週刊少年ジャンプ 10年 12号 感想

    |        /|  |ヽ
    |       / |  |:::ヽ
    |      / / /⌒ ヽヽヽ
    |     /  < | ο | >::::ヽ
    |     ヽヽ:⌒:: | /⌒:: /
    |     ヽヽ:::ノ ¥::::ノ/      イサカ……貴様だけは俺の手で倒す!
    |      \∧ M ∧/
    |     // _ヽ::W::/ \
    |  __/_::ヽ__彡ミヽヘ
    |\:::::::\/━━─┐彡::::::::
    |ヽ\:::::::ヽ ::::::::::::::::::》《  ::::
    | \ \::| ::::::::::::: /::::\:::::::
    |/>/::ノ: :::::::::::::::/::::: :::\::
    |/::\:::::::>::::::::::/ :::::::::::::>::
    |ゝゝゝゝ\:::::\:::\::::::::::/::
    ||::::::::/ \::\::::::\::\/::ヽ:


                   \\
                     \\
                      \\,---、__
                      /´\¨`ヽ.j ||`!丶.   _ ─ァ
                      /: :/´: :`ヽ.__/||--─ _,. -'´
                    /´´:.:!: : : : : : :!`Yゝ='-く!´
                   ,ィ:_,.=':.!: : : : : : ソ ,''. ,': : : : }
                   |: : : ,ヘー‐ア' ,',' .,': : : : リ <帰ってください
                   |`ヽ./: :!:`ー': ,',' ,' ::ゝ=='!  r´ ̄':!
                   トー、___/!:`ー,',',' .,'.: : `}: / /ゝ=='ノ
          ,..ァ≦ ̄ ̄≧、__j_r―‐‐‐'!、.,:' ,',' ,': : |: ,:レ'__/: : :/
        ,イ____   /`丶.>=='_ニァ','、/: : :'// ̄{l ̄ ̄`)
       /´       `` '  / ヽ.: : :`≧=、ィ'. /: {iL ゝ、_r--'
     , ' ,ィ´`ー―――-、..../  ノト===、: : /´: :r'7{|`ー―i! ̄ ̄{{ ̄`ー、
      | /  ____    /::::! ̄`]≧'/: : : `:|{: :====----ゝ-----'
      | /  /::     ``ー‐'!::::ノ: ヽ=/,ィ/: : : :,='7{: : : : ̄}} ̄ ̄}`ー、
     V  /::::,.--' ̄ ̄ ̄ ̄`∨!: : / / \: : : : !: :-===='====テ---'
      ∨ |::::': : _: -: -:=、: !/: |i l_/ `ー-、: : ゝ、:_:__,:===='
       \!:::!: ,イ: : :__: _,.イ: : :`ヽ.___ `ー‐'/ ̄!l |: : :勹_}ヽ.
         .{: :/: :_,.=='77: : ゝヽ.: : : :  ̄ニニニ=''ノノノ: : : :  ̄!ハ
         ',/: /: :,イ/: : : `ー====-.../`´: :ヽ:ゝ、`ー-、::ノ: ::}
          ',、: |: : !: :`ヽ.: : : : : : /: : : : :}ハ: :\: : :/: : :,'
          V\: ゝ: : :`ー――‐ァ'ハ∧: : : : |:::!: : : :了、: :,:'
           |: !\: ー-..___:: <: :.',`ー‐=、_../!|\: : : !:|´
           |、: |  `ー―――': : : ノ', ',: : : : |.|: :.\__',:}
             {:::`ヽ.: :` ̄ ̄´: : :=-': :',::',: : : : j:i!: : : : : :!:|
              |:::::::::::}、: : : : : : : _,.=-ゝ`ー==ァィ'|.i!}\: : ::|::!


 橘さん、映画出演おめでとうございまーす! なあなあのまま終わってしまった剣崎しゃん関連(完結編で声だけ出てたけど)が、今度こそきっちり消化されるといいね。


 LOCKON(新連載)

 まさか読み切り漫画を巻頭に持ってくるとは……。
 いや、しかしこれはある意味、編集部の英断といえるかもしれません。現在のジャンプを支える三強たる、ワンピナルトブリーチも、すでに十年超えかそれに近い連載年数。トリコやぬらりひょんの健闘もあるとはいえ、それだけではとても新陳代謝が追いつきません。
 そのために、あえて巻頭を読み切り漫画に任せる……。確かに、一時的に売り上げは下がるでしょうが、長期的に見れば、プラスに転ずる可能性は充分といえるのではないでしょうか。いやさ、プラスに転じなかったとしても、ジャンプという雑誌を維持するためには必要な措置であるといえるでしょう。

 残念ながら、今週の読み切りは、以前に掲載された同作者の読み切りの欠点を何一つ改善しておらず、連載されていった場合の話の膨らみ方が一切想像できないものでしたが、来週以降の読み切り作品に期待していきたいところです。


 ワンピース

 あ~なるほど。先週終了時、「何でルフィはギャグ顔みたいになってるんだろう?」と思い、「まあ悲しさをオーバー気味に表現してるんだろう」と勝手に納得したものですが、それに加え、心の支えが折れたことにより、一気にテンションホルモンの副作用が襲ってきたことをも表現していたのか。
 地味ながら、先週ラストから今週冒頭部までシームレスに繋げる、優れた演出だったと思います。

・らめえ! 白ヒゲの体が穴だらけになっちゃう///
 う~ん、白ヒゲ元気だ(苦笑)。いや、体中穴だらけになってる時点で何をかいわんやではあるのですが、しかし、頭半分吹っ飛ばされて尚、黒ひげの登場に動揺したり赤犬さんをボコッたりしてるのは、ちょっとやりすぎな気がする。

 ここら辺は、「僕が納得できる漫画表現の限界」のお話で、体穴だらけの段階ではまだ「ギリギリ納得できる」というレベルだったのが、頭半分失った段階で「いや、無理だろう。そろそろ安らかに眠ろうよ」というレベルに達したのです。
 なんつーか、感覚的に納得できないんですよね。脳味噌を失っても、言葉発したり仲間逃がしたり、黒ひげ相手に動揺したりといった、思考シーケンスを経てしまっているのが。すごい冷静さ。

 ここは景気良く頭ふっ飛ばしたりなんぞせずに、鼻血あたりで済ませとけば良かったんじゃないかなあ。

・黒ひげ海賊団参戦
 これも、孝行息子であるエース達と親不孝者である黒ひげとを対比させてるんですよね。
 エース救出編は、子を殺す道を選んだガープと子を活かす道を選んだ白ひげなど、対立構造が目白押しで楽しいなあ。


 ナルト

 うん、そりゃ殺そうとするよな。殺そうとするとも。仮にサクラが一瞬の躊躇もなく香隣を殺したとして、それでもサスケはサクラを殺そうとしたと思う。あの千鳥は、そのくらい納得の一撃でした。いきなり裏切り宣言されても信用ならないとか、そういう問題ですらなく、サクラなんかについてこられちゃったって困るもの。常にカツ・コバヤシが強制出撃するスパロボみたいな状態になっちゃうもんな。

 あ、最後のカカシ先生とサスケのやり取りだけは、ちょっと良かったです。


 べるぜバブ

 どうでもいいけど、この不良が突き刺さってるビルで仕事してる人とかはさぞかしビックリしたんだろうなーと思った。平和な日常を謳歌してたら、いきなり壁から不良の上半身が突き出してくるんだぜ。死霊のえじきのファーストシーンよりも怖ええよ。


 ぬらりひょん

 土蜘蛛さんは別に能力で攻撃を無効化したりしているわけではなく、素で無茶苦茶強いというのが正解でした。

 それはともかく、今週注目したいのはミンチよりもひでえことになってそうな冷麗さんと土彦さんの動向ですね。ここで死んでくれたら、今後のバトルにかなり緊張感が出てくると思う。
 死ぬのがこの二人っていうのは結構重要なポイントで、何故ならこの二人は、登場してからこっち、これといって見せ場が存在しないんですよね。わざわざ活躍するシーンを用意したりせずにアッサリ死なせることで、どんな状況でもこの漫画は簡単にキャラを殺しうる、というインパクトが僕たちに与えられるんだ。

 まあ、普通に生きてそうな予感がビンビンするけど。


 黒子のバスケ

 漫画の内容全然関係ないけど、確かにおかゆみたいに柔らかい米はきつい。きつすぎる。僕は親がやたら柔らかめに米を炊く人だった上、炊き立てご飯至上主義だったため、そこら辺ではかなりつらい思いをしてきたんだ。それを避けられるようになったという一点だけでも、一人暮らしをして良かったと思う。
 本当、炊き立てご飯が好きな人の気持ちは分からない。やたらやわい上に、変に熱がこもっていて全然美味しくないと思うんだけど……。

 本編ですが、定番ネタをきっちり定番通りに仕上げていたのが良かったです。

f0029827_22244448.jpg

 確かに、サプライズがあるならあるで越したことはないけど、別になくても一定の満足感が得られるよね。こういうネタは。


 トリコ

 喋っちゃダメなのに口を滑らせちゃうという、一連のギャグはすごく面白かったなあ。喋っちゃいけない理由もまあまあ理にかなっていて(※)、かなりの緊迫感を漂わせつつ、プロフェッショナルらしく順当にゾンゲ様の口を封じたところで、一気に場を弛緩させてくれてるのが良かった。

 あと、仮面をつけていたのも単なる次郎とのミスリードではなく、ちゃんとした理屈付けがあったのが良かったです。


※こんなことしてると、今後、美食屋が依頼を受けてくれないようになる可能性がある。


 銀魂

 平子ちゃん可愛いなあ。僕がミニスカ着物に弱いだけかもしれないけれど。


 ハンター

 おいwww全然零の「掌」じゃねえじゃねえかwwwwww
 しかし、最終奥義がビームということは、百式観音を具現化してることも含めて、会長は放出系能力者ということだろうか。最大威力の攻撃をお見舞いする技で、わざわざ得意系統じゃない攻撃を選ぶはずもないし。感謝の正拳突きのエピソードから、勝手に強化系能力者だと思ってました。

・会長の すごい 止血
 すごく細かくて、かつ、どうでもいい上に重箱の隅をほじくっちゃうんだけど、これ、ヒソカ(カストロ戦)みたいにオーラで止血するわけにはいかんかったんだろうか。そういえば、王が自分で腕千切った時もプフが止血してたし、ひょっとしてヒソカのあれは単なるオーラではなく、バンジーガムだったのかな。


 バクマン。

 今週は先週と打って変わって、情報量がものすごく多くて満足度高かったです。今回の中だけで、
・先週に引き続いての新年会でのドタバタ
・服部さんの思惑暴露
・ウザい新アシスタント登場
・ナチュラル連載開始
・ラッコアニメ化
・静河君発奮
・タント連載開始
 といった具合に、すごくたくさんの物事が描かれている。この漫画は、こういう風にワンエピソードで複数のイベントを進行させている回が一番面白いね。

 個人的に一番良かったのは静河君が発奮するところで、足しげく通っていた山久さんの努力を知る側として、とてもカタルシスを感じられたと思います。
 それにしても、このシーンの静河君はまるでグレイのようだ……。


 彼方セブンチェンジ(最終回)

 やっぱり、主人公が出落ち気味のキャラクターだったっていうのが大きいのかなあ。
 先の連載である、勇者学も同系統の作品であり、そしてそっちは割と続きましたが、それだけに、この先どんな風に展開していくかは見えていたし。納得の打ち切りといえるかもしれません。

[PR]
by ejison2005 | 2010-02-22 22:40 | ジャンプ感想 | Comments(20)
Commented by 通りすがりまくり at 2010-02-22 23:54 x
> 全然零の「掌」じゃねえ
零の肝はビームよりも、事前に優しく包み込んだ掌なのかもしれませんね。
Commented by とおりすがり at 2010-02-23 00:28 x
>まあ、普通に生きてそうな予感がビンビンするけど。
そりゃ生きてるでしょうよw
冨樫くらいですよそんな無体なことするの(やっちゃうの)は
少年漫画ですぜ?

>会長は放出系能力者ということだろうか
観音自体が具現化物というのは賛成できかねますが
(具現化物だったら祈るたびに物質化したり消したりすることになりますし)
放出系能力者というのは妥当な感じですね
あの年までいくと主系統に関わらずバランスよく使えそうですが
ビスケとか
Commented by ejison2005 at 2010-02-23 00:48
>>通りすがりまくり
ククク……更新直後なら僕が返信しないとでも思ったか。マダオは暇なんだよ!

お爺さんの掌は半分がやさしさでてきて……つーか、それをおいてもなお、納得いかなくね?
Commented by ejison2005 at 2010-02-23 00:52
>>とおりすがりさん
どうでもいいけど、皆さん通りすがりすぎw なんか無名ネーム設定するか、それが無理なら、コメント返信は別記事で作った方が見やすいかな。その辺どうなんだろう?

>冨樫くらいですよそんな無体なことするの(やっちゃうの)は
でもさ、でもさ……椎橋先生がその領域に達してくれたら、すごくドキドキしない?

>ビスケとか
その例もあるけど、記事で書いたとおり、アレは最大威力の攻撃を繰り出すのが前提の技であり、今思い出したけど、ヨークシンシティ編でクラピカ先生が解説してくれたことから分かる通り、放出攻撃は他系統の能力者が繰り出しても威力半減することがうかがえるため、放出系と断じちゃってもいいんじゃないでしょうか。
Commented by ミスタ at 2010-02-23 02:52 x
>ハンター
『渾身のオーラを光弾に変換』って書いてたので、最終奥義のビームは変化系能力の可能性もあるんじゃないですかね?
ビームっても技の性質上それほど射程距離はいりませんから、全オーラを光熱エネルギーに変換して対象にブチ込むだけならあんま放出系能力は必要なさそうですし。
まあ、ビームが放出系じゃないってのもおかしな話ですが。
やっぱりイメージ重視で放出系なのかな?

でも、放出系だとしたら(観音様の召喚が具現化系だとするなら)実はネテロ会長、かなり相性の悪い能力を発現したことになりますね。
動きを百通りに限定+祈りのポーズの制約はそれくらいのハンデを克服して余りあるものだったのでしょうか。
個人的にはあの観音様は具現化じゃないような気がするんですけどね。
感謝の気持ちで毎日正拳突きを一万回もやっちゃったような人が不敬にも観音様を具現化しちゃうってのは考えにくいので。
実はあれ、本物の観音様だったりするんじゃないでしょうか?(笑)
召喚能力が放出系なのかどうかはよく分かりませんけど。
Commented by モンチッチ(狂) at 2010-02-23 07:39 x
>頭半分失った白ひげ

ちょっと前の中国で、火事か何かで焼けだされた幼い男の子(たぶん3~4才くらい)が
脳味噌の半分以上が露出した状態で、でも家に金がないので一応入院はしても
大した治療できない状況で、一週間くらい生きていたという実際の記事がありました。
画像もあったんだけど、本当に半分以上脳味噌見えてて…(頭皮や頭蓋骨もごっそり
砕けたのかえぐられてるみたいな感じ)こんな状況でもしばらく生きているなんて
すごいというか惨いというか、驚愕したことがあります。

海外のニュースを取り上げてるサイトとか見ると、まさに
「事実は小説より奇なり」ってことがわかるもんですね。
Commented by 笹の葉 at 2010-02-23 12:21 x
>シンケンvsゴーオンは見てなかったりします
ををっ!それは失礼しました。申し訳ない。
この作品時間が短い分料金は安めにはなってますけどね、大人は1200円です。

>ぬらり
死なないにしても瀕死の重傷で京都編終了までは戦列から外れる、くらいはして欲しいところですよね

>ハンター
僕も強化系っぽいなと勝手に思ってましたが、なるほど。
あれですかねー、強化系よりの放出系能力者なんでしょうかね


Commented by faker at 2010-02-23 13:22 x
はじめまして、いつも閲覧させていただいてます。

>ハンター
私もエジソンさんと同じ疑問を抱いたのですが…止血に関しては大分無理矢理かもしれませんが、個人的には会長は零に全身全霊を賭けるために止血にもオーラを消費したくなかったんじゃないでしょうか。
王はコムギへの謝罪と礼儀という意味で止血もしなかった、と解釈しました。

零に関しては王が百式を『常人ならば決してとらない異常な行動云々』みたいな事を言っていたのでもしかしたらクラピカの様な後天的な特質系なのかとも思いました。
Commented by ejison2005 at 2010-02-23 21:22
>>ミスタさん
イメージ的にもそうですし、上のコメント返信でも書いたとおり、クラピカ先生のエンペラータイム講座で、非放出系能力者が放っても威力減退することや、そもそも百式観音のような人形を手元から放して動かすのは、放出系の能力をかなり要求されるといった点から考えることもできると思います。

>でも、放出系だとしたら(観音様の召喚が具現化系だとするなら)実はネテロ会長、かなり相性の悪い能力を発現したことになりますね。
これは確かに気になるんですよね~。もう、系統のことなんか忘れたほうがいいんだろうか……。
Commented by ejison2005 at 2010-02-23 21:26
>>モンチッチ(狂)さん
物語ってフリーダムだけど、ある程度作法というか、制約がありますからね。

例えば、「現実で」凶悪犯が唐突に隕石に打ち抜かれて死んじゃったとします。これがドキュメンタリーで流れたら、視聴者は興奮するでしょう。

でも、2時間ドラマとかの凶悪犯が同じ道をたどったら、視聴者は納得するでしょうか?

みたいな。
Commented by ejison2005 at 2010-02-23 21:27
>>笹の葉さん
え、マジで? そんなら行ってこようかな。

>ぬらり
そこら辺は、陰陽師がいるからな~。ホイミ使いとか普通にいそう。
Commented by ejison2005 at 2010-02-23 21:31
>>fakerさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

攻防力の移動もありますし、オーラの温存は確かにありそうですね~。

ただ、特質っていうのはちょっとどうなんだろう? というか、あの観音様をどう特質で表わせばいいんだろう。旅団紹介の時みたく、扉で

ネテロ:特質系能力者
すごい観音様が出せる

とかやられても、反応に困っちゃうな。
Commented by ぺんぎん at 2010-02-24 08:03 x
はじめまして、いつも楽しみにしております。
読み切りじゃなくて新連載…、と突っ込んでみます。
Commented by faker at 2010-02-24 10:12 x
>>エジソンさん
確かに私もそれは首を傾げてしまいますね…やはり放出系が妥当でしょうか。
強化系との相性も良いですし。
Commented by HW at 2010-02-25 13:18 x
>零式
あれはビームに見えますが、実は凄いのは肺活量という結論でどうでしょう?
Commented by 漫画家志望の工房 at 2010-03-01 11:04 x
ロックオンに「突然女を奪おうとするチンピラ」という漫画によく使われる雑魚悪役が出てきたわけですが、こういうキャラが出てくるとなえるのは僕だけでしょうか。
まず、僕の住まいが兵庫の山中だからか知りませんけど、そういう悪役に全くリアリティを感じないんですよね。
いや、不良とかは確かにいるけど、彼らは今回みたいに安易に半ば犯罪行為に走ることはないと思うんですよ。なぜ「可愛い女の子がいる」→「けど男付き」→「そうだ男を殴り倒せばいいんだ!!」という思考に至るのかが理解できない。
それに仮に女の子を連れていけたとして露骨に嫌がってる女連れてて楽しいの?大体その後どうするの?犯すの?とか、常識から逸脱しきった行動をするキャラは読者の混乱を生むと思うんです。
で、結局「なんだテンプレ展開に逃げたのか」となる。そいつがどうしてそんな行動をとるのかとか考えずテンプレ悪役を出すことで話を繋いだんだ、って。
例え悪役でも、読者の理解をある程度は許してくれるキャラにしてほしいものです。・・・と、長々と書きましたがこんなこと思うの僕だけでしょうか。
Commented by ejison2005 at 2010-03-02 12:24
>>ぺんぎんさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
誰もツッコミ入れてくれないかと思って、ヒヤヒヤしたぜ!
Commented by ejison2005 at 2010-03-02 12:25
>>fakerさん
最近の念能力は、系統とかよくわからんくって困るね。
Commented by ejison2005 at 2010-03-02 12:25
>>HWさん
その発想はなかったわ。
Commented by ejison2005 at 2010-03-02 12:29
>>漫画家志望の工房さん
悪役というか、何の変哲もない現代舞台とかで、現実的に考えてまずありえないような行動・言動をするキャラが出てくると激しく萎えてくるというのは分かりますね。その段階で、ググッと読む気が失せちゃう。