2010年 春アニメ感想 完結編
 前期アニメの感想などをつれづれと。


 HEROMAN

 ヒロインがヒロインをデートに誘った(間違ってないよね?)辺りで視聴脱落。
 「正義感の強い主人公が悪い侵略宇宙人をやっつけました」という一文のみで、本当に全てを語り切れてしまうのはどうなんだろうか。
 そこら辺は主人公の内面が物語のスタートから宇宙人撃退まで大きな変化を果たしてない辺りに顕著で、普通に考えて、ある日突然意図せず超パワーのロボを授かり、それを使って謎の侵略者と死闘を演じたりしたならば、もっともっと精神的に大きな成長を果たすなり、逆に友人が改造されてしまったことなどが原因で鬱に陥るなり、とにかく変節を果たすはずだと思うのです。というか、それを描写していくという行為こそが何かを物語るということだと思うのであります。

 それはつまり、ダメ人間を主人公にした方がお話を転がしやすいということでもあり、まあ、春先の感想で懸念した通りに、主人公を完璧超人として設定しすぎちゃったんだよね。きっと。
 それをカバーするために、ヒーローマンを未熟な自我を備えた存在として描いたのかと思っていたけど、彼も物分かりが良すぎるくらいに良かったからなあ。これではスタンド……すなわち、主人公の持つ便利な特殊能力くらいの役割しか果たせていないため、自分の意思を持たせた意味が無いんじゃないでしょうか。モモタロスにしろ、フォンブレイバー7にしろ、バーディーにしろ、最初から主人公とベッタリ一心同体というわけではありませんでした。それは、主人公とその相棒たる彼らを衝突させることによって、そこから仲良くなっていく過程を「物語る」ことができるからなのです。

 原作がスタン・リーだというのも、そもそも日本では馴染みのないクリエイターである上に、直近の仕事である機巧童子ULTIMOがサッパリ面白くないということで、売りになるどころかマイナス要因にしかなっていない気がするし。
 原作者のネーミングパワーに頼るというのなら、「脚本:麻枝准」とでもしておけば良かったんじゃなかろうか。


 会長はメイド様

 男の娘が出てきた辺りで視聴脱落。
 駄目だ、どうしてもこの会長さんが好きになれない。しかもこれ、案の定というか、メイドである必然性がまったくないし。
 キャッチーな作品モチーフを選ぶことによってオリジナリティを獲得しようとしているというのに、その作品モチーフをないがしろにしてどうしようというのでしょうか。


 Angel Beats!

f0029827_19103458.jpg


 いちばんうしろの大魔王

    ,.へ
    /::::::::::::\         /ヽ.       
  /:::::::::::::::::::::\      /:::::::|
  |::::::::::::\:::::;::->──<::;;;_::::::|  ×  何やってるのか
 ノ::::::::::;:-/´  ,. -─-、    `ヽヽ.  ×
 ヽ、:/:::/  /          ヽ.´`ヽ.    -┼‐  | ‐十 o |   |
   /:::::/   /  /   /|     〉   ',   ,.-┘   |  _|    レ   |
  ./::::::,'  ノ  /  /|`メ、 |  /|  ハ  i  ',   '、__ つ レ (_,|ヽ   _,ノ
 /:::,.イ イ /  | ./-─‐-、レ' | /_ | ハ  i
く::::::::ノ   レヽレ'| "      レ'___ `/ |  ,ゝ       _|__   -┼- 、ヽ | ヽ   /
 `/    |.  |           `|  ハ ハ         |/-‐-、  |   |  └‐-、  /‐ァ
 〈. /    |.  ',   /´ ̄`ヽ.  "|Yノ レ'       '|   ノ ノ 、ノ  ____,ノ / (__ノ
  )ヘ  /  ',  '、  |    /  ,.イ ',       人___
    レ、    ヽ.  |>ゝ.,__/,.イ ノ  〉      ,.、  (
'\    )--ヽハV、 \_/ヽレ|/`ヽ(     ノ i  ⌒
  \/   `ヽ::::ヽ.\/ヽハ、         ./  'ァ- 、
  、/      ';::::::', (ハ) |:::Y`ヽ.     /  ノ、二{
─-〈       〉::::::|___ハ__|:::::|  ',    /   ィ{___,ノ
   ゝ、_、r‐`'"ヾ::::::::::::::::::i::::::::::::i   〉 /   ァ‐''

 おかしいな……俺……ちゃんと全話見たんだぜ……?

 どうもこの登場人物達は、この世界に存在する「何がしかの問題」にそれぞれの信念やしがらみに基づいて戦いを挑んでるっぽいのですが、ここがどういう世界で、「何がしかの問題」というのがつまりどういう問題であるのかが全く語られていないため、僕はそれに対し、賛成反対どちらのスタンスを取ればいいのか、喜怒哀楽どの感情を持てばいいのか、さっぱり分からんとですたい。

 主人公が地下迷宮の玉座に座る話まではちゃんと理解できたし、筋が通っていたと思うんだけどね。そっから先は「一体みんな誰と戦っているんだ」状態だった。


 荒川アンダーザブリッジ

 最初から最後まで面白く見れました。原作厨として満足です。
 ただ、シャフトの紙芝居演出っぷりをここまで意識した作品も初めてな気がする。


 WORKING!!

 最初から最後まで大変面白く見れました。原作厨として超満足です。
 荒川と比べてみると、こっちは大変誠実にアニメーションしてたと思う。登場人物たちの動きや表情の変化、そして唸りを上げる伊波さんの剛腕などが非常に心地良い良い。
 おかしな改変などもなく、最初から最後まで居心地の良い素敵ファミレス空間を描き切った良作だったと思います。


 閃光のナイトレイド

 まあ、春初めにちゃんぽん過ぎやしないかと心配した通り、どの要素も中途半端な結果に終わってしまったと思うのです。スパイものというほどハードボイルドではなく、能力バトルというほど能力を使わない上に使っても超地味で結局謎のカンフーが最強であることを千里眼持ちに証明され、歴史ものと言うには中途半端な描写で興味が持てず、歴史改変ものとしては原爆批判などに繋がる描写からケツまくって全力疾走し、友情ものとしてはあまりに淡々と感情を表すに留まるという、どこを向いているのか意味不明な状態に。

 もう、ダブルクロス・トワイライトでもアニメ化しとけば良かったんじゃないかな?
 このアニメがやりたかったことは大体描けるよ。


 迷い猫オーバーラン

 今なら言える!

 矢吹先生は偉大です。
 矢吹先生は偉大です。


 薄桜鬼

 おうふ! 全く期待しないままダラダラ見てた作品だったけど、最初から最後まですごく面白かったぜ!

 隊長格の皆さんを格好良く描くことに特化しながらも、うるさくない範囲で千鶴ちゃんの守られヒロインっぷりをアピールし、更には、分割二クールな上やや駆け足気味ではありながらも、ちゃんと新撰組の去就を描こうとしている。
 オリジナル伝奇要素に関しても、史実通りならば死亡してしまうキャラを生存させながら、千鶴ちゃんが守られなければならない状況を作り上げ、更には、史実に従えばこっから負け戦ロード一直線な新撰組に勝利の美酒を味わわせる働きも担うであろうという、一石三鳥な状態。上手いこと考えたもんだなあ。

 難を挙げれば、千鶴ちゃんと隊長格の皆さんとの交流をもっとじっくり描き、彼らが千鶴ちゃんに心惹かれる過程を強く打ち出して欲しいというところでしょうか。そもそも、原作ゲームの趣旨はそこら辺の幕末ロマンスにこそあるんでしょうし。
 でも、尺が足りないよなあ。ものすごい勢いで年月が流れていく理由もそこら辺にあるんだろうし。尺が足りねえよ。

 そこら辺は、そもそもがゲーム&グッズの販促なんだからそっちで楽しんでね、ということなんでしょうけども、普通の恋愛アドベンチャーだった場合、千鶴ちゃんが画面に出てこないのよねw 隊長の皆さんも格好良いけど、僕は男の子なんだよ。


 けいおん!!

 唯ちゃんは可愛い。本当に可愛い。
 ところで、僕は澪ちゃんとかが見せるオーバーリアクションが苦手だったりします。何というか、キャラが演技しているというか、自然体なリアクションに見えないんだ。


 RAINBOW

 火事の辺りで視聴脱落。
 「はい! あんちゃんが格好良いこと言うよー! 感動してね!」と言わんばかりのストーリー進行にうえっとしてしまったのです。あんちゃんは、普通にしていたら勝手に状況が格好つけられる状態になっていくという念能力者か何かじゃないだろうか。
 ああ、あれだ。説教臭いのです。

 とりあえず、作者があんちゃん大好きだというのは伝わってきた。そんだけ。


 四畳半神話大系

 なんというエンドレスエイト……!

 いやさ、毎回やっていることが違うから厳密には別物なんだけど、主人公が繰り返しを全く認識してくれていないため、根本では結局同じ状態になってます。

 HEROMANのところでも書いたけど、結局、物語というものは主人公の変化や状況の推移や人間関係が変化していく過程を描いていくものなので、それら全てが完全停滞したものを見せられたとて、ただただ退屈なだけなのです。

 しっかし、どんなに状況が変化してもタイムベントで元通りというのは、刑務所では穴掘ってそれをまた埋めるというあの話を思い出しますね。僕は別に囚人ではないので付き合う義理はありませんが、とりあえず最後までは見ました。

 で、何でひぐらし状態になってたの?


 B型H系

 ゆかりん! ゆかりん! ゆかりん! ゆかりんぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!! あぁああああ…ああ…あっあっー! あぁああああああ! ゆかりんゆかりんゆかりんぅううぁわぁああああ!!!









 ハハッ! ゲイリー!

[PR]
by ejison2005 | 2010-07-08 23:48 | アニメ感想  | Comments(6)
Commented by 青りんご at 2010-07-09 09:18 x
はくおうきは女性向けアニメながらもヒロイン可愛いし男の泥臭さ汗臭さを
感じるアニメでしたね。ゲームでは千鶴が芸子さんになったりするらしいですよ。
Commented by ejison2005 at 2010-07-12 03:03
>>青りんごさん
アニメで見せた女装(女装じゃないけど)って、芸子さんとは別物なんでしたっけ?
くそう! 気になる!
Commented by トーリス狩り at 2010-07-13 19:33 x
>HEOROMAN
敵さんは簡単に倒すものの、実はその後の人間同士の内ゲバが本題だったんだよ! という夕方にそぐわない自分好みのドロドロな話になるのかと思ったけど別にそんなことはないらしいぜ!  新OP2はいいのに。

>四畳半
あれはハルヒ、ひぐらしのようなループじゃなくてパラレルですよ。
1~9話は平行世界の一つで、最後の主人公だけが今までの平行世界を認識し、
1~9の主人公たちが不要だとか不毛だとか嘆いていたものが実は第3者から
見れば大切なものだったと分かる話です。
あと原作者は怪奇現象の説明を全くといっていいほどしないので原因は考えるだけ無駄です。
Commented by do at 2010-07-14 00:28 x
>HEROMAN
見ていて共感できない憧れない主人公ばかりなこのご時世なので、
性格の良い完璧超人主人公は見ていてイラつかないので楽しく見てます。
主人公らしい苦悩も今後するでしょう、ヒーローマンがただの雷で誕生したとはおもえないし、それ絡みで。
Commented by ejison2005 at 2010-07-16 01:12
>>トーリス狩りさん
なんかまたゴキブリ族が復活したらしいですが、縮小再生産にならないでくれるといいなあ。

>四畳半
パラレルなのは分かるし、作り手の言いたいことも分かるのですが、あの停滞っぷりではエンドレスエイトと本質的には大差ないと思うのですよ。
Commented by ejison2005 at 2010-07-16 01:13
>>doさん
でも、俺、三か月くらい頑張って付き合ったんだぜ……。
もう少しこう、早い段階で苦悩を……ドラマを……と思ってしまったのです。