週刊少年ジャンプ 10年 15号 感想
 時代がゆらちゃんに追いついた!


 ぬらりひょん

「過去編から…と思わせておいて実は十七幕から出ておるのじゃ」

f0029827_21521751.jpg

 ↑このコマですね。しかし、現代の羽衣狐様は、内面的にも外見的にも、半ば別人と化してるからなあ。マジュニアがピッコロ大魔王にまで遡って、「初登場は○○巻だ」と言ってるような、何とも言えない気分になる。そりゃあそうなんだろうけど、感覚的には納得いかないっていうか。どうでもいいですね。はい。

・牛鬼さんのパーフェクト百鬼夜行教室
 憑依とかに関してもそうですが、この漫画はこういう精神論的な部分を設定として明確化するのが好きだなと思います。そしてこれは、あくまで個人的な意見ではありますが、椎橋先生は作品を面白くするためというより、
「仲間の想いを背負った拳でお前を倒すぜうおおおおお!」
「ぐわあああああ! 実力では圧倒的に勝っているこの私がまさか負けるとは!」
 みたいな方向へ、安易に流れないための、枷として行っているような気がする。あるいは、そういった展開になっても、理屈付けができるように、悪く言えば言い訳ができるようにしている。そんな風に感じてしまうかな。
 何でかって聞かれると、説明しづらいんだけどね。強いて言うなら、「これから黄道十二宮封印をひとつひとつ回っていくぞー!」と言っていた矢先に、いきなりその流れをぶった切って修行編を、しかも遠野編に続いてまた行うからには、何らかの意図があるわけで、となれば、実力的には圧倒的に勝っている土蜘蛛さんや羽衣狐様を、元気玉展開で倒す布石を打ってるんじゃないかなーと思えたのです。

 しかし、もしもそうだった場合、この段階で修業に突入させるのはちょっと失敗なんじゃないかなーと思ったり。あくまでも物語の本筋は再封印であって、修行は横道に過ぎませんからね。まだ最初の再封印が済んだだけ、本筋としてはスタートラインに立っただけという状態なのに、豪快にスピンアウトしてしまっています。
 やるならやるで、二、三、再封印を行い、本筋を多少なりとも進行させてからにした方が良かったんじゃないかな。


 ワンピース

 うーむ。キツイ。生理的にキツイ。前にも書いたことがあるけど、黒ひげさんがイッパイ出てくるお話は本っ当にキツイ。品の無い表情といい、ビア樽のように膨らんだ腹といい、現実の中年が抱く負の部分を圧縮したような風貌なんだもの。おまけに功績の全ては棚ボタ(もしくは説得力ゼロの無限の生命力で得たもの)で、にも関わらず一切の謙虚さを持たないこの態度ときたもんだ。ファンの人には悪いんだけど、このオッサンを好きになれる要素が微塵もないよ。
 悪役だから嫌いになれるのは別に悪くないじゃない? という意見はあるだろうし、僕も、それはもっともだと思うんだけど、その「嫌い」が生理的なものに根ざしてる時だけは、曲げざるを得ないなあ。黒ひげさんには来週冒頭で、暴飲暴食による高血圧が原因のクモ膜下出血によって突然死して欲しい。

 以上、酒も飲みタバコも吸い揚げ物とかが大好きな最近お腹が気になる男の意見でした。ハッ! 反省します!


 ナルト

f0029827_21523625.jpg

f0029827_2152515.jpg

f0029827_21531036.jpg

f0029827_2152515.jpg

f0029827_21531913.jpg

f0029827_2152515.jpg

f0029827_21534188.jpg

f0029827_2152515.jpg

f0029827_2152515.jpg

f0029827_2152515.jpg

f0029827_2152515.jpg



 ブリーチ

 「炎を封じる」という言葉の定義を、定めていなかったくせして「君は私の言葉を聞き逃してたよね!」と、得意げに語る愛染様。何というか、ここら辺のくだりは初期の海原雄山を思い出しました。この中から選べ! と言ったくせに自分は選ばないというアレ。意図的に選択肢を制限しといて、勝ち誇るなよなーと思います。まあ、敵に教えてやる筋合いはないんですが、勝ち誇っちゃうのはないない。しかし、ある意味この漫画の全てを集約するような振る舞いではある。


 スケットダンス

 人間の勝手な都合でここに居るホウスケを、今また人間の都合で野に返すわけですね。分かります。
 捨てられてたなんて設定にしなくても、野生のふくろうが怪我してたところを助けたってことにすれば、普通にイイ話として終われるものを、何故ペットにしたのか理解に苦しむかな。まあ、大きさの問題とかあるけど。

 そこら辺の倫理的な問題はさて置くとしても、前回の引きでは、いかにもサーヤ関連の話が続きそうな感じだったのに、脈絡もなくふくろうの話になっていたり、マダムファミリア云々と語ってるコマでは日数の経過が分かりづらかったり(ページを重ねてめくったかと思った)と、全体的に意図が分かりかねるエピソードでした。


 四ツ谷先輩の怪談

 誘拐・監禁されていたところを助けられたと思ったら、今度は救い主に一日死んだふりをしているように依頼され、それでもノリノリで引き受けてくれる女の子がいれば実現可能の、限りなくリアルなはあとふるすとおりぃ。


 バクマン。

 結婚式の最中にサイコーを煽るなよなー。服部さんは大人なんだから、素直にこの場は祝福だけしてやれよなー。そんでサイコーも本当にブチギレんなよなーと、常識的には思いますが、しかしまあ、漫画的に盛り上げようと考えるのなら、むしろ結婚式の最中に喧嘩する以外の選択肢はないんですよね。そういった場で口論を行うからこそ、服部さんやサイコーにとって、これがどれほどの重大事であるかの表現になるんですし。でも、やっぱりこれは常識のない行動だとは思うんだよな。ジレンマだ。

 あと、今週の冨樫理論に当てはめるのなら、きっと、バクマンは「ずっと上をゆく解を出す主人公」が不在の漫画なんでしょうね。ひたすらその前段階の、ボケツッコミによる論理展開でお話を進行させていく。
 ここら辺は、絶対的な正解を持たない題材故でしょうなあ。


 べるぜバブ

    ,.へ
    /::::::::::::\         /ヽ.
  /:::::::::::::::::::::\      /:::::::|
  |::::::::::::\:::::;::->──<::;;;_::::::|  ×   何故、戦うのか
 ノ::::::::::;:-/´  ,. -─-、    `ヽヽ.  ×
 ヽ、:/:::/  /          ヽ.´`ヽ.    -┼‐  | ‐十 o |   |
   /:::::/   /  /   /|     〉   ',   ,.-┘   |  _|    レ   |
  ./::::::,'  ノ  /  /|`メ、 |  /|  ハ  i  ',   '、__ つ レ (_,|ヽ   _,ノ
 /:::,.イ イ /  | ./-─‐-、レ' | /_ | ハ  i
く::::::::ノ   レヽレ'| "      レ'___ `/ |  ,ゝ       _|__   -┼- 、ヽ | ヽ   /
 `/    |.  |           `|  ハ ハ         |/-‐-、  |   |  └‐-、  /‐ァ
 〈. /    |.  ',   /´ ̄`ヽ.  "|Yノ レ'       '|   ノ ノ 、ノ  ____,ノ / (__ノ
  )ヘ  /  ',  '、  |    /  ,.イ ',       人___
    レ、    ヽ.  |>ゝ.,__/,.イ ノ  〉      ,.、  (
'\    )--ヽハV、 \_/ヽレ|/`ヽ(     ノ i  ⌒
  \/   `ヽ::::ヽ.\/ヽハ、         ./  'ァ- 、
  、/      ';::::::', (ハ) |:::Y`ヽ.     /  ノ、二{
─-〈       〉::::::|___ハ__|:::::|  ',    /   ィ{___,ノ
   ゝ、_、r‐`'"ヾ::::::::::::::::::i::::::::::::i   〉 /   ァ‐''"


 トリコ

 まあ、体内物質の分泌によって態度や振る舞いが変わるのはリアルっちゃリアルなんですが、主人公としてそれはいいのだろうか……。

 バトルの方ですが、短いページの中で機動力を発揮したり四肢欠損したりシバリングしたり12連やら13連やらの釘パンチを放ったりと、大変目まぐるしく状況を変化させていて、非常に見ごたえがありました。
 ただ一点、気になるのは釘パンチの連発数を安易に引き上げていってしまっていることで、別に何かのイベント食材を口にしたわけでもないんだし、先週のエッセンシャルオイルに引き続いてややご都合主義的に感じてしまったかな。グルメタウンでの食べ歩きには、ここまでパワーアップするほどの説得力を感じなかったよ。


 ヘタッピマンガ研究所R

f0029827_21541748.jpg

 ひどい公開処刑を見た。何に対してとは言わないけど。


 ハンター

 あ、うん。何のかんのいっても、やっぱり地力でゴンはピトーに遥か劣るわけですね。と、イカルゴの言で冷静になりかけたところへこの揺さぶり。あの、やっぱりピトーが勝ってる光景が全く思い浮かばないんですけど……?
 後半の、コムギちゃんを人質として扱うやり取りは、これこそまさに冨樫先生言うところの「ずっと上をゆく解を出す主人公」ってやつなんでしょうが、どう見ても「徹底的に相手の退路を奪う恐怖の大魔王」だよな。これ。

[PR]
by ejison2005 | 2010-03-16 22:02 | ジャンプ感想