週刊少年ジャンプ 09年 22・23合併号 感想


         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『ディケイド第14話を見ていたと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        思ったらフッツーに電王第50話が始まった』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    ファイナルだとかファンタジーだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっとクライマックスな片鱗を味わったぜ…



 BLUST!(読み切り)

 アイシの絵を描いてる方でお馴染み、村田先生が単独で描いた読み切り。過去にSQでも単独読み切り描いてたらしいですね。そっちはチェックしてなかったよ。

 で、感想の方ですが、確かに、主人公を初め各々のキャラは立っているし、ストーリーも筋道通っているし、何よりバトルは迫力があったしで、非常によく出来ていると思う……思うんだけ、ど……うん、正直いって、そんなに面白くは思えなかったんだ。よく出来てるんだけどなー。

 嘆いていても仕方ないので、不満点をひとつひとつ挙げていくとしましょう。

 まず第一に、最も気になったのは、やはり、カレーに関する設定含む強化兵の設定ですね。名状しがたい感覚ですが、これが全く、心踊らない。
 ここら辺、ちょっと不思議ですよね。多分、村田先生もその辺から影響を受けてるんでしょうけど、マーベルの映画(村田先生はたぶん原作だろうけど)とかでは何ら引っかかりを感じさせず、むしろワクワクさせてくれるのですが……。和製漫画界でこの手の内容で受けた漫画というのは心当たりが少ないですし、あんまり相性がよくないってことなんだろうな。
 あ、カレーに関しては、もうちょっとシリアス感のある弱点にした方が良かったと思いますよ。実際、ピンチシーンがどこか締まりなくなってしまいましたし、こんな悲しき宿命を背負った腕を探し求めた少佐がちょっとかわいそうだし。

 ストーリー面では、これはもう明白で、過去シーンの回想やら過去に起こった出来事からくる台詞やらが、ちょっと多すぎですね。「『読み切り』漫画の枠外に存在する過去で起こった出来事」なんて盛り込まず、大人しく読み切らせて頂きたい。
 結果として、全編に渡って登場人物達が過去の因縁とか、過去に起こった出来事とかを一生懸命に解説してばっかりで、今ひとつ落ち着きがなくなってしまっています。
 と、いうよりも、ここまでやるのなら、その「過去に起こった出来事」でネーム切っちゃえばよかったんじゃないでしょうか。

 まとめると、設定面をもうちょっと今風にスタイリッシュに洗練し、ストーリー面では説明が必要になるほど複雑な背景を用意したりせず、むしろ話を進めながら背景を構築していくような、シンプルな構成に変えるといいんじゃないですかね。


 バクマン。

 うっぜ。港浦さん超うぜ。アゴ突き出す仕草とかマジ勘弁。いや、これは狙ってウザくしているわけだから、大成功ではあるんだけど。ところでこの人、自分が説明する側なのに何でこんな必死にメモ取りまくってるんだろう。
 一応、今回のエピソード内でいきなり揉め事になったりはしないでしょうけど、とにかく不安要素を散りばめまくってますし、十週打ち切りロード一直線という気はします。この漫画的に、打ち切りに関するよもやまは避けれないでしょうし。主人公は苦境に立たされてナンボの商売だしね。

 それにしても、アシスタントの眼鏡っ子は可愛い。ちょっと萌えてしまった。小豆リストラして、こっちがヒロインになってくれないかな。


 トリコ

 今回のバトルはちょっと残念な結果に終わっちゃったかな。しまぶーとは思えぬ安直な展開です。ここまで警戒度MAXで牽制し続けたんだから、いきなりヒャッハーと接近戦を仕掛けるのはあまりに不自然だよ。最初にかけた髪ロックを維持したまま戦えば、もっと楽に勝利できたっぽい描写になってしまったのも惜しい。
 残念といえば、サニーの能力を説明するシーンの解説図で、先に二十万本全てを使用した状態の絵を見せてしまっているのも残念なところ。サニーVSセドルにおける見所は、サニーが秘めていた真の力にあるわけですから、それは最後のシーンまで取っておくべきだったと思います。


 べるぜバブ

 公園デビューを必死に頑張ってみたりとか、結局、男鹿はもう現状を完璧に受け入れたのでしょうか。先週もそんなことを書いたけど、この漫画は主人公の内面をあんまり描かないから、そこら辺の心情がよく分からないんですよね(ダラダラと説明台詞喋れって意味じゃないよ)。
 ビルが衝撃を全部吸収してくれました(^^) というくだりも、あまりに説得力が無くて大味なのが困り所。そのくらいやらないとベル坊の威厳が半減してしまうというのが事情なのでしょうが、それなれそれでお約束通り、姫川さんではなくあえて壁をぶん殴り、戦意を喪失させるという決着でも良かったでしょうし。まあ、今さらですね。

 しかし、新キャラの娘さんがとても可愛かったのでオールオッケイという気はしますね。公園デビュー関連のギャグは笑い所を押さえていたし、このテコ入れは大正解だったと思う。この漫画のパーソナリティは不良ではなく、子育てにこそあるわけだし。


 サイレン

 な……何だこの会議室は……ここはどこのラス・ノーチェスなんだ……。空間の有効活用を図らねばならない地下避難施設に、何故このように広大かつオサレな広間が……。
 ワイズ側だけでなく、エルモア側もオサレ服を着用していることから考えると、ワイズが厨二病にかかっているのではなく、アゲハ達が未来へ飛ばされた後にファッション大革命でも起きたと考えた方が自然かもしれない。


 スケットダンス

 いやあのさ。
 双子の弟がいたとして、お母さんが黙ってた理由って何なの……? 先生も先生で、何故ミステリー仕立てに語って盛り上げる必要が……?


 ワンピース

 !
 クロコダイル……お前……まさか……。

 掘 ら れ た 過 去 が ! (最悪だ)

 どうでもいいけど、そろそろイワさんの口調がウザくなってきました。学園都市にでも引っ越されたらいかがですか?

[PR]
by ejison2005 | 2009-05-01 00:25 | ジャンプ感想