週刊少年ジャンプ 10年 08号 感想
 今月で退職なため、引継ぎやらなんやらで時間が取れず、更新の遅滞&縮小という事態に陥ってしまいました。申し訳ありません。
 というわけで……。

 おめでとう! 管理人は無職に進化した!

 いやー、なんか心が軽いわ。一年分くらい余計に働いてた気がする。

 サイレン

 ガス対策に関してはソーサー使うと思うんだけど、でもあれ、あんまり吸収しすぎると暴走するんだよなあ。そんなに遠くまで届かなければOK! というオチかもしれないけど、せっかくだから、僕の予想なんて吹き飛ばすような展開だといいな。

・なんか黒くなった雨宮さん
 今週一番のポイントは間違いなく、雨宮さんの暗黒面発現だと思うのですが、僕的にはちょっと残念な展開です。
 暗黒面の設定がいかにも取って付けた後付けであることと、暗黒雨宮さんの姿が、あまりにも既存作品からの影響を強く感じさせるのが大きい。

 また、そういった個人的な好き嫌いの話を抜きにして考えても、そもそも、今やってるお話のポイントとなっているのは、いかにして弥勒さんの弱点を入手するかであり、別に雨宮さんの暗黒面ではない、というのがあります。

 例えるなら、「これこれのクエストを攻略するよ」と喧伝しているゲーム攻略動画で、途中から全然関係ないサブクエストを進行されたような、そんな気分。


 ワンピース

 うお! エース助かっちゃった!
 ……いや、何だかんだいって、結局エースは助からない展開なんだろーなーとか思っていたので、本当にこれは予想外だったのですよ。
 それだけこの攻防では主人公側が徹底的に追い込まれていたわけですが、立ちふさがる障害全てに納得できる解決策を提示し、意外すぎる人物が実はキーパーソンだった! というサプライズまで用意したのは本当に凄かった。
 なんかこう、エース救出までの流れは複雑なパズルみたいな美しさがありますよね。なんか表みたいなのでも作って、練りに練り上げたんだろうか。

 あと、お爺ちゃんは全然ラスボスでもなんでもなかったけど、彼のキャラクター性を考えればむしろこれが納得の展開でした。てへ。
 お爺ちゃんとガチバトルして仮に勝ったとして、その後にエース救出しても気まづくなっちゃうというのもあるかもしれん。


 銀魂

 一本のギャグ話として面白かったのはもちろんだけど、しかし今回のこれ、何気に新しいスタイルなんじゃないですかね?
 単なる独白とはちょっと違って、2chのレスを読んでいるかのような、語りかけ風味なのが面白かった。


 ぬらりひょん

 今回はたまたま淡島が石を発見し、それを持ち上げ、かつ、驚いてくれたからこんな展開になったけど、しかしこれ、冷静に考えてみると怖くも何ともねえトラップだなw偶然に頼り切った発動条件が3つも存在するとか、素通りされてても文句を言えねえレベルですよ。

 そういった点や、執拗に淡島の衣類を狙った攻撃から、何だかこの敵さんからは、袖モギ様と同じ匂いを感じました。


 トリコ

 クリフトも「無駄なザラキなど存在しない! これで弱点を探すんだ!」とか思いながらボス戦に参加しているのだろうか。

 今回のお話は「必殺技と見せかけ自己暗示」というサプライズも存在しましたし、敵の弱点も納得できるものでそれはとても良かったんだけど、滝丸にとって、プリショットルーティンの効果が絶対的なものであることを、事前にもっと強く描写してくれていたらなーとは思います。
 これ、現実に僕らでも実践出来ちゃうから、微妙にハッタリ弱く感じちゃったのですよ。

 あとは、ハンターの登場人物が無駄口叩かないのは、こういうことになるからだよ、という見本みたいなエピソードでしたね。


 めだかボックス

 お、お兄さん。あなた、他者の分析が能力なんだから「やったか詐欺?」をやっちゃうと信頼性ダダ下がりでんがな。

 でも、西尾先生ってこういうメタなところを結構拾ってくる印象があるから、普通に次回以降でツッコミが入りそうな気はする。


 ヘタッピ漫画研究所R

 だが少し待ってほしい。
 ……他に聞くべきことがあるのではないだろうか?

[PR]
by ejison2005 | 2010-01-31 22:47 | ジャンプ感想