2010年 春アニメ感想 ①
 要望があったんで、とりあえず春アニメのファーストインプレッションから。今回書くのは、「HEROMAN」と「会長はメイド様」と「Angel Beats!」。
 今後の予定としては、18号ジャンプ感想を書いた後、「大魔神カノン」と「閃光のナイトレイド」に関するファーストインプレッションをまとめ、10年冬アニメの総括を書きたいです。
 あ、いちいちタイトルの後ろに「感想」と付けているのは、検索対策です。レエェェェェッツ! 客引きパンダ!


 HEROMAN 感想

 原作者がアメリカ人なだけあって、お国柄を反映した日常描写の数々に目を奪われます。主人公の立ち位置はあれだよね。トランスフォーマー(オプティマスさんの方)とかと同じ立ち位置。あるいは、ドラゴンボール・エヴォリューションかな。まあ、後者の方は見たことありませんが。

 しかし、彼の場合は放送時間を意識してのものか何なのかは分かりませんが、非常にひたむきな、古き良き時代の少年漫画主人公を思わせる性格をしているため、見ている側にストレスが溜まりません。基本的に僕らは主人公と同じ視点で物語に没入していくため、彼らが己の境遇に絶望を感じていると、同じように閉塞感を覚えてしまうのです。

 ただ、主人公が人格的に成熟しているということは、それだけ物語が転がしにくい(※)ということでもあるので、そこら辺をどうするかに期待したいかな。まあ、無難に相棒メカとの友情モノにしそうな気がするけど。主人公に代わり、生まれたてで常識などを備えていない(家の壁ぶっ壊したり片鱗は伺える)ヒーローマンが、成長劇を演じるわけです。

 ※冬アニメ総括で詳しく描くけど、ほら、最近風都で活躍する仮面ライダー左の人が微妙に暇そうじゃん。劇場版とかでかなり高位の階梯へレベルアップしちゃったから。
「うっせー! (俺が目立つためには)もうツインマキシマムしかねーんだ!」


 会長はメイド様 感想

 言うまでもなく、本作のタイトルは「会長はメイド様」なのであるけど、別にこれが「会長は肉奴隷」「会長は援助交際者」などに変換されたのだとしても、内容的にはあんまり変わらないのでした。社会的モラルの問題が残されるだけ。

 まあ、つまり、何が言いたいかというとね。タイトルにまで冠しておきながら、最後の最後までメイドという存在に関して否定的なニュアンスで進行していくのは何でなの? と。少しはハヤテのごとくのハルさんを見習って頂きたいもんです。
 せっかく、時風にも合致するキャッチーな要素を投入したというのに、それが「可愛そうな境遇のあたしをイケメンが優しく包み込んでくれるお話」にしか活用されないというのは、何ともお粗末なもんだと思うのですよ。ああ、勿体ない。

 また、キャラクターに全然好感を持てなかったのも非常につらいです。ヒロインの彼女とか、間違ったフェミニズム全開と言う感じで、もしも二次元世界の女の子が目の前に現れる召喚呪文があったとして、この子に対してだけは使う機会が一生ないのだろうなと思うのでありました(※)。

 更に、リアリティの無さも気になるところ。具体的に言うと、不良と思わしき男子生徒ね。どんな不良だったとして、あのくらいで女に手を上げる男なんざ存在しないから。べるぜバブに出てくるチェーンソー持った不良の方がまだリアリティを感じられます。

 最後になりますが、

f0029827_4444996.jpg

 これで上に登れないっていうのはギャグなんだよね? 余裕で飛び越せそうな柵とかを飛び越せない、アクションゲームのキャラじゃあるまいし。

 ※ちなみに使えるのなら、羽衣狐様に生き肝を献上したい。え、お前なんぞ吸われるまでもなく尻尾で粉砕されるって? それが最高のご褒美です。


 Angel Beats! 感想

f0029827_3104852.jpg

f0029827_3105354.jpg

f0029827_3105910.jpg


 死んでるのは登場人物ではなく、作品そのものなのではないだろうか……。

 とにかくまあ、このアニメで驚愕すべきなのは、ヘタクソなセールスマンの営業トークを彷彿とさせる立て板に水方式の説明台詞群に代表される、「アニメオリジナル企画なのにアニメにした意味がない」っぷりなのであります。逆に凄いよ。大したもんだ。車輪眼でも見切れない。つーか、咀嚼しきれなくって、説明シーンを巻き戻す羽目になった。

 もうちょっと……もうちょっとさあ……映像で見せようぜ。魅せようとは思わなくていい、見せてくれればもうそれでいいから……! 長時間滞在することでNPCの反応が薄くなるというなら、長時間滞在してるメンバーと主人公それぞれがNPCに接触して、反応の違いを見せてくれたっていいじゃない!
 そのくせ、武器はどっから手に入れたのか、10代以外の死人はどうなってるのか、超人的な身体能力を持ってる奴がいるけどパワーソースは何なのか、など、微妙に謎は残すのであった。

 それと、主人公のこの反応は……何なんだこれ。お前、覚醒と同時に実銃(これ大事)持った女の子が目の前にいて、よくそんな風に振る舞えるな。

f0029827_21344551.jpg

 記憶は失ってるけど、生前はいくつもの戦場を渡り歩いた凄腕の傭兵だったりするのだろうか。とんでもない10代です。キレる世代オソロシイネ。

 生きた人間なら……いや死んでるけど……とにかく生きた人間ならさあ、漫然と目の前にいる女とお寒いコントを繰り広げてないで、もっと他の行動を取るんじゃないかな。例えば、目の前のライフルは本物なのか確認するとか。
 せめて……せめてもう少し生きた人間らしく……いや死んでるけど……とにかく生きた人間らしく、異常な状況に対する驚きや戸惑いを見せてくれても良かったんじゃないでしょうか。

 あと、前宣伝で監督だか誰だかが、「通常の三倍くらい動画を使ってる」と豪語していたそうですが、その割に作画が微妙だと感じてしまったのは私だけなのでありましょうか。

 後日追記
 コメントで指摘してもらったんだけど、NPC関連はちょっと勘違いしてました。「私達(に対する反応とあなたへの反応の違いは)分からない」という意味合いだと思ってた。でもまあ、実際に接触を試みてくれれば勘違いする余地さえないと言い訳させて欲しい。見苦しいですね。ごめんなさい。

[PR]
by ejison2005 | 2010-04-03 04:53 | アニメ感想  | Comments(9)
Commented by ejison2005 at 2010-04-03 04:55
ついカッとなってやった。後悔はしてない。
間を置かずに更新したせいで目立たないけど、下の記事もよろしくね。
Commented by ejison2005 at 2010-04-03 04:56
しかしこの記事、わずか一時間足らずで普段のジャンプ感想なみ(数時間がかりで書いてる)ばりの分量だよ。すげえな。ABに対する怒りのエネルギーは。
Commented by DB at 2010-04-04 00:21 x
どうも初めまして。
たまにジャンプ感想とか拝見してたんですが、初めて書き込みします。


ABは僕も期待してたんですが、現時点では面白いかどうかよく分からない
アニメって感じなんですけど、せっかくだからエジソンさんとは逆にAB擁護
側でコメントしてみます。


>それと、主人公のこの反応は……

そんなに不自然な反応ですかね?
この状況でいきなり実銃って判断が出来る方がよっぽど傭兵っぽいです。

「俺を騙そうとしてるんだろ?」
「この記憶喪失もお前らのしわざか?」

ってセリフもありますし、手の込んだドッキリって程度の認識で、この時点
で危機感が足りないってのは、ちょっと理不尽だと思います。

あと実銃かどうかは一応、口頭で確認してましたね。
主人公が危機感を感じて混乱したのは一回死んだ(?)後で、二回目死んでから
は逆に冷静になってますね。(とりあえず死なないことが分かったから?)

すいません続きます
Commented by DB at 2010-04-04 00:21 x
>長時間滞在することでNPCの反応が薄くなる

そんな説明ありましたっけ?

「来たばかりのあなたには、私達との違いは見抜けないと思うわ」

ってセリフから言ってるのだとしたら、NPCの行動パターンが少ないから慣れれば
見分けがつくって事だと思いましたけど。


>もうちょっとさあ……映像で見せようぜ

説明セリフ多すぎってのには同意出来ます。
ABは上手くやってる感じはしないですが、設定の多いアニメってまぁこんなもん
じゃないですかね。

やってる事の意味は不明ですが、ライブシーンと銃撃シーンでアニメとしての見せ場
もこなしてますし。
Commented by DB at 2010-04-04 00:22 x
>そのくせ、武器はどっから手に入れたのか~

一話でそこまでの謎を解明ってのは求めすぎじゃないですか?
説明台詞多すぎるっていう不満とも微妙に矛盾しますし・・・
エジソンさんの今の見方だと設定の多いアニメはほとんど見れなくなっちゃいませんか?


長文な上に全体的に批判的な内容、失礼しました。

ここまでAB擁護しといてなんですけど、そんなに面白くはないですね。

なんでライブ?普通に食券盗ればいいんじゃないの?
っていうかキャラ3D?微妙じゃねコレ?

って感じでライブシーンも全く楽しめませんでしたし、今後に期待したいです。
Commented by you at 2010-04-04 00:36 x
またアニメ感想見れてうれしいですw

angelbeatsは新聞の一面を使ってデカデカと広告がうってあってびっくりしました。原作ファンもいないのに冒頭から上滑りしたギャグと説明のラッシュ、ラッシュ・・・で頭がくらくらしました。おそらく視聴者におやっ?と思わせて引き込んで行きたかったんでしょうけど、終始え゛っ!?と思うだけでした。作品のノリと合わなかったのもあるんですが。

大人しく今週のプリキュア見直していた方がよかったですw
もう3回も見たけど。
Commented by ejison2005 at 2010-04-05 06:49
>>DBさん
き……君ってやつは……! 無茶しやがって……!
>主人公の反応
やー、相当に不自然じゃないでしょうか。
台詞の字面だけ追えばそうでもないかもしれないけど、恐るべき早口で抑揚も何もなく、表情も平板なままですし。もうちょっと、間を取りながらリアクションしたりして進めないと。
あと、実銃かどうか確認したのは台詞だけなもんで。映像的にも、発砲シーケンスを入れた方が派手だし異常性が出ます。主人公と天使のやり取りには繋がらないけど、はなっから異常な状況なんだから、無理して「実は異常じゃない」と主人公が思いこむシーンはいらんでしょう。記憶失って道に寝てたというだけでも、普通に超異常だし。

>NPCの行動パターンが少ないから慣れれば
ごめん、これは完全に僕が台詞の意図をかんちがいしてた。「私達(に対する反応)の違いは~」って意味かと思ってたんだ。でも、どっちにしろ実際に接触してればそんな勘違いの発生する余地なんぞないわけで。
Commented by ejison2005 at 2010-04-05 06:49
>設定の多いアニメってまぁこんなもんじゃないですかね。
原作つきならいいんだけど、これ、アニメオリジナル企画なんで……はなっからアニメフォーマットに合わせて考えればいいだけだと思うのですよ。

>ライブシーンと銃撃シーンでアニメとしての見せ場もこなしてますし。
僕としては、キャラも立っていない人間のライブと、棒立ちで無限バンダナ標準装備と言わんばかりの乱射をこなす銃撃には、カタルシスを感じられなかったのです。

>一話でそこまでの謎を解明ってのは求めすぎじゃないですか?
最初、「ここまでやっちゃうならいっそ全部説明しちゃえばよかったじゃないですかwwwwwwww」と書きましたが、あまりにあんまりなんで柔らかくしました。



……うん、僕もあなたも疲れたね(苦笑)。
Commented by ejison2005 at 2010-04-05 06:50
>>youさん
プリキュア面白いよね。あれは完成度高いわ。