仮面ライダーカブト 第5話
「知っているか!?」 (いや、そんな台詞は無かったけど)

f0029827_12562110.jpg

「フハハハハハ、きたぞきたぞ、満ちたりてきおるわ!!」

f0029827_12564444.jpg

(ニャるほど……、これがモンスターハンターの能力)

f0029827_12571910.jpg

食べるほど、強くなる……。

狩猟生活 、以前続行中です。
それでは、今週もカブト感想に参りましょう。

・アバン

f0029827_12585010.jpg

暗黒騎士キターーー!!

東京初代皇帝陛下じゃないですか、アナタ何回目の仮面ライダー出演ですか!?
しかも、ま~た捕獲作戦指揮官だし。
死んでしまっても、知りませんよワタクシは。
このお方の伝説を知りたい人は、超光戦士シャンゼリオンを見よう!!

・ゼクトルーパー大活躍
G3マイルドより弱いと大評判のゼクトルーパーの皆さんですが、珍しく今日は白星です。
いつもは、撃っても撃ってもワームが全く意に介さない激弱銃も、今日に限っては通用してますし。
でも、そんな彼らの大活躍も、

f0029827_131136.jpg

横槍が入って台無しに。
車の窓ガラスすら割れない、そんな彼らが大好きだ!!
それはそうと、岬さんは別行動を取るなら事前に連絡しましょうよ。
田所さんしか車内にしないし、きっと普段岬さんがやってる仕事まで自分1人でこなす羽目になってますよ、この人。

・ひより来訪
自分のあずかり知らない場所で、ウザイウザイ連呼されてる加賀美が哀れすぎて……。
ひよりの口調は、そういう演技なのか、役者さんが下手なだけなのかは、意見の分かれそうな部分です。

・加賀美パパも来訪
フリーターなんかじゃなく、キチンとした職に就いて欲しいと言ったり、ちゃんと食事を食べているかと聞いてきたり、なんというか、こう……。

普通。

すんごい、普通の人です。加賀美パパ。
いや、秘密組織のお偉いさんだからといって、濃いキャラである必要は無いのですが、意表を突かれた感じです。
変化球だと思ってたら、ストレートだったみたいな。
むしろ、父親の立場的にどうしょうも無かったぽい事を理解しつつ、反発する加賀美が問題ある子の様に見えてくる始末です。
弟が死んだと早々に分かって、加賀美の成長物語は打ち止めかと思っていたのですが、今後は父親との確執を軸に展開していくみたいですね。
その辺の構成は、なかなか考えられています。

・仮面ライダーカブト 3分クッキング ポトフ編
ポトフかあ、こんな手間のかかりそうなもん、ここしばらく食べてないなあ。
前にも書きましたが、ウチは家族そろって家事が下手なのです。
料理とはすなわち、切る!焼く!揚げる!レンジでチン!
何故か、煮るもののレパートリは無いという。
そもそも、僕が作ってるわけじゃないしね!!
高校で寮生活してた時には作ってたけど、今は親元ですから。
レッツ、すねかじりです。
それは置いといて、あの絵を見て一目で渋谷隕石と見抜くとは、やるな妹!!

f0029827_1325868.jpg

僕の目には、ファンシーな妖精が抱き合ってる様にしか見えませんでした。
渋谷隕石の話になると急に節目がちになりましたし、天道のベルト入手の経緯とかは、この辺に隠されてんでしょうね。
僕はてっきり、お婆ちゃんがベルトの開発者か何かだと思っていたのですが、オープニングとかと照らし合わせると、隕石落下直後辺りに入手したっぽい。

・何か、特に意味も無く人を襲いまくってるワーム
前々から気になってるんですけど、ワームはどういう基準で人を襲うか襲わないかを決めているんでしょう?
今回のコイツの様に、何も考えずに暴れまわっているのもいれば、加賀美弟に化けてた奴みたいに何年も巧妙に人間社会に溶け込んでる奴もいる。
あんまり派手に動き回ればZECTに気取られるから、人間社会に溶け込んでる連中は人とかあまり襲わないでしょうし。

・加賀美、デートに誘ってみる
結果、轟沈。
分かっていたんですけどね。むしろ、それでこそ加賀美。
普通なら、新聞沙汰にならないハズのワームの起こした事件が新聞に載ってるのを見て、そこから加賀美や天道が動き出すという展開は、無理が無くて良かったと思います。
どうでもいいけど、ひよりとデートなんてしたら、加賀美を励ますどころかトドメを刺すと思いますよ。

・はい、ワーム探知機~~~ (大山のぶ代声で)
うわ、やっちゃった感の溢れる新アイテムのご登場です。
これ、第3話を根底から破壊する品なんですけど。
ほら、留置所に岬さんが侵入したくだり。
あそこで、これを持って行かない理由なんて、何も無いしねえ。
こういうのって、プロットを練る段階で誰かが気づかないもんなのかな。

・アッサリ、罠を罠と見抜く天道
あ、こういう展開は凄い好き。
各キャラがバカッぽく行動せず、ちゃんと情報から真相を推理してるのはかなり良いです。
でも、それだと戦闘が起こらないから、加賀美が突っ走るという、キャラ的にも話の展開的にも無理の無い(加賀美なら、分かっていても静観はできない)流れで、戦闘に至ってますし。
ワーム探知機はかなりアレでしたけど、この辺の描写で持ち直した感じです。

・赤ちゃんにぶつかっといて、母親に会釈すらしないひより
これは、完全に駄目ですね。
別に、子供嫌いとかそういうキャラではないですし、ここは歩くシーンをちょっと削って、ほんの少しでもいいから、母親に謝るシーンを入れるべきだったと思います。
これじゃ、ひよりが自分の事しか考えられない娘になっちゃうよ。
……いや、ある意味間違ってはいないんだけどね。
やり方に問題はあったけど、煙草を煙たがってる子供を庇ったひよりは、どこに行ったのでしょうか。

・今週のバトルシーン
今週のワームのモチーフが分からなかったので、公式サイトで調べてみたらテントウムシのようです。
触手とか伸ばしてるもんだから、もっと違う生き物かと思いましたよ。
今週のバトルを見ていて気づきましたが、カブトの殺陣は、マスクドフォーム時が銃を使っての攻撃、ライダーフォーム時がカウンターで後の先を取る肉弾戦と区別されているみたいですね。
平成ライダーは、カイザ草加の首クイックイッみたいに各ライダーに動きで特徴を持たせて
いるのが良いです。
後は、今週の車ぶん投げみたいに、場を生かした演出が多いのも、カブトの殺陣の特徴かな。
予算とか1年足りるのか、スゲー不安なんですけど、大丈夫なんですかね?

というわけで、次週いよいよザビーですね。
でも、ラストシーンで顔見せだけして、本格的に出番があるのは再来週のアバンからの気もします。
そうじゃなければ、いいナ!!

[PR]
by ejison2005 | 2006-03-05 13:03 | Comments(1)
Commented by 黒川 at 2006-03-05 20:20 x
いやぁ、ポトフは煮込み料理なので火加減さえ注意しておけば、最初に鍋に材料ぶち込むだけのお手軽料理ですよw
「まんが道」かなんかで出てきた「キャベツの丸ごと煮」も一種のポトフと言えるかもw

> 煙草を煙たがってる子供を庇ったひより
一応、「尖った生き方」しているので、喧嘩は売れるけれども、誤ったり感謝したりなどの「角のないやさしい言葉」を使う事に、極度の抵抗を感じるという事かも知れませんが…
そういうキャラは、子供が見て何ぼという作品のヒロインとして、完全に間違っているのでは…(--;

> ワーム探知機
コレは本当にやっちゃった感が強いです(--;

> そうじゃなければ、いいナ
こればっかりは、マイメロのお願いでもどうにもならんですバイ(^_^A