週刊少年ジャンプ 09年 30号 感想
 今週も縮小更新でひとつ。忙しいのもあるんだけど、先週、今週と、どうにも集中力を欠いてしまった。
 あ、civはディスクが不良品だったらしく、読みこまれもしませんでした。ホッホッホ、初めてですよ。この私をここまでコケにしてくれたソフマップは……。はたまた、さっさとウェスカーの首を柱に吊るせという神のおぼしめしか。


 ワンピース

 ジンベエ無双……いまだ継続!
 これもう、一行が洋上への脱出を図り、さらには防衛戦力としてジンベエin海中が合流しちゃってる時点で、署長は詰まれてるよね。底知れぬ戦力を誇る毒人間といえど、海水をバシャバシャかけられたら、たちまち無力化されてしまうわけですし。さすがはアンチ能力者。というわけで、署長とのバトルは今週で事実上の決着なんじゃないかと。

 ただし、それだと敵のボスキャラ相手に主人公が決着をつけずに終わり、という煮え切らない展開にもなるので、署長には、いずれ何らかの形で活躍して欲しいとは思います。副署長に全権を預け、スモーカー大佐よろしく追っかけでもするといいんじゃないかな。

 また、あっさりとやられたかに見えたイワさんが(何でか知らんが)ちゃんと復活を果たし、主人公ら脱出の決定打となっているのも嬉しいですね。彼だか彼女だかは知らんけども、ともかくこの人が背負う、ストーリー上の背景に相応しい活躍を、(より主人公の活躍を食わない形で)見せつけてくれました。素晴らしい。


 ナルト

 うん、ストーリー展開も、バトルの見づらさ分かりづらさも、全くもって僕らの予想範囲を超えない、とてつもなくナルトな展開でした。ナルトナルト。


 トリコ

 リンがトリコの唾液を取り込んだことにより超回復した展開は、以前に所長が酒の力で回復していたシーンと相互に説得力を深め合わせ伏線を結びつけ合わせ、とても納得のいくものになっていたと思います。まあ、あんだけトリコ好き好き言ってた子だしね。

 所長と副会長が「ワシらの仕事ですな」と言っていたのは、GTロボの回収に来た人物(ココに死の宣告をされたから多分ギドさん)を、その場で始末するつもりだからでしょう。人殺しなんかの汚い仕事は、自分たち年配者が引き受けると。トリコには「食材以外殺さない主義」があるし、他二名の四天皇も似たようなメンタリズムだろうしね。
 トリコたちの影に隠れて始末屋やってた先達の姿をあらかじめ描いておくことで、いずれ来るであろう生身の美食カイとの戦闘で、「殺すか殺さないか」という問題を描く先振れとするつもりなのかもしれません。

 ところで、誰もが思ったことだろうけど、肉……調理しよう、ぜ。大勢で生肉食らいあってる姿は、どことなくシュールだ。


 バクマン。

 まさかの腐女子問題ktkr。
 急速にアンケート順位が上昇し、送られてくるハガキが女の子からとおぼしきファンシーな装飾の数々とくれば、これはもう決まりでしょうよ。ここまで言いきっちゃった僕のためにも、ここは腐女子問題であって欲しい。
 しかし、この漫画は題材が題材なだけに落とし所の読めない展開も多かったけども、今回のこれは極めつけだなあ。否定すりゃ大切な読者の反感を買い、単に肯定だけしてもやっぱり反感を買いかねないという、実にリスキーな展開だ。

 ちなみに、僕個人の考えを述べておくと、 気にすんな! というところでしょうか。アンケート(=票)という形式を取っている以上、組織票が登場するのは自明の理だしね。そんなん言ってたら、現実の選挙とかやってられんよ。


 めだかボックス

 新たに介入したキャラクターへ試練を与え、成長させようという狙いは分かるんですけど、いかんせん、最初に置かれたステージが低すぎる、というのが今回の問題なんじゃないかと。君が文面から何から全てこしらえてしまっては、何の意味もないことくらい最初に気づくか、誰かつっこむかしようよ~。


 アカボシ

 あ、アカボシのギャグが面白い……だと?
 いや、本当にビックリした。いつもなら単にしらけて終わりなところが、ニマニマしながら読み進められたよ。今までとの違いは一体、どこにあるんだろう。担当編集が、神田でギャグ本を買いあさったのかな。


 ぬらりひょん

 現代編ではこち亀の北条さん以上に残念なこととなっている老害妖怪の皆さんが、過去編ではうってかわってだいかつやくしてるのが非常に印象深かったですね。この人たちは、やればできる子「だった」のか。

 現代編でいまんところ、リクオが主に頑張っているのは組内の結束を固めることなんで、今回の大活躍を、後々に活かしていくつもりなのかもしれません。過去においては有能だったことを示すことで、現代編で完全にリクオシンパとなった際、有能さを発揮しても違和感を覚えないように配慮されているんじゃないかな。ついでに、現代での腐りっぷりからはあまり信じられなかった奴良組の巨大さにも、説得力が増した感じ。

[PR]
by ejison2005 | 2009-06-27 02:26 | ジャンプ感想