週刊少年ジャンプ 10年 11号 感想
 ・レッドなのに公然わいせつカット
 ・全体から漂う昭和臭
 ・映像ではなく、怒涛の説明台詞で舞台説明
 ・弱い上に仲まで悪い主人公たち
 ・第1話なのに脇役の子供を主役に据えた作り
 ・オンドゥルギッタンディスカー
 ・あ、幹部だったんですね? 今週のやられ役かと思いました
 ・天使モチーフにするのか宇宙人モチーフにするのか、それとも獣モチーフにするのかハッキリしてくれ
 ・やたらテンポの悪いカードアクション
 ・故郷に帰れないけどあんまり深刻じゃないぜ!
 ・地球防衛最大の拠点だけどショボイ火球で陥落したぜ!
 ・設定上、いなきゃおかしい上司は何故か不在だぜ!
 ・関係ないけどギニュー隊長がやたら嬉しそうで幸せな気持ちになったぜ!

 どうしてこうなった……orz


 ブリーチ

 うわあ、かつてのサスケVSイタチ戦をすっごく思い出すぜ。幻覚使いっていうのはこれだから……。
 それと、今回の流れからいくと一護って鏡花水月の発動を見ちゃったんじゃないかな? 少なくとも、背後から斬りかかった時は愛染隊長ご本人だったはずだし。例によって、久保先生ってば墓穴掘っちゃったんじゃないの。

・市丸ギンさん
 今回密かに最大ダメージを受けていたのは、「鏡花水月に気をつけるだけじゃあかんのや(キリッ)」とかやってたこの人だと思うんだ。


 ナルト

 敵の下に行く! と宣言してるのに「うん? 好きにすれば?」としか思えないジャンプヒロインの姿が、そこにあった――。

・畳

f0029827_2154734.jpg

f0029827_2155557.jpg

 ビニールシートみたいにめくれてて笑った。上階と下階が板一枚でしか仕切られてないっていうのも、なかなかにパネエな。
 あと、布団はどこにいってるのだろう。


 ワンピース

f0029827_2161025.jpg

 ↑このシーンで、「落ちたのって前ページの鼻水かなあ?」と一瞬でも思ってしまった自分を猛烈に恥じたい(正解:ビブルカード)。


 バクマン。

 お、おじさんの若い頃まで……イケメンだっただと……?

f0029827_2224693.jpg

 物語的にはシュージンへ発破をかけるエピソードだったんだろうけど、いかんせん、事前の恋愛パートがどうでもよすぎたため、いまいちのめりこめなかったぜ。


 ぬらりひょん

 土蜘蛛さんはRPGの強制敗北ボスのように、正面から戦ったら絶対に勝てないというのが能力なんでしょうか。歩く中ボスみたいな能力だな。
 展開的には、初っ端の一騎打ちで普通に負けたり、下手するとスルーされかねなかったりといった面々が続いた京妖怪勢の中にもこれだけの猛者がいると描写することで、楽勝ムードを引き締める効果があったと思います。


 トリコ

 上半身裸のマッチョが二人で不思議な感覚に包まれちゃうお話。別にギャグでもなんでもないはずだけど、ギャグ話にしか見えなかったぜ。

・粘着作用の強力な「ゴリニラ」
 これ、なんのことだろうと思って軽くググッてみたら、以前、セツ婆の調理場で仕込み中だった食材なんですね。人体から分泌される何がしかの物質かと思った。てか、そんなもんどうやって皮膚の下に仕込んだのだろうか。
 倒された支部長二人ですが、この後、起き上がってトミーさんの怒りを和らげるべく突入するも、小松と一緒にいるリーゼントさんに瞬殺される展開だと思います。場合によっては、そのままリーゼントさんがトリコに加勢するんじゃないかな。
 

 こち亀

 ねーよwwwといいたいところですが、本当に何が受けるのかサッパリ分からん世の中だし……案外、こういう企画でも普通に利益が出たりしそうなのが恐ろしいな。漫画を現実が軽々と凌駕しちゃっているよ。
 そんなわけで、謎の説得力を感じたエピソードでした。しかし、毎度のことではあるけど、今週はとみに秋本先生の描いてる部分が少なそうだな。


 べるぜバブ

 そういや感想全然書いてないし、久しぶりに頑張ってみよう! 意識して書かないと、スルーしてる作品はとことんスルーしちゃうから。

 で、今週の感想なんですけど、いらないページがちょっと多すぎる印象を受けました。具体的にいうと、冒頭からヒルダさんが「妙だな…」と呟くところまで。
 先週ラストで教室に集結済みのところまで描いてる以上、わざわざ時系列を遡らせる必要性は感じませんし、新クラスでの新生活をテーマにした以上、魔界での複線張りは別の機会に回してもあまり問題はなかったんじゃないかなー。


 サイレン

 末期の言葉を見て、ああ遊坂さんは生粋の厨二病患者なんだなあと改めて思わされたぜ。守るだの救うだの叫んで何もしない奴とか言ってるけど、そういう人になんかひどい目に遭わされたエピソードとかあるわけでもないし、きっと、漫画のキャラとか連想しながら言ってるよ、この人。


 ヘタッピ漫画研究所R

 なんか、「あの質問をするんだァーッ!」という読者側と「絶対にあの質問だけはしないよ!」という作者側とのチキンゲームみたいになってきた。


 ハンター

 ウェルフィンさん萌え!
 ……つーくらい、今週のウェルフィンさんが可愛かったです。個人的に、萌えのボルテージが最高潮に達したのは開幕にイカルゴから撃たれてるシーン。キルアに浅手しか負わせられなかった攻撃で大ダメージ受けてる姿が愛らしくて愛らしくてぼかぁもう! メレオロンも普通に殴りかかってたら勝っちゃったんじゃないだろうか。

・「バーカ王だろ…」
 この「王だろ」が何にかかってるのか分からなくてしばらく悩んじゃったんだけど、前後の会話的に「王の孤高っぷりが弟分であるジャイロに似ていた」ということでOKなのかな。なんか「ジャイロ=王」とも言ってるようでややこしいぜ。それとも、ウェルフィンは王をキメラアント化したジャイロと認識しているんだろうか。いやでも、もう一度会いたいとか言ってるしそれはないよな。


 死にかけ戦士!! 痩身マン(読み切り)

 爆発的な笑いはなかったけど、ところどころで少し笑えて、3号連続ウィンタースペシャル読み切りの中では総合的に、一番満足度高かったかもしれない。でもまあ、普通に考えたら先週載ってたHACOが一番人気、先々週の戦国アーマーズが二番手で、これがドベなんだろうな。


 保健室の死神

 そういや感想全然書いてないし、久しぶりに頑張ってみよう! 意識して書かないと、スルーしてる作品はとことんスルーしちゃうから。

 アイドルと痴女は違うものだと思います。


 ねこわっぱ(最終回)

 そういや感想全然書いてないし、久しぶりに頑張ってみよう! 意識して書かないと、スルーしてる作品はとことんスルーしちゃうから。

 感想は特にないです。

[PR]
by ejison2005 | 2010-02-16 21:13 | ジャンプ感想