週刊少年ジャンプ 10年 24号 感想
 クソワロタwwwww


 メタリカメタルカ(新連載)

 基本的には読み切り時の焼き直しみたいな内容なんで、感想も09年40号のそれに準ずる形ですかね。作品モチーフへの考証も取材も甘く、かといって、それらの不足を自身の想像力で補えているわけでもない。冒頭に主人公が発見した鉱石が、既に精錬済みであるかのように綺麗な結晶だった時など、あまりの絶望感に身震いがしましたよ(参照:未精錬の金鉱石)。
 ついでにつっこんどくと、村人に一切痕跡を感じさせないまま採掘・精錬・冶金等々、様々な作業を行うウォードさん一派の技術力は凄まじいですね。当然、これだけの人数が快適に作業を行い生活するためには、大量の食料や生活物資、そしてもちろん完成した武具を秘密裏に輸送する必要があるのですが、どうやらそれも易々とこなしていたようですし、あなた方はどこぞの国にでも諜報員として雇われた方が幸せな人生を送れるのではないでしょうか? 最後まで望みを捨てず、己にマッチした求人を探すべきでしたね。

 作劇面に関して触れておくと、「オレの名前は○○○! ○○○(という職業)になる男だ!」という路線の割に、主人公が目指す職業の魅力について、全く描写されなかったのが気になるところ。例えば、トリコなら主人公たるトリコ自身の超絶的身体能力と「プロっぽい行動・言動」を嫌というくらい描写しましたし、ハンターハンターなら、完成された実力・精神を持つハンターとしてカイトを登場させ、ゴンが旅立つにあたって、強烈な動機付けを行いました。

f0029827_1394612.jpg

 ↑結果。
 閑話休題はさておき、この路線で進めるのならば、ファーストインプレッションでミネアへの憧れを読者に植え付けるのは必要不可欠。それをし損なった時点で、新連載第1話としては大失敗なのではないでしょうか。
 次回以降での挽回に期待したいところですが、くどいようだけどモチーフに対するこだわりを感じられないし、望みは薄い……な。


 ワンピース

 ここまでの回想で分かったのは、ロジャーの息子として世界に居場所を見いだせなかったエースが、ルフィの存在によって救われたという事実なのですが、いかんせん、それを知ったところで既に故人なんですよね。エース。しかも、彼らが仲の良い兄弟だったのは、改めて語るまでもないことだという。
 大体が、回想という手法自体が物語の流れをぶった切る代物なため、それに加えて目新しい情報が全然ないという二重苦になってしまうと、停滞感が半端ないのです。

 結局のところ、この回想の狙いはエースの死に対する余韻を深めるという一点に尽きるのだと思いますが、それも過ぎればくどくなるだけなわけで、もう少しサラッと流すことは出来んかったものなのでしょうか。


 ナルト

 巨大イカがモトイさんを襲うシーンの唐突さはさて置くとして、これだとモトイさんが勝手に過去を後悔し、勝手にそれから救われているだけで、その過程にナルトも当のビーさえも、全く関わっていませんね。それとも、僕達読者のあずかり知らぬところでビーはモトイさんとのすれ違いに悩んでおり、ラストのグー突き出しは深い葛藤の末に導き出した彼なりの結論だったりするのでしょうか。何とも奥ゆかしい話です。


 リボーン

 このフレーズも随分と久しぶりに使う気がしますが、どう考えても京子ちゃんよりハルの方が理想の嫁だよな。おいツナ、これも久しぶりに書くがてめーはこの子のどこが不満なんだ? ああ?

 本編ですが、ここしばらくのギャグエピソードにおける真の狙いはシモンファミリーに関するミスリードにあるわけで、それを行うだけならエンマ君とツナが仲良くきゃっきゃうふふするだけでも十分であり、シモン守護者の皆さんに関してまでやる必要はなかったりします。それだと、シモン守護者のキャラは掘り下げられませんが、別に敵幹部ABCで終わってもいいじゃない。それはそれで重要な役回りだし、彼らに使ってる尺をエンマ君とツナの交流に回した方がおそらくは建設的だし、そもそも、先週にしろ今週にしろ全然キャラを掘り下げられてる気がしないし。

 大体、ボンゴレとシモンの対応する守護者が対立→和解というプロットの再生産でいつまで引っ張るんだというお話ですしね。


 ブリーチ

f0029827_140249.jpg

 こwwwっwwwちwwwのwww台www詞wwwだwww

 まあ、ラストで右手と刀が融合したり、服に亀裂が走ったりしていることから、さすがにこれが最終形態ということはないようですけど、本当にこれはどういうことなんだろうか。これがシリアスな笑いということなんでしょうか。

 ところで、この展開で一番心配なのは、「これがパワーアップした鏡花水月だ!」とか言いながら、完全催眠能力が消えて別の能力が付加されるんじゃないかということですね。何せ、ジャンプにはレベルアップしたとうそぶきながら、「透明でかつ伸縮自在」という強力な能力から、「単なる伸縮・形状自在」という能力へと弱体化を果たした、クリード様という前例がありますから……。
 どんなに倒し方で困ったとしても、ラスボスのデフレ化による解決だけは避けて欲しいものです。


 銀魂

 ああ、良かった。空知先生も一応、次郎長と銀さんを対決させる気だけは残ってたんだ。つっても、茶番は茶番なんですけどね。本当、銀さんはいつの間に次郎長に対する理解を深めていたんだろう。彼の視点では、命を取られていなかったとはいえ、お登勢さんを瀕死の重傷に追い込んだ仇敵のはずなんだけど。
 あと、借りは必ず返すと吐き捨てるくらいなら、今この場で瀕死の男二人を始末して行ってはいかがですかね。


 べるぜバブ

 「崩拳!!」と叫んでるコマだけ地味に面白かったです。この世界の空手家は「正拳突き!!」と叫び、柔道家は「背負い投げ!!」と叫ぶのでしょう。剣道家も「面!!」とか「突き!!」とか叫ぶんじゃないかな。あ、それは現実もか。


 バクマン。

 どうしよう……亜城木コンビがドヤ顔で見せてる5ページちょい分のネームが、驚くほど面白くない……! その上、肝心な部分では港浦さんや高浜さんの絶賛リアクションでごまかしちゃってるんだぜ。それやるくらいなら、ネームなんぞ載せずに全部リアクションだけで押し通しちゃえば良いし、何とも中途半端な結果になってると思うのです。

 ところで、今週は読者に対し、「本当にこれで大丈夫なんだろうな……?」と気を持たせながら、ラストで高浜さんによる完全犯罪クラブageや自信満々な港浦さんを見せ、「ああ、やっぱり大丈夫だったんだな」と、安堵させるお話だったわけですが、それを意識するあまり、登場人物の(というか港浦さんの)行動が、かなり不自然になってますね。そんなに自信があるのならば、港浦さんは出来あがってる分のネームを見せ、早く周りの心配を取り除いてあげればいいのです。それをせず、やたらと勿体ぶってるため、まるで自分が漫画の登場人物であり、読者をやきもきさせる責務を負った存在だと自覚した上で演技をしているような、無理のある流れになってしまっているのです。
 しかも、第32話で、連載会議に提出するネームは誰でも読めるように置いとかれるのが基本だと明言されてしまっているため、そこでもまた矛盾を発生させるという、訳の分からない事態になってしまっているという。それとも、あれは締め切り後の話なのかな? どっちにせよ、完成してる分くらいは見せたれよ、先輩に相談する知恵を身につけたんじゃなかったのかよ、という感じですけど。

 多分、どう考えても完全犯罪クラブで一発当てるこの流れの中で、ストレートに提出しストレートに好評を得るとあまりにヤマもオチも無さ過ぎるため、無理やりに山場を作った結果がこれなんじゃないでしょうか。このネームで大成するとは思えないため、読者の不安を煽るべく用意されたシーンの数々に、妙な説得力が生まれてしまっているのはご愛敬ということで。


 ヘタッピマンガ研究所R(最終回)

 結論:いいから描け! 描いて描いて描きまくれ! 努力の数だけしか人は成長しない!

 身も蓋もないけど、全くもってその通りだと思います。


 保健室の死神

 この漫画のキャラは病魔に襲われた結果、パンチラやブラチラを披露してるけど、To LOVEるはごく普通の日常生活を送った結果、スカートめくりながら「出てこーい!」とか叫んでるわけで、ハデス先生ーっ! 早く来てくれーっ!

[PR]
by ejison2005 | 2010-05-18 01:50 | ジャンプ感想 | Comments(33)
Commented by こう at 2010-05-18 08:48 x
>メタリカ
バトル漫画として十分なクオリティを保てるほどにアクションが上手い訳でもなく、
トリコやハンターのように何かを探す、集める楽しさに焦点が当たる気配も無く、
鉱石が暮らしに重宝している事はまあ分かったが、それを探す人達の描写が不足気味
働かなくても暮らせるくらいの保障が云々は確かに凄いけど、少年漫画でそれはない
なんつーかあれですね、ツギハギ(ry

>ワンピース
赤マル、もといジャンプNEXTあたりで本編とは別にやった方が良かった気がします
今のところ、目新しい要素はサボと(ルフィも知らない)天竜人との因縁くらいだし
それが今後の話の軸になってくるのならまあ、構わないのですが……

>リボーン
>>おいツナ、これも久しぶりに書くがてめーはこの子のどこが不満なんだ?
しかも、未来編でイクスバーナー完成にリボーンと並んで大きく貢献したのはこの子なんだぜ……
今回も必要な時には体よく利用する癖に、彼女ぶるのも許さないなんて、ツナさんマジ鬼畜
Commented by こう at 2010-05-18 08:48 x
>銀魂
>>本当、銀さんはいつの間に次郎長に対する理解を深めていたんだろう
漫画におけるお約束を逆手に取ったんじゃないでしょうかね?
「なんでこいつこんなに強いのに非戦闘員殺し損ねるんだよ」って描写がありますが、この作品では
何で殺し損ねるんだよ?→意図的に殺さなかったから→何故殺さなかったのか←お登勢さんとは古い付き合いだから
そこからわざと殺すふりをした長次郎の意図を読み解いた結果、ほぼ間違いなく敵じゃないって結論に達したのでしょう
なまじっか登場人物が賢いと「戦うしかない」状況を作りだすのが難しいんですよ

>保健室の死神
花巻さんの「服を着ているのが恥ずかしい」は文明への挑戦だと思いました
Commented by roi at 2010-05-18 09:20 x
なんか批判や否定・嫌味ばっかりですがジャンプ読んでて楽しいんですか?

こんな感想じゃ閲覧してる方も楽しめないし
面白くないと思うなら感想なんて書かなくてもいいんじゃないでしょうか

それとも「オレは分かってるぜ」というアピールをしたいだけですか?
Commented by ガングロ at 2010-05-18 17:37 x
>>roi
やっぱりそう思うよね。事実を指摘するとすぐアク禁されるから、言われないけど。

クリードの能力が弱体化? なんで?
単なる透明化と伸縮自在については、トレインがすでに突破口を見出してるじゃない。
形状自在がどれほどチートか分からないんですか?

正直、批判するなら完璧にしてほしい。穴だらけなんですよね。感想だから自己満足でOKっていわれちゃお終いだけど……
インターネットっていう「公共の場」にだすなら、ちゃんとしたものを出してほしい。ジャンプも、インターネットも、他人の目に触れるものですよね?
これさ、もちろんされないけど、作者とか集英社から民事で訴えられたら負けるんじゃない?
言論の自由は憲法(国家が民衆に対して保障するもの)としてのみ保障されてるから、そういう論はしないでくださいね。それこそ穴だらけ・筋違いの論理ですから
Commented by ジャキ at 2010-05-18 19:37 x
ワンピースに至ってはその予定調和な流れにはならないと思う。
この回想でただエースとの仲の良さだけ深めるようなことをする理由がない。
と信じたいところ。まあ大丈夫、ハンターでいう来週素直に和解エンドくらい
ありえないはず。

>>こう
ツギハギ、、、それだ!!

>>ガングロ
じゃあ読まなきゃいいんじゃね?
民事で訴えられるハゲワロタwww



Commented by 通りすがり at 2010-05-18 21:22 x
>あと、借りは必ず返すと吐き捨てるくらいなら、
>今この場で瀕死の男二人を始末して行ってはいかが
>ですかね。

そもそもが不可能と思っていた「刺客全殺し」を遂行
した化け物(2名)に対して、戦闘力のない個人とし
ての女性にそれは無茶な注文では?
なんらかの戦闘力があるなら、味方がやられて独りに
なる前に幾ばくかの武力介入してるだろうし(除く、
ブリーチ、ナルトの世界)。
彼女、味方を信じて、飛び道具のひとつも持ってなか
ったんだぜ? カワイイもんですよ。
Commented by at 2010-05-18 23:50 x
>ワンピース
ちびっ子読者のために、わざと停滞させてるのかもと思ったり。ここまで怒涛の勢いで卍巴のバトルが描かれて、世界の勢力図も大きく動きましたよね。
このまま新世界へ!って高いテンションのまま突入しても、そりゃ大人読者は喜んでついて行けるけど、ちびっ子は情報過多で処理が追いつかないんじゃないかな。
だって、元々ワンピースって、密度が濃い漫画じゃないじゃないですか。重要な情報、人物ほど話の幕間で小出しにしてきたし。
だから、作品に張り詰めたテンションを下げる意味で、一旦過去話で箸休めしてるような気がする。退場したエースは人気があたから、そのファンに向けてのサービスっていう面もあるかも。
Commented by at 2010-05-19 00:12 x
>roiさん、ガングロさん
感想はejisonさんがジャンプを面白がる手段として、批判的に書かれてるんだと思う。つまらなくても「明確に何処が何故つまらなかったのか」「どうすれば面白くなったのか」を考えてくのは楽しいですしね
そういう感想のスタンスが好みに合わないな、と感じるのなら、読まない自由もある。個人ブログはジャンプというより無料のフリーペーパーといった方がニュアンスは近いでしょう。嫌ならゴミ箱に捨てて、次から手に取らなきゃおkです

あと、俺は、寡聞にしてクリードというキャラを知らないし、形状自在のチートっぷりも分からないのですが
能力の設定だけ聞くと、「透明のまま形状自在しろよ」と思いました
Commented by will at 2010-05-19 03:27 x
>ワンピ
個人的にはサボに期待ですね。正直ルフィが立ち直れそうにない点に説得力を与えるために、今の回想があるんだと思っています。きっとサボ(青年)がなんとかしてくれるさ!

>保健室
この漫画は結構好きなんですけど、今週は構成がすごいよかったように思います。キャラをキャラなりに活躍させつつ一つの話をオチをつけて完結させる手法がとても見事で面白かったです。 本音打ち切られないでほしい。

>ブリーチ
パペットマペットは油断を誘った鏡花水月の幻であった。
アイゼンさま「いかにして油断させるかずっと考えていた」


Commented by ぺんぼー at 2010-05-19 06:16 x
メタリカ
本格ファンタジーというのは、ゲーム脳だと描くのが難しいんですよね。
むしろ、歴史に詳しいほうがいいファンタジーを描けそうな気もします。
ただ、この漫画は意外と生き残る可能性もありそうな気がするんですぜ。
Commented by you at 2010-05-19 08:17 x
ブリーチ
なんか奇襲みたいにバッて襲いかかる構図最近多いな。久保先生お気に入りなのかな。

ジャンプリミックスのキャプ翼
こんだけキャラが並ぶと壮観ですなぁ、8割くらい同じ顔w

バクマン
作品内のネームがすごくデスノチックだと思った。ノートでの殺人がただのイタズラになった感じ。でもこういうのってバレたらやばいものじゃないとハラハラできないから、これかなりギャグマンガ寄りの話だなぁ。リスク犯してないからぜんぜんシリアスじゃない。あと、まだ若いのに完成形ってかわいそう。担当作家の作品を単純比較してそれ本人に言うのって現実でもやってんのかな。
Commented by 漫画家志望の工房 at 2010-05-19 13:45 x
シリアスな笑いって要はこの間のいぬまるの予防接種を異常に嫌がる回みたいな感じだと思うんですけど、ネーム観る限りさっぱりわからん。面白いのか?面白く映っているのか?作者やキャラの目に・・・

10週打ち切りで静河大勝利!!だったらメシウマなんですが
まあそれはないでしょうね。
Commented by こう at 2010-05-20 02:11 x
>漫画家志望の工房さん
ラッコで示されたシリアスな笑いは「本人は真剣そのものだし、読者も真剣な状況であることを認めているが、絵的にシュールだったりして笑える」ってことだったと思いますが、今回のネームは「くだらない事をくそまじめにやっている(温泉回における覗きイベントに多い)」であり、「シリアスである事が笑い」って感じですよね。少なくともラッコの時のように「仲間の危機」でも何でもない訳で。する必要のない事に情熱を傾けてシリアスな笑いってのは何か違うような気もします
Commented by ejison2005 at 2010-05-20 05:27
眠いので返信は今日の深夜というか、明日の超早朝に行います。
冒険の書春のガンガンONLINEフェアもよろしくね。おやすも。
Commented by ejison2005 at 2010-05-21 04:49
>>こうさん
新連載は、何だか全方面的にこだわりが足らないというか、こだわりが足らないというか、こだわりが足らない感じですね。あと、ツギハギは僕も思い出した。

>銀魂
それならそれで、銀さんがそう推理する心の変換を描いてもいいと思うんですよね。別に明言するんでなくても、何かに気づいてハッとするコマを入れるとかなんとか。

>リボーン
ツナさんってばマジでマフィアのドン!
Commented by ejison2005 at 2010-05-21 04:50
>>roiさん
このブログ読んでて楽しいんですか?

こんな感想じゃ閲覧してる方も楽しめないし
面白くないと思うなら感想なんて書かなくてもいいんじゃないでしょうか

それとも「オレは分かってるぜ」というアピールをしたいだけですか?
Commented by ejison2005 at 2010-05-21 04:51
>>ガングロさん
色々置いといて、僕が過去にアク禁(つーかコメ禁……エキサイトってアク禁機能あるの?)したのって、スパムコメントと同一IDのなり済ましだけなんですけど、あなた、過去にそんなことしてきてたんですか?
Commented by ejison2005 at 2010-05-21 04:54
>>ジャキさん
まあ、まだ過去編終わってないし(終わってないのもどうかなんだけど)、この後に期待ですかね。
Commented by ejison2005 at 2010-05-21 04:55
>>通りすがりさん
春雨の幹部だし、部下をスッパリ殺っちゃってたしで、あの人強いのかなーと勝手に思ってました。
Commented by ejison2005 at 2010-05-21 04:58
>>棒さん
ちびっ子って、僕らが思うよりはるかに賢いし、理屈抜きで感受してく生き物だと思うなあ。言っても、僕は汚れた大きなお友達なんで、所詮その視点でしか感想書けませんがガガガ。
Commented by ejison2005 at 2010-05-21 05:00
>>willさん
帽子の段階でサボ死ぬんじゃないかとこないだ気付いたんだけど、希望はまだ持ちたいぜ!

>ブリーチ
レベルEの王子みたいな、出たて芸人思考ですね。
Commented by ejison2005 at 2010-05-21 05:01
>>ぺんぼーさん
誌面が誌面なので生き残るかも分からんのは同意です。ただズルズルと生き残ったところで、何が残るんだという気もするけど。

ファンタジーである以上、結局は想像力勝負なんだけど、想像力をはぐくむための取材が致命的に足らんとは思います。
Commented by ejison2005 at 2010-05-21 05:02
>>youさん
バクマンのアレが完成系っていうのは、主人公があのネームでこれから成功していくという展開に対する言い訳というか、理屈付けというか、そういう感じの何かではないでしょうか。

Commented by ejison2005 at 2010-05-21 05:04
>>漫画家志望の工房さん
やっぱり、シリアスな笑いなんて名状しがたい技術に頼るのではなく、主人公の精神的成長を描き、それでもって漫画力の向上に説得力を持たせるベきだったよねえ。今更だけど。
Commented by roi at 2010-05-21 12:03 x
何の工夫も芸もない鸚鵡返しとは恐れ入りました

自分はジャンプを批判するくせに感想は批判されたくないなら
「批判コメントは一切禁止」とでも書いておいてくれませんかね

で、僕はこのブログを読んで面白いとは思いませんが
あなたはジャンプを読んでいて面白いと思わないんですか?

このブログはタダだから暇潰しに読んでいるだけで
お金を払ってまで読もうとは一ミリたりとも思いませんが
ジャンプはお金を出して買っているんですよね

自分が働いて得たお金で何を買おうと自由ですが
お金を払って楽しめないものを買うというのは馬鹿としか思えません
Commented by ふるふる at 2010-05-21 21:07 x
保健室は作中の人物が狂気を狂気と認識した上でメタネタとしてやっていますが、
TOLOVEるは作中の人物が狂気を狂気と認識しないままで話が進みますから若干種類が違うんじゃないかと自分は考えています。
股間に向って叫ぶきっかけを作ったのは、ララの発明品ですが、友達の股間に向って叫ぶ意味とか全くわからないし、誰もその狂気を認識しないまま話が進むのがtoloveる界で、安田君が裸の女子を見るために裸になる意味もわからないけど、作中の人物がちゃんと変態として認識してるのが保健室だと思います。
Commented by tt at 2010-05-22 21:03 x
>>roiさん
ここの管理人さんの感想を読む限りちゃんと楽しんでると思います。
人にはそれぞれの楽しみ方があります
お金を払っているのだから批判しても問題は無いはずです

私はあなたが自分の好きな漫画を馬鹿にされて怒っているだけにしか見えません
Commented by faker at 2010-05-22 23:26 x
そもそも閲覧している方が面白くないのならコメントする方もいないでしょうしね。

批判している所なんて探せばどこにでもあると思います。それを見て不快に思うなら他の暇つぶしを探した方が良いかと。
Commented by ejison2005 at 2010-05-23 03:06
>>ふるふるさん
正気にては大業ならない感じですね。分かります。
Commented by bero at 2010-05-23 12:25 x
銀魂の次郎長に対する理解は行動原理が銀時のそれと同じだからじゃないですかね
やることが違うだけでやろうとしてることは同じなんで
それに約束は違わないって言ってるのにあそこで次郎長斬ってたらそれこそ笑い話w
Commented by ニテンドー at 2010-05-26 00:02 x
なんか、このブログがさもお仕事で運行しているみたいに
法律だの責任だののたまってる人が居ますね。
まぁぼくも初カキコでいきなり批判かましたわけですがががががg
バクマン
探偵漫画とかでたまーに「主人公が勝手に理解してとっとと先にいっちゃうから読者置いてけぼりになる」
ことがありますけど、そんな空気がありましたね。
内輪で勝手に盛り上がっちゃってるよこいつら・・・
ジャンプに始めて持ち込んできたときの二人にそっくりですね。なんつーかw
ブリーチ
わかった、これだ、シリアスな笑い。
メタリカ
僕がすごく気になったのは、最後のページの
「上!上ー!」って言ってるコマの鳥と主人公の位置関係と背景の角度が堂考えても合わないことですね。
背景は横からの支店なのに取りはちゃんと上空から来ていて、
ここだけ異次元空間みたいでなんか気持ち悪かったです。
Commented by ejison2005 at 2010-05-26 18:58
>>beroさん
別に次郎長斬り殺せってわけでなく、beroさんが推測してるような部分を推測させるのでなく、きちんと描写すべきだったのではないかと思っているのです。
Commented by ejison2005 at 2010-05-26 18:59
>>ニテンドーさん
探偵漫画は、なんやかんやいって主役が必ず事件を解決させるという安心感がありますが、サイコー達にはそれがないんですよねえ。