仮面ライダーオーズ 第4話 感想
 「疑いと写メと救いの手」


 飲み会から帰って来た男が、意識のハッキリしているうちに大急ぎで綴るライダー感想。


 カザリさんのご提案
 う~ん。いきなり懐柔策から入ってくる敵幹部はいいなあ。すごく好感が持てる。なんで好感が持てるかって、そりゃ全力を尽くそうという姿勢が伝わってくるから。
 当たり前といえば当たり前ですが、正面きって喧嘩するのはお互いにリスクが存在するわけで、それは現状、オーズ&アンクに対して圧倒的な戦力的優位を誇るグリードにとっても例外ではないわけです。
 で、あるならば、戦わずに済む道を探すのが得策。むしろ、何も考えずに喧嘩売ってたら、和解策を探さない何らかの理由付けが必要となり、逆に不自然な展開となってしまうところだったのです。
 まあ、豊臣さんちの秀吉さんみたく、無駄に流血させず戦いを終わらせる戦術家こそが、本当に恐ろしい存在だということだよな。


 幹部怪人は力の質が違います
 紹介シーンのエフェクトを見る限りだと、それぞれ雷・土・水・風の属性を操ってくることが予想されますね。というか、カザリさんが思いっきり風で攻撃してきてたから、確定と考えていいでしょう。この基準でいくと、本来アンクは炎を操ることが可能だったとか、そんな感じなのかな。
 コアメダルが全部揃ってたら、地震雷火事津波竜巻の特大スペクタクル級コンボを実現させることが可能で、それが世界の滅びに繋がるとか、普通にありそうだね。


 食ったものはそのまま胃にいきます
 前回はまだ食っても余裕を残した状態だったから分からなかったけど、やっぱり食ったものはメダルに変換されたりするわけではなく、そのまま消化器官に放り込まれるようです。
 と、いうことは、欲望が「大食い」だった今回は、宿主の被害が比較的少なくて済んだものの、これが「自傷行為への欲望」とかいう絶望先生(や、あの人は生き汚いか)みたいな宿主だった場合、大惨事になってたことが予想されます。
 更にその考えをおし進めると、宿主が切羽詰まっている状態で変身を要求する火野と、メダル増殖のためにそれを拒むアンクとの対立が激化することが予想されるわけで、なかなかに今後のドラマを期待させてくれる設定であるといえるでしょう。


 シーン転換の間にあらいざらい白状
 まあ、話すよな。そりゃ話すとも。
 しばらくは勘違いした状態で進めるのかと思ってたけど、今作はそういった誤解をスピーディに解消していきますね。
 や、別に井上先生だったら夏頃まで引っ張ってただろうとか、そんなこと思ってるわけじゃないですよ。


 おや……アンクの様子が……
 携帯ゲーム機に興味を示したのかと思ったけど、案の定というか何というかアイスがお目当てでした。どんだけ気に入ったのかとw
 やばいなあ、あざといけど萌えちゃう。
 この人、なんやかんや理屈つけてたけど、アイスがあるから人間を選びました、というのが本音じゃねーだろうな。


「ただ……手が届くのに手を伸ばさなかったら……死ぬほど後悔する。それが嫌だから手を伸ばすんだ。それだけ」
 これが、AtoZにおける「ライダーは助け合いでしょ」という台詞に繋がるわけですね。あれは手を伸ばし過ぎですがw
 この格好良い台詞が浮いて感じられないのは、これまで行動でもって火野という男の理念を示し、最後に締めとして台詞を用いているからでしょう。逆だったら死ぬほどダサイので気を付けような。いや、リアルでこんなこと言ったらそれだけで死亡フラグだけど。


 どこからともなく現れるヘルメと手袋
 ライダーたるもの! 無からヘルメットと手袋を練成するくらいは常識!


 スーパーツッコミタイム
「俺はこれをすっかりマスターした」(キリッ
 マスターした結論が2ちゃんかよwwwww
「まさか……人間がそんなことを」(キリッ
 忍べwwwww


 アンクの決断
 ここで言う「人間」とは火野の代名詞であることがポイント。
 本人の弁に付け加えると、今のアンクは腕一本しかないわけで、そんな状態でいつ裏切られるかもしれない連中の中に混ざるというのは、極東の島国が核兵器も明確な安保論も持たないまま軍事大国に囲まれるようなもんであるわけです。これがどれだけ危険な状態であるかは言うまでもなくあれ……なんだろう……涙が出てきた。
 でも、グリードが疑い深いのはアンクに対してだけで、他の皆さんは普通に仲良しだと僕はまだ信じたい。


 オーズVSカザリ
 まあ、力が不完全だとはいっても、この状況で幹部怪人が素人の変身するオーズに負けてちゃ話にならないよね、という。去年のダブルは最初から幹部級と同等程度の実力を備えてたけど、あれは番組開始前に戦闘経験を積んでたしね。
 ここで注目したいのは、火野が偶然と称しているコアメダル奪取で、これをオーズが普通に行使できるかできないかで、グリードにとってのオーズの脅威度がだいぶ違うと思う。
 まあ、かつて封印してたくらいだし、これこそがオーズ本来の能力で、今回は火野が火事場の馬鹿力でそれを発揮したくらいに考えておきましょうか。
 あと、グリードのコアメダルって空っぽのベルトに入れるんじゃなくて、普通に体内へ取り込んでるんだね。


 オーズVS大食漢ヤミー Round 3
 前回切れなかったのは、斬り込みの問題だったようです。これはちょっと強引な理屈に感じられるなあ。
 というか、今回はカザリ戦がメインだったので、ヤミーとの戦闘はかなり巻きが入っていた印象です。


 仮面ライダーオーズ タカトラーター
 名前通りというか何というか、高速走行に特化したフォーム。
 同じく素早さを身上とするカマキリあたりと組ませれば強力そうだけど、今週、思いっきり奪われましたね。
 バッタの上位互換というわけではなく、あっちはジャンプでこっちはランという描き分けがされてるから、どちらかがいらない子になるということはないでしょう。だから早く、トラさんの長所を描くんだ!


 宿主の顛末
 ライト&ポップなオチにしてるけど、これ、実際のところはかなりのバッドエンドなんですよね。農薬が原因で発生する寄生虫を発見したブラックジャックが、それを撒く大規模農場を見て、人間の愚かさを嘆くシーンがだぶります。
 言うなればこれは、プリキュアにハートキャッチされた被害者がそれでもまだ懲りずに悩み続けるようなもんなわけで、今回のオチからは、「そう簡単にハッピーエンドにはしないぞ! 主人公に苦労させるぞ!」という強い意思が感じられました。
 いいぞ、もっとやれ。


 今週のハトプリ
 ……は、まだ見てないので来週辺り、まとめて書きます。ふう、何とか書ききったぜ!

[PR]
by ejison2005 | 2010-09-27 05:04 | アニメ