週刊少年ジャンプ 09年 42号 感想
 アニ基地のコーナーをなんとはなしに開いて知ったんですけど、各地へ飛ばされた麦わら海賊団の活躍については、アニメのオリジナル話で補完されていたみたいですね。知ってりゃチェックしていたぜ。

 銀魂がつい最近掲載されたばかりの話をオンエアしちゃってたり、リボーンでは本編で勿体ぶりまくってるアルコバレーノがバンバン登場しちゃってたり、関心を持たないでいる間にジャンプアニメは相当愉快なことになっていたんですなあ。

 ちなみに毎週チェックしてるのはドラゴンボールですが、今やってるナメック星での攻防但し悟空テメーは抜きだ! の辺りは原作でもかなり好きなお話だったりします。
 圧倒的な戦力を誇りながらも情報を手に入れる手段の無いフリーザと、そこそこの戦闘力と気を探ることによる探索でバランスに優れたベジータ、そして戦闘力は皆無ながらもドラゴンレーダーで直接お宝にアクセスできるクリリン組とで、絶妙なバランスの攻防に仕上がっているんだ。
 シンプルながらも、かなり捻りが加わった展開になってるのが特徴です。そしてクリリンが最も輝いていた時期でもあるw


 43号は土曜日発売だった\(^o^)/


 リリエンタール(新連載)

 近年稀に見る「毒にも薬にもならない」新連載。正負どちらにせよ、これほどまで心の針が傾かない漫画は久しぶりだ。まさにベスト・オブ・ザ・空気。

 作画はともかく、登場人物がやや能天気すぎたり、目の前の不可解な現象&犬へのリアクションが薄かったりする以外、お話もそう大きく破綻したりしているわけではないんですけどね。この魅力の薄さは何なのか。


 別漫画の話題になるけど、バクマンに登場した「ハイドアウトドア」って、こんな感じの作品だったんじゃないかなーと思います。うん、福田さんは正しいよ。漫画には毒が必要だよ。


 ナルト

 サスケの仲間たちが役立たずすぐるw 大者の足止めを行った重吾はともかくとして、お供とのタイマンだった水月は普通に倒されるなよなー。君、将来的にはナルトの仲間たちと戦うことになるんだろうから、このくらいの相手はサクッと倒そうぜ。

 本編の方は、他の感想サイトでも言われてるとおり、雷影が腕一本犠牲にしてるシーンがなかなか良かったです。すごい人が肩書きに見合った活躍を見せてくれるのって、この漫画じゃどれだけぶりなんだろうか(技名のダサさはさておき)。
 まあ、それでもサスケに止めを刺せるとは……どころか、勝てるとさえ思えないところが、この漫画の残念な点ではあるわけですが。

 いや、物語の構造上、ラスボスに近い存在であるサスケがここで負けるわけにもいかないんですけどね。いかんせん、アホの子だからなあ、彼は。


 黒子のバスケ

 全生徒のうち3分の1が補習を受けるとは、何というスパルタ教育……! ○○点以下が~とかではなく、他生徒との相対評価である辺りが鬼ですね。凄まじい弱肉強食の教育方針です。
 と、そんなイージーミスはさておいて ミ□

 ギャグ話としてのオチをつけつつ、緑間君の特殊能力についてさらに掘り下げていたのが良かったですね。負けてなお、格を落とすどころか更に高めているぜ。

 ところで、今回つくづく思ったんだけど、キセキの世代って「バスケに対する特殊能力を持っている」というより、「他でも十分通用する特殊能力をバスケに応用している」集団なんですね。黒子の能力とか、僕が持ってたらスポーツで爽やかな汗を流すなんて選択肢は1ミリも存在しないよ。欲望のヨダレを垂れ流しまくりだよ。


 トリコ

 基本的にトリコがハイパーVIPぶりを発揮しながら食べ歩きしまくるだけの内容だというのに、なんという幸福感……!

 こないだっから読み切りの感想で「作品モチーフの扱いに関する杜撰さ」について触れることが多かったんだけど、今週このエピソードこそが、まさしく作品モチーフを見事に活かした一例ですね。この作品でしか味わえない世界観というものが、これでもかというくらいに押し出されています。

 んで、ふと思ったんだけど、「独自性のある世界観」を描写したいのなら、都市部の描写を入れるのは割と最適な解答なのかもしれませんね。今週のトリコに限らず、ワンピースでも立ち寄る島ごとにワンピ世界独自の発展を遂げた都市なり村落なりを描いて、僕たちをwktkさせてくれますし。
 というか、よくよく考えたら当り前のことではあった。僕は今更になって、何をいっているのだろう。

 ちなみに、今週のお話はスーパーバブリーな街で惜しげもなく金を使いまくるトリコを見せることで、これまで通りの大食いっぷりに加え、資産家としての一面を描いているのもポイント。

・ガリボックス
 これも魅力的な設定ではあるのだけど、受け皿とかなんも描かれてない(網にそのまま落ちるのか?)ので、若干の不衛生さを感じるのはいかんともしがたいところです。それとも、スーパーのパック寿司とかに入ってるやつみたく、小さいビニールパッケージに包まれたガリが落ちてくるのだろうか。


 バクマン。

 そこかしこの感想サイトで物議を醸し出されている亜城木コンビの進路問題ですが、俺、まさにこんな感じでなんとな~く進学しちゃったクチだから何も言えることがないなw
 ちょうど、高三の進路を決めなければならない時期に、推薦枠で入れたからほいほいと入っちゃったんですよね。それで今、自分のやりたいことすら見出せずにいるのだから世話はないぜ。

 実際、その道を選んじゃった人間の言い訳としては、大学進学っていうのは「空気」「常識」の類なんですよね。感覚的には、ここまで含めて義務教育のような気がしてる。

 そしてこれも実体験としてついでに書いときますが、今やってる仕事がまさに周り中、高卒とか中卒の世界なんですけど、ほんとロクなもんじゃねーよ。色々と。

 学歴っていうのは、しょせんバロメータのひとつに過ぎないけど、それでもバロメータのひとつではあるのです。

[PR]
by ejison2005 | 2009-09-20 01:17 | ジャンプ感想 | Comments(4)
Commented by トーリス狩り at 2009-09-21 00:54 x
>DB
最長老に強化されたのに特にそれを活かせなかったクリリンといい
修行したのに解説役にしかなれなかったヤムチャ達といい…
ファミコンのゲームではヤムチャ達をナメック星に連れて行けるし、そこそこ
活躍できたのに…やっぱりゲーム会社側からしても奴らは不遇だったのか…


>バクマン
まぁその通りだし僕も「なんとなく」で大学に行ってるクチですが
サイシューは漫画家で生きていくという目的が既にあるのだから比べるのはちょっと違うと思いますけどねー。学校は手段であって目的じゃない、と某欝漫画でも言ってましたし。まぁこの件につっこむとキリがないです。
ツッコミどころが多すぎて。
Commented by kuu at 2009-09-24 22:09 x
バクマン
高校の時みたいに寝てるばっかじゃありませんように。
せっかく舞台が広がるのだからなにかしら漫画内での意味があるといいなぁ。

DB
そういわればDBってよくできてますね。全体的のストーリーは大味に見えるけど、キャラ配置や舞台設定がうまいんですかねぇ。

黒子
コート上の能力が私生活にも影響してるんですねぇ、黒子もそうだったか

トリコ
その漫画でしか見られない風景を描くのって基本的だけどやっぱりうれしいなぁ
Commented by ejison2005 at 2009-10-13 23:02
>>トーリス狩りさん
そしてアニメ版ではギニュー特選隊も倒して見せたヤムチャたち。
しかし、改ではその歴史はなかったことにされる運命なのだ……!

>バクマン
まあ、バクマンは漫画なんだし、大志を抱いた主人公がこれでは確かに困るか。
彼らが進学を選ぶのは、トラブルでなぜかパンツが見えるのと同義くらいに思った方がいいかもしれない。
Commented by ejison2005 at 2009-10-13 23:03
>>kuuさん
石沢君には出会えたけど、再会したからといって石沢君に何ができるというのだろうか。