週刊少年ジャンプ 09年 29号 感想
f0029827_10740.jpg

 は、申し訳ありません。こういった次第でございます。
 いやはや、ほんの気まぐれで買ったのですが、これはヤバイ。ヤバすぎる……!
 10分が30分、30分が1時間……という具合に、闇金融のごとく遊ぶ時間が倍増していきますからね。封印しておこう。
 まったく……。

f0029827_102286.jpg

 ゲームで廃人だなんて、冗談じゃないよ……。冗談じゃないよ……。冗談じゃないよ……。
 そんなわけで、縮小更新です。


 トリコ

 死んだかと思われていたリンでしたが、結構、かる~い感じで生き延びていました。キャラクターの生き死にに関する路線はバトル漫画にとって重要な要素ですが、この漫画の路線は、今回のこれでハッキリした感じです。元々メジャー路線を目指していたわけですし、さもありなんと。
 戦闘における緊張感とか、ココの予言に対する信頼感とか、犠牲にしたものは決して少なくも小さくもないけど、代わりに手に入れたライトに楽しめる雰囲気を武器に、今後も頑張って欲しいな。

 ところで、パワーアップ時から思っていたことではあるんだけど、トリコの周囲に漂っている謎のキラキラは今後も漂いっ放しなんでしょうか。それは何か紙面が落ち着かないし、できれば戦闘時に気合いを入れると輝くとか、そんな感じにして欲しい(ますますスーパーサイヤ人になるけど)。


 ナルト

 何だか今週のナルトには、お互いに親友を殺しちゃったから痛み分けだね(はあと)な雰囲気を漂わせていた、キラとアスランに近いものを感じるぜ。不可抗力ではあるんだけど、「終末の谷で~」云々がきっと余計なんですよね。身内を殺された苦しみを味わうことが、サスケ説得の必須条件みたいに語られるのは何かが違うだろうと。

・サスケ抹殺指令
 ああ……うん……当然のようにサスケは放置プレイだったんだよね。思い出したよ。コメントで指摘されてたように、ダンゾウさんはサスケの手で暗殺なり抹殺なりされる展開なんだろうけど、「ダンゾウから仕掛けたんだから仕方ない面もあるよね♪」で済まされたりして……。はは、まさか、ね。


 ワンピース

 すごい重箱の隅なんだけど、ミスタースリーの能力で強化する前に、もうワンクッション欲しかったと思います。「待て! 今、戦えるようにしてやるガネ!」みたいな感じで。
 ページまたいでいきなり武装完了していたから、一瞬、読み飛ばしたのかと思ったよ。

・ジンベエ大活躍
 今週、抜きんでていたのは、やはり水に入ったジンベエの圧倒的な実力でしょう。単純な破壊力もさることながら、有力な実力者のほとんどが悪魔の実の能力者であるこの世界において、「海」そのものを武器にできるってとんでもねえアドバンテージの気がする。こと海上においては、明らかに青キジ除いた三大将よりも強そうですし、パープル・ヘイズを一回しか出さなかったフーゴのごとく、あまり活躍はしないままに退場させられそうな気配がするなあ。エースという、手頃な「庇って自分が死ぬ」対象もいることですし。お前と過ごした獄中生活……悪くなかった……ぜ。


 めだかボックス

 う~む、とにかくツッコミ所満載で、何から取り上げたらいいのか分からないぜ。とりあえず、この人たちが柔道をやっているのは、コンクリートの上か何かなのだろうか。そしていきなり反則王とかどうとか言われても、そのお嬢さんが柔道やってるシーンが全然ないんですけど。

 この作品、部活をめぐるエピソードがいやに大きいんだけど、別に軽くさわるだけならだけで、あんまり知ったかトリビアやらなければいいんじゃないかと思います。余計なところにばっかり目がいって、全然、本筋が目に入らなかったよ。


 アカボシ

 一生懸命に盛り上げているし、過去回想はとてもイイ話でそこには関心したんだけど、でも、今、勧誘しに来ているのはリンチュウ(「チュウ」が変換できん)じゃないのよね、という。王進さんの周りにいる不埒物を闇討ちしていたのがリンチュウで、勧誘するための障害だから戦っているというのは分かるんだけど、そもそも、先週の描写じゃそれも伝わりづらいしね(何かリンチュウが暴れてる場面に出くわしただけで真意は語られていない)。


 ぬらりひょん

 お姫様ズの中に、現代で袖モギ様に脱がされそうになっていた姫さんが混ざっていたのが嬉しかったです。過去エピソードって、こういう風にさりげなく現代編との繋がりが描かれていると俄然テンション上がってくるよね。


 バクマン。

 あー、担当変えたのって、このエピソードのためだったのか。
 と、いうのも、今回のエピソードって、服部さんが担当のままだと成立しないんですよね。いや、正確には、彼が担当のままでも同じ帰結には到達するだろうけども、物語の進行上、「導く者」としての役割を与えられた服部さんが関与してしまっては、亜城木コンビの成長へは何ら貢献しない。

 この問題は、絶対に正しいという答えが存在しませんからね。ベストは無いなか、ベターな選択肢を選ばなければならないという状況では、主人公の懊悩と、そして決断こそが重要になるのです。そのためには、最初から確固たる答えを持っている人間が主人公の相棒をしていてはならない。必要なのは、同じ目線に立ち、同じ苦しみを抱いてくれる人物だったということでしょう。

[PR]
by ejison2005 | 2009-06-20 01:06 | ジャンプ感想 | Comments(13)
Commented by ニテンドー at 2009-06-20 04:17 x
>バクマン
つまり、今亜城木コンビに必要なのは上にたつ師匠じゃなくて横に並ぶ仲間ってことでつか?
漫画家として発展途上のコンビに、担当として発展途上の・・・えーっと・・・・・・この人、
みたいな?
>ぬらり
あ、にてるとおもったけど、やっぱりあの人だったんですか。
ここに集められている姫は、皆人間だとばっかり思ってたから。
あ、いや、後から妖怪に進化したのかな? まぁなんでもいいや。
>めだボ
反則王って言う単語じたいは、このエセ関西弁のひとが出てきた時点で
すでに使われていて、かつ何の説明も無いから
どっかで説明ぐらいはさんでくれると思ったら一切触れられなかったぜ!
もうなんというかさすがだね!
Commented by 通行人2号 at 2009-06-20 12:53 x
>ワンピ
確かに、3のところ唐突に感じてアレ?って思いました。
今週のワンピは展開が速いんじゃなくて描写が最低限な印象ですね。
Commented by ニッケス at 2009-06-20 18:23 x
>ぬらり
祖父母ってことを考えると過去編の人物は全員「魔族大隔世」かも
Commented by 13 at 2009-06-20 23:15 x
>ワンピ
前のページに「ちょっと考えがある」ってあるしルフィの作戦だったんだと脳内補完
Commented by ejison2005 at 2009-06-21 00:21
アイシールド最終回の感想を書いてないことに今気がついた。
この事態こそ、僕がこの漫画に抱いている感情全てを表しているのではなかろうか。
Commented by ejison2005 at 2009-06-21 00:24
>>ニテンドーさん
まあ、バトル漫画で師匠キャラが軽々に参戦しないようなもんだと思ってください。

>ぬらり
しかし、今のところコケ姫という名前の由来がサッパリ分からないという。真珠の涙流したら、どうしてコケになるんだぜ。

>めだか
普通、この話の流れなら部長とめだかちゃんも試合して、反則で一本取られたりするも、最後は正々堂々としためだかちゃんに敗れたりするものなのではないだろうか。
Commented by ejison2005 at 2009-06-21 00:25
>>通行人2号さん
それだけ描く必要のある状況が多すぎるってことですよね。
扉絵連載で仲間の現在状況を描いているのは、本編に詰め込む余地がないからというのもあるでしょうし。
Commented by ejison2005 at 2009-06-21 00:30
>>ニッケスさん
また懐かしいネタを……w
Commented by ejison2005 at 2009-06-21 00:31
>>13さん
それは分かるんだけど、でも、やっぱりもうひとコマ……欲しかったなあ。
Commented by tanu at 2009-06-21 23:31 x
>トリコ
ゾンゲ様が出てるカラーページのトリコはキラキラしていませんから元に戻るのでは?
>ぬらり
とらぶるでは描けないハードなエロスは強力な武器だと思います。あと前回の返信コメで何がメジャー受けしないと思っているのか教えていただけませんか?妖怪物は結構好きなジャンルですので。
>バクマン
トラップの順位が悪いのはニア面のせいだと思う。あの顔はすごく不愉快です。
今回は編集者のテコ入れに関する会話がたくさん出て非常に興味深かったです。
吉田さんの真心刑事HEARTの例はわかりやすかったし、港浦さんが言った急に変わった事云々の件は夜明けの炎刃王を思い出してしまった。
>アイシ
終盤グダグダになってしまったけど神龍寺戦の面白さは格別でした。最後の終わりかたもその後を考えるとワクワクする良い最終回でした。
Commented by ニテンドー2 at 2009-06-22 20:20 x
>アイシ
個人的に、ハァハァさん兄弟が空気になっていたあたりからアイシールドに興味がうせたw
中盤あれだけ三兄弟エピソード盛り上げといて、終盤ではぽっとでた我王やチューボーに夢中で
大事な泥門メンバーがおざなりになりまくり。
正直な話、絶対に世界大会のくだりは物語として最高の蛇足だったと思わざるを得ません。
Commented by ejison2005 at 2009-06-27 02:51
>>tanuさん
30号で全員キラキラしちゃったしね。このまま続いてしまったら、何漫画だか分からんw

>ぬらり
この漫画というより、読者側の嗜好の問題ではあるんだけど、武士社会とか妖怪とか、そういう日本固有の文化に根ざした作品って、どうしても多数の指示を得られないと思うんですよ。好きな人はすごく好きなジャンルではあるんだけど。ナルトとかは、うまいこと現代的な世界観に忍者をあてはめたのが良かったんだと思う。

>バクマン
タカヤは一体、担当さんとの間でどのような打ち合わせが行われた漫画なのだろうか……。
Commented by ejison2005 at 2009-06-27 02:54
>>ニテンドーさん
扱いの悪さといなるなら、俺は瀧を推すぜ!
ハァハァ三兄弟はまだ不良殺法とかがあった分、マシだと思う。後半は本当に、ヒル魔・モン太・セナだけの漫画だったよなあ。