2010年 春アニメ感想 ②
 前回の続き。


 いちばんうしろの大魔王 感想

 予約機能を裏番組の大魔神カノンに回してしまったため、己の記憶力に全てをかけての感想。
 見終わって一番に感じたのは、何とも形容し難い居心地の悪さ。次いで、かつて見たとてもとてもとてもとてもとても構図の似通った、ある作品のあるお話を思い出すわたくしなのでありました。
 そう、

f0029827_14294124.jpg

 怪獣使いと少年ですね。このアニメの主人公はまぎれもなくメイツ星人と同じ立ち位置であり、彼を排斥しようとするヒロイン&クラスメイト軍団には、メイツ星人を射殺した市民がダブッて見えます。さしずめ、それを傍観者の立場で見守る僕たち視聴者の立場は、ウルトラマンジャック(郷)といったところでしょうか。

 散々前振りもしたことですし、今後は主人公に眠った魔王としての力が覚醒していって事件を起こすのでしょうが、その原因がクラスメイト達による彼への排斥にある限り、我々はムルチが暴れるのを呆然と見ていた、郷隊員と同じ視点で画面を見つめるだけなのであります。
「勝手なことを言うな……怪獣をおびき出したのはあんた達だ」

 しかし、どうでもいい話ですが、あのカラスはとんでもないSFガジェットですなあ。あれのおかげで、ファンタジーかと思いきや、既定路線の未来に立ち向かうSFチックなお話になってるし。モノレールも含めて、魔法という名の超科学で発展した未来世界ってイメージだよね。リリカルなのはみたいな。


 大魔神カノン 感想

 うっはあ、これはすごい。笑っちゃうくらいつまんねえw 僕、途中から真面目に見るのが辛くなっちゃって、他の作業しながら見てたもん。
 え、感想ですか? メンヘラ気味な女主人公が、引っ越ししたり町へくり出したりラーメン食ってる様を見ていただけなのに、僕はどうやって感想をひねり出せばいいんだろうか。とにかく言葉が出てこない。圧倒的な虚無感がそこにはある。
 その上、殺陣のシーンまでヘボイもんなあ。お前ら、超人だと言い張りたいのなら目の前の金網やぶるくらいのパワーは見せてみろよ、と。普通の人間よりも強いんだと察せられるシーンなんて、消火器殴打に耐えてる場面しかないじゃん(しかも微妙に目を回していた)。

 そんなわけで、大魔神の登場を待たずして番組視聴の打ち切りを決意する管理人なのでありました。


 荒川アンダーザブリッジ 感想

 ヤングガンガンは購読してます。つまり、そういうことです。
 この作品はギャグが面白いのも大きいですが、超エリートなダメ人間であるリクが、ニノさんやその他とのふれ合いを通じて足りないものに気づいていくというフォーマットを序盤に提示し、以降はブレることなくそれにまい進していってるのも大きなポイントですね。
 骨子として分かりやすい主人公の成長劇があるから、物語の視点は決して散漫にならない。見ていて大きな安心感がある。


 WORKING!! 感想

 ヤングガンガンは購読してます。つまり(ry
 屋台骨として主人公の成長劇を据えた荒川とは対象的に、停滞した世界の中でおかしな登場人物のかもし出すゆるい雰囲気を楽しむタイプの作品ですね。4コマとそうでない漫画の差とも言う。
 現実のファミレスに存在するだろう、せちがらい要素の廃絶されたファンタジー空間を存分に楽しめる作品だと思います。
 DQN客という不快因子の乱入を店長が蹴散らし、元の平穏が取り戻される辺りが、この作品の何たるかを象徴してるよね。


 閃光のナイトレイド 感想

 スパイで超能力者で第二次世界大戦前の上海で、と、アニメノチカラ枠ってのはちゃんぽんにしなきゃならん制限でもあるのかとツッコミたくなるようなアニメ。まあ、軽音楽部でウィッチーズなジブリがARIAする感じの前番組に比べりゃ、選捨選択されていて良しとしましょうか。

 お話として勿体ねーなーと思えたのは、テレポート能力者が淡々としすぎていて、能力使用に関するトラウマを抱えているとサッパリ伝わってこなかったこと。あれ、途中まで単に使用制限があるからケチッてるだけかと思っていたよ。
 そこら辺をもっと前面に押し出せていれば、彼の苦悩を軸に諸々の要素を絡めていくことができ、同じ筋書きでもかなり焦点が定まったものになっていたと思えるだけに、本当に勿体ない。
 後述する迷い猫程ではないけど、何に対して注目すればいいのか、いまいち分からのです。ちゃんぽん設定なんだから、基本的には登場人物の苦悩や成長を追っていく形にしかしようがないと思うんだけどな。その過程でなら、自然と諸々の要素をふれていくことになるだろうし。

 その他として、序盤に主人公が時計を気にするシーンは、説明台詞ではなく視覚に訴えて設定を消化しようとした気概は買いたいけど、いまいち上手くいってないのも残念。使用時間の制限を気にする主人公が描写したいのなら、ストップウォッチ方式とかの方が分かりやすかっただろうね。時代設定が引っかかるのかな?


 迷い猫オーバーラン 感想

 マジンガーZって、兜甲児が乗らなければ真の力を発揮できないじゃないですか。あれって鉄人28号の「いいも悪いもリモコン次第~」とは完全に意味合いが違っていて、甲児君が乗るからこそ、神にも悪魔にもなれるのだと思うんだよね。
 まあ、つまり、それが僕の矢吹先生版に対する感想です。

 本編ですが、何というか、失敗した群像劇って感じですね。ただせわしなく、あっちゃこっちゃへカメラを動かしてるだけ。色んな登場人物を画面に映して動かせば、それだけで掘り下げが終わると思ってる。そうじゃなくって、人物の掘り下げってのは、ある物事に対する反応の違いで行うのが基本(のひとつ)なんだけどね。
 例えば「新作漫画のネタを考えよう」というお題に対して、僕なら「主人公の葛藤を書こうぜ」となるし、かがみさんなら「触手出そうぜ!」となるわけです。そしてそれこそが、キャラを差別化し、立てていくという行為なのです。

 しっかし、こんないちいち語尾に「~じゃないんだからね!」とつけそうなヒロインは初めて見たなあ。逆に新しいぜ。

f0029827_1430135.jpg

 フゥ~ッ!
 何の説明もなくギャグだと認識させる努力すらなく瞬時にヒヨコが生まれた卵といい、ひょっとしてこの情緒不安定ぶりは、地球によく似た別の惑星が舞台だという暗示なのだろうか。


 薄桜鬼 感想

           ル√    .:.:.:.:.:   ̄``ト、
          rル ;;: ::   .:.:.:.:.:.:..  J  リ     や
         ルリ  ;;: ::   ,;:;ミ≧=_-、::;i    る
   ニ     ルリ ,r‐'三ミヽ  ;:;;;r予ェ-ュ、ミゞ|    じ
   コ    ヾミ ゞィェモ予 .:;`ヾ;:;  ̄`~` :|    ゃ
   :       ヾミi ´~,;,;1          |    な
   :       `i  .:;:/ `;:. .:;:;;:;.     |    い
            ', :;'^ゞ=ニソ^ .::;:;    ,ヽ   !
            ', :;' 、_,,、、、、,,, _ノ   ,:' i
            ゙,   `ー‐‐'杯¨´  ,:'  ノ⌒ヽ _, イ
              _」 .:;;`ニ三´jji!  , ' ,イ;;;:  ll1 |]]]]]/
          /.::;;i ;i!    iリ   //;:;:;:.  ||. |]]]/;;
          /.:.::;;:;;;;L     .:; , イ  i;;:;:.:.   || l]/;;;;;;
       _/ .:.:;:;:::;:;;;:;;;:「`ー‐ < 7  i;;:;:;.   j!,イ::::;;;;;;;
    ,.イ.:  .:.:;:;:;:;::;:;:;:;:;;ト、XXXX/   i;:;::.:   //::;;;;;;;;;;

 あれ、ノーチェックだったけど、すごく面白い。ひょっとしたら、今期のアニメでは一番興味を持って視聴してたかもしれない。
 それというのも、新撰組の隠している謎を物語の中核として据えられているからでしょうね。見ていて、全然視点がブレてない。主人公がこんな目に遭ったのもそれのせいだし、隊長の皆さんが右往左往する羽目になってるのもそれのせい。少なくとも、第1話では全ての事象がその謎を中心に動いており、視聴者もそれさえ踏まえておけばどんな場面でも問題なく楽しめるようになっている。
 この作品も、主人公が男装ヒロインだったり、伝奇的な要素がほのめかされていたり、隊長の皆さんはまああんな感じだったりで、割とちゃんぽんな設定なんだけど、このように物語の視点が定まってさえいれば、すんなりと受け入れられるんだよという、お手本のような仕上がりですね。閃光……げふんげふん……とかオーバー……おほんおほん……とかいちいち名前は挙げませんが、見習って欲しいものです。


 けいおん!! 感想

 素晴らしい第13話。や、第14話だっけ? 別に何かの含みがあるとかではなく、非常に良い意味で続きものとなっているのです。とにかく空気アニメ。綺麗な空気って、口に含むことで甘みが感じられると聞いたことがあるけど、まさしくそういう意味での空気アニメなのであります。

 まあ、この作品もこの作品で、第一話の中軸として新入部員勧誘を据えているからこそ、安心してこの幸せ時空に浸れるってのはあるんだろうけどね。


 RAINBOW 感想

 三十分で学ぶ飴と鞭の構図。アッー!
 あんちゃんは皆の気持ちが分かっているんなら、別に喧嘩売る必要はなかったと思うんだ。アッー! 要はこれ、暴力で掌握しただけだよね。アッー! で、その後に優しくしてみせると。アッー!

[PR]
by ejison2005 | 2010-04-07 14:41 | アニメ感想  | Comments(10)
Commented by ELN at 2010-04-08 21:11 x
>WORKING!! 犬組
作者さんのHPのWORKING!!猫組も読んでます、つまり(r
原作にいないメガネの店員さんがいましたけど、あの人はモブなんすかね。
Commented by ejison2005 at 2010-04-11 19:06
>>ELNさん
空間を固定される4コマと違い、アニメであれだけの人数しか店員が出ないのは不自然になりますから、今後もモブは増えるかもしれませんね。
Commented by くろいの at 2010-04-12 09:32 x
今月のHJ文庫に挟まってた新刊情報に「いちばんうしろの大魔王」のイラストが有ったんですが、

何このダーク・シュナイダー

としか感想が出てこないスゴイ絵でした。
いや、まあそんだけなんですが。
Commented by ejison2005 at 2010-04-12 23:47
>>くろいのさん
第2話では、クラスメイトの出番が少ないおかげで、素直にヘラヘラ楽しむことができました。
ああいう差別表現って、レイシストっていうんだっけ? あれが混ざってるだけでどれだけ萎えていたんだろう、僕は。
Commented by トーリス狩り at 2010-04-14 10:06 x
>RAINBOW

「ムシャクシャしてるんだろ? 喧嘩して発散しようぜ!まぁ俺がボコるだけなんだが」
って事じゃないすか?
Commented by ejison2005 at 2010-04-14 19:48
>> トーリス狩りさん
それはかなり納得のいく解釈ですね。
Commented by 通りすぎれ at 2010-04-24 00:55 x
ワーキング、うちの地域ではやってないので違うかもですが、メガネ店員は松本さんではないのですか?
原作に4品目に密かに登場してます。
Commented by ejison2005 at 2010-04-27 13:25
>>通りすぎれさん
ぜ、全然気づかんかった……。
Commented by 青りんご at 2010-07-01 09:35 x
はくおうきは女性向けアニメだからスルーしてたんですけど今度見てみますね
ヒロインかわいいな…
Commented by ejison2005 at 2010-07-02 04:44
>>青りんごさん
千鶴ちゃん可愛いよ千鶴ちゃん