逆転検事 感想

逆転検事(通常版)

カプコン


 逆転検事クリアしましたー。クリアしたらまたゲームやりたくなってきた。身を離してた分、ゲーム熱が上がった気がする。とりあえず、ウェスカーさんをぶち殺しに行こう。スパロボKは積むがな!
 せっかくだから、各話感想。無論、ネタバレあり。クリアしてない人は自己責任で読んでね。






第一話 逆転の来訪者

 とりあえず、馬堂さんに向けて見当違いな啖呵を切っちゃったみっちゃんが、かわゆすぎたエピソード。

                    . -――- . ..
                  / : : : : : : : : : : : \
                    /: :/ヽ:ト: : : : ::ヽ: : : : :ヽ
                  .仁/   ヽ\ト、ヽ}: :|: : : : :. 
                  i:ハ{ `ヽ    / `!: :ト : : : :l   <それでこそみっちゃんだよ!
                  | : }`●    ● |: :「 }: : : {
                  | : {っ      ⊂|: 爪|: : : ト..
                  |i: :> _く ̄}_ .イ}/ヽイハ}/.
                  .从{ V}/V:丁レ/:/ノ::::::V ′
                  rヘ,、ノ:/7:「⌒Y::::::: |  
                       ヽァ'::ヽ{::::::〉¨´:ヽ:/::|
                        \__ノY:::ヽ:_ノ::: |

 あれは馬堂さんも反応に困っただろうけど、とりあえず隠し金庫の方へ発砲して、ヒントを与えておくあたり、実にクレバーな反応だ(今思えばそういう意味だったんだね)。

 今作は犯人がストレートに分かるエピソードが多かったけども、中でも第一話は「最初に犯行時の犯人を第三者視点で見せる」という古畑任三郎方式を取っていたため、特に苦労することもなくスイスイと進めていきました。ファーストエピソードだけあって、実にユーザーフレンドリー。検事局にバスケットゴールが存在するという何とも異様な世界観と、それを利用した現実ではありえないトリックの妙味も、きちんと逆転裁判していました。

 個人的には、マコくんが再登場してくれたのが嬉しかったかな。イトノコ刑事とこの娘さんのカップリングは、とても気に入っているんだ。僕の場合、初めてプレイした逆転シリーズが「2」だったとから、というのも大きい(2の一話はマコくんが被告)。
 贅沢をいうなら亜内検事にもっと活躍して欲しかったけど、彼に出来ることは「濡れ衣着せられる枠」(笑)くらいだろうから、まあ、あれが妥当なところでしょう。

 犯人や犯行に関しては、これといって思うところがないです。ものすごくかませくさい男の、突発的な犯行でしたし。


第二話 逆転エアライン

 地震、エレベーター、濡れ衣、とみっちゃんのあまりに残念な扱いに悶えまくったエピソード。


                    . -――- . ..
                  / : : : : : : : : : : : \
                    /: :/ヽ:ト: : : : ::ヽ: : : : :ヽ
                  .仁/   ヽ\ト、ヽ}: :|: : : : :. 
                  i:ハ{ `ヽ    / `!: :ト : : : :l   <それでこそみっちゃんだよ!
                  | : }`●    ● |: :「 }: : : {
                  | : {っ      ⊂|: 爪|: : : ト..
                  |i: :> _く ̄}_ .イ}/ヽイハ}/.
                  .从{ V}/V:丁レ/:/ノ::::::V ′
                  rヘ,、ノ:/7:「⌒Y::::::: |  
                       ヽァ'::ヽ{::::::〉¨´:ヽ:/::|
                        \__ノY:::ヽ:_ノ::: |

 このエピソードも、基本的に詰まる所はなかったんだけど、終盤のジンクさん転落イベント辺りで「真相は分かっているのに証拠が当てられない」という状態に。像が布を踏んづけちゃっていることを、なかなか説明できなかったんよ。まあ、この辺の思考袋小路状態は、毎度のことですね。

 地味に良かったと思えるシーンは、「ボルジニア語が分かる人間だからとっさにあの布を使うことが思いつけた」というくだりですね。理屈的にすげえスマートで、「なるほど! 確かにそうだよな!」と相槌をうつこと仕切り。

 キャラクター的には、やはり木之路さんかなあ。基本的にプレイヤーは捜査する立場なので、捜査に協力的なNPCはそれだけですごく魅力的に感じられる。


第三話 さらわれる逆転

 ,~´:::::`v
{ 、`,__::_オ'――――――――――――--,
.i::::"",,,.ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ~´
|:::::::::::i               ○
|:::::::::::',      ○      /::|
|:::::::::::i        i:::ヽ,   /;::::::'、
|:::::::::::|       !::::::::'y:::::::::::::::::`、_
|:::::::::::!       i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: フ○
{::::::::::ヽ      ,':⌒`ヽ、::::::::;_::::::::::::/
';,,:::::::::::\    / !|||j ヾ ´  `、/´
  \:::::::::::\__ , '" ` ~;,;;,,; !|||j :リ
   ヽ:::::::::::::::::( :::、.:ο ''  ̄` i
    ゝ::::::::::::::::ヽ  `‐- ‐   ::ノ
     γ::::::::::::r ` ー--― イヽ
      >::/    _,,,...'"'''ー-、_
      l::;,'    r'.,、',ヽl |`\ヽ`'、:、
     l::/   /,' l:::\.!!l;;;;;;;;;ヽヽ.ヽヽ
     .l:/   ,'.i l |:r'''"´   ".ヽ! .', 、'、
    l:l     ! l .i i. __,,..、  __,,. i.| .| .l |
    |:::: :   ! ', ','、-ti-ヽ ´rti-|l l ,'.,' 
 ::: : :|::: ::   : ':,';:',ヽ       l',' / ,'
   ::::::: : : : ::`-、、.   '-'   //ノ
  :: : ::::::: ::  :::: '、  -‐-  ,イ
            _,,!,`:、_.'"' ./,.!i、
          _,/ | -/ i""i゙',~i゙-:| `:、_
       _,,.-‐'゙/ ./i / l:  .l:: ',"l|. ヽ`ー:、__


                    . -――- . ..
                  / : : : : : : : : : : : \
                    /: :/ヽ:ト: : : : ::ヽ: : : : :ヽ
                  .仁/   ヽ\ト、ヽ}: :|: : : : :. 
                  i:ハ{ `ヽ    / `!: :ト : : : :l   <それでこそみっちゃんだよ!
                  | : }`●    ● |: :「 }: : : {
                  | : {っ      ⊂|: 爪|: : : ト..
                  |i: :> _く ̄}_ .イ}/ヽイハ}/.
                  .从{ V}/V:丁レ/:/ノ::::::V ′
                  rヘ,、ノ:/7:「⌒Y::::::: |  
                       ヽァ'::ヽ{::::::〉¨´:ヽ:/::|
                        \__ノY:::ヽ:_ノ::: |

 たまに思うんだけど、ナルホドくんやみっちゃんはヤハリのことをとやかく言えないんじゃなかろうか。

 このステージは、いきなり脱出手順が思いつかなくてスゲー悩んだ。と、いうのも、床に落とした携帯電話を調べたつもりが、微妙に狙いをミスっていたため、全然違うものを調べてしまっていたんですよね。で、「何かあるけどメッセージ出ないから無関係だろう」と勝手に決め付け、思考の袋小路状態へ。足場になりそうな立て看板とか、必死に調べまくってた。

 犯人に関してですが、第一話の時に書いたけど、今作は本当にヒント多いよなーと思う。あの状況で三人分のお茶とか存在したら、そりゃ、犯人が誰だか分かっちゃうよ。しかも、鍵かかってなかったのに「地下から脱出した」とか言っちゃう間抜けぶりでしたし。ボンボンだしこんなもんか。

 そんなわけでミステリ面は気になる点があるものの、とにかくミクモちゃんに萌えたエピソード。ここら辺は、従来のアドベンチャー方式から一新したのが大きいと思う。とにかく、画面上で動きまわるミクモちゃんの動作が魅力的なんだ。

 クリアしてから考えると、ぬすみちゃんが有効活用されたのは結局、初登場のこのエピソードのみだった、というのがあまりにもさびしいかもしれない。五話のあれは、本当に申し訳程度の使用だったしね。新システムだというのに!
 ついでに茜ちゃん、マジ空気。プレイヤーはこの後、彼女がどうなるか知ッテルシナー。


第四話 過ぎ去りし逆転

 狩魔先生は本当にカッコイイなーと思ったエピソード。シリーズ中でも一、二のインパクトを誇るボスキャラだよね。さすがは初代ラスボス。この人の場合、娘のメイちゃんが普通に(?)良識人ということで、だいぶイメージを持ち直しているっていうのも大きいんでしょうけども。

 そして実はこのエピソード。ほぼ終盤になるまで真犯人が誰だか分かりませんでした。この弁護士さん、なんやかんやいってフレンドリーではあったからなあ。香水こぼしたくだりも、本当に最後の方まで単なる偶然かと思っていたよ。

 エピソード内でのMVPは、なんといってもイトノコ刑事でしょう。幼い子供との約束を何がなんでも守ろうとする姿からは、彼のひととなりがこれでもか! というくらいに伝わってきたよ。やっぱり、純粋な善人っていうのはそれだけで魅力的だ。

 無論、ロリッ子二人組に萌えていたことはいうまでもない……。


第五話 燃え上がる逆転

 とにかく、カーネイジ大使がしつこかった……。それが非常に印象に強いエピソード。シナリオ的にも、葛を捕まえちゃった時点でモチベーション尽きちゃうような構成だしね。カーネイジ大使に関しては、正体バレさせるに留めておき、第六話でも用意して別個で事件を起こして欲しかったと思います。この人も悪いキャラじゃないんだけどねー。ちょっとばかり、葛に対するみっちゃん側の因縁が深くなりすぎていた。バラモス倒したら、感慨も間断もなく、いきなり登場したゾーマとの戦闘へ突入しちゃったような感じ。

 ただ、それはそれとして、みっちゃんのピンチをヤハリやオバチャンが助けに来てくれるシーンは熱かったなー。役立たず証人の代名詞みたいな存在だったこいつらが、こんなに頼もしく見えてくるとは……!

 お気に入りキャラは、やっぱりダミアン大使かな。最初から最後まで、あらいざらい情報を提供してくれた上、窮地に立たされた時、すかさず手を差し伸べてくれたりもするし。お助けNPCの鑑みたいな人物だ。そのあまりの親切っぷりが逆に怪しく思え、終盤間際まで真犯人なんじゃないかと疑っていたのはここだけの秘密(つーか、きっとみんなも疑ったはず)。


総括

 とにかく目立ったのは、「4」での反省点を活かし、旧キャラの魅力を引き出そうと頑張っていたのがうかがえたこと。どのエピソードでも、ある程度捜査が進んだ段階で必ず、旧シリーズのキャラが画面を賑やかせてくれました。
 逆転シリーズはキャラの魅力に頼る部分が大きい作品ですし、このキャラクター資産は大事に扱っていって欲しいですね。

 ゲーム面では、捜査パートで行っていた事柄と法廷パートで行っていた事柄が地続きになったため、プレイしていて非常にシームレスに感じられました。テンポがすごく良くなった。
 法廷での白熱したやり取りが無いのは寂しいけども、これはこれで、また別種のそう快感はありますね。あくまでもスピンオフ作品という位置づけなわけですし、この試みは大成功だったんじゃないかと。

 全体として、旧シリーズのテイストを大事にしながらも、よりテンポよく、小気味よく真相を追究する楽しみが味わえた良作だったと思います。

 やっぱり、逆転シリーズの真ヒロインはみっちゃんだね!

                    . -――- . ..
                  / : : : : : : : : : : : \
                    /: :/ヽ:ト: : : : ::ヽ: : : : :ヽ
                  .仁/   ヽ\ト、ヽ}: :|: : : : :. 
                  i:ハ{ `ヽ    / `!: :ト : : : :l   <これでこそみっちゃんだよ!
                  | : }`●    ● |: :「 }: : : {
                  | : {っ      ⊂|: 爪|: : : ト..
                  |i: :> _く ̄}_ .イ}/ヽイハ}/.
                  .从{ V}/V:丁レ/:/ノ::::::V ′
                  rヘ,、ノ:/7:「⌒Y::::::: |  
                       ヽァ'::ヽ{::::::〉¨´:ヽ:/::|
                        \__ノY:::ヽ:_ノ::: |

[PR]
by ejison2005 | 2009-06-07 00:46 | ゲーム