トリコの食費について考える
ジャンプ感想書く時間とやる気がどうしても捻出できず、そのくせ、他に書きたいネタばっかり増えてる状態なので、ひとまずジャンプ感想は休止するぜ。リソースにお足が出ている以上、再分配を考えるのが一番効率いいしね。仕方ないね。そもそも、趣味でやってるブログで変な義務感持って更新するのも不健全だし。

 言い訳も済んだところで、今日はトリコの食費について考えてみたいと思います。


 さて、言うまでもないことですが、このトリコという男……。

f0029827_0351083.jpg

 食います。

f0029827_0352215.jpg

 食います。

f0029827_0354135.jpg

 とにかく食います。
この漫画を知らない人にとっては、フードファイト漫画と勘違いされかねませんね。
 第6巻で明かされていますが、トリコは常に摂食しながら行動しないと餓死寸前まで弱ってしまうという、大きな体にネズミのような習性を備えた男なのです。


 そんなトリコの限界摂食量に関する貴重なヒントが出されているのが第1巻収録の「ホテルグルメにて!!」というエピソード。
 このエピソード内でトリコは、

f0029827_0355582.jpg

f0029827_036330.jpg

 ホテルスタッフが「何百だろ」と語る量の食事を摂取し、「腹一分目だな」というコメントを残しています。つまり、この十倍の量がトリコにとっての満腹摂食量のはず……。

 飲食業界で働いたことがないので完全な素人の偏見となりますが、たった一日にそんな何百人も動員するようなレストランなど、現実的にはそうそうないはず。しかし、この漫画の舞台はグルメ時代。世界設定を加味し、対トリコ用に仕込みうる限界まで食材を仕入れていたとすれば、これは納得のいく数字です。
 そうですね。ここは、ホテルグルメの擁する「五ツ」星に敬意を表し、キリよく500人前の食事を、この日トリコがたいらげたことにいたしましょう。検証記事なのにのっけから仮定の数字が飛び出していますが、漫画内の雰囲気からしてトリコならそのくらいで一割の気がするんだ。それに、仮定の数字を持ち出すのは柳○理○雄だってよくやってるし。

 というわけで、ここから先はトリコの満腹摂取量が常人に換算しておよそ5000人分程であると仮定して進めていきます。

 仮定したところで早速計算。平均的な日本人が夕食で食べる米の量はおよそ1合と考えてよいでしょう。おかずやら何やらも全部お米に換算するとしたら、一食あたり2合分くらいの量を胃に収めていると考えるのが妥当でしょうか。

 こちらのページによるならば、米1合の重さはおよそ150グラム。2倍して300グラムです。
 その5000倍とは、すなわち……1500000グラム!

f0029827_0362229.jpg

 というか、1.5トンです。これを体内に収めている以上、猛烈な勢いで胃袋が食物を溶解・吸収しているのだと考えられますが、そんな強力な胃酸を持っているのならば、いっそ吐きかけちまえばGTロボだろうがなんだろうが一撃で倒せるのではないでしょうか。美食屋トリコ、最大の奥義はゲロだった……!

 (○想○学○本なら、ここでトリコがGTロボに胃酸を吐きかけるイラストが入るんでしょうなあ)

 図らずも主人公最大の必殺技を解明してしまう形になりましたが、とにかくオープンプライスです。1500000グラムということは、すなわち1500キログラム。僕が毎日食べている5キロ1680円の無洗米に換算すると……50万4千円だぁ!?

 こ、これは厳しい数字です。1か月に換算(50万4千×31×3)すると、4687万2千円もの金が消えていくことになります。しかも、米だけという想定で。
 実際にはもっとオカズとか食いたいし、500円くらいはお金をかけたいところ。となれば、一食あたり500×5000で250万円。同じ計算で月々2億3250万円もの支払となります。ついに億いっちゃったよおい!

 外食なんぞ行こうものならば、さらに負担は跳ね上がります。ためしにホテルグルメの食材を食いつくした時のお会計を算出してみましょう。

 ……といっても、残念ながら管理人はボンビーな独身男性。んな高級レストランの値段なんぞ知りません。グーグル先生に聞いてもいまひとつ要領を得ないので、もう完璧にイメージだけで判断しましょう。ああいった高級レストランであるからには、「○○人前」というのはコース辺りで換算しているはず。そしてコース料理の平均的な値段が、およそ50000円ほどであるとします。

 というわけで、50000の500倍で答えは……2500万円! しかもこれで腹一分目! 満腹まで食おうものなら、一食だけで2億を超えてしまいます。伊藤カイジが聞いたら失神するようなお大尽ぶりだぜ! このクラスのレストランへ週イチで通おうものなら、腹一分目で済ますならば月1億。満腹になるまで食べつくすならば月10億の出費を覚悟しなければなりません。もはや国防費なみの金遣いです。

 ……底なしの胃袋を持つ男には、同じく底なしの財布が必要だった。と、ここまで出費に関して考えたところで、トリコの収入について考えてみましょう。


 これまで、トリコのハントに対する報酬が提示されたのは計2回。

f0029827_0363869.jpg

f0029827_0364555.jpg

f0029827_037346.jpg

f0029827_0371938.jpg

 ガララワニ捕獲の時と、シャクレノドン捕獲の時です。まあ、ガララワニは失敗しちゃった(自分で食べちゃった)わけですが、成功した時のことを考えましょうか。

 まずはガララワニ。
 単行本4巻に掲載された食材リストによれば、ガララワニの体重は13トンとなっています。これに対し、トリコが要求した報酬はキロ単価40万で、13トンは13000キロだから……。

 40万×13000=5200000000

 となり、えーと、0がよっつで万、その上に4つで億だから……52億もの大金を要求してきたことになりますね。戦闘機でも買うつもりかwwwwwww

 単行本5巻に食材リストが記載されてるシャクレノドンの場合ですと、体重が1.5トンなので、トムの要求通りキロ単価3万の場合……。

 3万×1500=45000000

 で、4500万円の報酬になりますね。ちなみにシャクレノドン捕獲は「朝の運動がてらにちょっと……」みたいな気楽さで行っていたことから、トリコは気が向きさえすればいつでもこれだけの金を生み出せることになります。

f0029827_0373574.jpg

f0029827_0374355.jpg

f0029827_0375646.jpg

f0029827_038562.jpg

 ↑だそうです。

 えー、というわけで、あっさり結論が出ましたね。トリコは超余裕であれだけ莫大な食費を捻出できます。というか、それでも莫大な額のお釣りがきます。

 まあ、僕が計算した食費はあくまで現実世界のそれに基づいているので、ガララワニ級の超高級食材が頻繁に登場するトリコ世界では同じく料理の値段もケタ違いなのでしょうが、それでも余裕でまかなえるんでしょうなあ。

 今日の結論:トリコの食費は超バブル級の代物だったが、その収入もまた、超巨大バブル級なのであった。

[PR]
by ejison2005 | 2009-10-13 00:45 | ジャンプ感想 | Comments(2)
Commented by ミスタ at 2009-10-13 23:37 x
トリコは限度額なしのブラックカードじゃないと支払いきれないほど、一食に金を使うみたいですね。
ビスケット・オリバは一日の10万カロリーの食事を取るそうですが、トリコはその数倍~数十倍食うわけですから・・・
何で太らないんだろ・・・
Commented by ejison2005 at 2009-10-28 00:56
>>ミスタさん
所長「これもグルメ細胞のなせるわざか……」