週刊少年ジャンプ 09年 37&38合併号 感想
f0029827_295756.jpg

 ようし貴様ら! 来週の仮面ライダーブレもといディケイドまで、俺と一緒に 全 裸 待 機 だ!


 ワンピース

 互いに全力を惜しみなく投入していて、バトルエピソードとして満足感たっぷりの一話だったんじゃないかと。
 個人的には、白ヒゲ側の隊長たちが、額面に見合った活躍を見せてくれているのが嬉しかったですね。こういうエピソードで多量に投入された精鋭軍団って、本領を発揮しないまま終わったり、設定に比べて妙に弱かったりすることがザラですから(例:きくたけリプレイのry)。

 白ヒゲ側はかなり頑張ってくれているので、海軍側は中将たちの活躍に力を入れてほしいところ。大将や七武海が強いことは分かりきっていますし、蛇姫様に石化させられそうになったり、バスターコールでまんまと麦わら一味を取り逃がしたりと微妙にいいところがない彼らを活躍させることで、海軍側の戦力層が厚く感じられるようになると思うのです。


 ナルト

 水影さんの護衛が仕事こなしてるだけで、わあなんてプロっぽい動きなんだと思うあたり、僕も岸本先生の手で相当に調教されたよな。

 ところで、こないだまで僕は「身内が殺されると復讐者が雪だるま式に増えて戦争が起こるよ」という理屈に否定的だったんだけど、こないだバジリスク読んでたら、案外、忍者同士の戦争なんてそんなものかなーと思ってみたり。

 つっても、ナルト世界は中途半端に現代的だから、やっぱり違和感は大きいんだけどね。影の皆様方が基本、駄目な人たちなのも大きい(トップが無能なせいで戦争してるとしか)。


 ブリーチ

 鬼道には老いが無いとでも思ったのか……? という話の流れにしておきながら、全く全然これっぽっちも自分を囲んだ結界を老いさせず、ただただボケーッとしているだけだったのは、何らかの高度なギャグだったのでしょうか。お爺ちゃん、もしかしてボケが始まってるんじゃ……? 間に合わんとか言いながら、ふっつーに間に合っちゃったしなあ。

 というか、アレだ。ナルトにおける角都戦を彷彿とさせるんですよね。敵が自分の能力を全く活かそうとせず、主人公側の作戦会議を暖かい目で見守ってくれるという。


 ノースアイランド(近未来杯作品)

 先週抱いた予感は確信に変わりました。今年は全滅コースだなあ。

 この作品でいうと……いや、まあ、色々と問題点は多いですが、細かいところを除いて一番強く感じたことを書くと、別に宇宙人である必要ねえよなあということ。それこそ、角を曲がろうとしてごっつんこ! でも、多少スケールが小さくなるだけで、何ら展開に影響は与えなかったと思う。
 どころか、ヤクザである必要すら僕は感じなかった。要するに、このお話は度胸のある男性が女の子と俺があいつであいつが俺ですれば成立しちゃうわけですからね。そこであえてヤクザを選んだからには、任侠描写にはそれなりのこだわりを持って描写すべきなんだけど……そこがダダ滑りのコントでは。なんともはや。

 これは本当に単なる個人的な意見で、しかも前に書いた覚えがあるんだけど、モチーフを選ぶのならば、それにこだわりを持ってほしいのですよ。最低限、物語上、そのモチーフである必然性は持たせてほしい。


 わじまさとし真夏のギャグ7番勝負(特別企画)

 うん、その、何というか、ハハ。酷いイジメを見たわ。

 いや、他作品とコラボさせて人気を得ようという趣旨なのは分かるんだけどね。分かるんだけど、わじま先生の実力でんなことさせても全勝負でフルボッコにされるだけだと、予想はつかなかったものなのか。分かってやってるんだったら、やっぱり酷いイジメにしか思えないな。

 普通に打ち切るだけだったらまだ立つ瀬もあったかも、かも、かもしれないのに、こんな余計な企画立てちゃったばかりに、「実力をかえりみず既存作家に立ち向かった漫画家」なんて変な肩書きがついたのを思うと、本当に不憫なんだ。

 ↑どう考えても僕が一番失礼だけど、でも、こうとしか書きようがないよ。本当に。


 ぬらりひょん

 決してつまらなくはないんだけど、これは「修行に来た若手念能力者が素質を見込まれてサクセスしていく」面白さであって、この漫画に求めていたものとはちょっとズレが感じられるかな~というところ。そしてついでに、この漫画がバトル描写で保持していたパーソナリティも失われてしまったと思う。

 いや、現象としてはすごく分かりやすくなったんだけどね。行き着いて念能力かあ、という。


 鍵人

 クロケット将軍をどのように扱うかで、帝国軍の層が薄くなるか厚くなるか、それが決まる気がします。
 チルダさんが体制側と言っていたり、鍵人反対派という言葉に驚いていることから、帝国軍内部で体制派の皮を被っているorこの街で善人の皮を被っているというオチなんでしょうけども、どうか小悪党にはなりませんように。

 しかし、絶刀空閃で倒された敵を見てなお、さすがクロケット様だー! とさわぐ民衆の皆さんはすごいなあ。撃ったのだって部下の皆さんなのに。DMC信者ばりに、何が起こってもクロケット様を褒めたたえるんじゃなかろうか。


 トリコ

 ストローの人が思ったよりもとっつきやすそうな人で(いやヤバイ人ではあるんだけど)、そこが個人的に嬉しかったです。僕は積極的に馴れ合ってくれる悪党が大好きなんだ。内海課長は、今でもマイフェイバリット悪党だよ。
 誰かこの属性を分かり合ってくれる人はいねえかなあ。ガチで主人公側をぶっ潰すつもりだけど、それはそれとしてフレンドリーに付き合ってもいこうとしてるって、すごく特殊な距離感で魅力的に感じられるんだけど。


 バクマン。

 嗚呼……雄二郎さんてばすっかり有能っぽいキャラになっちゃって。まあ、先輩格二人が発言少な目だったり原稿に固執したりな状態だったため、相対的にそう見えてるだけなのかもしれませんが(大場先生が得意とするこの会話劇を「おひき戦法」と名付けたい)。

 いや、でも、エイジがクロウ連載を強行した頃の雄二郎さんなら、絶対こんなどっしりとは構えてないよな。作中時間では二年以上経過しているわけですし、その間に彼もまた成長したということでしょうか。社会人的ステップで考えたら、それなりな仕事を任されたりしてもおかしくはないわけですし。

 ヘタレな雄二郎さん好きだったんだけどなあ。残念だ。

[PR]
by ejison2005 | 2009-08-18 02:10 | ジャンプ感想