テラオ レビュー

テラオ The next generation machine 1巻 (BEAM COMIX)

近藤 るるる / エンターブレイン



 大・丈・夫! ファミ通の連載漫画だよ!


 あらすじ

 無類のゲーム好きな小学校教師、石原駈は、ある日、モンスターペアレントに目を付けられたのが原因で、本州からの片道所要時間25時間30分! 諸島形成以来、一度も大陸と地繋がりになったことがなく、そのため独自のガラパゴス的生態系を持つ、住所表記的にはギリギリ東京都内の超離島、小笠浦諸島の学校へと転任を余儀なくされる。
 大好きなゲームを買うのにもネット通販で10日以上必要という環境に、最初は不満を覚えた石原先生であったが、

f0029827_2105815.jpg

 離島育ち故か、都会の子供達にはない純朴さを備えた生徒達や、島民の皆さんとの触れ合いを通じて――、

f0029827_2105815.jpg

 通じ――、

f0029827_2105815.jpg

 通――、

f0029827_2113156.jpg

                      ____    、
                    /:::::::::::::::::::::::::""'''-
                   //, -‐―、:::::::::::::::::::::
            ___    巛/    \::::::::::::::::
        _-=三三三ミミ、.//!       l、:::::::::::::
     ==三= ̄      《|ll|ニヽ l∠三,,`\\::
        /              |||"''》 ''"└┴‐` `ヽ
         !             | /         
       |‐-、:::、∠三"`    | ヽ=     U   
       |"''》 ''"└┴`       | ゝ―-       
       | /           ヽ ""        ,. 
        | ヽ=   、    U    lヽ、___,,,...-‐''"  
.        | ゝ―-'′          |  |::::::::::::_,,,...-‐'"
          ヽ ""        ,.    | | ̄ ̄ ̄      
        ヽ、___,,,...-‐''"  ,,..-'''~            
          厂|  厂‐'''~      〇
        | ̄\| /


 続・あらすじ

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|     レビューを続ける前に言っておく!     
          |i i|    }! }} //|     俺は今この漫画をほんのちょっぴりだが読んでみた
         |l、{   j} /,,ィ//|       い……いや……読んだといっても全く理解を超えていたのだが……
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        『無人島で子供との触れ合いを行う教師漫画だと思っていたら
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |        なんかロボットがいた』
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        な……なにを言ってるのかわからねーと思うが
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉    俺も何が起こってるのか分からなかった
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった……
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    超スピードだとか催眠術だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっとメカ沢な片鱗を感じたぜ……


 続々・あらすじ

f0029827_2115121.jpg

 しかもセ○である。

 さて、タイトルにもなっているこのロボットこと、

f0029827_212795.jpg

 テラオはどんなハードのゲームソフトでも取り込み、現実へとその内容を反映させる能力を持っており、それによって巻き起こされる事件を解決したり、たまに自分の目的のためにその能力を活用させてもらったりしながら、石原先生が楽しい離島ライフを送っていく、というのが本作の基本ストーリーです。


 離島×ゲーム

 さて、長々とあらすじで語った通り、本作は離島モノとして極めてまっとうなストーリーに、掲載誌がファミ通であることからくる大人の事情とが見事に組み合わさり、作品の舞台以上にガラパゴスな漫画として仕上がっています。
 ここで特筆すべきは、この二つのコンセプトがバラバラにかい離しているのではなく、有機的に反応し合い、作品の面白さを引き出す働きをしていることでしょう。
 ネタバレになるので詳細は省きますが、主人公である石原先生は、まだまだ子供たちへの接し方に悩んでいる若手教師。当然ながら、新しい生徒である島の子供達にも、どのような授業をすればいいのか分からずにいたのですが、しかし、テラオの能力によってゲームのイベントを現実世界で共に体感することで、自分がどういう教師を目指せば良いのか、その指針を得ていくわけです。

f0029827_2122051.jpg

 大自然の残る離島での暮らしを題材にしているのなら、普通は文明を否定するようなお話になりそうなものですが、この漫画はそれを逆手に取り、むしろ、文明が生み出した娯楽であるゲームを通じ、主人公が成長していくわけですね。

 掲載誌であるファミ通の需要も満たしながら、しっかりプラスアルファも与えているわけで、作者である近藤るるる先生の力量がうかがえるというものです。


 前作人気キャラクターの正ヒロイン化

 さて、本作のもうひとつ、大きな目玉として、前作たかまれ!タカマルの人気キャラクターである蓮沼先輩が続投し、のみならず、正ヒロインにまで昇格していることが挙げられます。

 この蓮沼先輩(というか夢を叶えたので蓮沼「先生」)というキャラは、前作でかなりの人気を誇ったキャラであったものの、極度のブラコンという設定や、作中のストーリーの流れから、ラブコメに登場するヒロインでありながら、これといって浮いた話もないままに最終回を迎えるという、僕みたいなカプ厨にとっては大変残念な結末を迎えてしまいました。
 しかし、近藤るるる先生は、そんなファンの嘆きを分かっていた!
 結果として起こったのが、前作からの続投&メインヒロイン化という、大逆転ウルトラCな展開なのです。

 しかも、単に昇格しているだけではなく、石原先生とのラブコメに関してはかなり力を入れて描写されており、

f0029827_2123766.jpg

 作品を担うメインストリームの一角として、十二分に読者を惹きつけてくれます。

 単純にラブコメとして面白いだけではなく、前作からのファンの心もバッチリ満たしてくれているわけで、過去作で培ってきたキャラクター資産を上手く使った好例であるといえるでしょう。


 まとめ

 そんなわけでテラオは、離島モノの基本フォーマットに、ゲーム要素を上手く組み合わせ、かつ、前作ファンへのサービスも充実している一作です。
 一話辺り8ページという制約の中で、見事に起承転結を成している構成能力に感嘆するも良し! 近藤るるる先生らしい肩の力を抜いて楽しめるラブコメを満喫するも良し! 俺に良し! お前に良し! なこの作品、皆さんにもお楽しみ頂ければ幸いです。

[PR]
by ejison2005 | 2010-05-30 02:22 | 漫画