですから。
ただ、その原因がライト弱体化なら、やっぱり受け入れがたいです。
こういうのは、お互いに全力を出し切ってこそ(読者がそう受け取とってこそ)、カタルシスが得られるモンですので、そういう面で見ると、魅上を呼んじゃったりと今回のライトは油断しすぎです。
ああ、やっぱり残念だ。


メゾン・ド・ペンギン
あんまり語る事は無いんですけど、学園天狗の2個目は自分の努力ではどうしょうも無い身体上の理由で叱責されているので、ちょっと読後感が悪かったです。


ムヒョ
・「しかも、さっさと取り返せときたもんだ。呆れたよ」
アナタ、我が身可愛さに同意してたじゃないですか。
そりゃ、同意しますとは言ってませんが、あれじゃ何も言わなくても同じですよ。
アレはその場を逃れるための方便で、今週でなりふり構わず情報を流布していれば、見直していたのですが………。
一応、魔法律家トップの4人の1人なんですから、その気になれば方法はあるハズです。

・その凶気が気になり、翌日には捜査依頼
ペイジって、こういう危機察知能力は無駄に優れているみたいですね。
合宿であれだけの不祥事を起こして、尚この地位にいますし、今回の回想も、普通の漫画キャラなら自分で説得しようとして犠牲になるところを、急に賢く立ち回っていますし。
憎まれっ子、世にはばかる。
で、今回の過去話は何か意味があったのでしょうか?
特に同情できる過去でもありませんし、別に悲しい過去でもありませんし。

・禁魔法律書の契約主は蠅王
たぶん、西先生は、
「罪状からして蠅王に関係する魔法律で裁かねばならないが、トーマスには効かないぞ!!どうする、どうなる!?」
をやりたかったのだと思いますが、前から言ってる通り、魔法律の設定を読者に公開していないため、意図が全然伝わりません。
そりゃ、推理すれば分かりましたけど、推理させては駄目な気が………。
あと、この人は五嶺家の虐殺にも関与してますし、他にも色々と悪事をしているはずですが、そういうのを放って長期現世無断滞在・誘拐・監禁だけで裁いちゃっていいのでしょうか?
もう、完全な死に設定ですよね、魔法律の「法律」の部分。


神力契約者M&Y(読みきり)
お兄ちゃんが宿主であるように見せかけて、実はヒロインが宿主だったのは良かったです。
後は、話に緩急がつかず常に「急」の状態なのと、主人公が実にウザイのでそれを改善しさえすれば、普通に連載できるのではないでしょうか?


タカヤ
普通に感想を書いてみるテスト。

・“創造と破壊”(リヒツ・ブリッツ)発現!!
仰々しい名前ですが、実際の能力はイナヅマを飛ばすだけ。
坂本先生に能力バトル漫画は、やはり早すぎる気が。
まあ、それを言ったら、連載がそもそも(ry

・普通に攻撃を当てているタカヤ
いや、超スピードが自慢の敵に何の工夫も無く攻撃を当てていては駄目でしょう。

・(無事でいて下さい…姫…!!)
ぶっちゃけると、城の兵士が何人生き残っても、権力の中枢にいる渚が死んではアウトなんですから、この人達を見殺しにしてでも助けましょうよ、そこは。
それ以前に、アナタ方は自分達の都合でこの子を巻き込んでるんだから。何を置いても、守ってあげないと駄目じゃないですか。
責任感、全然無いなあ。

・渚、腹を切られる
なんといっても、渚はタカヤの師匠です。
きっと来週では、
「へへ、これって超面白いわ!!」
とか言いながら、ニヤニヤ笑って立ち上がるのでしょう。
間違い、ないね。


ツギハギ
・「自分が体の一部を欠いたまま生きてきたことに、今、気付いた」
体は赤ペンで出来ている。
血潮はインクで、心はキャップ。
幾たびの締め切りを越えて入稿。
ただ1度の遅れも無く。
ただ1度の増刷も無し。
担い手はここに独り。
漂流先でペンを投げる。
ならば、我が生涯に意味は要らず。
この体は、無限の赤ペンで出来ていた。

やだなあ、そんな人生。

[PR]
by ejison2005 | 2006-03-28 01:32 | ジャンプ感想