週刊少年ジャンプ 09年 34号 感想
 黒騎士を倒したところで、9は積みゲー化することに決定! 遊んでる時間ねえよ!
 9を遊んでみた手応えとしては、僕に時間……というか精神的な余裕がなかったためかどうかは知らないけど、あんまりワクワクはしなかった、というところかなあ。つっても、最序盤もいいところなんで、これからワクワクが止まらなくなるのかも知らんけど。文字通りの意味で、知ってられん。
 あー、今週こそは一週遅れペースから脱したい。


 トリコ

 あー、そういや、テリーってば誰か(というかトリコ)を守るために戦ったことはあっても、自分自身が食ったり何だりするために戦ったのは今回が初体験なんですね。獣とは思えんやつだな。
 最後に食えるわけもない燃えカスを口に含んだシーンは、そこら辺の、今回のお話に含まれたテーマを端的に表現していて、とても良かったと思います。

 そんなわけで、単発エピソードとしての丁寧さでは見事なものでしたが、エンターテイメント的にはあっさり終わってしまったのが残念だったなーと思います。いきなりボスと遭遇してしまったせいで、あれだけ前振りしてた食獣植物の森の恐怖をあんまり体験してないよ!

 それにしても、度数50パーセントの酒を評して「丁度いい」とか言ってたのか、この男は……。


 ワンピース

 おお、ついに明言された!!!!!
 いやあ、これは興奮するなあ。ロジャーの本名が、ゴールドではなくゴール・Dだと明かされてからずっと引っ張ってきた伏線だもんな。惜しげなく切り札を投入してきたもんです。
 つーか、今までまったく意識してなかったけど、永遠に続くような錯覚にさえ見舞われていたけども、もしかしてもしかしなくてもこの状況って、物語が佳境へ近づいてるんじゃないですかね。大ボス格がほぼ全員集合したりしつつあったりするような状態で、物語の超重要な謎が明かされてるんだもんな。いや、それでも一年や二年で終わるような漫画じゃないとは思ってるけどね! でも、二年や三年で終わりそうな気配を感じさせたのはすごい進展ぶりだ。


 ナルト

 んー、確か侍って、斬不斬編でもっと堂々と表世界を牛耳ってるような言われ方してた覚えがあるのですが、僕の見た白昼夢か何かでしょうか。十年ひと昔と言うしなあ、岸本先生同様、僕の記憶も曖昧だ。


 わっしょいわじマニア(新連載)

 驚くべきことにこれ……新連載なんですよね。読切でなく。
 多分、きっと、おそらく、ギャグ漫画日和みたいなのを目指しているんだと思うんけど……うん、強く生きてほしい。

 それにしても、この漫画。何をどう経て連載が決定したのでしょうか。ページの穴埋めってやつなのかな。果たしてこのページ数埋めたからといって、何がどうなるのかはわからんけども。


 バクマン。

 

 ↑今週のバクマンについて僕が思った事をすべて代言してくれる動画。


 ぬらりひょん

 他の感想サイトとかでも言われてるけど、現代版羽衣狐様のビジュアルが素晴らしいですよね。劇的ビフォーアフターにもほどがあります。きっと生き肝を食うシーンも、萌えっ娘アレンジが加わっているんだろうな。逆にそっちがオドロドロしいままでも、まあ、ありっちゃありだし。

 お爺ちゃんの言葉に関しては、過去編であれだけ激しい戦いを繰り広げてくれただけに説得力抜群だなあと。そもそも、現在の奴良組では組織力の時点で全く不足してますしね。過去編で勝てたのは、仲間が頑張って一対一の状況を作り出したのが大きいわけですし。今回読んでる限りだと、花開院家は全く当てになりそうもないしね。きくたけリプレイの精(ry


 サイレン

                      ヘ(^o^)ヘ いいぜ
                         |∧  
                     /  /
                 (^o^)/ てめえが何でも
                /(  )    思い通りに出来るってなら
       (^o^) 三  / / >
 \     (\\ 三
 (/o^)  < \ 三 
 ( /
 / く  まずはそのふざけた
       幻想をぶち殺す

 次回はきっとありがたいお説教をしてくれるよ! 教祖様だしな!

[PR]
by ejison2005 | 2009-07-27 01:18 | ジャンプ感想